Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2019/08/02
Update

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド|あらすじネタバレと感想。タランティーノが物語るハリウッドで永遠に生き続けるスターたち

  • Writer :
  • 奈香じゅん

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』は、鬼才クエンティン・タランティーノ監督の最新作

タランティーノ監督の9作目となる長編作品。2大スター初共演でレオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットを起用。

舞台は1969年のハリウッド。テレビ俳優とそのスタントマンの友情を通して時代の潮流を鮮やかに映し出し、女優シャロン・テートに象徴される当時の寛容さや自由な風土を描写した笑い溢れる物語です。

本作は、『ビバリーヒルズ青春白書』で90年代初頭のアイコンと評されたルーク・ペリーの遺作です。

スポンサーリンク

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』の作品情報

【公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
Once Upon A Time in Hollywood

【監督】
クエンティン・タランティーノ

【キャスト】
レオナルド・ディカプリオ、ブラッド・ピット、マーゴット・ロビー、カート・ラッセル、ダミアン・ルイス、マイケル・マドセン、マイク・モー、オースティン・バトラー、ルーク・ペリー、アル・パチーノ

【作品概要】
監督・脚本を兼務したクエンティン・タランティーノは、1969年に惨殺されたシャロン・テートを物語に含めるのか当初かなり悩みましたが脚本を書き進めるうちに自信を持ち製作を開始。妹のデボラ・テートさんも脚本を読んで支持を表明しています。

タランティーノ監督と組むのは本作で3回目となる撮影担当のロバート・リチャードソンは、アカデミー賞を3度受賞している撮影監督。「アル・パチーノの出演作品は全部観ている。彼を撮るのが夢だった!」と話しています。

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』のあらすじとネタバレ

リック・ダルトンは西部劇の主演ドラマがキャンセルになった後、テレビドラマにゲスト出演を続けています。

リックのスタントマンであるクリフ・ブースとは親友。飲酒運転で免許を失ったリックの代わりに、クリフが運転手を務めています。

ある日、リックは、配役担当責任者のマーヴィン・シュワルツから、ローマで撮影されるスパゲッティ・ウェスタンの出演を打診されます。

リックは、ハリウッドでいよいよ落ち目になりキャリアも終わりに近いと感じてクリフの肩に顔を埋めて涙ぐみます。

愚痴を聞いたクリフは、「メキシコ人の前で泣くな」とサングラスをリックに渡し、そんなに悪い話ではないとリックを慰めます。

シエロ・ドライブの自宅に2人が到着するとシャロン・テートと映画監督の夫ロマン・ポランスキーが車で隣家へ入って行きます。

リックは、1ヶ月程前に引っ越して来た有名監督に興奮し機嫌を直します。クリフはヴァン・ナイに在るドライヴインシアターの隣に停めたトレーラーへ帰宅。

一緒に暮らすピットブルのランディにドックフードの缶詰を開け、ランディはクリフの合図を待ってから食べ始めます。

リックは、音楽を聴きながらプールの浮き輪に寝そべり作ったお酒でくつろぎます。

シャロン・テートはプレイボーイ・マンションで開かれたパーティへ出かけ、踊りながら夜を楽しみました。

翌日、撮影現場へリックを送り届けたクリフは、スタントの仕事があるか訊いて欲しいと頼みます。

リックは、その日のスタント・コーディネーターはランディなので、また別の日に声を掛けて見ると言い、自宅のテレビのアンテナを修理して欲しいと頼みます。

以前、リックは、ランディにクリフをスタントに使うよう頼みました。妻だった女性を殺害した過去を持つクリフをランディの妻・ジャネットが嫌がると断られます。

リックは、それは噂だと言い返し、クリフが戦争に従軍して功績を残したと訴え、やっと承諾を得ました。

しかし、ブルース・リーに絡まれたクリフがスターであるリーを投げ飛ばし、駐車していたジャネットの車をへこまして解雇されたことがあったのです。

リックの自宅にアンテナを直しに来たクリフは、屋根の上からチャールズ・マンソンが隣へ行くのを目撃します。

対応に出たジェイ・セブリングに、マンソンはテリーを探していると言います。 ジェイは、現在ポランスキー家が住んでおり、テリーという人物は居住していないと答えます。

様子を見に出て来たシャロンを見たマンソンは、笑顔で挨拶をした後立ち去ります。

その頃、怪我で降板した俳優の代わりに抜擢されたリックは、待機中に8才の共演者に出会います。

彼女はリックに俳優としての心構えを説きます。今の自分が惨めで涙ぐむリックは、8才の共演者に慰められます。

シャロンはウェストヴィレッジに行きたいというヒッチハイカーの女性を送ってあげた後、夫の為に購入した本を取りに行きます。

ブルーイン・シアターで『レッキング・クルー ~伝説のミュージシャンたち~』を上映しているのを見掛け、帰りに映画館へ立ち寄ります。

自分が出演している作品なので無料で観賞させて欲しいと頼み、写真撮影に快く応じ映画を楽しみます。

一方、リックは深酒がたたり、台詞を何度もトチって周囲は興ざめ。リックは自己嫌悪に陥りトレーラーに戻って大暴れします。

しかし、気を取り直して次の場面を上手くこなし、リックは監督から褒められ安堵します。8才の共演者からも賛辞を贈られ、リックはまた涙ぐみます。

クリフは運転中に度々ヒッチハイクしようとしている同じヒッピー女性を見掛けます。チャッツワースに在るスパーン・ランチと呼ばれる映画撮影用のセットに住んでいると聞いて、クリフは車に乗せてあげます。

スパーン・ランチに到着すると、その女性は一緒に来るようにクリフを誘いチャーリーを紹介したいと言います。

たくさんの女性が建物から出て来てクリフの様子を伺い、馬に乗ったテックス・ワトソンも現れクリフに声を掛けます。

クリフは、土地の所有者であるジョージと以前一緒に仕事をしたことがあり、挨拶をしたいと言いますが、明らかに嫌な顔をされます。

奇妙な集団が住み着いたのを見てジョージを心配したクリフですが、ジョージはクリフを全く覚えていませんでした。

外へ出て来たクリフはブーイングを浴びせられ、更にリックのキャデラックがパンクしているのを発見します。

薄ら笑いを浮かべ、自分がやったと認める男をクリフは殴ってタイヤを交換させます。

事態を聞きつけたテックスが戻ると、クリフは車で走り去るところでした。

クリフはリックを撮影現場に迎えに行きリックの家に戻ります。2人でリックがゲスト出演するテレビドラマ『F・B・I』を見ながらビールとピザで夜を過ごします。

クリフは、車に乗せたヒッピー女性から50セントで買ったLSD入りのタバコをリックのシガレットケースに入れ、間違って吸わないようにリックに注意します。

6ヵ月後、マーヴィンからの紹介でセルジオ・コルブッチの映画に出演し、続けて複数の映画撮影を終えたリックはある程度の収入を得てクリフとアメリカへ帰国します。

リックは、イタリア人女性・スカーレット・コルブッチと結婚。2人の新生活が有るので、今後はクリフを雇い続けられないと打ち明け、ビバリーヒルズの家も売却するつもりだと話します。

クリフは事情を理解。9年間続いたリックとクリフの二人三脚は終わりを迎えようとしていました。

以下、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』ネタバレ・結末の記載がございます。『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

シャロン・テートの夫ロマン・ポランスキーはロンドンへ滞在中で、その間ヴォイテック・フライコフスキーやフォルジャーズ・コーヒー創業者のひ孫であるアビゲイル・フォルジャー等友人がシャロンの家に滞在。

