Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

Entry 2017/12/30
Update

映画『ネイビーシールズ(2018)』あらすじとキャスト!ナチスの金塊とは?

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

映画『レオン』や『LUCY/ルーシー』などで知られるリュック・ベッソンが原案・脚本・製作を担当し、最強の部隊“ネイビーシールズ”に所属する、5人の金塊強奪作戦をド派手に描きます。

2018年1月12日公開の映画『ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!』のあらすじと主要キャスト5人を紹介します。

スポンサーリンク

1.映画『ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!』の作品情報


(C)2016 EUROPACORP – STUDIO BABELSBERG Credit : Reiner Bajo

【公開】
2018年(フランス・ドイツ映画合作)

【原題】
RENEGADES

【監督】
スティーヴン・クォーレ

【製作】
リュック・ベッソン、ラファエル・ベノリエル

【脚本】
リュック・ベッソン、リチャード・ウェンク

【キャスト】
サリバン・ステイプルトン、チャーリー・ビューリー、シルヴィア・フークス、ジョシュア・ヘンリー、ディアミッド・マルタ、ディミトリー・レオニダス、ユエン・ブレンナー、J・K・シモンズ

2.“ネイビーシールズ”とは?


(C)2016 EUROPACORP – STUDIO BABELSBERG Credit : Reiner Bajo

“ネイビーシールズ”とは、アメリカ海軍の特殊部隊で、SEA(海)AIR(空)LAND(陸)の頭文字からシールズ(SEALs)とされています。

1962年、ベトナム戦争における南ベトナム解放民族戦線掃討を目的として、当時のジョン・F・ケネディ大統領の指令で結成されました。

高度な水泳や潜水スキルを武器に、海や河川から隠密侵入して陸地の偵察や破壊工作、陸上の過酷な環境での作戦従事、更に空挺パラシュート降下訓練も課せられているため空中からの侵入も可能。

その作戦遂行能力の高さで、その名の通り、陸海空を問わず作戦行動を行えます。

またその任務は、監視、非正規戦や心理作戦など幅広く、かつ海軍で最も秘匿性の高い軍隊です。

“ネイビーシールズ”は、これまで様々な映像作品で描かれています。

スポンサーリンク

3.『ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!』のキャスト


(C)2016 EUROPACORP – STUDIO BABELSBERG Credit : Reiner Bajo

サリバン・ステイプルトン(マット・バーンズ役)

冷静沈着なチームリーダー、マットを演じるサリバン・ステイプルトンは、1977年生まれのオーストラリア出身、90年代中頃にオーストラリア国内で俳優活動をスタートさせます。

2010年の映画『アニマル・キングダム』がサンダンス映画祭など世界中の映画祭で高く評価されます。

ウィレム・デフォー主演の「ハンター」(2011)やショーン・ペンとライアン・ゴズリングが共演した「L.A. ギャング ストーリー」(2013)を経て、2014年に「300 スリーハンドレッド 帝国の進撃」では主人公テミストクレスに抜擢されました。

チャーリー・ビューリー(スタントン・ベイカー役)

チーム1の色男、ベイカーを演じるチャーリー・ビューリーは、1981年生まれのイギリス人俳優。

2010年の映画『エクリプス/トワイライト・サーガ』のディミトリ役に抜擢された事で注目されます。

2012年の『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーンPART2』にも出演、その他の出演作に『今日、キミに会えたら』(2011)『ソルジャーズ・アイランド』(2012)があります。

ジョシュア・ヘンリー(ベン・モラン役)

数学の天才、モランを演じるジョシュア・ヘンリーは、1984年9月2日生まれカナダ出身の俳優です。

ブロードウェイを中心に活躍しており、これまでトニー賞ミュージカル部門で、2度ノミネートされています。

これまでの映画出演作に『セックス・アンド・ザ・シティ』(2008)『ニューヨーク物語』(2014)などがあります。

ディアミッド・マルタ(カート・ダッフィー役)

腕利きの調達屋、ダッフイーを演じるのは、アイルランド出身の俳優、ディアミッド・マルタ。

これまでテレビを中心に活躍しており、2013年にジョージ・クルーニーが監督した2013年の作品『ミケランジェロ・プロジェクト』で映画初出演を果たします。

その他の出演映画に『パーフェクト・プラン』(2013)『ドラキュラZERO』(2014)があります。

ディミトリー・レオニダス(ジャクソン・ポーター役)

重火器のエキスパート、ジャクソン・ポーター(通称JP)を演じる、ディミトリー・レオニダスは1987年生まれのイギリス出身の俳優です。

2013年の作品「ミケランジェロ・プロジェクト」で美術品を守る若き兵士役で注目されました。

その他の出演作に映画『センチュリオン』(2010)などがあります。

4.映画『ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!』のあらすじ


(C)2016 EUROPACORP – STUDIO BABELSBERG Credit : Reiner Bajo

1995年、紛争末期のサラエボ。

マット率いる5人の“ネイビーシールズ”は、敵の将軍を拉致し、敵に囲まれたら戦車で大暴走と、大胆な戦略を展開し上官のレヴィン少将も手を焼いていました。

そんな中、メンバーの一人が恋に落ちたウェイトレスから、湖に沈んだナチスの金塊・総額3億ドルの話を聞き「それさえあれば、戦争に苦しむ避難民を救うことが出来る」と懇願されます。

