Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

Entry 2019/01/31
Update

映画『ザ・ファブル』キャストの小島役は柳楽優弥。演技力とプロフィール紹介

  • Writer :
  • YUMIKO

南勝久による大人気マンガ『ザ・ファブル』を岡田准一主演で実写化した映画が、2019年6月21日に公開されます。

原作は2017年度講談社漫画賞一般部門受賞作。凄腕の伝説的殺し屋が、ボスの指令で「誰も殺さず普通に暮らす」ことに悪戦苦闘する様をコミカルに描いたアクション・エンターテイメント作品です。

監督を務めるのは、数々の広告祭で受賞歴を持ちCM界の巨匠と呼ばれ、『めんたいぴりり』監督として知られる江口カン

脚本は『20世紀少年』『GANTZ』などヒット作を手掛けた渡辺雄介が担当しています。

主人公ファブルを演じる岡田准一はじめ、木村文乃、佐藤浩市、柳楽優弥、山本美月、向井理、福士蒼汰、佐藤二朗など豪華俳優が共演。

この記事では、小島役を演じる柳楽優弥について詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『ザ・ファブル』の作品情報


(C)2019「ザ・ファブル」製作委員会

【公開】
2019年(日本映画)

【原作】
南勝久『ザ・ファブル』(講談社)

【監督】
江口カン

【キャスト】
岡田准一、木村文乃、佐藤浩市、柳楽優弥、山本美月、向井理、福士蒼汰、佐藤二朗、安田顕

【作品概要】

ボスの命令で休業することとなった伝説的な殺し屋・ファブル。「普通」の生活に悪戦苦闘する彼の姿がコメディタッチで描かれます。本格的アクション・エンターテイメント作品です。

岡田准一、木村文乃、佐藤浩市、柳楽優弥、山本美月、向井理、福士蒼汰、佐藤二朗、安田顕など実力派の豪華俳優陣が集結。

『めんたいぴりり』で知られるCM界の巨匠・江口カン監督と、『20世紀少年』『GANTZ』などヒット作を連発する脚本家・渡辺雄介がタッグを組んでいます。

映画『ザ・ファブル』のあらすじ

「どんな相手も6秒以内に殺す」ことで知られる謎の殺し屋・ファブル。

「ファブル」とは「寓話」という意味。裏社会では誰もが恐れる伝説的存在です。

しかし、仕事をし過ぎていた彼に、育ての親であるボスはある指令を与えます。

「一年間、一般人として普通に暮らせ。休業中に誰かを殺したら、俺がお前を殺す」

ファブルは佐藤アキラという偽名を使い、兄妹という設定を与えられた相棒・ヨウコと大阪で暮らし始めます。

生まれて初めて一般人としての生活をするようになったファブルは、生活に溶け込むためにインコを飼ったり、バイトをしたりして毎日悪戦苦闘。

徐々に「普通」の生活を満喫し始めるファブルでしたが、彼の命を狙う裏社会の組織や、彼に助けを求める者たちが次々に現れて、事態は思わぬ方向へ発進し…。

スポンサーリンク

映画『ザ・ファブル』小島役は柳楽優弥(やぎらゆうや)

参考映像:映画『ディストラクション・ベイビーズ』(2016)

映画『ザ・ファブル』で小島役を演じる柳楽優弥(やぎらゆうや)は1990年3月26日生まれの28歳。東京都出身の俳優。スターダストプロモーション所属。

妻はタレント、モデルの豊田エリー。

芸能事務所所属の友人がドラマに出る姿を見て、自身も芸能界入りを目指して現所属のスターダストプロモーションに応募しました。

映画『誰も知らない』が初オーディションながら、監督の是枝裕和に「目力」を買われて主役に大抜擢されます。

この作品が2004年第57回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、当時14歳の柳楽は男優賞を受賞。史上最年少かつ日本人初受賞の快挙となりました。

