Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

Entry 2020/02/26
Update

映画『チャーリーズエンジェル(2020)』ネタバレ感想と評価。女優キャストたちが現代の強い女性を象徴!

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

映画『チャーリーズ・エンジェル』は2020年2月21日より日本公開!

国際機密企業「チャーリー・タウンゼント社」に所属するエージェント「チャーリーズ・エンジェル」達が活躍する、新世代の注目女優が集結した、映画『チャーリーズ・エンジェル』。

新生「チャーリーズ・エンジェル」と、新たなシステムの軍事利用を企む組織との戦いを描いた、本作の魅力をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『チャーリーズ・エンジェル』の作品情報

映画『チャーリーズ・エンジェル』 

【日本公開】
2020年(アメリカ映画)

【原題】
Charlie’s Angels

【監督・脚本】
エリザベス・バンクス

【キャスト】
クリステン・スチュワート、ナオミ・スコット、エラ・バリンスカ、エリザベス・バンクス、ジャイモン・フンスー、サム・クラフリン、ノア・センティネオ、パトリック・スチュワート、ルイス・ヘラルド・メンデス、ジョナサン・タッカー、ナット・ファクソン

【作品概要】
1976から5年間、アメリカのABCネットワークで放送された人気シリーズを、2000年の『チャーリーズ・エンジェル』、2003年の『チャーリーズ・エンジェル フルスロットル』に続き、3度目の映画化。

キャストは、メインキャラクターのエレーナ役に、2019年の『アラジン』でジャスミン姫役を演じ大ブレイクした、ナオミ・スコット。

新生エンジェルの1人、サビーナを2008年の『トワイライト~初恋~』で大ブレイクしたクリステン・スチュワート、重火器のエキスパート、ジェーンを本作のオーディションで大抜擢されたエラ・バリンスカが演じています。

「ハンガーゲーム」シリーズ、「ピッチ・パーフェクト」シリーズで知られる女優エリザベス・バンクスが、本作では監督と脚本だけでなく、エンジェル達を支えるレベッカ役として出演しています。

映画『チャーリーズ・エンジェル』あらすじ

映画『チャーリーズ・エンジェル』 

リオデジャネイロ

やり手の実業家ジョニーは、ブロンドのロングヘアーが特徴的な女性、サビーナを高級なホテルで口説きます。

ジョニーは、サビーナを自身の所有物のように話しますが、サビーナは「女性には意思がある」と伝え、近くにあったカーテンをジョニーの首にからめ、窒息させようとします。

ジョニーの異変に気付いた、ボディーガード達は、サビーナに銃を向けますが、建物に侵入してきたジェーンにより倒されます。

サビーナとジェーンは、国際機密企業「チャーリー・タウンゼント社」に所属するエージェント「チャーリーズ・エンジェル」でした。

「チャーリーズ・エンジェル」達は、「チャーリー・タウンゼント社」の「ボスレー」達に統括されており、「ボスレー」の1人、ジョンにその場を任し、サビーナは、ブロンドのロングヘアーのウィッグを外し、ジェーンと共に立ち去ります。

