Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

韓国映画『コンフィデンシャル/共助』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

  • Writer :
  • 西川ちょり

北と南の刑事がタッグを組み、史上初の型破りな“共助捜査”が今、始まる!

韓国映画『コンフィデンシャル/共助』をご紹介します。

1.映画『コンフィデンシャル/共助』の作品情報


(C)2017 CJE&M CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED

【公開】
2018年(韓国映画)

【原題】
Confidential Assignment

【監督】
キム・ソンフン

【キャスト】
ヒョンビン、ユ・ヘジン、キム・ジュヒョク、ユナ、チャン・ヨンナム、イ・ドンフ

【作品概要】
北朝鮮のエリート刑事と韓国の熱血刑事がコンビを組んで型破りな共助捜査をすることに! 様々な思惑が交錯して、自体は急展開する!

2.映画『コンフィデンシャル/共助』のあらすじとネタバレ


(C)2017 CJE&M CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED

ピョンヤン近郊。特殊部隊に所属するエリート刑事イム・チョルリョンは、国内でアメリカドル紙幣の偽札を製造している組織を摘発するため、検閲員の部下を率いて任務にあたっていました。

チャ・ギソン隊長からは待機するよう命令がありましたが、彼は現場に突入します。

すると、謎の武装集団が偽札工場で働いている人々を殺害し、偽札の銅板を手に入れようとしていました。

殺戮を阻止しようと、チョルリョンが行動を起こすと、ギソンが現れ、チョルリョンたちを攻撃し始めました。

チョルリョンの妻と仲間は殺され、チョルリョンも銃弾を受け、倒れてしまいます。

ギソンはトドメを刺そうとしますが、弾切れで、「運のいいやつだ。お前を助けたのは俺の慈悲だ。忘れるな」と言い捨てると、銅板を盗みその場を去りました。

チョルリョンは上層部からなぜ一人助かった?と拷問を受けます。

ギソンは中国の大連に向かい、そこから韓国・ソウルに飛んだと聞かされます。

「生かしてくれたら、ギソンを殺しに南へ向かいます」とチョルリョンは訴えます。

偽札を作っていたことが他国に漏れると戦争に発展する恐れがあると案じた北朝鮮の上層部は、一週間後にソウルで開かれる北南長官級会談に乗じて、チョルリョンを施設団として派遣し、銅板を回収、ギソンを逮捕する計画を建てます。

捜査期間は三日間。

その頃、ソウルでは、カン・ジンテという刑事が容疑者を追い詰めていました。しかし、逮捕まであとちょっとというところで娘から電話が入り、そちらに気を取られたすきにあっけなく容疑者に逃げられてしまいます。

3ヶ月の定職を言い渡されたジンテは、呑気なことにゆっくり寝坊しようと目論んでいましたが、娘がアイフォンを買ってとねだるわ、義理の妹が100万ウォン口座に入金してくれと強引に頼んでくるわで、おちおち眠っていられません。

そんな折、ピョ班長に呼び出され、南北長官級会談が開かれる際に、脱北した犯罪者を北の警察が捕まえにやってくるから、南の代表として協力するようにと命令されます。

南北共助捜査は史上初で、うまくいけば出世も昇給もありうると目論んだジンテは、任務を引き受け、チョルリョンを迎えに行きます。

チョルリョンを見たジンテは思わず「チョーかっこいい!」と口走っていました。

挨拶を交わすと、ジンテはいきなり腰にさしたチョルリョンの銃を取り上げ、「銃器は南が管理する」と言い放ちました。

そして、盗聴器を仕込んだアイフォンを渡そうとしますが、チョルリョンはアイフォンは持っていると受け取りを拒否します。

ジンテはピョ班長から、これは極秘の仕事であること、捜査に協力するふりをして遠ざけるようにと命令されていました。

チョルリョンも、北朝鮮の上層部から偽札のことは一切南に話してはいけないと命じられていました。

二人は、唯一の手がかりであるギソンの元部下であるパク・ミョンホの居場所を突き止めようと高速に乗りますが車は大渋滞。

急ぐそぶりもないジンテに呆れるチョルリョン。挙句に無線ではいった他の事件の現場に行こうとするので、チョルリョンは、車を降りて、高速のガードを飛び越え、軽々とはるか下の道路に飛び降り、ジンテは仰天します。

その頃、韓国の上層部もギソンが韓国に入国し、北朝鮮がギソンを探しているという情報を入手していました。

チョルリョンはパク・ミョンホの居場所をつきとめますが、民間人が巻き込まれ、あわや大事故という騒ぎになります。

あわててかけつけたジンテと、チョルリョンが体をはったため死傷者は出さずにすみましたが、極秘の調査どころか、捜査の宣伝ではないかとジンテは大目玉を喰らってしまいます。

