Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

Entry 2022/01/01
Update

スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム|あらすじ感想と評価解説。過去作のヴィランたち映画再登場にサムライミやマークウェブ版も事前鑑賞はオススメ!

  • Writer :
  • ほりきみき

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』が2022年1月7日(金)に公開されます。

『スパイダーマン ホームカミング』(2017)、『スパイダーマン ファー・フロム・ホーム』(2019)に続く、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)に属する「スパイダーマン」シリーズの第3弾です。

『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』『アベンジャーズ エンドゲーム』で共闘したドクター・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)が登場。

魔術に失敗してマルチバースが開かれ、過去のシリーズ作品の悪役たちが時空を超えて集まってきてしまいます。

スパイダーマンとドクター・ストレンジは元の世界に戻すことができるのでしょうか。

スポンサーリンク

映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』の作品情報


©2021 CTMG. © & ™ 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

【公開】
2021年(アメリカ映画)

【監督】
ジョン・ワッツ

【脚本】
クリス・マッケンナ、エリック・ソマーズ

【出演】
トム・ホランド、ゼンデイヤ、ベネディクト・カンバーバッチ、ジョン・ファヴロー、ジェイコブ・バタロン、マリサ・トメイ、アルフレッド・モリーナ、ウィレム・デフォー、ジェイミー・フォックス

日本語吹替版声優:榎木淳弥(スパイダーマン/ピーター・パーカー)、銀河万丈(ドック・オク/オットー・オクタビアス)、山路和弘(グリーン・ゴブリン/ノーマン・オズボーン)、中村獅童(エレクトロ/マックス・ディロン)、三上哲(ドクター・ストレンジ)、真壁かずみ(MJ)、ネッド(吉田ウーロン太)など

【作品概要】
『スパイダーマン ホームカミング』『スパイダーマン ファー・フロム・ホーム』に続く、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)に属する「スパイダーマン」シリーズ三部作の<最終章>。

監督は前2作のジョン・ワッツが続投しました。キャストもこれまでと変更はなく、主人公のスパイダーマン/ピーター・パーカーにトム・ホランド、ピーターの恋人MJ役をゼンデイヤ、ピーターの親友ネッド役をジェイコブ・バタロンが演じます。

そして本作のキーマンとしてドクター・ストレンジ役のベネディクト・カンバーバッチが加わりました。

映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』のあらすじ


©2021 CTMG. © & ™ 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

前作の最後でピーター・パーカー(トム・ホランド)はミステリオ(ジェイク・ギレンホール)を倒しましたが、ミステリオは自分がスパイダーマンに殺され、スパイダーマンの正体はピーター・パーカーであると動画に残し、その映像をデイリー・ビューグル紙が世界に向け公開してしまいました。

本作は前作の終わりにそのまま繋がっています。ピーターはミステリオ殺害の容疑がかけられてしまったうえ、正体も暴かれてしまいました。

大切な人に危険が及ぶことを危惧したピーターはドクター・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)に自分がスパイダーマンだと知られていない世界に魔術で変えてほしいと頼みます。

ところがドクター・ストレンジが呪文を唱えると時空に歪みが引き起こり、マルチバースが出現。それぞれのユニバースから、スパイダーマンのヴィランたちが集まってきてしまいました。

スポンサーリンク

映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』の感想と評価


©2021 CTMG. © & ™ 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

トム・ホランドが演じるスパイダーマンは『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)で初登場を飾りました。

その後、「スパイダーマン」単独シリーズが作られ、アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)にも登場しました。本作は単独シリーズ3部作の最終章です。

『スパイダーマン ホームカミング』でヒーローとして認められたい一心でちょっと暴走してしまったピーター。

『スパイダーマン ファー・フロム・ホーム』ではトニー・スタークの形見として渡された “イーディー”というAIとハイテク技術が組み込まれたサングラスを正義のために使うのではなく、恋敵の撃退に使ってしまうなど、ヒーローながら私たちと変わらない一面を持つキャラクターとして描かれてきました。

本作は2作目の最後でスパイダーマンの正体が暴かれ、自分だけでなく大切な仲間までもが危険な状況に陥ったところから始まり、ピーターは自分がスパイダーマンだという記憶を人々から魔術で消してほしいとドクター・ストレンジに頼みます。

