Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

Entry 2021/10/01
Update

映画『フューリー』ネタバレ結末あらすじと感想解説。ブラッドピッド演じる兵士が指揮する“戦車の一騎打ち”

  • Writer :
  • 秋國まゆ

たった1台のシャーマン戦車と300人のドイツ軍部隊が激突する戦争アクションドラマ!

デヴィッド・エアーが脚本・製作・監督を務めた、2014年製作のアメリカの戦争アクションドラマ映画『フューリー』。

第二次世界大戦末期のヨーロッパ戦線で、徹底抗戦を繰り広げていたドイツ軍の部隊300人と、連合軍の米兵5人が乗るたった1台のシャーマン戦車が激突する物語とは、具体的にどんな内容だったのでしょうか。

他の部隊が全滅し、なんとか生き残ったシャーマン戦車が300人のドイツ軍の部隊と渡り合っていく、アメリカの戦争アクションドラマ映画『フューリー』のネタバレあらすじと作品解説をご紹介いたします。

スポンサーリンク

映画『フューリー』の作品情報


(C)Norman Licensing, LLC 2014

【公開】
2014年(アメリカ映画)

【脚本・監督】
デヴィッド・エアー

【キャスト】
ブラッド・ピット、シャイア・ラブーフ、ローガン・ラーマン、マイケル・ペーニャ、ジョン・バーンサル、ジェイソン・アイザックス、スコット・イーストウッド、ジム・パラック、ブラッド・ウィリアム・ヘンケ、ケヴィン・ヴァンス、ゼイヴィア・サミュエル、アナマリア・マリンカ、アリシア・フォン・リットベルク、ダニエル・ベッツ

【作品概要】
ワイルド・スピード』(2001)や『エンド・オブ・ウォッチ』(2012)、『スーサイド・スクワッド』(2016)などを手掛けた、デヴィッド・エアーが脚本・製作・監督を務めたアメリカの戦争アクションドラマ作品です。

「オーシャンズ」シリーズや『イングロリアス・バスターズ』(2009)、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(2019)などに出演する、ブラッド・ピットが主演と製作総指揮を務めています。

映画『フューリー』のあらすじとネタバレ


(C)Norman Licensing, LLC 2014

第二次世界大戦中、米軍の戦車は武装・装甲とも、敵対するドイツ軍の戦車よりも劣っていました。米軍の戦車乗員は、強大な敵戦車に撃破され、苦戦していました。

1945年4月。アメリカ合衆国・イギリス・フランス・ソ連・中国を中心とする連合軍は、ナチス・ドイツ心臓部に侵攻しましたが、ドイツ軍から激しい抵抗にあっていました。

ドイツの首相であり、国家社会主義ドイツ労働者党「ナチ党」の指導者アドルフ・ヒトラーは「総力戦」だと宣言し、男・女・子供を問わず、ドイツの全国民を兵として動員しました。

米軍の第3小隊に所属する米兵ドン・“ウォーダディー”・コリアー一等軍曹が車長を務める米軍の戦車「M4A3E8 シャーマン」、通称「フューリー号」は戦車小隊の第3小隊4輌と共に、徹底抗戦を続けるドイツ軍と戦い続けていました。

フューリー号に乗っているクルーはウォーダディーをはじめ、砲手のボイド・“バイブル”・スワンと装填手のグレイディ・“クーンアス”・トラビス、操縦手のトリニ・“ゴルド”・ガルシア。

副操縦手のレッドもいましたが、ドイツ軍との戦闘で死亡。さらにフューリー号以外の4輌が全滅。

ウォーダディーたちは連合軍のデポ(戦闘地帯から見て後方の軍の諸活動・機関・諸施設を総称したもの)へ戻り、戦死したレッドの後任として、8週間前に入隊したばかりの新兵ノーマン・エリソン二等兵を、新たな副操縦手として仲間に迎え入れます。

しかしノーマンは、以前はタイピストを務めていて戦車の中を見たことがなく、また戦車に乗ったことも戦場に出たこともありませんでした。

ウォーダディーはそんなノーマンの目の前で、デポで尋問予定のナチ党の親衛隊における武装組織「武装SS」の1人を見て、仲間を殺した武装SSに対する憎しみを顕わにし、「SSは1人残らず殺せ」と彼に命じました。

その後ウォーダディーたちは、戦車小隊の小隊長パーカー中尉と米兵のデイヴィッド軍曹、ビンカウスキ軍曹やピーターソン軍曹たち戦車小隊と共に、戦車小隊へ戦車10輌応援要請した米軍の第41連隊B中隊と合流すべく、ドイツに侵攻を開始。

ウォーダディーたち戦車小隊が縦列で行軍中、ノーマンは近くの木陰から敵らしき姿を目撃しますが、それが子供だったため仲間に警告しませんでした。

しかしそのせいで、木陰にいた少年兵たち「ヒトラーユーゲント(ナチス党公認のファシズム青少年組織)」に襲撃され、先頭を走っていたパーカーの戦車が破壊されてしまい、乗員もろとも火だるまにされてしまいました。

ウォーダディーはそんなノーマンを激しく叱責したのち、パーカーの代わりに小隊長として戦車小隊を率いて、B中隊が待つ合流地点へ向かいます。

合流地点へ到着後、ウォーダディーはB中隊を率いる“オールドマン”・ワゴナー大尉に会いに行き、前線の指揮を執る彼から今後の指示を請いました。

「この先にいる小隊が機銃掃射を受け、畑で足止めを食らっている。そこへ装甲車を贈る込んだが壊滅した。ドイツ軍の対戦車砲が3~4ヶ所にあるようだ」

「部下を救出し、敵を撃破しろ。敵を撃破した後に合流し、俺たちと一緒に町を制圧する」


(C)Norman Licensing, LLC 2014

ウォーダディーたち戦車小隊は、戦車の後ろに歩兵たちを歩かせながら畑へ前進。ドイツ軍対戦車砲陣地に入り、ドイツ軍の機銃掃射と対戦車砲と対峙します。

ウォーダディーの指揮の下、戦車小隊はマイルス軍曹たちB中隊の歩兵を後ろに隠したまま、対戦車砲を撃破。残る敵散兵を機銃掃射で一掃しようとします。

しかしその戦闘中、ノーマンは弾の装填に手間取ってしまい、危うく敵散兵から間近で銃撃されるところでした。

それをゴルドがカバーし、敵散兵を戦車で踏みつぶして戦車小隊はさらに前進。歩兵を展開し、生き残っている敵散兵と交戦させます。

ゴルドはノーマンに、踏みつぶした敵散兵を殺すよう指示しますが、「もう死んでいるのに何でまだ撃たなくちゃいけないんだ」と言い、ノーマンはドイツ兵を殺すことを躊躇するのです。

インカムで2人の会話を聞いていたウォーダディーは激怒し、ノーマンを連れて戦車を降り、捕虜となったドイツ兵を射殺するよう強要します。

「俺は乗員の命を守ると、ゴルドたちに約束した。それをお前が邪魔する」「ドイツ兵を殺せない奴は役立たずだ」

「捕虜となったドイツ兵を殺すことが間違っているかどうかは関係ない。ドイツ兵を殺すのが俺たちの任務だ。お前はドイツ兵を殺すためにここにいる」

ノーマンは拒否し激しく抵抗しますが、ウォーダディーは彼に力ずくで銃を持たせ、目の前に跪かせた捕虜を射殺させます。

初めて人を殺した恐怖に震えるノーマンに、ウォーダディー以外のゴルドたち4人が声を掛け、彼にこう言いました。

「ドンはとんだイカレ野郎だが、頼れる奴だ。俺たちは北アフリカ戦線前からの仲だ」「俺たちがこうしてずっと無事でいられるのは、彼のおかげなんだ」

そう、ウォーダディーたち5人は、北アフリカ戦線を生き抜いてきた歴戦の猛者でした。

以下、『フューリー』ネタバレ・結末の記載がございます。『フューリー』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)Norman Licensing, LLC 2014

その後、戦車小隊は予定通りワゴナー率いるB中隊と合流し、小さな町の制圧に向かいます。

その小さな町には、建物や電柱に戦いを拒否したドイツ国民数名が、武装SSによって絞首刑に処された惨状が広がっていました。

そんな町中を巡回し、戦車小隊は町に潜むドイツ兵たちと対峙し、砲撃によって撃退していきます。

服屋をカモフラージュにしていたドイツ軍の対戦車砲は、先頭を走るフューリー号が撃破。炎上する服屋から飛び出してきたドイツ兵を、ノーマンたちが機銃で掃討します。

フューリーとビンカウスキ率いる部隊が乗るシャーマン戦車「殺人株式会社(マーダー・インク)」の前に、1人のドイツ兵が銀行から躍り出て助命を乞いました。

ドイツ語を話せるウォーダディーがドイツ兵と話し、銀行に隠れている武装SSとドイツ兵たちを外へ連れ出させます。

戦いを拒否した子供を吊るし首にした武装SSの1人は射殺し、他の武装SSは拘束。これにより、ウォーダディーたちはこの小さな町を制圧しました。

ウォーダディーとノーマンは、家の中から1人の女性がこちらを覗いているのを見て、その女性がいる民家に入り、ドイツ人女性のイルマとその従妹エマと出会います。

ノーマンとエマは音楽を通じて心惹かれ合い、奥の寝室で体を重ねました。その後、ウォーダディーがイルマたちにあげた卵を使った食事を、4人一緒に食べようとします。

しかしそこへ、ゴルドたち3人が乱入。エマとノーマンに酷い嫌がらせをしてきました。

初めは静観していたウォーダディーでしたが、ゴルドたちが仲間外れにされた腹いせか、ノルマンディー上陸作戦の苦い思い出を語りだしたところで激昂し、3人を黙らせます。

その後、ウォーダディーたち戦車小隊に、ワゴナーから新たな任務が言い渡されました。

「西へ移動する敵の動きを偵察機が捉えた。十字路を通過し攻撃しようとしてくる敵の進軍を阻止するべく、連合軍の大隊が到着するまでの間、その十字路を守ってくれ」

するとそこへ、突如ドイツ軍の砲撃が町を襲い、イルマたちがいる家に1発の砲弾が直撃。エマが死んでしまいました。

ウォーダディーやクーンアスから戦争の恐ろしさを教わったノーマンは、米軍と親密になったエマたちドイツ国民を殺すためだけに町全体を燃やしたり、戦いを拒否したドイツ国民を子供だろうが関係なく、吊るし首にしたりするドイツ軍やSSへの憎悪を募らせていきます。


(C)Norman Licensing, LLC 2014

戦車小隊は十字路への行軍中、突如木陰に隠れるドイツ軍の戦車「ティーガーI」1輌から襲撃を受け、一番後ろを走行していたビンカウスキの戦車が破壊されてしまい、乗員もろとも火だるまにされてしまいました。

ウォーダディーとデイヴィス、ピーターソンの戦車3輌でティーガーIと正面からぶつかり、砲弾の撃ち合いという激闘を繰り広げていきます。

激闘の末、ティーガーIを撃破し乗員全員射殺した戦車小隊でしたが、ピータンソンが戦死し彼の戦車も撃破され、デイヴィスの戦車も撃破されてしまいました。

さらに車上無線機が破損して使えなくなってしまい、支援を要請することが出来ず、ウォーダディーたちは戦場で孤立してしまうのです。

ウォーダディーたちは、今回の戦闘で敵兵を容赦なく射殺したノーマンを褒め、一人前の兵士として、自分たちの部隊の一員として認め、戦車も敵も女もやれる兵士「マシン」というあだ名をつけます。

孤立無援となってもなお、ウォーダディーたちは先へ進み、ドイツ兵を待ち伏せする十字路へ向かいました。

十字路に到着して早々、フューリーは、対戦車地雷を踏んで右の履帯が切れて走行不能となり、十字路で立ち往生してしまいます。

ウォーダディー・ゴルド・バイブルがフューリーを修理している間、クーンアスとノーマンは短機関銃を持って、十字路近くにある救護所の中を調べましたが、中にいた人は皆死んでおり敵はいません。

そこでウォーダディーはノーマンに、丘の木のそばで敵が来ないかどうか見張るよう命じます。

偵察に出たノーマンが目にしたのは、歌いながら行進する300人の武装SS大隊と輸送車でした。


(C)Norman Licensing, LLC 2014

壊れたフューリーを置いて逃げるか、十字路を守るべく300人の敵を相手に戦うか。ウォーダディーたちは話し合った結果、彼らは後者を選びました。

そこでウォーダディーたちは、壊れたフューリーの上に救護所にいたドイツ兵の死体を置き、ガソリンを撒いて火をつけ、あたかもフューリーが撃破された遺棄戦車であるかのように装う待ち伏せ作戦を決行。

敵をギリギリまで近づかせた後、戦車砲と持っている全ての小火器と手榴弾を駆使して、300人の武装SS大隊を相手に大損害を与えました。

しかし戦車砲や銃の弾が切れ、ウォーダディーたちが弾を補充している間に、ウォーダディー・ノーマン・ゴルドがフューリーから顔を出した隙を狙って特攻してきた武装SSに、外に置いてある弾を中へ運んでいたウォーダディーが肩を撃たれ負傷してしまいます。

日が沈み暗い夜の闇が辺りを覆った頃、暗闇で敵の姿を視認しにくいウォーダディーたちに対し、武装SS大隊は闇夜に紛れてフューリーの後ろに回り込み、携帯式対戦車擲弾発射器「パンツァーファウスト」を撃ち込んできました。

フューリーに撃ち込まれた3発のうち、1発のパンツァーファウスト弾頭の噴流がクーンアスの身体を貫き、そのまま戦車内で戦死。

戦車砲が底をつき、残るは小火器と50口径のみとなったウォーダディーたちに、武装SS大隊は総攻撃を仕掛けてきます。

激しい銃撃戦の末、ゴルドは銃撃を受け、持っていた手榴弾を車内に落としてしまい、作動済みの手榴弾の上に覆いかぶさり戦死。

砲塔上面ハッチから顔をのぞかせ、敵を銃撃するウォーダディーに手榴弾を渡そうと、バイブルが砲手用ハッチから顔をのぞかせた瞬間、敵の狙撃兵が撃った銃弾を頭部に受けて戦死。

ウォーダディーも、バイブルを射殺した狙撃兵に3発撃たれ、何とか車内に戻ってハッチを閉めます。先に死んだバイブルの頭を抱き寄せ、崩れ落ちるように反対側に倒れ込みました。

ノーマンが脱出用ハッチから、地雷の爆発でできた地面の穴に隠れた直後、ウォーダディーは車内に放り込まれた手投げ弾の爆発によって戦死。

ノーマンも車体の下を覗き込んできた1人の武装SSに発見されましたが、彼はノーマンを見つめるだけで何もせず、そのまま武装SS大隊に加わり立ち去っていきました。

翌朝、ノーマンは隠れていたフューリーの中へ這い上がり、自分を逃がすために己の命を犠牲にしたウォーダディーの遺体に、着ていたジャケットを被せます。

そこへ米軍の大隊が到着し、車内で息を潜めていたノーマンは無事救出されました。後方に運ばれる衛生隊の移送車両に乗ったノーマンは、窓から破壊されたフューリーと、仲間と命懸けで戦った十字路の惨状を目にしました。

ノーマンと米軍の大隊が後にした十字路には、中央で立ち往生したフューリーを中心に、無数の武装SSの死体が路上に転がっていました。

スポンサーリンク

映画『フューリー』の感想と評価


(C)Norman Licensing, LLC 2014

戦場で兵士として成長するノーマン

ノーマンはウォーダディーたち戦車小隊に配属される前は、ただタイプライターで文字を打っていただけのタイピストでした。

戦場に出た経験もなく、戦車の中も見たこともありません。おまけにノーマンは、銃の撃ち方も戦車の操縦の仕方も知りませんでした。

そんな8週間前に入隊したばかりの新兵ノーマンが、初めて戦車小隊として戦場に出て敵を戦車で蹴散らし、死のうが捕虜になろうがお構いなしに敵兵を殺さなくてはならない戦争の恐ろしさを体験するのです。

自分がもしもノーマンだったらと考えると、初めて人を殺したことと、理想とは程遠い過酷な戦場を見て恐怖に震えてしまうのも頷けます。

そんなノーマンが一人前の兵士として成長したきっかけは、制圧した小さな町の住民が、米軍と親睦を深めていると知ったドイツ軍と武装SSに爆撃された後です。

とても短い恋でしたが、それでも一時心を通わせたエマが爆撃によって死んでしまいます。武装SSやドイツ軍は、戦いを拒否した国民を子供であろうと関係なく絞首刑に処しました。

自国民であろうと惨殺していく武装SSとドイツ軍に、復讐心を燃え上がらせたノーマンに、もう助命を乞う敵兵を思いやる気持ちなど一切ありません。

ノーマンが物語の後半から、徐々に一人前の兵士として成長し、ウォーダディーたちから仲間として認められた場面はとても感激します。

絆を深めるウォーダディーたち


(C)Norman Licensing, LLC 2014

人を殺したことがないノーマンと、北アフリカ戦線を生き抜いてきた歴戦の猛者ウォーダディーたちは最初、敵兵や捕虜に対する考え方の違いから対立してしまいます。

それでもウォーダディーたちは決してノーマンを見放すことなく、戦い方や戦争の恐ろしさを教えていきました。

一度は戦場から逃げ出したくなったノーマンですが、ゴルドたちから聞いたウォーダディーの仲間想いな一面を知って、反発した彼らに対する気持ちに変化があったのでしょう。

ドイツの小さな町を制圧した後、ノーマンはまず、ウォーダディーと徐々に絆を深めていきました。

エマたちの家では、仲間外れにされた腹いせから、ゴルド・クーンアス・バイブルの3人がノーマンとエマに酷い嫌がらせをしてくるのです。

そこで一度、仲間たちに対して激昂したウォーダディーの姿を見て、ここでまさか仲間割れしてしまうのではないかと、観ているこちらが冷や冷やさせられます。

何とか仲間割れせずに、ウォーダディーたちはドイツ軍のドイツ軍の戦車「ティーガーI」1輌との一騎討ちを制し、十字路で300人の武装SS大隊相手に死闘を繰り広げていきました。

次々と襲ってくる敵の襲撃を退け、最後まで仲間と協力して戦い抜いたウォーダディーたち。絶体絶命のピンチに陥った時、彼らの仲間に対する熱き思いが画面越しに伝わってきて涙が止まりません。

まとめ


(C)Norman Licensing, LLC 2014

戦場に出たことも人を殺したこともない新兵が、歴戦の猛者が集う戦車小隊に配属され、300人のドイツ軍の大隊と激突するアメリカの戦争アクションドラマ作品でした。

本作の見どころは、米軍の戦車小隊とドイツ軍による激闘と、戦場の中で築かれたノーマンたちの絆、ドイツが誇るティーガー戦車VSシャーマン戦車による一騎討ちです。

ドイツ軍の戦車「ティーガーI」1輌と生き残った米軍の戦車「フューリー」による一騎討ちの場面では、互いに戦車砲を撃ち合います。相手の動きを観察し攻撃の手を考えていく緊迫感たっぷりの息詰まる攻防戦は、ハラハラドキドキします。

その後に続く何時間にもわたって繰り広げられる、ウォーダディーたちvs300人の武装SS大隊による十字路での激闘。圧倒的な戦力差にも関わらず、敵に大損害を与えることが出来たウォーダディーたちの快進撃は凄まじいです。

米軍の戦車小隊が敵国ドイツで、ドイツ軍と300人の武装SS大隊と激闘を繰り広げていく、緊迫感たっぷりの戦争アクションドラマが観たい人に、とてもオススメな作品となっています。






関連記事

アクション映画

韓国映画『ムルゲ/王朝の怪物』ネタバレあらすじと感想。実話の朝廷陰謀論にモンスターパニックを織り交ぜた時代劇

映画『ムルゲ/王朝の怪物』は2020年3月13日より公開。 都を脅かす存在となった「物怪」と、最強の武人との戦いを描いた映画『ムルゲ/王朝の怪物』。 韓国版ドラマ『白い巨塔』など、多くの映像作品に出演 …

アクション映画

【ネタバレ感想】ミッションインポッシブル/フォールアウトのラスト結末は

トム・クルーズ主演の大人気シリーズ「ミッション:インポッシブル」。 ビルの谷間を飛ぶ撮影現場で左足の骨折したニューズが流れ、多くのトムのファンが肝を冷やしたことでも知られた『ミッション:インポッシブル …

アクション映画

映画『ザファブル2 』ネタバレあらすじとラスト結末の感想評価。キャスト岡田准一が続編殺さない殺し屋で偽善者を打ち負かす

映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』は2021年6月18日(金)より全国ロードショー! 本作『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』は、江口カン監督が岡田准一を主演に迎え、人気コミックを映画化した2019年の …

アクション映画

『ディヴァイン・フューリー/使者』ネタバレ考察と見どころ解説。ホラー映画として新たる悪魔祓いをテーマにした新感覚アクション!

神の存在を信じない男が、悪魔に闘いを挑むアクション映画 幼少期の辛い経験から、神の存在を信じなくなった男が、神父と悪魔の争いに巻き込まれる、映画『ディヴァイン・フューリー/使者』。 キム・ジュファン監 …

アクション映画

映画『ジャッリカットゥ牛の怒り』感想解説と考察評価。暴走牛VS1000人のパニックスリラーを描く

映画『ジャッリカットゥ 牛の怒り』は2021年7月17日(土)よりシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開 第93回アカデミー賞国際映画賞のインド代表作品として選出された牛追いスリラー・パニック映 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学