シャロンは妊娠8ヶ月でした。

1969年8月9日。シャロン達はウエストウッドのメキシカンレストラン「エル・コヨーテ」で夕食を取った後帰宅します。

同じ頃、リックとクリフも外食を楽しみ泥酔。ピットブルのランディはリックの家で留守番をしていました。

真夜中近くにリックとクリフはタクシーでリックの家へ戻ります。

半年前に置いて行ったLSD入りのタバコを見つけたクリフは、紫煙をくゆらせながらランディを連れて夜の散歩へ出かけます。

途中、マンソンファミリーが乗った車と道路ですれ違います。

ミキサーでフローズン・マルガリータを作っていたリックがエンジン音を聞いて窓から外を窺うと、ヒッピー達が乗った車が停車しています。

リックは外へ飛び出し、ヒッピーはこの近辺に不相応だから出て行けとカルトメンバーを怒鳴りつけながらミキサーから直接マルガリータを飲みます。

マンソンの信者・ケイティが拳銃を握りしめながらリックを睨みつけます。

更に、リックが警察を呼ぶとヒッピーを罵り、テックスは一度退却。

マンソンからテリーが住んでいた家へ行き全員殺害するよう命じられたとテックスは皆の気を引き締めます。

ケイティはリックが出演していたドラマを思い出し、俳優だと気が付きます。

「皆テレビを見て育つ。どの番組も人を殺してばっかり。つまり、自分達に人殺しを教えた人間を殺すってこと」そうセイディが主張し、全員同意します。

同じ頃、散歩からリックの家に戻ったクリフは、ランディにドッグフードをあげようと缶詰を開けていました。

3人のカルト信者がリックの家に侵入。テックスはクリフに拳銃を向けます。ハイになっているクリフは手で拳銃を持つ振りをして笑い出します。

騒ぎで起きて来たスカーレットをセイディがナイフで脅します。その時、クリフはスパーン・ランチで見た連中だと思いだし、信者達は焦りの表情を浮かべます。

テックスは「俺は悪魔だ。悪魔の仕事をしに来た」と威勢を示します。

クリフの合図でランディがテックスに飛び掛かり、ナイフを手に向かって来たセイディに、クリフがドッグフードの缶を思いっきり投げつけます。

見事顔に命中したセイディの顔は血だらけ。テックスはランディに股間をかじられ大声で叫んでいます。

クリフが這って近づいて来るセイディをランディに攻撃させると、テックスがナイフを取り出します。クリフは、テックスの腕を掴んで彼の腿にナイフを突き刺し顔を足蹴り。

ケイティがクリフの腰にナイフを突き刺し睨みつけます。切れたクリフは、彼女の髪を掴み容赦なくあちこちの壁に頭をぶつけます。

セイディは半狂乱になってガラス扉に突進し、そのまま外のプールの中へ落下。

お酒を飲みながらヘッドフォンで音楽を聴いていたリックは初めて事態に気がつきます。

セイディはプールで叫びながら宙に乱射。リックは、映画撮影で自分が使った小道具の火炎放射器を倉庫に取りに行き、セイディを焼き殺します。

駆けつけた警察の取り調べを受けたリックとクリフ。興奮したスカーレットはイタリア語でまくし立てます。

怪我を負ったクリフは救急車で搬送され、リックが見送ります。

そこへ、何が起きたのかとジェイ・セブリングが隣から話し掛けます。リックは、妙なヒッピーが押し入って自分の友達と妻を殺そうとしたと答えます。

クリフとランディが2人を殺し、自分が最後の1人に火をつけたと説明。そこへシャロンがインターフォンを通し、リックに大丈夫かと尋ねます。

リックが大丈夫だと答えると、シャロンはお酒でくつろぐよう自宅へ招待。

家の外で出迎えたヴォイテック・フライコフスキー、アビゲイル・フォルジャー、そしてお腹の大きなシャロンは、リックを温かく招き入れました。

スポンサーリンク

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』の感想と評価

**一部、ネタバレ・結末の記載がございます。閲覧にご注意ください**

リックとクリフの2日間を通し1969年のハリウッドを緻密に再現したクエンティン・タランティーノ絶妙な脚本と構成が光ります。

ブルース・リー扮するマイケル・モーのうんちくを述べる場面、そしてピットとの手合せシーンは、タランティーノならではと言える台詞と展開で、見所の1つです。

直後にカート・ラッセルと妻役のゾーイ・ベルがピットを怒鳴る所は、前日にタランティーノが新たに追加した場面です。

『キル・ビル』のウマ・サーマンのスタントだった彼女を本作に登場させることで、タランティーノはスタントマンという映画に必要不可欠な職業に敬意を表しています。

更に、ディカプリオがトレーラーで怒りを爆発させる場面も当初の脚本に無かった部分でディカプリオの即興です。物語の進行に合わせてリックの心情を2人が話し合った結果捕捉されました。

