Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

『ブロウバック』ネタバレあらすじ結末と感想評価。BLOWBACKにて元格闘家のランディ・クートゥアが非道な銀行強盗犯を演じる

  • Writer :
  • 秋國まゆ

伝説の元UFC二階級王者ランディ・クートゥア出演のアクションスリラー!

ティボー・タカクスが監督を務めた、2021年製作のアメリカのアクションスリラー映画『ブロウバック』。

難病の娘の治療費を工面するため、銀行の貸金庫から貴重なブリーフケースを盗み出す計画を立てたニック。

元恋人のヴェロニカを通じて、経験豊富な銀行強盗のジャックとその仲間と手を組み計画を遂行し、見事に成功します。

ところが、ジャックたちはニックを裏切り、彼を殺そうとしたのです。

辛うじて一命を取り留めたニックは、ジャック一味への復讐を開始。ブリーフケースを数百ドルで売る手配をしていたジャックは、次々と仲間を処刑されてしまい………。

映画『ブロウバック』のネタバレあらすじと作品解説をご紹介いたします。

映画『ブロウバック』の作品情報


(C)BLOWBACK PRODUCTION LLC 2021

【日本公開】
2023年(アメリカ映画)

【脚本】
ケヴィン・ヤリス、ロバート・エドワード・トーマス、マシュー・イーソン、ロバート・ジャルディーナ

【監督】
ティボー・タカクス

【キャスト】
ランディ・クートゥア、キャム・ギガンデット、ルイス・マンディロア、クリス・マー、ベンジャミン・アビオラ、ミシェル・プレイア、テキサス・バトル、カム・ジガンディ

【作品概要】
『地獄のサイバーウェポン レッドライン』(1997)のティボー・タカクスが監督を務めた、アメリカのアクションスリラー作品。

2023年2月10日(金)より、シネマート新宿ほか全国順次公開された作品です。

トワイライト~初恋~』(2009)や『バーレスク』(2010)で知られる甘いマスクのアクションスター、キャム・ギガンデットが本作の主演を務め、伝説の元UFC(アルティメット・ファイティング・チャンピオンシップの略。アメリカの総合格闘技)二階級王者であり、「エクスペンダブルズ」シリーズのランディ・クートゥアと共演しています。

映画『ブロウバック』のあらすじとネタバレ


(C)BLOWBACK PRODUCTION LLC 2021

病気で妻を亡くした配車サービスの運転手ニック・ギブソンは、難病の娘エマの治療費を工面するために、アメリカ・ネバダ州ラスベガスにある銀行の大型の貸金庫からブリーフケースを盗む計画を立てます。

内通者の銀行の副支店長ライアンの情報によると、海外にいるブリーフケースの所有者ゼディ・ヴァレンティの国内代理人である弁護士キャメロンが、ライアンの勧めでブリーフケースの中身に400万ドルという多額の保険金をかけているというのです。

ニックのお目当ては、多額の保険金がかけられたブリーフケースの中身。「シードフレーズ」という12個から24個の単語で構成される暗号資産の鍵とそのメモリーです。

この「シードフレーズ」が漏洩された場合、持ち主は自分の暗号通貨に不正にアクセスされてしまいます。

ニックがブリーズケースを盗めば、ヴァレンティの暗号通貨を盗んだも同然。さらにそれを売却すれば、大金を手に入れることができます。

ニックは、ジムのオーナーをしている元恋人のヴェロニカを通じて、彼女の現恋人である経験豊富な銀行強盗犯ジャックが率いる強盗団と手を組み、予定どおりに計画を遂行しました。

銀行の支店長が子供の送り迎えに行って不在の間に、覆面を被って銀行を襲撃。

貸金庫の鍵を持つライアンを人質にして貸金庫へ侵入。他の貸金庫にある現金や貴金属と、お目当てのブリーフケースを盗み出す。

そして素人の犯行に見せかけるために、暴力は振るわず誰も殺さずに、速やかに銀行から逃げる、というのがニックの計画でした。

ニックが刑務所でお世話になった恩人の息子ザンダーが銀行内部の監視と警報の妨害、警察の動きも探ってくれたおかげで、ニックの計画は見事成功。

あとはブリーフケースの売買取引を行い、それで得た大金をみんなで山分けするだけ。だったのですが、ジャックたちはブリーズケースの中身を見て目の色を変え、ニックを裏切って殺そうとしたのです。

左の肩と腕を撃たれた挙句、自分の車のタイヤもパンクさせられてしまったニック。意識が朦朧としつつも運転していたら、すれ違ったパトカーに呼び止められます。

タイヤが道路脇の縁石に乗り上げ、車が止まったと同時にニックは意識を失いました。パトカーから出てきた男性保安官はそれを見て救急車を手配します。

エマと同じ病院に救急搬送されたニックは、かろうじて一命を取り留めました。

病室にやってきたラスベガス・メトロポリタン警察のクーパー刑事とその相棒オーウェンスによる事情聴取を終えてすぐ、ニックは病室から脱走。

エマのベッド横の机の上に、見慣れないぬいぐるみが置いてあることに気づきます。

そのぬいぐるみには、「エマ、ウィリスおじさんだよ」と男の声が録音されていました。

そのウィリスとは誰か、ニックは知っていました。自分を裏切ったジャック一味の1人ボビー・ウィリスだと。

ウィリスが娘に近づいたことにも腹を立てたニックは、ジャック一味への復讐を開始。

まず、車の中でクスリを吸っていたウィリスを襲撃。ブリーフケースはどこにあるのかと尋問します。

ウィリスは、「ブリーフケースはジャックが持っている。彼が取引したらその分け前を貰う予定だった」と答えるも、肝心のジャックの居場所は知りませんでした。

ニックはウィリスの口の中に、彼がエマに贈ったぬいぐるみを突っ込み、二度と娘に近づくなと警告します。

ですがその直後、ウィリスは心臓麻痺と窒息、薬物の過剰摂取により死んでしまったのです。

その日の夜。ニックは傷口が開いて出血したため、知り合いの医師のバーン博士のもとを訪れ、応急処置をしてもらいました。

翌日。キャメロンが勤務する「アンダーソン&ディマティーニ法律事務所」を訪れたニックは、「貸金庫の盗品について、直接ヴァレンティと話をしたい」と彼に頼みます。

最初は顧客情報云々いって門前払いしたキャメロンでしたが、他からヴァレンティに盗品の話が知られるのはまずいと判断し、彼と彼の手下がいる店の住所と電話番号をニックに教えました。

ヴァレンティの海外の会社「アージェンティ」は、世界の不動産を扱う合法的な企業だと謳っています。

ですが、国際犯罪の防止を目的として世界各国の警察機関により組織された「国際刑事警察機構(略称はICPO。海外ではインターポールと呼ばれている)」の報告書では、アージェンティはマフィアのフロント企業だとされているのです。

その後、ヴァレンティとその手下たちと直接対峙したニックは、臆することなくヴァレンティに取引を持ちかけました。

「副支店長から、貸金庫にあなたのブリーフケースがあると聞いて盗んだ」、「彼を殺し、俺を撃ってブリーフケースを横取りした奴から、俺が取り戻してくる」。

「その報酬に、保険金400万ドルの15%、50万ドルをくれないか。娘に手術を受けさせたい」と。

ヴァレンティはこれを承諾し、取引成立。手下のピートをニックの護衛兼助っ人兼監視役として、彼のそばにつかせました。

以下、『ブロウバック』ネタバレ・結末の記載がございます。『ブロウバック』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


(C)BLOWBACK PRODUCTION LLC 2021

一方クーパーたちは、ニックが何か隠しているのではないかと疑っていました。

実はニックは、偽造IDを使って客をストリップクラブに送ったことがあったのです。

それを知っているクーパーたちは、ニックと銀行強盗事件を同時進行で捜査することにしました。

ラスベガス・メトロポリタン警察の警察官リードに頼んで防犯カメラの映像を解析した結果、犯行時刻は支店長が子供の送り迎えをしに行った午後2時半、クラウドに保存された映像とすり替えることができるプロの仕業であること、強盗団が乗っている車は盗難車であることが判明。

さらにキャメロンが貸金庫内の盗品を申告し、400万ドルの保険金をかけていることと、貸金庫の所有者はヴァレンティで、盗まれたものは暗号通貨であることも判明したのです。

ここまで突き止めたクーパーと彼が率いる捜査チームは、捜査の範囲を広げて調べることに。

強盗犯や万引き犯などの前科もちから、周辺のホテルの従業員としらみつぶしに調べた結果、ウィリスの存在が浮上しました。

車の中で死んでいたウィリスの司法解剖の結果は、彼の死因は心臓麻痺と窒息、薬物の過剰摂取だと判明。

さらにウィリスの体内から、「フェンタニル」という鎮痛剤として使用される強力な薬物が検出され、ウィリスの気管は潰されていました。

現金輸送車を襲ったという前科があり、事件当日は仕事を病欠していることから、クーパーたちはウィリスが強盗団の1人ではないかと疑います。

ウィリスの過去の共犯者を調べた結果、ジェリー・フォスターという、彼と同時期に出所した男が浮上しました。

クーパーたちは、ジェリーと交際しているダンサーのモニカの家を訪ねるも、そこに彼はいませんでした。

代わりに、モニカから「サリヴァンという彼の友人が、彼の母親の家にいる」という情報を入手しました。

一方ニックは、ザンダーに護衛を頼んでいるエマのお見舞いをしに病院へ戻っていました。

すると親子のもとに、ジャックといるはずのヴェロニカがやってきます。

エマがMRIを受けに行き、2人きりとなった時を狙って、ニックはヴェロニカにブリーフケースはどこにあるのかと尋ねました。

ヴェロニカはそれには答えず、「私はジャックたちがニックを殺そうとしていたなんて知らなかった」と言い、ある情報をニックに教えてそそくさと立ち去ります。

ヴェロニカが教えてくれたのは、ジェリーの母親の家の住所でした。ニックはピートを連れて、その家へ向かいました。

そこで鉢合わせしたのはジェリーではなく、サリヴァンでした。ニックたちに捕まり、ピートの拷問を受けたサリヴァンは、「明日の夜、“フリーポート・カジノ”という場所でジャックと会うことになっている」と白状しました。

同時刻。ジェリーの母親の家を訪ねたクーパーたちは、ちょうど帰宅したジェリーと鉢合わせするも、あと一歩のところで取り逃がしてしまいました。

一方ヴェロニカは、ジャックが待つ家へと帰宅。仕事に行くという嘘に気づいた彼から詰め寄られます。

堪忍袋の緒が切れたヴェロニカは、友達のニックを殺そうとするなんてと、ジャックを糾弾。

さらに「これ(おそらく、ジャックたちに協力すること)で、借金は帳消しになった」と言い、ジャックとの関係を終わらせてニックと復縁しようと思いました。

実はヴェロニカは、ジャックが隠れて、ニック殺害を5万ドルで依頼した件についてジェリーと電話で話していたのを聞いてしまったのです。

そもそもヴェロニカは、借金を帳消しにすることを条件に、ジャックに協力していました。

自分を拒絶するヴェロニカの姿を見て、そのことを察したジャックは逆上し、彼女の首を掴むも殺しはしませんでした。

その日の夜。ジャックはヴェロニカと共に、ブリーフケースを預けたジェリーと予定通り大型倉庫にて合流。そこは、ニックたちがサリヴァンを拷問した場所でした。

さきにサリヴァンを見つけたジェリーは、ジャックがやったのではないかと思い込み、2人に向かって銃を撃ちます。

ジャックは自分がやったのではないと言い、ジェリーの誤解を解こうとするも失敗。自分を疑い指示に従わない彼に腹を立てたのか、「取り分を増やしたいか?」と言ってまだ辛うじて脈があったサリヴァンを射殺します。

それによって状況はさらに悪化。ジェリーはジャックを殺そうとするも、彼が銃を発砲する方が早く、逆に殺されてしまいました。

ジャックがブリーフケースを手に入れようとした瞬間、物陰に潜んでいたニックが登場。ジャックを銃で撃ち、銃を捨てるよう言います。

互いに銃口を向け、睨み合うジャックとニック。ジャックはニックに、ヴェロニカを愛しているかと唐突に尋ねます。

その問いにニックが答えずにいると、ジャックはヴェロニカに向けて銃を発砲。ニックは即座にジャックに再び銃弾を浴びせました。

ニックは倒れたヴェロニカに駆け寄りました。するとそこへピートが現れ、ニックを殺そうとしたジャックを撃ちました。

ピートは、ヴァレンティから預かった報酬の金が入った鞄をニックの近くに置き、ブリーフケースを回収してその場から立ち去りました。

ニックへの謝罪の言葉を最後に、彼の腕の中で息を引き取ったヴェロニカ。ニックは彼女を失った悲しみに暮れながら、鞄を手にその場を後にしました。

そして外で待たせていたザンダーと合流し、彼が運転する車に乗り込んで病院へ向かいました。

この間、クーパーの部下ダイアナ・リードが、ジェリーの母親の家の冷蔵庫に貼ってあった彼の番号を記したメモを発見。クーパーたちは彼女にその番号の追跡を頼み、彼の現在地を特定しました。

ですが、クーパーたちが現場に到着した時、既にニックたちが立ち去った後でした。

ジャックたちの死体の足の軌跡を見て、クーパーは「奴らはおそらく裏取引をしていて、金の分配のためにここで落ち合った」と推測しました。

オーウェンスの調査により、逃走用の車両と強盗団の身元が割れて強盗事件は解決。しかしまだ暗号通貨とニックの件は未解決のため、クーパーたちはそのことについて引き続き調べることにしました。

翌日。ピートとヴァレンティの手下ジョーイ・デルファンゾはブリーフケースを持って、シャルパンティエという男が待つカジノへと向かいました。

シャルパンティエはブリーフケースの中身を確認。しかしそこには、肝心のシードフレーズがありませんでした。

シャルパンティエが「シードフレーズがなければ無価値だ」と訴えるも、ピートたちは「我々はヴァレンティさんにこれを届けろと言われただけで、そんなもの知らないし、我々には無関係だ」、「支払期限は30日後だ」と言ってその場から立ち去りました。

自分の名前と200万ドルと書かれた書類を手にほくそ笑むヴァレンティ。息子を失ったことに気づいているのかいないのか、いつも通り自宅でアニメを見て笑うジェリーの母親。

そして無事退院した娘と笑い合いながら、車体の後ろに「MORE MOVE FOR THE MONEY(お金のためにもっと動く)」と書かれたハマーの車を運転するニックの姿を最後に、物語は幕を閉じました。

映画『ブロウバック』の感想と評価


(C)BLOWBACK PRODUCTION LLC 2021

最後まで難病の娘のために、悪党たちと渡り合い戦い続けたニック。

自分を裏切り殺そうとしたジャックたちへの復讐を始めた彼ですが、彼らを殺すつもりはありませんでした。

事実、最初に処刑したウィリスが車の中で死んだとき、ニックは激しく動揺していますし、サリヴァンをピートに拷問させても殺してはいません。

結局のところ、ジャックが人生の勝ち組となるという己の夢の実現のために、自分の仲間を手にかけたのです。

ジャックは自ら破滅への道を進んだことで、金も仲間も愛も失う結果となりました。逆にニックは金と娘との幸せな生活を手に入れました。

対照的な結末を迎えることとなったニックとジャックがでぶつかり合バトルシーン、彼らが手を組みラスベガスの銀行で強盗した場面は観る人の胸を熱くさせ興奮させます。

また、物語のラストでは、ヴァレンティの手下がシャルパンティエにブリーフケースを届ける姿が描かれていました。

受け取ったブリーフケースにシードフレーズがないと訴えるシャルパンティエの姿から察するに、ヴァレンティの暗号通貨を狙っていた1人なのでしょう。

ですが土壇場でヴァレンティたちにしてやられてしまい、金だけ搾り取られるという有り様でした。

まとめ


(C)BLOWBACK PRODUCTION LLC 2021

銀行強盗計画が成功した直後に仲間に裏切られ、殺されかけた男の究極の復讐劇を描いたアメリカのアクションスリラー作品でした。

本作の見どころは、ニックとジャック一味による迫力満点の銀行強盗シーンと、同じ女を愛したニックとジャックによるマフィアの暗号通貨を巡る熱きバトルです。

ニックがジャック一味への復讐のため、難病の娘の治療費を工面するために、ヴァレンティに臆することなく自分がブリーフケースを盗んだと告白し、彼に取引を持ち掛けたのは衝撃的でした。

だってヴァレンティはマフィアですから、そんなことを話せばその場で殺されてしまいます。ヴァレンティはニックのその度胸に感心し、彼を殺さず、彼の要求をのんで手を貸したのでしょう。

ヴァレンティとニックが手を組んでいたことなど最後まで知ることなく、ジャックは夢を実現するまであと少しというところで死んでしまいました。

ジャック一味が作中で言っていた「借金」とは、ヴェロニカたちがジャックにそれぞれ金を借りていたことなのか、はたまた自らこさえたものなのか、最後まで明言されなかったのがまた謎でした。

伝説の元UFC二階級王者ランディ・クートゥアが、仲間を裏切る極悪非道な銀行強盗という最凶の悪役を演じるアクションスリラー映画が観たい人に、とてもオススメな作品です。

関連記事

アクション映画

【ネタバレ解説】荒野のストレンジャー|あらすじ感想考察と結末評価。幽霊の正体はダンカン?善悪なき“自然”の化身がアメリカ“淀み”の時代を破壊する

クリント・イーストウッド初の西部劇“監督”作! 謎多き“流れ者”はいったい何者なのか? 俳優にして映画監督、クリント・イーストウッド。 数々の名作を手がけてきた彼が、監督デビュー作『恐怖のメロディ』( …

アクション映画

韓国映画『ノンストップ』ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。オム・ジョンファがキレのあるアクションを披露!

オム・ジョンファの主演のアクション映画『ノンストップ』。 韓国映画『ノンストップ』は、韓国の人気歌手で『ミス・ワイフ』(2015)『ダンシング・クィーン』(2012)など、女優としても活躍するオム・ジ …

アクション映画

映画『キングダム』あらすじネタバレと感想。ロケ地が中国ゆえの画面の説得力に圧倒される

2019年4月19日(金)ロードショー! コミックス通算50巻を超える原泰久の人気コミック『キングダム』がついに映画化。 主役コンビの信役と漂役に山崎賢人と吉沢亮が。 共演に長澤まさみ、橋本環奈、本郷 …

アクション映画

激戦ハートオブファイト|動画無料視聴方法とあらすじネタバレの感想

現在U-NEXTにて特集が組まれている香港の名匠ダンテ・ラム監督。 これまでハードなアクションにへヴィーなストーリーや人物の過去を作り上げてきた彼ですが、なんと2015年に公開された作品は、熱血スポ根 …

アクション映画

映画『沈黙の戦艦』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。スティーヴン・セガールがケーキから飛び出した美女を相棒にシージャック犯に挑む!

最強コックが巨大戦艦ミズーリ号をジャックしたテロリスト集団と戦うサスペンスアクション! 『逃亡者』(1993)『ダイヤルM』(1998)『穴/Holes』(2003)などを手掛けたアンドリュー・デイビ …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学