Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/08/26
Update

ディカプリオ×タランティーノ来日!最新作映画『ワンハリ』記者会見リポート【ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド】

  • Writer :
  • 桂伸也

レオ×タランティーノ・タッグでの初来日

クエンティン・タランティーノ監督の9作目となる長編作品であり、レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットという2大スターを起用した話題作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

(c)Cinemarche

この作品を手掛けたクエンティン・タランティーノ監督と、主演を務めたレオナルド・ディカプリオが来日、2019年8月26日(月)に東京にてプロモーションの一環として行われた記者会見が行われました。

今回はこの2人が登壇した記者会見の様子をお届けします。

スポンサーリンク

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』記者会見リポート


(c)︎Cinemarche

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』の記者会見が2019年8月26日に東京で行われ、主演を務めたレオナルド・ディカプリオと、監督を務めたクエンティン・タランティーノ監督が、プロデューサーのシャノン・マッキントッシュとともに登壇しました。

時代と舞台のバックグラウンド

(c)Cinemarche

舞台は1969年のハリウッド。テレビ俳優とそのスタントマンの友情を通して時代の変化を描いた本作は、フィクションである一方で同年に女優・シャロン・テートの身に起きた猟奇的な事件などの実話を取り上げるなど、時代背景などを自由に掘り下げ描いたユニークなストーリー。

この作品について、タランティーノ監督は「作品で描いている時代にはカウンターカルチャーの変化が見られたし、ハリウッドという街や業界も変わっていきました。

その中でシャロン・テートの事件にいたるまでの時間軸で物語を描けば、歴史的な部分も掘り下げられて面白いんじゃないかと思ったです」と、舞台や時代背景を決定した要因を語ります。

また13,4歳くらいのころに読んだ、70年代出版の本『ラグタイム』(E.L. ドクトロウ著)に興味を抱いていたことを回想。

その印象から、本作でハリウッドのキャラクターを描くにあたりフィクションのキャラクターと、当時現地に実在した人たちを組み合わせたら面白いのではと思ったと振り返ります。

そしてそれがきっかけで、先述のテートやロマン・ポランスキー監督などといった実在の人物、当時の時代背景の中でレオナルド・ディカプリオ、ブラッド・ピットら演じる架空の人物が生きるというアイデアが生まれたと明かします。

(c)Cinemarche

また、ディカプリオ演じる主人公リックのモデルについては、50年代に登場したテレビでスターとなった俳優が多くいたことにあるといいます。

そのスターの多くは次第に衰退、映画への転身に成功したスターもいた一方で、リックのように新たな道を進もうとしながらも、うまくいかなかったという俳優も多くいたので、その実際にいた役者たちの要素を組み合わせて作り上げたとコメント。

具体的には「ルート66」のジョージ・マハリス、「サンセット77」のエド・バーンズ、「ベン・ケーシー」のヴィンセント・エドワーズらの名を挙げています。

そして本作の製作については「魅力的な出演者にも恵まれ、この物語に息吹を吹き込むこと自体が本当に楽しかったです。

でも一番満足したのは、CGを使ったりスタジオセットでの撮影をしたりせずに美術、衣装、さまざまなトリックを駆使して時代を再現できたこと。そこのマジカルさに楽しさを感じました」と自身の満足した点を挙げていました。

スポンサーリンク

レオ×ブラピ起用の理由

(c)Cinemarche

ディカプリオ×ブラッド・ピットというキャスティングの理由についてタランティーノ監督は「(彼らに届いたオファーの)山積みの脚本の中で、僕の作品が一番上にあったから」などとジョークをコメント。

そしてこの物語が役者とスタントダブルの物語であり、二人の役者を選ぶには、内面だけでなく外面的にも何か似たところがあることが必要であったと具体的な起用理由を挙げつつ「2人がこのキャラクターにぴったりだったんですが、正直なところ彼らが僕を選んでくれました。

2人をキャスティングできたことは、“世紀のクーデター”だったんじゃないかなと思います」と出演してくれた2人に感謝の言葉を投げかけます。

一方、この役への出演を決めた後について、ディカプリオは「役のためにリサーチを始めたとき、未知の世界に入り込んだような気持ちになりました。

僕たちが愛したいろんな作品に貢献した多くの俳優たちがいて、忘れ去られた人々も数多くいることがわかったし。このリサーチは素晴らしい経験になりました」と、役の世界に大きな魅力を感じたことを振り返ります。

実際に演じるにあたっては「2人のバックグラウンドをすべて監督に用意してもらえ、どういう映画に一緒に出たのか、どういうパートナーシップなのかを教えてくれたんです。

撮影中にはもっと情報をもらったので、時代の精神を理解しながら撮影していけました」と、大きなサポートで不安なく演じることができたことを回想します。

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』の作品情報

【公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
Once Upon A Time in Hollywood

【監督】
クエンティン・タランティーノ

【キャスト】
レオナルド・ディカプリオ、ブラッド・ピット、マーゴット・ロビー、カート・ラッセル、ダミアン・ルイス、マイケル・マドセン、マイク・モー、オースティン・バトラー、ルーク・ペリー、アル・パチーノ