ハンブルク

1年後、巨大テクノロジー企業のプログラマー、エレーナは、自身が開発した新型エネルギー装置「カリスト」の危険性について、上司であるフレミングに訴えます。

「カリスト」は、エネルギーを放つ際、パルスを放出する為、人間の脳を直接攻撃し、破損する恐れがあります。

この技術を利用すれば、意図的に人の脳を攻撃する兵器になってしまう可能性を、エレーナは力説しますが、フレミングは聞く耳を持ちません。

悩むエレーナに、廊下ですれ違った女性が、あるカードを渡します。

そのカードには、「チャーリー・タウンゼント社」の連絡先が記載されていました。

ロンドン

国際機密企業「チャーリー・タウンゼント社」では、「ボスレー」を引退するジョンの送別会が開催されていました。

元エンジェルであり、現在は「ボスレー」となっているレベッカは、「チャーリーズ・エンジェル」を組織として作り上げたジョンに感謝し、シャンパンを勧めます。

ハンブルク

リングの上で「ボスレー」のエドガーと格闘の訓練をするジェーン。

そこで、ジェーンは、新たな任務が与えられた事を聞かされ、チームを組むのがサビーナである事が分かります。

サビーナは、リオデジャネイロでの件を覚えていましたが、ジェーンは忘れた様子でした。

ハンブルクのカフェで、エドガーはエレーナに会い、「カリスト」の問題点を聞かされます。

そこに従業員として変装していたジェーンは、鏡越しにエレーナを監視する怪しい男に気付きます。

エレーナを逃がそうとした瞬間、怪しい男は立ち上がり、エレーナに銃口を向けます。

怪しい男は、ホダックという殺し屋で、ジェーンはホダックとカフェ店内で格闘になります。

その間に、エレーナをエドガーの車に乗せ、ジェーンも車に乗り込み逃走します。

ジェーン達の車をホダックが追って来た為、ジェーンは車内から銃で車のタイヤを狙撃します。

ですが、車内から銃を発砲したホダックの銃弾により、エドガーが意識を失い、ジェーンとエレーナを乗せたまま、川の中に車ごと沈みます。

ホダックは、ジェーンとエレーナが川から浮き上がって来た所を狙い撃ちしようと待ち構えますが、そこへバイクに乗って来たサビーナが体当たりを仕掛けます。

サビーナはホダックを捕獲しようとしますが、ホダックは近くにあった自分の車を爆破させ、その間に姿を消してしまいます。

映画『チャーリーズ・エンジェル』 

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『チャーリーズ・エンジェル』ネタバレ・結末の記載がございます。『チャーリーズ・エンジェル』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

川から救出されたジェーンとエレーナ、そしてサビーナは、エドガーが命を落とした事を知りショックを受けます。

そこへ、新たな「ボスレー」として、レベッカが現れ、エドガーの跡を引き継ぐことを告げます。

プロの殺し屋であるホダックの出現により、「カリスト」を欲しがっているのが、一般企業だけでなく、その裏に軍事企業が絡んでいる事をレベッカは感じ、エレーナが勤務していた企業にある「カリスト」を入手する事を計画します。

企業内には、実験用と試作品が保管されており、試作品を入手する為、ジェーンとサビーナは、エレーナと共に企業内に潜入します。

ですが、社内にあるはずだった、試作品の「カリスト」は何者かに持ち出されており、さらにジェーンとサビーナの雑な計画により、警備に潜入がバレてしまいます。

エレーナは研究用の「カリスト」を持ち出しますが、社内のセキュリティを破壊する為、「カリスト」を動かしてしまい、近くにいた警備員が、「カリスト」の力で脳を攻撃されてしまいます。

研究用の「カリスト」は使えなくなり、警備員を攻撃する形になってしまったエレーナは、落ち込んでしまいます。

エレーナを元気づける為に、ジェーンは自身が元「MI6」で、自分を信じた人を守れなかった過去を話し、サビーナは自分の結婚式で銃撃戦が起き、最終的に婚約者を撃ち殺してしまった過去を話します。

その間に、「カリスト」の行方を追いかけていたレベッカは、持ち出したのはフレミングで、取引の為、イスタンブールに向かった事を探り出します。

ベルリン

イスタンブールに向かう途中、エンジェル達は、ベルリンの「セイント」と呼ばれる人物を訪ね、装備を整えます。

ここで、エレーナのハッキングの腕を評価したレベッカは、「チャーリーズ・エンジェル」としてエレーナをスカウトします。

イスタンブール

イスタンブールに到着したエンジェル達は、過去にジェーンが裏切る形になってしまった情報提供者と接触。

ジェーンが自身の過去を詫び、協力を取り付けます。

情報提供者の協力により、フレミングの場所が分かったエンジェル達は、フレミングの携帯電話に発信機を仕掛け、尾行を開始します。

フレミングが向かったのは、イスタンブールの競馬場でした。

ジェーンとエレーナは、競馬場全体を見渡せる場所から監視し、サビーナは騎手に変装し、競馬場内でフレミングを探します。

エレーナがフレミングに気付き、ジェーンが狙撃しますが失敗、逃げたフレミングを追いかけて、レベッカの車に乗り込み、採掘場へ到着します。

採掘場のメインシステムをエレーナがハッキング、監視カメラからフレミング達の様子を伺うと、取引相手に現れたのは、ジョニーでした。

ジョニーは、フレミングに「実際に使ってみろ」と言いますが、使い方が分からないフレミングはうろたえるだけで、痺れを切らしたホダックに射殺されます。

それを合図のように、ジェーンとサビーナが「カリスト」を奪還する為、戦闘を開始しますが、ジョニーとホダックに逃げられます。

エンジェル達は、自身のアジトに戻りますが、突然レベッカも姿を消した事を不審に感じ、サビーナは「レベッカが裏切った」と感じます。

その瞬間、アジトが爆破されてしまいます。

瓦礫の中から這い出たエレーナは、目の前にレベッカがいる事に気付きます。

ですが、次の瞬間、元「ボスレー」のジョンが、レベッカを撃ちエレーナを連れて行きます。

イスタンブールの協力者の部屋で、看病を受けるサビーナ。

ジェーンは「初めて出来た友人を失いたくない」と涙を流しますが、サビーナの意識が戻ります。

ですが、そこへセイントとレベッカが現れます。

身構えるジェーンとサビーナですが、レベッカはジョンの不審な動きを察知しており、送別会の際にシャンパンの中に発信機を入れ、常にジョンを監視していた事を語ります。

その為、「カリスト」に関する一連の事件の黒幕が、ジョンであると確信していました。

そこで、エンジェル達とは違う、単独の捜査を進めていたのです。

そして、さらわれたエレーナは、「カリスト」の出資者である、ブロックの屋敷にいる事が判明します。

ブロックの屋敷では、同僚の研究者を人質に取られたエレーナが、「カリスト」の権限をジョンに変更するように、手続きをさせられていました。

そして、権限を変更させたジョンは、「カリスト」を起動し部屋から出て行きます。

一方、ブロックの屋敷に潜入したジェーンとサビーナは、ホダックと遭遇します。

ジェーンは、ホダックと1人で戦う事を望み、その間にサビーナが屋敷内のエレーナを探します。

ジェーンは、ホダックに苦戦しますが、ホダックは7つの攻撃パターンしかない事を読み、裏をかいた動きで、ホダックを倒します。

その間にサビーナは、エレーナが閉じ込められている場所を突き止め、見事に助け出します。

一方、レベッカは、屋敷内にいたジョンを追い詰めます。

抵抗しようとしたジョンですが、屋敷内には「チャーリーズ・エンジェル」のエージェント達が潜入しており、囲まれたジョンは観念します。

「チャーリーズ・エンジェル」を裏で手引きしたのは、形勢が不利になった、ジョンを見限ったジョニーでした。

「カリスト」を奪還したエレーナは、新たに「チャーリーズ・エンジェル」へ加入する為の、激しい特訓を受ける事になるのでした。

スポンサーリンク

映画『チャーリーズ・エンジェル』感想と評価

映画『チャーリーズ・エンジェル』 

国際的な機密組織「チャーリー・タウンゼント社」に所属する、女性エージェント「チャーリーズ・エンジェル」の活躍を描く本作は、アメリカのABCネットワークで1973年に放送されたテレビシリーズのリブートとなっています。

近年だと、2000年に公開された映画版の『チャーリーズ・エンジェル』が印象に残っている人も多いのではないでしょうか?

2000年版の『チャーリーズ・エンジェル』では、キャメロン・ディアス、ドリュー・バリモア、ルーシー・リューという当時の人気女優が集結した作品でしたが、今回の『チャーリーズ・エンジェル』は、新世代の注目女優で構成されており、特にジェーンを演じるエラ・バリンスカは、オーディションで大抜擢され、今作の出演を決めています。

設定も、最初から3人が、チームとして完成されていた2000年版とは違い、新生『チャーリーズ・エンジェル』は、当初は急造チームだった3人が、ストーリーが進むにつれて、お互いを認め合い、チームとして完成されていく様子が描かれています。

それぞれのバックボーンや、特技などが丁寧に描かれる為、中盤以降はそれぞれのキャラクターに感情移入できるようになっています。

登場するキャラクターや設定は違いますが、これはテレビ版が基本女性3人という形は守りながらもメンバーが変わっていった部分を反映させての事です。

作品の内容は2000年版の、テンション高めの、良い意味での「めちゃくちゃさ」は受け継がれており、本作は、様々なシチュエーションのアクションシーンが盛り込まれています。

まず序盤の、エレーナを守ろうとするジェーンと、殺し屋ホダックとの激しいカーチェイス。

中盤の、「カリスト」を盗み出す為、ジェーンとサビーナが変装し、エレーナの会社に潜り込む潜入アクション。

そして、クライマックスの採掘場で、ジェーンとサビーナが武器商人グループと戦う場面では、エレーナが採掘場のシステムをハッキングし、採掘する為の機械を操りながら、ジェーンとサビーナをサポートするという、ジャッキーチェンのアクションシーンに近い、見ていてい楽しい戦いが繰り広げられます。

そして、ラストのジェーンとホダックが、決着をつける戦いでは、小細工無しの肉弾戦が繰り広げられます。

目まぐるしく展開されるアクションに、「裏切り者は誰か?」という要素も加わる為、上映時間の2時間弱、全く観客を飽きさせない、エンターテイメント作品に振り切っています。

まとめ

映画『チャーリーズ・エンジェル』 

女性の「性差別」による被害が社会問題になり、「MeToo運動」が、エンターテイメント業界に多大な影響を及ぼしている今、新たな『チャーリーズ・エンジェル』が誕生したのは、もちろんそういった時代背景を受けての事です。

テレビ版ではエンジェルをサポートしていたジョン・ボスレーを本作では敵にし、チャーリーも女性だったという、「チャーリー・タウンゼント社」を徹底した女性の組織にしており、エンドクレジットで、エレーナが訓練を受ける場面では、男性優位の世界で活躍する、世界のさまざまな「強い女性」が出演しています。

ただ、社会的なメッセージはその部分でとどめており、前述したように、映画の内容はエンターテイメント作品に振り切り、ストーリー展開もアクションも目まぐるしく変化する為、本作は本当に楽しい作品となっています。

「性差別」が社会問題になっている現代の世の中に「チャーリーズ・エンジェル」が復活した事が、何より大きなメッセージです。

それだけ世界中の人が、文句なしに認める存在である「強い女性」の象徴であるエンジェル達の、今後の活躍に期待したいですね。



関連記事

アクション映画

映画『15ミニッツ・ウォー』感想とレビュー評価。結末まで退屈させない2つの演出【架空のキャラと銃撃戦】

映画『15ミニッツ・ウォー』は2019年10月11日(金)よりロードショー! アフリカ・ジブチで起きたバスジャック事件。テロリストが人質としたのは、罪のない子供たち。その子供たちを救うべく、女性教師と …

アクション映画

銀魂キャストが登場する舞台挨拶や試写会情報!あらすじも

単行本発行部数5000万部を突破した週刊少年ジャンプの看板コミック『銀魂』がまさかの実写化?! 笑って、泣いて、アツくなる、天下無敵の痛快アクション・エンターテインメント映画『銀魂』をご紹介します。 …

アクション映画

映画『地獄の黙示録』最後の解説とネタバレあらすじ。特別完全版とファイナルカット版の違いを比較

映画『地獄の黙示録 ファイナルカット』IMAX版は2020年2月28日から全国ロードショー フランシス・フォード・コッポラの名作映画『地獄の黙示録』。 そのストーリーの難解さとリアリズム溢れる映像美に …

アクション映画

『バッドボーイズ フォーライフ』ネタバレ感想と結末解説。名コンビ刑事のウィルスミス×マーティンローレンスがアクションに挑む!

ウィル・スミスとマーティン・ローレンスが贈るシリーズ第3弾『バットボーイズ フォー・ライフ』! アディル・エル・アルビとビラル・ファラーが監督を務め、2020年に製作された、アメリカの大ヒットアクショ …

アクション映画

映画『ザ・ハント』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。人間狩りが行われる“2020年分断”のアメリカ格差社会の問題を描く

娯楽として“人間狩り”を行うという設定が物議をかもした映画『ザ・ハント』 富裕層による庶民階級を獲物にした「人間狩り」を描き、その内容が問題となり、アメリカで一時は公開中止に追い込まれた、サバイバル・ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学