タランティーノ監督にとって9作品目となる本作は、シャロン・テート殺害事件から50年を迎える2019年に公開。

哀悼の意を捧げると共に彼女が生きていた世界は悪ばかりでは無かったことをタランティーノは描いています

事件後、麻薬絡みだと誤報が飛び交いシャロンさんを半ば責めるような報道があり、ヒッピー文化は批判を受けました。

タランティーノは製作に当たり独自に調査を進め、シャロン・テートという女性が大きく誤解されていたと確信に至ります。

演じたマーゴット・ロビーは、若くて美しい将来有望な女優の大らかさと寛容さを瑞々しく表現し、タランティーノが知り得たシャロン・テートを鮮やかに蘇らせます

本作の終盤で描かれる事件の夜、『イングロリアス・バスターズ』でヒトラーを殺したように、タランティーノは、凶行に及んだ犯人をリックとクリフに殺させる選択をしました。

惨殺された被害者に代わって復讐するかのように、犯人達はクリフ、ランディ、リックによって暴力的な死を遂げます。

そして、迎えるエンディングで、タランティーノが本作に込めた意図が明らかになります

数週間後に出産を控えたシャロン・テートとジェイ・セブリング含め4人がリックを出迎えるラストシーン。全てはここに導く為に周到に構成された2時間だったことが分かるのです。

4人は70年代へ移行して行くアメリカに存在しませんが、タランティーノが物語る遠い昔のハリウッドで永遠に生き続けます

まとめ

時代の過渡期を迎えた1969年のハリウッド

俳優として生き残れるのか悩むリックと今に満足するスタントマンのクリフは親友です。

女優シャロン・テートと夫ロマン・ポランスキーが偶然隣に引っ越して来たことで思わぬ事態に巻き込まれます。

4才の時に移り住んだロサンゼルスを再現する為、クエンティン・タランティーノは、ハイウェイ101とハリウッド・ブルバードの4ブロックを閉鎖して撮影

スクリーンに映し出される街は活気に溢れ、そこに生きた人々が息を吹き返し人生を謳歌する様子が描写されます

登場人物を深く作り込むことに長けたクエンティン・タランティーノの秀逸な作品



関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『きまじめ楽隊のぼんやり戦争』ネタバレあらすじ評価とラスト結末の感想。キャストが池田暁監督の不条理な世界観を具現化する!

「きまじめの、ぼんやり」は、「考えない、ふまじめ」なこと。 独自の世界観で唯一無二の作品を作り上げる池田暁監督の長編第4作『きまじめ楽隊のぼんやり戦争』。個性派俳優たちの集結で、池田ワールド全開です。 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ペイン・アンド・グローリー』感想レビューと評価。ペドロアルモドバル監督が愛したスペインの矜持

映画『ペイン・アンド・グローリー』は6月19日(金)TOHOシネマズシャンテ他ロードショー予定 映画『ペイン・アンド・グローリー』は、長年の体調不良もあり引退同然の状態だった映画監督が、自分の32年前 …

ヒューマンドラマ映画

是枝裕和映画『真実』あらすじネタバレと感想。名女優カトリーヌドヌーヴ故に作品が軽妙になった⁈

映画『真実』は2019年10月11日(金)より、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国にてロードショー公開 前作『万引き家族』でカンヌ国際映画祭最高賞のパルムドールを受賞した是枝裕和監督が次に挑んだのは、名 …

ヒューマンドラマ映画

映画『このまちで暮らせば』感想レビュー。考察【仕事と家族を超えた活動的次元】

映画『このまちで暮らせば』は、2018年7月14日(土)より、新宿K’scinemaにて1週間限定ロードショー。 熊本県にある林業の町・南小国町を舞台に、親子の絆と人々が未来に向かって歩む姿を、たくま …

ヒューマンドラマ映画

2017年3月公開の洋画メジャー&ミニシアター系おすすめ映画4選!

(C)2016 CJ E&M CORPORATION, MOHO FILM, YONG FILM ALL RIGHTS RESERVED 2017年3月公開洋画作品からおすすめ映画を、Cin …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学