【作品概要】
監督・脚本を兼務したクエンティン・タランティーノは、1969年に惨殺されたシャロン・テートを物語に含めるのか当初かなり悩みましたが脚本を書き進めるうちに自信を持ち製作を開始。妹のデボラ・テートさんも脚本を読んで支持を表明しています。

タランティーノ監督と組むのは本作で3回目となる撮影担当のロバート・リチャードソンは、アカデミー賞を3度受賞している撮影監督。「アル・パチーノの出演作品は全部観ている。彼を撮るのが夢だった!」と話しています。

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』のあらすじ

リック・ダルトン(レオナルド・ディカプリオ)は、かつてテレビドラマで人気を博しながら、目まぐるしく変化するハリウッドの状況に置き去りになり、その人気も衰えてしまった俳優。

数々の同輩が映画スターへの転身に成功する中、リックもその道を目指すも志を貫き通せず、焦る日々が続いていました。そんなリックを支える親友クリフ・ブース(ブラッド・ピット)は、彼に雇われた付き人でスタントマン。

エンタテインメント業界で生き抜くことに精神をすり減らしているリックとは対照的に、いつも自分らしさを失わないクリフ。固い友情で結ばれた2人でしたが、、時代は大きな転換期にさしかかっていました。

そんなある日、リックの隣の家に時代の寵児といえる名将・ロマン・ポランスキー監督と新進の女優シャロン・テート(マーゴット・ロビー)夫妻がやってきます。リック、クリフとは対照的に、今まさに最高の輝きを放つ2人。

そんな2人を見てリックは再び俳優としての光明を求め、イタリアでマカロニ・ウエスタン映画に出演する決意をします。そして1969年8月9日、それぞれの人生を巻き込み映画史を塗り替える、ある一つの事件が起きますが…。

スポンサーリンク

まとめ


(c)︎Cinemarche

タランティーノ監督によるオリジナル脚本で描く『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

8月26日(月)に東京にて開催された記者会見の模様をお届けしました。

終始大人の色香を漂わせ、落ち着いていたディカプリオとは対照的に、タランティーノ監督は冒頭で先日発表された妻・ダニエラさんの妊娠に触れると、はしゃぎ気味にその喜びをコメント。終始ハイテンションでマスコミの質問にも積極的に答え、場内は盛り上がりました。

また映画の内容にちなみ、身の回りで起きた奇跡について聞かれると、タランティーノ監督はこれまで作ってきた9本の映画や今期あのように日本に来られたこと、一方で96年にはビデオストアで働いていたことなどを回想。

そして「映画業界の中でキャリアを築けているのがミラクルだと思います。映画業界の中で、仕事ではなく一人のアーティストとして映画を作ることができているのは本当に幸運だし、そのことを絶対に忘れないでいようと思います」とコメント。

ディカプリオは幼いころから学校とオーディション活動に明け暮れていた過去を振り返りながら「僕はロサンゼルスで育ちだからこの業界をよく知っています。

なので俳優でいることが大変だとわかります。夢をかなえられないというのが現状で、仕事がある俳優であること、自分に決定権があるのが、自分には奇跡。ハリウッドスターを目指す人の99%が、こういう仕事がないというのが現状です」と語りました。

60年代末のハリウッドの世界をイマジネーション豊かに描いた『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』は8月30日(金)より全国公開です!



関連記事

新作映画ニュース

映画『大綱引の恋』あらすじ/キャスト/公開日。鹿児島先行上映が評判の話題作が全国の劇場にてロードショー!

名匠・佐々部清監督、渾身のラストストーリー。 鹿児島県薩摩川内市に420年続く勇壮な“川内大綱引”(せんだいおおつなひき)に青春をかける鳶(とび)の跡取りと、甑島の診療所に勤務する韓国人女性研修医との …

新作映画ニュース

映画『恐怖の報酬』オリジナル完全版の上映館情報。フリードキン監督幻の傑作とは

押井守、町山智浩も賛辞を贈る、40年間見ることが出来なかったウィリアム・フリードキン監督伝説の超大作が日本初公開! 映画『恐怖の報酬【オリジナル完全版】』は今秋11月24日(土) シネマート新宿、ヒュ …

新作映画ニュース

映画『パンケーキを毒見する』あらすじ内容/公開日/上映館。菅政権の誕生から人事までドキュメンタリーで描く

日本の民主主義は消滅してしまったのか? かつてない政治ドキュメンタリー映画が誕生しました。 日本アカデミー賞作品『新聞記者』や、東京国際映画祭作品賞(スプラッシュ部門)『i-新聞記者ドキュメント-』で …

新作映画ニュース

ドキュメンタリー映画『ナイトクルージング』あらすじキャスト。全盲の監督がSFに挑む姿を追う

前代未聞の映画製作を追う 生まれながらの全盲者の映画製作を追った映画『ナイトクルージング』が、2019年3月30日(土)よりアップリンク渋谷ほか全国順次公開されます。 マジョリティとマイノリティの境界 …

新作映画ニュース

『PARALLEL MOTHERS(パラレルマザーズ )』あらすじ/キャスト。アルモドバル監督×ペネロペ・クルス主演最新作が第94回アカデミー賞にノミネート決定!

2022年(第94回) アカデミー賞ノミネート決定作品 アルモドバル監督×ペネロペ・クルス主演最新作による同じ日に出産を迎える二人の母の物語。 (C)Remotamente Films AIE &am …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学