タイムリミットはわずか8時間。

敵陣真っただ中にある湖の水深45mの湖底から、重さ27トンの金塊を運び出す為の、彼らのミッションが始まります。

スポンサーリンク

5.映画『ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!』の感想と評価


(C)2016 EUROPACORP – STUDIO BABELSBERG Credit : Reiner Bajo

リュック・ベッソンが原案・脚本・製作を担当し、『タイタニック』や『アバター』などジェームズ・キャメロン監督の右腕として活躍し、『イントゥ・ザ・ストーム』で注目されたスティーヴン・クォーレが監督を務め、ネイビーシールズきっての荒くれ者たちの活躍を描いています。

“ネイビーシールズ”の主要メンバー5人に加え、彼らの上官を映画『セッション』の鬼教師役でアカデミー賞助演男優賞に輝いたJ・K・シモンズが演じています。

今回も鬼上司ぶりを発揮しているとの事で、とても楽しみですね。

他にも、金塊奪還作戦のカギを握る女性ララ役を『ブレードランナー2046』のシルヴィア・フークスが演じていおり、水中アクションに挑戦しています。

撮影は、ドイツ、クロアチア、マルタ、フランスと4か国にまたがって行われ、ミッションの舞台となる湖底に眠る水中都市や軍事基地から戦車、戦闘機などを全てリアルさにこだわって、ロケセットや実機で撮影しています。

また、メンバーは皆、実際に元シールズのトレーナーから訓練を受け、地上の何倍もの時間や体力を使う水中の撮影の為に、数週間の特訓をやり遂げました。

チームで一番の色男・チャーリーを演じたスタントン・ベイカーは、インタビューで次のように語っています。

「ダイビングがどれほど危険か知らなかったんだ……笑。最初の3週間でコーチがダイビングのすべてを教えてくれた。僕たちが安全だと感じられるように規則正しく細部にこだわって教えてくれたので助かったよ。最後には僕たち全員が楽しんでダイビングできたんだ!」

出演俳優全員が体を張って撮影に挑んでいた事が分かりますね。

彼ら5人は訓練を通して本物のシールズそのままの深い絆を結び、ハードな撮影を乗り切ったそうです。

CGとは違う、迫力満点のアクションシーンに期待ですね。

まとめ


(C)2016 EUROPACORP – STUDIO BABELSBERG Credit : Reiner Bajo

リーダーのマットを演じたサリバン・ステイプルトンは、この作品に関して次のように語っています。

「この作品はただのアクション映画でも、ただのネイビーシールズ映画でも、ただのラブストーリーでもない、それが全部一緒になった最高な映画だ! ネイビーシールズは最も高潔な方法で人々を助ける。それが伝わってほしいね。それにこの映画には全員の心に残る何かがあるんだ! それが表現できていれば嬉しいね!」

リュック・ベッソンが原案と脚本を担当しているので、アクションだけではなく、「どのような方法で金塊を回収するのか?」というストーリー部分も非常に楽しみです。

荒くれ者5人が、人助けの為に戦う展開や、それぞれに専門分野がある所などは、1980年代にテレビ放送され、2010年にはリメイクされた映画作品が製作された『特攻野郎Aチーム』を思い出します。

参考映像:ジョー・カーナハン監督『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』(2010)

陸、海、空で巻き起こる、壮絶な金塊強奪作戦、最強の荒くれ者達は、どのような活躍を見せてくれるのか?

映画『ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!』は2018年1月12日より全国公開です。

常識外れの彼らの作戦を、目に焼き付けましょう!

関連記事

アクション映画

映画『キャノンボール』ネタバレあらすじと感想。日本人役のジャッキーとマイケルホイを筆頭にバート・レイノルズが君臨!

不朽の人気を誇る、お気楽ロードレース・コメディ映画! かつて香港を代表する映画会社であったショウ・ブラザース。そこを離れたレイモンド・チョウらが設立した映画会社ゴールデン・ハーベストです。 彼らはカン …

アクション映画

ワイルドスピードMAX|ネタバレあらすじ感想と結末ラストの評価。危険なカーアクションはプロフェッショナルで最高潮へ!

メガヒットカーアクション「ワイルド・スピード」シリーズの第4作。 ジャスティン・リンが監督を務めた、2009年製作のアメリカのメガヒットカー・アクション映画『ワイルド・スピード MAX』。 輸送車トラ …

アクション映画

【ネタバレ】ザ・スーサイド・スクワッド極悪党、集結|結末感想とあらすじ内容考察。続編でなくリブートで大きく方向転換を図る!

悪党たちの命懸けのミッションを、ジェームズ・ガンがリブート! DCコミックの悪役が集結し、命懸けの危険な任務に挑む映画『ザ・スーサイド・スクワッド“極”悪党、集結』。 お馴染みのハーレイ・クインに加え …

アクション映画

ネタバレ感想|ミッションインポッシブル6フォールアウトあらすじとラスト結末【トムクルーズが捨て身で挑むシリーズ第6作】

史上最大の”ミッション”発令!イーサン・ハントの今回の使命は!? トム・クルーズが捨て身で挑む「M:I」シリーズ映画の第6作『ミッション:インポッシブル フォールアウト』。 2015年の前作『ミッショ …

アクション映画

映画『オーバードライヴ』ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。実話に挑んだロック様ことドウェインジョンソンが肉体とアクションで魅了!

2人の男が麻薬組織と激しいバトルを繰り広げるアクション・サスペンス スタントマン出身のリック・ローマン・ウォーが監督を務めた、2013年製作のアメリカのアクション・サスペンス映画『オーバードライヴ』。 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学