同年「文化関係者文部科学大臣表彰」を授与され、『TIME』誌アジア版で「2004 Asia’s Heroes」に日本ではイチローと共に選ばれています。

2007年アニメ・オムニバス映画『ジーニアス・パーティ』で声優初挑戦。

しかし2008年に体調を崩し、自宅で安定剤を大量に服用して病院に運ばれます。同日に退院。

しばらく休業した後、2010年に映画『すべては海になる』主演で俳優復帰しました。

2012年蜷川幸雄演出の『海辺のカフカ』で初舞台にして初主演、2014年福田雄監督の『アオイホノオ』で連続ドラマ初主演を果たします。

実力派俳優として知られ、2016年出演のドラマ『ゆとりですがなにか』では第4回コンフィデンスアワードドラマ賞助演男優賞、第89回ザテレビジョンドラマアカデミー賞助演男優賞を受賞。

2015年の主演映画『ディストラクション・ベイビーズ』で第90回キネマ旬報ベスト・テン主演男優賞などを受賞。

同年NHK朝ドラ『まれ』に出演し、強い個性的な魅力を全国に知らしめました。

2017年『おんな城主 直虎』でNHK大河ドラマ初出演

そのほか映画『夜明け』『散り椿』『銀魂-HIBIKI-』、『ドラマフランケンシュタインの恋』『今日から俺は!!』など数多くの作品に出演して好評を博しています。

ロバート・デ・ニーロ、リバー・フェニックス、ショーン・ペンなど、エロくて演技力あるオーラある俳優が憧れとのこと。

特技は武道、乗馬、サッカー。趣味のロックバンドではボーカルを担当しています。

俳優の仕事から離れていた時期には、社会勉強のためにと車ディーラーでの洗車アルバイト、飲食店ホールスタッフのアルバイトをしていたそうです。

映画『ザ・ファブル』小島はどんな役?

柳楽優弥演じる小島は、暴力団・真黒組若頭である海老原の弟分。

殺人罪で15年間服役した過去を持ちます。好戦的な性格。

組の現代化や、若い構成員のだらしなさに辟易しています。

服役中の時代変化に疎いため、暴力団排除条例やスマートフォン、防犯カメラの普及についていけず、おとなしくしているようにと海老原から命じられます。

しかしすぐに命に背いて、デリヘルを開業しようと動き出し、その部門を仕切っていた砂川の舎弟を秘密裏に殺害。

ミサキに目をつけてナンバーワン候補とするために、囲いこみを進めますが…。

スポンサーリンク

柳楽優弥の演技力の評価は

”凄まじい”演技力とさえ評される、真の実力派俳優・柳楽優弥。

是枝裕和監督作品『誰も知らない』で衝撃的デビューを飾った天才肌。

今や世界的監督となった是枝監督は、当時ズブの素人新人だった柳楽を「目に力がある」として主演に大抜擢しました。

若干14歳にして、第57回カンヌ国際映画祭で男優賞を受賞しました。

個性派監督タランティーノがカンヌで「ヤギラユウヤ」と名を読み上げた瞬間から時代の寵児となりましたが、その後挫折を経験。

本人は後に、当時の自分は天狗という言葉では足りないほどわがままで生意気な子どもで、周囲の大人に迷惑をかけていると全く気付かずにいたと振り返っています。

大きなプレッシャーにより体調を崩して休業しましたが、俳優の仕事が心から好きだという自分の本当の気持ちに気づき、見事俳優に復帰。

復活後の演技は深みを増し、観る者の心を強く引き付けています。

渡辺謙主演の2013年の映画『許されざる者』に出演したことをきっかけに馬を買ったそうです。クラブの人から「将来大河ドラマ主演することになるかもしれないからと買ったほうがいい」と勧められたのだとか。

2014年にはドラマ『信長協奏曲』で、主人公の弟役で出演。たった1話ながら、迫力ある目力で視聴者を圧倒しました。

2016年出演のドラマ『ゆとりですがなにか』では、「まりぶ」という役名に負けない強い個性を発揮し、一躍人気者に。

同作で第4回コンフィデンスアワードドラマ賞助演男優賞、第89回ザテレビジョンドラマアカデミー賞助演男優賞を受賞しています。

2015年の主演映画『ディストラクション・ベイビーズ』で第90回キネマ旬報ベスト・テン主演男優賞などを受賞。完全復活を遂げました。

2019年主演のドラマ『母、帰る~AIの遺言』で共演した奥田瑛二からは、「恰好いい。まず顔。こんなバランスのいい人はいない。圧倒的ですごいエネルギー」と大絶賛されました

次女の安藤サクラから柳楽の話を聞いていたそうですが、噂以上の演技力だったと大変な誉めようだったそうです。

苦悩を経験したからこそ持つ、いい意味でのドス黒さ。円熟味を増した演技力。頭一つ抜きんでた実力派として、今後も更なる飛躍を見せるに違いありません。

柳楽優弥の公式SNSの紹介

柳楽優弥本人の公式SNSはみつけられませんでしたが、柳楽優弥スタッフの公式SNSをみつけましたのでご紹介させて頂きます。

まとめ

本格的アクションを交えてのコメディ大作映画として大きな注目を集める『ザ・ファブル』。

キャストには、岡田准一はじめ、木村文乃、佐藤浩市、柳楽優弥、山本美月、向井理、福士蒼汰、佐藤二朗といった実力派が勢ぞろいしています。

監督を務めたCM界の巨匠・江口カン自身が「こんな映画が撮りたかった!!」と語る、笑えてカッコいいエンターテイメント作品となっています。

暴力団チンピラの小島役を演じるのは、天才子役出身で、今や真の実力派として名高い柳楽優弥。シリアスもコメディも演じ分ける演技派が、本作を盛り上げてくれること間違いなし。要注目です!

一大エンターテイメント作品、アクション・コメディ『ザ・ファブル』は2019年6月21日より全国ロードショーです。

関連記事

アクション映画

『一文字拳 序章』あらすじネタバレと感想。最強カンフー少年対地獄の殺人空手使いで見せた体当りのカンフーアクション

『一文字拳 序章 最強カンフー少年対地獄の殺人空手使い』は2019年6月22日に7月5日かけて、池袋シネマ・ロサでレイトショー公開! 海外の武者修行から帰って来た少年が、謎の殺人空手使いと激突する本格 …

アクション映画

【ネタバレ感想】ミッションインポッシブル/フォールアウトのラスト結末は

トム・クルーズ主演の大人気シリーズ「ミッション:インポッシブル」。 ビルの谷間を飛ぶ撮影現場で左足の骨折したニューズが流れ、多くのトムのファンが肝を冷やしたことでも知られた『ミッション:インポッシブル …

アクション映画

【ネタバレ感想】SHOCK WAVE ショック ウェイブ 爆弾処理班のあらすじラスト結末も

中国・香港合作映画『SHOCK WAVE ショック ウェイブ 爆弾処理班』は8月18日(土)よりシネマート新宿ほか全国順次ロードショー。 香港警察爆弾処理班VS凶悪テロリスト! アンディ・ラウが制作・ …

アクション映画

『キャプテン・マーベル』4DX映画体験リポートと感想レビュー。強く美しいニューヒーローの活躍を体感せよ!

キャプテン・マーベルの勇姿を4DXで体感! マーベル・コミックの人気ヒーローが活躍する「マーベル・シネマティックユニバース(以下、MCU)」の第21作目となる、『キャプテン・マーベル』。 全世界でのオ …

アクション映画

映画『アメリカン・アサシン』あらすじと感想。評価を超え続編はあるか?

スパイアクション映画『アメリカン・アサシン』は、6月29日(金)TOHOシネマズ 日比谷他全国ロードショー。 大切な人の掛けがえのない命を奪われたことで、テロリストへの復讐心に燃えた青年ミッチ。 その …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
映画『天気の子』特集
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP