Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

Entry 2019/08/18
Update

映画『ブルーダイヤモンド』感想レビュー。キアヌリーヴスならではの表情と演技力にファン必見の快作

  • Writer :
  • 桂伸也

映画『ブルー・ダイヤモンド』は2019年8月30日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほかで全国ロードショー!

極寒の地ロシアで罠にはまった男は、マフィアを相手に一世一代の取引に挑んだのでした。

ロシアを舞台に、罠にはめられた一人の宝石ディーラーの、命がけの取り引きを描いた『ブルー・ダイヤモンド』。

本作は『フランク&ローラ 魔性のレシピ』で監督デビューを果たしたマシュー・ロスが監督。『シンプル・プラン』『パラサイト・バイティング 食人草』などを手掛けたスコット・B・スミスが脚本を務めたサスペンスストーリー。

キャストには『ジョン・ウィック:パラベラム』の公開を控えるキアヌ・リーブスをはじめ、『ミューズ』などのアナ・ウラルや、『千年の祈り』などのパシャ・D・リチニコフ、ユージーン・リビンスキらが出演。濃厚なラブシーンなど含め、上質のサスペンス・アクションを展開しています。

スポンサーリンク

映画『ブルー・ダイヤモンド』の作品情報


(c)2018 MARS TOWN FILM LIMITED

【日本公開】
2019年(カナダ・アメリカ合作映画)

【英題】
SIBERIA

【監督】
マシュー・ロス

【キャスト】
キアヌ・リーヴス、アナ・ウラル、パシャ・D・リチニコフ、ユージン・リピンスキ

【作品概要】
ロシアを舞台に、ある宝石ディーラーがマフィアに追われながら、命がけの取引に臨む姿を描いたサスペンス・アクション。監督は『フランク&ローラ 魔性のレシピ』を手掛けたマシュー・ロス。『マトリックス』『ジョン・ウィック』シリーズなどのキアヌ・リーヴスが主演を務めます。

ヒロイン役に『ミューズ』などのアナ・ウラルや、その他のキャストとして『千年の祈り』などのパシャ・D・リチニコフ、ユージーン・リビンスキらが名を連ねています。

映画『ブルー・ダイヤモンド』のあらすじ


(c)2018 MARS TOWN FILM LIMITED

希少な最高純度の宝石「ブルー・ダイヤモンド」の取引のためにロシア・サンクトペテルブルクを訪れた、宝石商のルーカス・ヒル(キアヌ・リーヴス)。

ところが、ダイヤを所持していたビジネスパートナーのピョートルとの連絡が途絶え、ルーカスは伝言を便りに彼を追ってシベリアへと飛ぶことに。

ダイヤを探し奔走する中、現地で親密になったカフェの女主人カティアを巻き込んで、苦労の末にルーカスは、いよいよダイヤを見つけ出すことに成功、ところがそれは巧妙に作られた偽物であることが判明します。

さらに期日が近づき、取引相手のロシアンマフィア・ヴォルコフの追っ手も迫る中、敵対するFSB(ロシア連邦保安庁)がルーカスに接触、偽物のダイヤを使い一世一代の取引を行うことを持ち掛けられます。果たしてルーカスの運命やいかに?

スポンサーリンク

映画『ブルー・ダイヤモンド』の感想と評価

キアヌづくし、リーヴスざんまい!


(c)2018 MARS TOWN FILM LIMITED

本作は、なんといってもキアヌ・リーヴス・ファンのためにあるような作品、といっても過言ではないでしょう。とにかく映画のオープニングからエンディングまで、キアヌづくしといった感じで彼の動向が映し出されます

キアヌが演じるルーカス・ヒルは、宝石納品のためにロシアに訪問するも、いきなりその手掛かりとなる人物との連絡ラインが消失、さらに顧客からは脅しをかけられるなど、序盤から先行き不安の立場に。

そんな状態でダイナーでウォッカを嗜んでいる際に、地元民の内輪揉めを制止しようと仲裁に入るも、不安のためか手元が震えていたり…と人間味を感じさせる表情を見せています。

さらにカティアに声を掛けられると、ちょっぴりいやらしい笑顔を見せたり、狩猟に誘われ現場でビビった表情を見せるなど、キアヌのさまざまな表情を見ることができます。

一方で流ちょうなロシア語も披露したりと、背面から見える彼のプロ意識も見逃せません。

映像としてはキアヌの表情がフィーチャーされているだけに、そんな彼のレアなたたずまいが余計に印象深く映し出されることもあり、その表情をたっぷりと堪能することができ、キアヌスファンは必見の内容となっています。

本当の愛と本物のダイヤモンドに対する偽物の輝きとは?

また、この物語からは考察される重要なポイントがあります。プロデューサーのスティーブン・ハメルは、「真の愛対偽の愛、本物のダイヤモンド対偽物のダイヤモンド」という、ストーリー上で表させる本質性をポイントとして示しています。

まずダイヤモンドの真偽性という部分に関してですが、実はこの劇中で“偽物”と歌われているダイヤモンドは、偽物であるにもかかわらず“最高品質”といわれてます。

あくまで希少価値の高い「ブルー・ダイヤモンド」という一つのものに対しての真偽性を語ると、本物にはかなわないという意見があるかもしれません。しかし単に“美しさ”という点でものを見ると、その真偽性はまた違った見え方となってしまいます

果たして、偽物だから悪いのか?本物だからよいのか?あくまで物語で描かれる取引上は、本物のダイヤが優位に描かれますが、偽物の方がきれいなのに、と考えるとこの構図はあまりにも滑稽に見えます

このことからルーカスをめぐる愛情という点でもさまざまな見え方があります。

ルーカスには本当の妻・ギャビーがおり、劇中ではルーカスがロシアに出向く前に少しだけ登場、さまざまな裏の顔があるルーカスとギャビーの間は、あまり強い愛情を感じません。

一方で、アナが演じるロシア人女性・カティアとの関係に関しては、クライマックスではニ人が強い愛情間を見せたりと、この二人の関係の方が本物の愛ではないかと感じさせるものがあります。

しかし、あくまでルーカスの妻はギャビーであり、カティアとの関係はあくまで一時の情事。

これが果たして、ルーカスが最後の取り引きを行った際に、ルーカスはどのような選択をし、二人の女性に関してもどのような結末を迎えるか。物語の真意をさらに奥深く押し広げるような思惑も感じられます。

ちなみにギャビー役を務めたのは、モリー・リングウォルド。『プリティ・イン・ピンク 恋人たちの街角』『ブレックファスト・クラブ』などの青春映画出演で1980年代に人気を博した女優でありますが、同じく80年代より頭角を現したリーブスとの共演は初めてになります

まとめ


(c)2018 MARS TOWN FILM LIMITED

本作のオープニングからエンディングまで、とにかく、キアヌ・リーヴスに焦点を当てたこの映画。

多くの人が「キアヌ・リーヴスならこの表情だろう」と納得するものから、意外な展開に肩透かしを食らったりと、さまざまな表情を見せてくれます。

また、制作スタッフもキアヌの仕事ぶり、プロ意識の高さを高く評価したという今回の撮影。

キアヌの真骨頂に迫る、新たなネタとしても高く評価できるものであり、かつ『ジョン・ウィック パラベラム』を待ち構えているファンにとっても、その前哨戦として十分に満足できる作品といえるでしょう。

関連記事

アクション映画

NETFLIX映画『タイラーレイク』ネタバレあらすじと感想。 命の奪還でクリスヘムズワースが魅せた豪快なアクションの数々!

命を掛けて守るべきもの……NETFLIX映画『タイラー・レイク -命の奪還-』 『マイティ・ソー』(2011)への出演を機に「アベンジャーズ」入りを果たし、全世界で人気となったハリウッドスターのクリス …

アクション映画

『リーサル・ストーム』あらすじと感想解説。キャストと監督の映画裏話からアクション活劇を10倍面白く見る!

メル・ギブソン主演最新作『リーサル・ストーム』は、2021年2月26日(金)よりロードショー! ハリウッドの“最終兵器”メル・ギブソンを主演に迎えた映画『リーサル・ストーム』。ある平和なマンションが、 …

アクション映画

映画『バッド・ウェイヴ』あらすじとキャスト一覧!感想レビュー

ブルース・ウィリス4年ぶり待望の単独主演作『バッド・ウェイヴ』。 豪華キャスト共演で贈る、痛快アクション・エンターテイメント! 2017年10月7日(土)より新宿バルト9ほか全国ロードショー。 スポン …

アクション映画

『ラストサムライ』ネタバレあらすじ結末と感想考察。トムクルーズと渡辺謙の共演で描く明治維新の‟武士道”

第28回日本アカデミー賞外国作品賞受賞ほか数々の賞にノミネートされた傑作時代劇! エドワード・ズウィックが脚本・監督を務めた、2003年製作のアメリカの叙事詩的時代劇アクション映画『ラストサムライ』。 …

アクション映画

映画『モンスターハンター』ネタバレあらすじと感想評価。ラスト結末も【キャストのミラジョヴォヴィッチが怪物と闘う】

特殊部隊の兵士が未知のモンスターと戦うアクションアドベンチャー ポール・W・S・アンダーソンが脚本・監督を務めた、2020年製作のアメリカのアクションアドベンチャー映画『モンスターハンター』。 シリー …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学