ギソンのような大物がなぜソウルに来て、北の当局がそれを捜査しているのか、ジンテは情報を聞き出すように命じられます。

ジンテはチョルリョンを飲み屋に連れて行って、酒をつごうとしますが、彼は飲もうとしません。が、ジンテの「兄と弟にならないか?」という提案には「いいですね」と快く応じました。

ジンテはチョルリョンの足クビに素早くあるものを装着しました。「これは刑事なら誰もがつけているものだ」、「位置追跡機では?」とチョルリョンに指摘され、「バカ言うな。韓国ではズボンの裾を捲ってこれを見せれば、ああ、仲間かとわかるんだ」としどろもどろに誤魔化し、なんとか納得させるのでした。

ジンテはチョルリョンを自宅につれて帰ります。義妹のパク・ミニョンは彼のカッコよさにうっとり。猛烈アタックを始めます。

最初は泊めるのを嫌がっていたジンテの妻・ユナも、ご馳走を作って彼を温かくもてなしました。

パク・ミョンホは怪しげな店に出入りし麻薬を売っているチンピラですが、ギソンと連絡を取り、彼に犯罪組織の大物を仲介する役割を果たしていました。

ギソンはチャン・ソンテという犯罪組織のソウル支部長と会談し、銅板の取引を持ちかけます。ソンテはなかなかずる賢い男で、銅板の性能を見極める必要があると彼をじらします

その頃、ジンテとチョルリョンは、パク・ミョンホを追って、免税店に踏み込み、乱闘となっていました。

銃を持っていないチョルリョンは紙コップにトイレットペーパーをつめた武器(!?)で、敵を次々に倒し、ジンテを驚かせます。

継いで、ジンテとチョルリョンは中華料理店を訪ねます。二階は雀荘になっていました。

ジンテが対応している中、チョルリョンは、パク・ミョンホが建物横の路地にいるのに気付きます。

ギソンの大勢の手下が、密入国してソウル入りしており、パク・ミョンホはその一人に南に残りたいという希望を訴えていました。しかし男は彼を撃ち殺します。「裏切り者は許さない」。

かけつけたチョルリョンに、男は携帯を渡します。憎きギソンの声が耳に飛び込んできました。

「チョルリョンか? 助けてもらった命は大事にしろ」

「待っていろよ!」と言うチョルリョンに「来てみろ。そこはお前と南の刑事の墓場だ」とギソンは応えました。

男とチョルリョンは激しく争いますが、逃げられてしまいます。そこにジンテがかけつけ、パク・ミョンホが死んでいるのに気が付きます。「なぜ死んだ? 手がかりがなくなったじゃないか!」

ギソンが北朝鮮の将軍だとピョ班長から知らされたジンテはチョルリョンに詰め寄ります。

「なぜ、北の将軍が軍人を連れて南へ? 黙っていたら捜査できない!」

「やつは検閲員を殺しました。大事な同士を、僕のせいで」チョルリョンはジンテに真実を打ち明けました。

韓国の警察はパク・ミョンホの遺留品の中から片面だけ刷られた偽札を発見し、ギソンの取引相手を割り出していました。

そのことを知ったチョルリョンは「やつらの居場所を教えてほしい。

捕まえたら銅板を渡します。約束します。助けてください」と真剣な目でジンテに訴え、二人はチャン・ソンテのアジトへ向かいました。

チャン・ソンテはギソンに提示額の半額でなら取引しようと応えていました。足元を見て交渉に応じようとしないソンテにキレたギソンは彼を撃ち殺します。

そこに屋上からロープを使い、ガラスを突き破ってチョルリョンが侵入。「本当に来たな」とギソンは言い、撃ち合いになります。

ギソンは手榴弾を爆発させ逃走。その際、駆けつけたパトカーに乗っていたジンテの後輩が撃たれて負傷してしまいます。

撃たれた箇所を確認したチョルリョンは「大丈夫、急所をはずれている」と後輩の傷を見ていいます。心配するジンテに「行ってください」と言う後輩。

追跡中のジンテに班長から連絡が入りました。「チョルリョンを行かせたらダメだ!」「捜査の隠蔽?」「この案件は俺達の手を離れたんだ」

全ては国家情報員の手に渡ったと班長は説明します。

「刑事を撃ったやつをつかまえないでどうする! 北も南もないだろ!」ジンテは班長の命令を無視して追跡を続けるのでした。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『コンフィデンシャル/共助』ネタバレ・結末の記載がございます。『コンフィデンシャル/共助』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。
ジンテは、銅板は南が貰うと告げ、ギソンを殺したいという気持ちはわかるが、とチョルリョンに釘をさしました。その時、前方にギソンの車を発見します。

激しいカーチェイスの末、ついにギソンを追い詰めました。「なぜこんなことを?」というチョルリョンの問いに、「腐った上層部の奴らに人民の名で素直に従う犬になりたくなかった」とギソンは応えました。

「人民の名を使って復讐か? 撃てよ」と煽るギソン。

「やめろ!」とジンテがとめにはいった瞬間、ギソンは遥か下の海にダイビングして姿を消しました。

「約束しただろ? 生け捕りにしろと」というジンテに「ギソンは俺の妻を殺したんだ!」とチョルリョンは叫びました。

「銅板を持っていけ! ギソンは自分で落ちて死んだ。生きていたら俺がなんとかする。天国の嫁も祈ってるさ」そう言うとジンテは銅板をチョルリョンに手渡すのでした。

北朝鮮に銅板を持ち帰ったチョルリョンはギソンの遺体は未確認であることを報告しました。「もう忘れろ。よくやった」と幹部は彼を労いました。

しかし、ギソンは生きていました。

数日後、娘からの電話に出たジンテは娘が泣いていることに戸惑います。すると男の声が聞こえてきました。ギソンの声です。

彼らは娘とユナを拉致したのです。インチョン港の発電所に2時間後に来い!そう言ってギソンは電話を切りました。

ジンテは泣きながら、チョルリョンに電話をします。「お願いだ。助けてくれ」

「南の刑事の家族が人質になっています」チョルリョンは上司に報告しました。

「放っておけ」という上司に向かって、彼は「もう誰も失いたくない。すみません。必ず復帰します」と言い残し、銅板を持って出ていきました。

ジンテの娘とユナは鎖につながれ、そばには時限爆弾がしかけられていました。

「娘と嫁に罪はありません。俺だけ殺してください。聞こえますか!」ジンテが叫ぶのをギソンは笑みを浮かべて眺めていました。

そこへ、チョルリョンが駆けつけます。銅板の裏側だけを置き、先に人質を開放するよう求めます。

「共和国の犬が立派なことだ。離してやれ」。二人は解放され、ジンテも立ち去るよう言われます。

「お前は?」「心配なく。兄貴、すみません。僕のせいで」

家族を連れてその場を離れたジンテでしたが、立ち止まり、ユナに話し始めました。「一番大事なのは、お前と娘だ。でも…俺は韓国の警察だろ?」

「回りくどいわね。早く行って」夫の気持ちを理解したユナは夫の無事を祈りながら彼の背中を押すのでした。

ジンテが戻ると、ギソンは銅板を回収し、チョルリョンにトドメを刺そうとしていました。

ジンテはチョルリョンに銃を渡し、反撃を喰らったギソンは逃走します。

「なぜ帰らなかった?」「同じ理由だ」

二人はギソンを追い、埠頭にでました。ギソンはナイフを出し、チョルリョンと対峙します。「あの時、殺しておけばよかった」

ギソンはさらに続けました。「あの人民の国を作れない共和国への復讐なのだ。計画を潰しやがって」

死闘の末、ギソンは倒れ、チョルリョンは一筋の涙を流します。そして「これは共和国の恥です」と銅板を海に捨てるのでした。

一年後、ピョ班長からジンテは北朝鮮に行くよう命じられます。北朝鮮で通り魔事件が起き、南北共助捜査をすることになったのだとか。相手の刑事も決まっているそうです。

ジンテが北朝鮮に出向くと、迎えてくれたのは、チョルリョンでした。彼は素早くジンテの銃を抜き去り、「銃器は北が管理する」と告げるのでした。

3.映画『コンフィデンシャル/共助』の感想と評価


(C)2017 CJE&M CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED

「かっこいい~~」と登場人物たちが何度も代弁してくれているように、ひたすらヒョンビン扮する北朝鮮のエリート刑事、チョルリョンがかっこいい、ある意味、ヒョンビンの「アイドル映画」のような作品です。

映画を見ながら、何度心の中で「かっこいい~」と呟いたことでしょう。

といっても軟弱な映画ではありません。アクションシーンは見事としかいいようのない鮮やかさ。

チョルリョンがいきなりロープを使い、階下の窓ガラスを突き破って侵入するシーンや、走る自動車のドアを取り除いて、身を出して銃を構えるシーンなど、ああ、なんてかっこいいのでしょうか!!

…と、何を書いても結局「かっこいい~」にいきつくわけですが…。

勿論それだけでなく、北と南の腹の探り合いというポリティカルミステリー、北と南の刑事が組むというバディ映画としても存分に楽しめます。

おまけにコメディ要素も満載の文句のつけようのない傑作なのです。

さらには、北と南の刑事が互いの祖国に関して本音丸出しで言い争うシーンもあり、南北間のデリケートな部分、政治的部分にもしっかり焦点をあてながら、それを極上のエンターティンメントに仕上げる韓国映画の成熟ぶりには実に驚かされます。

ユ・ヘジン演じる頼りないけれど気のいい南の刑事、ジンテには何度も笑わされました。

とりわけ、チョルリョンと自分を手錠でつなげた状態で、車に乗ろうとするシーンでは映画館は爆笑に包まれていました。

しかし、そんな彼の心に根ざした刑事魂には心奮い立たされ、泣かされます。

まさに笑いあり、涙あり、手汗握るアクションあり、韓国での動員数が781万人を記録し、2017年韓国映画上半期動員数ナンバー1を記録したのも頷けます。

大きなスクリーンで鑑賞できる機会に是非多くの方に見てもらいたい一作です。

4.まとめ


(C)2017 CJE&M CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED

ドラマ『シークレット・ガーデン』で、日本でも圧倒的人気を獲得したヒョンビンが三年ぶりに映画に出演。初のアクション映画出演とは思えないキレのいい動きをみせてくれます。

主演作品『LUCK-KEY/ラッキー』(2016)が大ヒットとなったベテラン俳優ユ・ヘジンが、韓国の庶民派刑事を演じ、そのダメっぷりと、心に秘めた熱い想いが笑いと涙を誘います。

ソン・ガンホと組んだ出演作、『タクシー運転手~約束は海を越えて~』は、2017年、韓国動員1,200万人突破のNo.1ヒットとなり、日本公開も間近です。

敵役ギソンを演じたキム・ジュヒョクは、本作の演技で第一回THE SEOUL AWARDSの最優秀助演男優賞に輝きました。

しかしその三日後に運転手の心筋梗塞による交通事故で亡くなっています。スクリーンでもう彼の新作を観られないのはとても残念です。

北からきた刑事にぞっこんになるミニョン役は女性アイドルグループ少女時代のイム・ユナが演じ、まさに観客の気持ちを代弁する演技を見せてくれます。

『チェイサー』(2008/ ナ・ホンジン監督)、『哀しき獣』(2010/ナ・ホンジン監督)の撮影監督イ・ソンジェが、本作でもソリッドな映像を作り上げています。

彼の発言によると、後半の見せ場であるカーチェイスは、時速100キロ超の車から乗り出す超危険スタントだったとか!

監督のキム・ソンフンに関しては、『マイ・リトル・ヒーロー』(2013)で監督デビューという情報しか得られていないのですが(本作が二作目?)今後の活躍がとても楽しみな監督です!


(C)2017 CJE&M CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED

関連記事

アクション映画

映画『キングダム』登場人物の信役は山崎賢人。演技力とプロフィール紹介

中国春秋戦国時代を舞台にした原泰久原作の大人気マンガ『キングダム』を実写化した映画が2019年4月19日に公開されます。 原作は第17回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞し、累計発行部数3600万部を超え …

アクション映画

映画『Mr.ノーバディ』ネタバレあらすじ感想とラスト結末の評価解説。ボブオデンカークが派手なアクションを披露するハードボイルド

“ただの男”がド派手にブチギレる?! 人気TVドラマ『ベター・コール・ソウル』のボブ・オデンカークが大暴れする痛快、ハードボイルド・アクション映画! キアヌ・リーヴス主演の大ヒットアクション映画『ジョ …

アクション映画

映画『ゴースト・ドッグ』ネタバレ感想とあらすじ結末の評価考察。羅生門と葉隠の意味に込められた不条理劇と武士道の世界観

風変わりで孤独な殺し屋の戦いを描いたアクション! ジム・ジャームッシュが脚本・製作・監督を務めた、1999年製作のアメリカ・日本・フランス・ドイツ合作のアクション映画『ゴースト・ドッグ』。 「武士道と …

アクション映画

【ネタバレ】ゴールデンカムイ|あらすじ感想と結末の評価解説。山﨑賢人が実写で描くアイヌ文化と金塊争奪戦の始まり

北海道を舞台に描かれる究極の金塊争奪戦!! 2014年から2022年まで『週刊ヤングジャンプ』にて連載され、過激でコミカルな作風ながらアイヌ文化への造詣の深さが話題となり、当時の官房長官が記者会見で言 …

アクション映画

【ネタバレ】パイレーツ・オブ・カリビアン1呪われた海賊たち|あらすじ感想結末と評価解説。ジョニー・デップ代表作は“海賊映画とジャック・スパロウ”を世界に知らしめた海洋アクション!

大人気映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズ第1作目! ゴア・ヴァービンスキーが監督を務めた、2003年製作のアメリカのアクションアドベンチャー映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊た …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学