それに対して、ドクター・ストレンジは頼る前に自分で努力をしてみたのかと尋ねました。

経験値の高いドクター・ストレンジの言い分はもっともですが、魔術で何とかなるなら頼ってしまいたいと思う気持ちはとてもよくわかります。

とはいえ頼んでおきながら、細かな注文をつけてドクター・ストレンジを困惑させてしまうピーターはまだまだ幼さを感じさせます。

その結果、このユニバースに、

『スパイダーマン』(2002)のグリーン・ゴブリン(ウィレム・デフォー)
『スパイダーマン2』(2004)のドック・オク(アルフレッド・モリーナ)
『スパイダーマン3』(2007)のサンドマン
『アメイジング・スパイダーマン』(2012)のリザード
『アメイジング・スパイダーマン2』(2014)のエレクトロ(ジェイミー・フォックス)

といったヴィランたちが呼び寄せられてしまったのです。


©2021 CTMG. © & ™ 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

しかもヴィランたちをそれぞれのユニバースに戻そうとするドクター・ストレンジに対して、ピーターは駄々っ子にように反抗。その行動は年配者から見れば短絡的で、問題をさらに深刻化させてしまいました。

しかし、ピーターなりにヴィランたちと向き合い、問題解決に向けて奮闘します。スパイダーマンはヴィランをやっつけるヒーローなのではなく、問題を解決する親愛なる隣人であることを改めて感じさせてくれました。

その結果、ドクター・ストレンジもピーターの考えに共鳴。ドクター・ストレンジが考えていた以上の結果をもたらしたのです。

年配者から見ると「何にもわかっていない」ように見える若者の考えも一蹴せずに検討することが大事なのかもしれません。

まとめ


©2021 CTMG. © & ™ 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

過去のシリーズ作品からヴィランたちが時空を超えて登場するため、ジョン・ワッツ監督版の過去作だけでなく、サム・ライミ監督版やマーク・ウェブ監督版も予習を兼ねて見ておくことを勧める人が多いです。

もちろん、それらを見る余裕があるのならば、見ておくことに越したことはありません。しかし、本作だけでも十分楽しめるように作られています。

マルチバースが出現し、それぞれのユニバースから、さまざまなスパイダーマンのヴィランたちが集まってきたということさえ理解していれば大丈夫。

『スパイダーマン ホームカミング』で認められたがっていたピーターが今の自分がすべきことを知り、『スパイダーマン ファー・フロム・ホーム』で恋とヒーローとしての責任の両立に苦慮し、本作ではヒーローとしてすべきことに気づき、やり遂げるまでを描いています。

トム・ホランドが演じるピーターの成長をしっかり見届けられる作品です。そして、若者の考えに耳を傾けることも時には必要ということを教えられます。

関連記事

アクション映画

映画『レディガイ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

凄腕の殺し屋が、性転換手術で女の姿に!? 主演を務めるのは兄貴こと、ミシェル・ロドリゲス。 漢の映画を撮り続けるウォルター・ヒル御大の約4年ぶりとなる作品。 2018年1月6日(土)公開の『レディ・ガ …

アクション映画

【ネタバレ感想】ライズ ダルライザー NEW EDITION|映画結末の説得力と確かな感動の秘密とは

何度でも、立ち上がる。何度でも、立ち上がる。 2019年3月9日より映画『ライズ ダルライザー ーNEW EDITIONー』が公開 福島県白河市で活動しているご当地ヒーロー・ダルライザー。 何の特殊能 …

アクション映画

映画『ねばぎば 新世界』感想評価とレビュー解説。赤井英和×上西雄大が大阪・新世界を舞台に悪をねじ伏せる

映画『ねばぎば 新世界』は2021年7月10日(土)より、K’s cinemaより全国順次公開予定。 映画『ねばぎば 新世界』は大阪・新世界を舞台に、赤井英和が演じる村上勝太郎(通称・勝吉 …

アクション映画

映画『斬、』あらすじと感想レビュー。塚本晋也が『野火』の続編として描くテーマとは

『野火』で第2次大戦を描いた塚本晋也監督。 本作『斬、』は監督の初の時代劇で「刀と刀による殺し合い」の映画です。 暴力を恐れながら暴力に惹かれてしまう男、鉄と合体しそうになる男という、塚本監督が一貫し …

アクション映画

映画『オーバードライヴ』ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。実話に挑んだロック様ことドウェインジョンソンが肉体とアクションで魅了!

2人の男が麻薬組織と激しいバトルを繰り広げるアクション・サスペンス スタントマン出身のリック・ローマン・ウォーが監督を務めた、2013年製作のアメリカのアクション・サスペンス映画『オーバードライヴ』。 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学