Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

Entry 2020/03/24
Update

香港映画『無敵のドラゴン』ネタバレあらすじと感想。ラスト結末に迎える衝撃と型破りな展開とは⁈

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

マックス・チャン主演による異色のサスペンスアクション『無敵のドラゴン』

心にトラウマを抱えた刑事が、連続殺人事件に挑む、アクション映画『無敵のドラゴン』。

『パシフィック・リム アップライジング』「イップ・マン」シリーズのマックス・チャン主演。演出は『メイド・イン・ホンコン』のフルーツ・チャン監督が務めます

香港映画お馴染みのカンフーアクションに、サスペンス様子を融合させた、異色の作品とも言える、映画『無敵のドラゴン』をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『無敵のドラゴン』の作品情報


(C)2019 Pegasus Motion Pictures (Hong Kong) Ltd. All Rights Reserved

【公開】
2020年公開(香港映画)

【原題】
The Invincible Dragon

【監督・脚本・製作】
フルーツ・チャン

【キャスト】
マックス・チャン、アンデウソン・シウバ、ケビン・チェン、アニー・リウ、ラム・シュー

【作品概要】
心に闇を抱えた刑事、ガウ・ロンが、婚約者を拉致した連続殺人事件の犯人を追い詰める、アクション映画。

主演に「イップマン」シリーズの他、『パシフィック・リム:アップライジング』など、世界で活躍する「香港アクション界の最強兵器」とも呼ばれる、アクション俳優マックス・チャン。

監督と脚本は『メイド・イン・ホンコン』で知られる、フルーツ・チャン。

映画『無敵のドラゴン』のあらすじ


(C)2019 Pegasus Motion Pictures (Hong Kong) Ltd. All Rights Reserved
香港警察のガウ・ロンは、幼い頃に、頭が九つある龍と遭遇した過去を持ち、龍の刺青を体に刻んでいる男です。

ですが、龍と遭遇した話を、幼い頃から誰も信じてくれないという、辛い過去を持ち、心に闇を抱え、情緒不安定な面がありました。

ある時、マフィアの潜入捜査をしていたガウ・ロンは、追い詰めたマフィアのボスに、龍の刺青を馬鹿にされた事に激高し、街中で銃を乱射します。

マフィアのボスは逮捕しましたが、街中での奇行が問題視されたガウ・ロンは、香港警察から左遷され、全職員が20名の、田舎の警察署の署長となります。

ガウ・ロンは、マカオの富豪の娘で、医師であるウォンの精神鑑定を受けながら、恋人の女性警官ニンとの結婚を進めるなど、新たな環境で、前向きに生活していました。

しかし、ガウ・ロンの赴任直後から、女性警官を狙った不可解な事件が多発します。

ガウ・ロンは、チームを組み、近隣を捜索しますが、恋人のニンが捜索チームに入っている事を、ガウ・ロンは危惧します。

そこへ、犯人と思われる男の目撃情報が入り、捜索隊は現場に向かいますが、誤報であった事が分かります。

逆に手薄になった、捜索隊の待機車両が、フード姿の人物に襲われ、車内にいたニンが連れ去られます。

ガウ・ロンは、フード姿の人物を、あと一歩まで追い詰めますが、銃を発砲され道路に倒れてしまい、取り逃がしてしまいます。

事件から1年後。

犯人逮捕に失敗したガウ・ロンは、警察を辞め、ボクシングの世界で生きていました。

ガウ・ロンは、ニンが生きている事を信じ、ボクシングの試合の合間に、夜の街を1人で捜索していますが、目はくぼみ、頬は痩せこけた姿となり、更に情緒不安定となっていました。

ガウ・ロンが警察を退職して以降、女性警官が襲われる事件は起きていませんでしたが、同様の手口での殺人事件が、マカオで発生します。

狙われたのは、香港の時と同じ、女性警官でした。

かつて、ガウ・ロンの部下だったモウ刑事は、マカオの捜査に参加しようとしますが、マカオ警察のチョウ警視に邪魔されます。

それでも、事件解決を諦めきれないモウ刑事は、マカオで試合をしていた、ガウ・ロンを訪ねます。


(C)2019 Pegasus Motion Pictures (Hong Kong) Ltd. All Rights Reserved

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『無敵のドラゴン』ネタバレ・結末の記載がございます。『無敵のドラゴン』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ガウ・ロンは、モウ刑事に捜査への復帰を依頼されますが、当初はこれを拒否します。

ですが、犯行現場を1人で訪ねたガウ・ロンは、9ミリの銃弾を発見し、犯行に使用されたのは、香港警察の拳銃であり、犯人は、ニンを連れ去った人物と同じであると確信します。

ガウ・ロンは、モウ刑事の尽力で警察に復帰。

殺害された女性警官が会員として通っていた、スポーツジムを訪ねます。

スポーツジムで、ウォンと再会したガウ・ロンは、精神治療の必要性を聞かされますが、これを無視します。

そこへ、スポーツジムのインストラクターで、「レディ」と名乗る女性と遭遇します。

レディは、捜査に非協力的で、何も答えず、その場を去りました。

さらに、ガウ・ロンは、かつて警察の親善試合イベントで戦った、元米兵のシンクレアと遭遇します。

シンクレアは、ガウ・ロンに負けた事を、今も根に持っており、再戦を要求しますが、ガウ・ロンは無視します。

ガウ・ロンは、スポーツジムで会ったレディが「婦女」を意味する、明らかな偽名を使った事を不審に感じ、尾行を開始します。

ですが、バイクに乗った謎の集団に襲われ、レディを見失います。

レディが、一連の事件に関係している事を確信したガウ・ロンですが、勝手に捜査をしている事を、チョウ警視に気付かれ、香港に強制送還されます。

しかし「レディが香港に現れた」という情報を入手したガウ・ロンは、かつての警察仲間を集め、レディの隠れ家を張り込みます。

そこへ、シンクレアからレディに連絡が入り、ガウ・ロン達の捜査状況が筒抜けだった事から、ガウ・ロンは突入を開始します。

レディの隠れ家に突入した瞬間、モウ刑事がレディの銃撃に倒れます。

ガウ・ロンはレディを追い詰め、電車内での戦いとなりますが、電車が脱線した衝撃で、レディは死亡します。

レディの隠れ家に戻ったガウ・ロンは、自分宛ての荷物を発見します。

荷物を開けると、そこには変わり果てた姿となった、ニンの姿がありました。

傷心のまま、警察署に戻ったガウ・ロンは、シンクレアの襲撃に遭います。

激しい戦いの末、シンクレアを取り逃がしてしまったガウ・ロンは、幼い頃に遭遇した龍に「これ以上、仲間を失いたくない」と懇願しますが、龍の唸り声のみが聞こえます。

ガウ・ロンは、シンクレアの過去を調べ、ある映像に行き着きます。

警察の親善試合イベントで、ガウ・ロンとシンクレアが戦った時、シンクレアの息子が撮影した映像に、一連の事件の動機が隠されていました。

親善試合イベントは、ガウ・ロンの圧勝となり、シンクレアの息子は、観戦していた婦警達に「お父さん、弱いね」と嘲笑われていました。

試合終了後の車内で、息子に敗戦を責められたシンクレアは口論となり、息子が車を降りた瞬間、トラックと衝突し命を失いました。

シンクレアは、息子を失った全ての原因は、婦警達とガウ・ロンにあると考え、復讐として、一連の犯行に及んでいたのです。

真相に辿り着いたガウ・ロンに、シンクレアから連絡が入ります。

ガウ・ロンは、シンクレアとの決着を着ける為に、スポーツジムのあるタワーに向かいます。

レディも息子も失い、自暴自棄になったシンクレアのパワーに、ガウ・ロンは押され気味になりますが、戦いの中で精神がハイな状態となり、シンクレアを圧倒します。

ですが、もう一歩の所まで追い詰めた所で、シンクレアはボートに乗って逃げ出しました。

追跡する手段が無い中、ガウ・ロンは戦闘の疲労が蓄積し、その場から動けなくなります。

ボートで逃げるシンクレアの前に、巨大な龍が出現します。

龍は、九つの頭でシンクレアを弄び、最期は尻尾でシンクレアを弾き飛ばします。

飛ばされたシンクレアは、ガウ・ロンの所へ戻り、そのまま息絶えます。

シンクレアの死から数日後、事件を解決したガウ・ロンは、ウォンの治療を受ける事を決意します。

スポンサーリンク

映画『無敵のドラゴン』感想と評価


(C)2019 Pegasus Motion Pictures (Hong Kong) Ltd. All Rights Reserved
連続する殺人事件に、恋人を失った刑事が挑む、アクション映画『無敵のドラゴン』。

本作は、サスペンス色の強いカンフーアクション映画と言う、異色の作品となっています。

かなり風変りな作品となっており、主人公のガウ・ロンは、情緒不安定というキャラクターで、序盤は痩せこけた風貌と、全く表情を変えない無表情さが、何とも言えない不気味な雰囲気を出しています。

更に、突然自分の首を絞め始めるなどの奇行も多く、見ていて不安しか感じない主人公となっています。

この、ガウ・ロンが挑むのは、多発する連続女性警官殺人事件で、ガウ・ロンは事件に巻き込まれた婚約者を失うという、重くて悲しい展開が続きます。

なのですが、レディとのカンフーアクションが始まる中盤から、重苦しい雰囲気は変化していき、クライマックスのシンクレアとの戦いは、世界一高いバンジージャンプアトラクションを舞台に、高所恐怖症のガウ・ロンが、妙な笑顔を浮かべ始めるなど、突然ハイテンションな展開となります。

これまで、終始無表情だったガウ・ロンが、いきなり笑い始めるので、これはこれで、不安しか感じません。

そして本作は、最終的にガウ・ロンが逃がしてしまったシンクレアが、九つの頭を持つ龍に襲われるという、驚愕の展開で幕を閉じます。

香港映画で「ドラゴン」がタイトルになっているカンフー映画はたくさんありますが、本当のドラゴンが出て来て、敵を倒してしまうという展開は、個人的に初めて見ました。

現代を舞台にした刑事ドラマなので、異様さが際立っています。

本作は、序盤の重厚なサスペンスの雰囲気からは想像ができない、とんでもない展開で終わるラストまで、カンフーアクション映画としては、型破りの凄い作品となっています。

まとめ


(C)2019 Pegasus Motion Pictures (Hong Kong) Ltd. All Rights Reserved
型破りなカンフーアクション映画『無敵のドラゴン』。

ですが、クライマックスの、ガウ・ロンとシンクレアの戦いは、かなり見応えがありました。

シンクレアを演じるのは、格闘技団体UFCで活躍したアンデウソン・シウバで、ガウ・ロンを演じるマックス・チャンのスピーディーな攻撃を、力でねじ伏せるという、「スピードVSパワー」の戦いは必見です。

また、ガウ・ロンとレディが、脱線してひっくり返る電車の中で、ガラスが飛び散る中でも戦い続けるなど、カンフーアクションシーンの演出は、かなりのこだわりを感じます。

カンフー映画にサスペンスを融合させ、とんでもない方向に着地する本作は、世界的なアクションスター、マックス・チャン主演作という点も含め、カンフー映画好きの方は、観て損の無い作品となっていますよ。

関連記事

アクション映画

韓国映画『密偵』あらすじとキャスト一覧!感想レビューも

11月11日(土)より、シネマート新宿、シネマート心斎橋にて公開される韓国映画『密偵』をご紹介します。 疑うべきは敵か、味方か、密偵は誰なのか!? 日本統治時代の1920年代の京城と上海を舞台に、武装 …

アクション映画

映画『キリング・ガンサー』あらすじとキャスト。シュワルツェネッガー最強の殺し屋に

映画『キリング・ガンサー』は7月14日(土)より新宿バルト9、梅田ブルク7にてロードショー。 製作総指揮に自ら名乗り出たアーノルド・シュワルツェネッガーの今度の役がらは、伝説の世界最強の殺し屋ガンサー …

アクション映画

映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』あらすじとキャスト

2018年8月3日(金)に公開予定となっているトム・クルーズ主演のシリーズ第6弾!映画『ミッション:インポッシブル フォールアウト』のご紹介です。 これまで以上に最難関のミッションに挑むイーサン・ハン …

アクション映画

映画『キングダム』登場人物の成蟜(せいきょう)役は本郷奏多。演技力とプロフィール紹介

中国春秋戦国時代を舞台にした原泰久原作の大人気マンガ『キングダム』を実写化した映画が2019年4月19日より公開。 原作は第17回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞し、累計発行部数3600万部を超える一大 …

アクション映画

韓国映画『コンフィデンシャル/共助』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

北と南の刑事がタッグを組み、史上初の型破りな“共助捜査”が今、始まる! 韓国映画『コンフィデンシャル/共助』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS1.映画『コンフィデンシャル/共助』の作 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP