Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

Entry 2019/01/31
Update

映画『ザ・ファブル』キャストの砂川役は向井理。演技力とプロフィール紹介

  • Writer :
  • YUMIKO

南勝久による大人気マンガ『ザ・ファブル』を岡田准一主演で実写化した映画が、2019年6月21日に公開されます。

原作は2017年度講談社漫画賞一般部門受賞作。凄腕の伝説的殺し屋が、ボスの指令で「誰も殺さず普通に暮らす」ことに悪戦苦闘する様をコミカルに描いたアクション・エンターテイメント作品です。

監督を務めるのは、数々の広告祭で受賞歴を持ちCM界の巨匠と呼ばれ、『めんたいぴりり』監督として知られる江口カン

脚本は『20世紀少年』『GANTZ』などヒット作を手掛けた渡辺雄介が担当しています。

主人公ファブルを演じる岡田准一はじめ、木村文乃、佐藤浩市、柳楽優弥、山本美月、向井理、福士蒼汰、佐藤二朗など豪華俳優が共演。

この記事では、砂川役を演じる向井理について詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『ザ・ファブル』の作品情報


(C)2019「ザ・ファブル」製作委員会

【公開】
2019年(日本映画)

【原作】
南勝久『ザ・ファブル』(講談社)

【監督】
江口カン

【キャスト】
岡田准一、木村文乃、佐藤浩市、柳楽優弥、山本美月、向井理、福士蒼汰、佐藤二朗、安田顕

【作品概要】

ボスの命令で休業することとなった伝説的な殺し屋・ファブル。「普通」の生活に悪戦苦闘する彼の姿がコメディタッチで描かれます。本格的アクション・エンターテイメント作品です。

岡田准一、木村文乃、佐藤浩市、柳楽優弥、山本美月、向井理、福士蒼汰、佐藤二朗、安田顕など実力派の豪華俳優陣が集結。

『めんたいぴりり』で知られるCM界の巨匠・江口カン監督と、『20世紀少年』『GANTZ』などヒット作を連発する脚本家・渡辺雄介がタッグを組んでいます。

映画『ザ・ファブル』のあらすじ

「どんな相手も6秒以内に殺す」ことで知られる謎の殺し屋・ファブル。

「ファブル」とは「寓話」という意味。裏社会では誰もが恐れる伝説的存在です。

しかし、仕事をし過ぎていた彼に、育ての親であるボスはある指令を与えます。

「一年間、一般人として普通に暮らせ。休業中に誰かを殺したら、俺がお前を殺す」

ファブルは佐藤アキラという偽名を使い、兄妹という設定を与えられた相棒・ヨウコと大阪で暮らし始めます。

生まれて初めて一般人としての生活をするようになったファブルは、生活に溶け込むためにインコを飼ったり、バイトをしたりして毎日悪戦苦闘。

徐々に「普通」の生活を満喫し始めるファブルでしたが、彼の命を狙う裏社会の組織や、彼に助けを求める者たちが次々に現れて、事態は思わぬ方向へ発進し…。

スポンサーリンク

映画『ザ・ファブル』砂川役は向井理(むかいおさむ)

参考映像:映画『RANMARU 神の舌を持つ男』(2016)

映画『ザ・ファブル』で砂川役を演じる向井理(むかいおさむ)は1982年2月7日生まれの36歳。横浜市出身の俳優です。ホリエージェンシー所属。

妻は女優の国仲涼子。

バーテンダーとして取材を受けた写真が雑誌『Tokyo graffiti」でイケメンランキング4位となり、それを見た現事務所のマネージャーにスカウトされて芸能界入り。人見知りを直すために芸能界入りを決めたそうです。

2006年「ミニッツメイド」CMで芸能界デビューします。

2009年『傍聴マニア09~裁判長!ここは懲役4年でどうすか』でドラマ初主演。

2010年NHK朝ドラ『ゲゲゲの女房』で、ヒロインの夫役を演じて大ブレイク。一気に人気に火がつきました。

同作で2010年に第66回ザテレビジョンドラマアカデミー賞助演男優賞を受賞。

2011年にはNHK大河ドラマ『江~姫たちの戦国~』で主人公の夫役で時代劇デビュー。

2011年映画『BECK』『ハナミズキ』で第32回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞。

そのほか映画『小野寺の弟・小野寺の姉』『S-最後の警官-奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE』『RANMARU 神の舌を持つ男』、ドラマ『サマーレスキュー~天空の診療所~』『S-最後の警官-』『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』など、数多くの作品に出演しています。

趣味はサッカー、お酒、料理、ボルダリング。

サッカー歴は12年以上で、地元横浜のチーム横浜F・マリノスの大ファン。スタジアムでボールボーイのアルバイト経験もあるそうです。

アルバイトで務めたバーテンダーとしての腕も高く、500を超えるレパートリーを持ちます。バーテンダーとして取材を受けたことがきっかけで芸能界入りしました。

『世界ウルルン滞在記』でカンボジアを訪問して以来、「第2の故郷」と公言。2011年には「日本・カンボジア親善大使」となっています。

映画『ザ・ファブル』砂川はどんな役?

向井理演じる砂川は、主人公ファブルの後ろ盾となっていく暴力団・真黒組の稼ぎ頭。

真黒組の若頭・海老原と対立する存在でもあります。

スポンサーリンク

向井理の演技力の評価は

182㎝の長身に端麗なマスク、甘い声が魅力的な俳優・向井理。

雑誌に写真が掲載されたことをきっかけにスカウトされて芸能界入りしましたが、それまでにもたくさんスカウト経験があり断ってきたそうです。

当初から輝くオーラがあったことの表れと言えます。

同作で2010年に第66回ザテレビジョンドラマアカデミー賞助演男優賞を受賞。

2011年映画『BECK』『ハナミズキ』では第32回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞しました。

演技力については賛否両論あるようですが、常に話題作に出演し、不動の人気を誇っています。

当初は爽やかイケメンを演じることが多かったのですが、最近ではドラマ『きみが心に棲みついた』『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』など、嫌われ役・憎まれ役を演じることが増えました。

腹黒いヒール役も演じられるようになったということは、役者として一皮むけた証とも言えます。

今後も様々な新境地を開いていく可能性を感じさせる俳優・向井理。今後の活躍が期待されています。

向井理の公式SNSの紹介

残念ながら向井理の公式SNSはみつけられませんでした。

まとめ

本格的アクションを交えてのコメディ大作映画として大きな注目を集める『ザ・ファブル』。

キャストには、岡田准一はじめ、木村文乃、佐藤浩市、柳楽優弥、山本美月、向井理、福士蒼汰、佐藤二朗といった実力派が勢ぞろいしています。

監督を務めたCM界の巨匠・江口カン自身が「こんな映画が撮りたかった!!」と語る、笑えてカッコいいエンターテイメント作品となっています。

暴力団組員の砂川を演じるのは、近年ヒール役を演じて話題となっている向井理。今回のコメディ作品でどんな表情を見せるのか、大きな期待が寄せられています!

一大エンターテイメント作品、アクション・コメディ『ザ・ファブル』は2019年6月21日より全国ロードショーです。

関連記事

アクション映画

ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!ネタバレ感想とラスト結末も

映画『レオン』や『LUCY/ルーシー』などで知られるリュック・ベッソンが原案・脚本・製作を担当。 戦争に苦しむ避難民を救う為に、不可能とも思われるミッションに挑む、5人の男達の戦いを描いた『ネイビーシ …

アクション映画

実写映画『曇天に笑う』あらすじとキャスト。感想レビューも【福士蒼汰】

福士蒼汰主演の映画『曇天に笑う』は、2018年3月21日より劇場公開。 発行部数120万部を超えた人気コミック『曇天に笑う』の実写映画化! 若手俳優の福士蒼汰が笑顔の印象的な主人公・曇天火演じ、演出は …

アクション映画

映画スキップ・トレースあらすじとキャスト!ジャッキー見どころ解説も

ジャッキー・チェン期待の新作『スキップ・トレース』は、9月1日より劇場公開! 香港警察のベニー刑事とアメリカ人詐欺師ワッツは、香港の闇に潜む悪の組織追われる身となり、ロシアから香港まで陸路を逃亡する様 …

アクション映画

深作欣二おすすめ映画『赤穂城断絶』あらすじ。代表作に見られるテーマとは

2月1日にNHK BSプレミアムにて深作欣二監督による忠臣蔵映画『赤穂城断絶』放映されます。 忠臣蔵の季節は過ぎてしまいましたが、この機会に是非、鑑賞しましょう!! スポンサーリンク CONTENTS …

アクション映画

映画『ブラインド・スポット 隠蔽捜査』あらすじとキャスト。最後に挑む事件とは

ベルギーから掘り出し物のいぶし銀な作品をご紹介! 映画『ブラインド・スポット 隠蔽捜査』は、2018年2月10日(土)より特集上映される「未体験ゾーンの映画たち2018」にて公開です。 政界進出を目論 …

【完成披露試写会プレゼント】映画『空母いぶき』50組100名様ご招待(4/22東京国際フォーラム ホールA)
【Cinemarche独占】アミール・ナデリ監督インタビュー|映画『山〈モンテ〉』に込めた黒澤明監督への思いとは
【Cinemarche独占】『洗骨(せんこつ)』公開記念・水崎綾女インタビュー|映画『洗骨』のキャストとしての思いを語る。自身の経験と向き合い深めた演技と死生観
【Cinemarche独占】『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』公開記念・三上博史インタビュー|役者魂と自身の人生観を語る。
【Cinemarche独占】映画『ウスケボーイズ』公開記念・橋爪功インタビュー|役作りと2018年の今を語る
【Cinemarche独占】映画『薄墨桜 -GARO-』公開記念・朴璐美インタビュー|役作りと2018年の今を語る
映画『斬、』塚本晋也監督インタビュー|時代劇で現代を描いた真意とは
映画『MAKI』サンドバーグ直美インタビュー|映画『MAKI マキ』女性の美しさを表現する思いを語る
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP