Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

映画『パンク侍、切られて候』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

  • Writer :
  • 村松健太郎

映画『パンク侍、切られて候』は、6月30日(土)より全国ロードショー

芥川賞作家にしてサブカルチャーのキーパーソン町田康のベストセラー小説を監督石井岳龍、脚本宮藤官九郎という現時点で最高の布陣で映像化。

綾野剛、北川景子、東出昌大、染谷将太という若手実力派に交じり、監督の前名石井聰亙時代からお馴染みの浅野忠信や永瀬正敏も出演しているのも石井監督ファンにはうれしい並び!

スポンサーリンク

映画『パンク侍、切られて候』の作品情報


(C)エイベックス通信放送

【公開】
2018年(日本映画)

【原作】
町田康

【脚本】
宮藤官九郎

【監督】
石井岳龍

【キャスト】
綾野剛、北川景子、東出昌大、染谷将太、浅野忠信、永瀬正敏、村上淳、若葉竜也、近藤公園、渋川清彦、國村隼、豊川悦司

【主題歌】
セックス・ピストルズ「アナーキー・イン・ザ・U.K.」

【作品概要】
芥川賞作家として知られる町田康の2004年に発行した時代劇小説を、『新宿スワン』の綾野剛を主演に迎え、『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』などの人気脚本家の宮藤官九郎が脚本担当、名作『狂い咲きサンダーロード』の石井岳龍(聰亙)監督の演出で映画化。

綾野のほか、共演に実力派俳優が並び、北川景子、東出昌大、染谷将太、浅野忠信、永瀬正敏たち豪華に集結。

映画『パンク侍、切られて候』のキャラクターとキャスト


(C)エイベックス通信放送

掛十之進(綾野剛)
諸国流浪の浪人、自称超絶剣客、腹ふり党の専門家。

ろん(北川景子)
腹ふり党の元幹部茶山の元に身を寄せる美女。

黒和直仁(東出昌大)
黒和藩の藩主。超のつく堅物で機転が利かない。

幕暮孫兵衛(染谷将太)
黒和藩の藩士、次席家老大浦の部下、すぐに失神するゆとり世代。

茶山半郎(浅野忠信)
腹ふり党の元幹部、生まれついての極悪非道。

大臼延珍(永瀬正敏)
見た目は猿だが人語を操る、国中の猿を集められる。

真鍋五千郎(村上淳)
大浦の命で働く凄腕の刺客、実は掛十之進の幼馴染。

オサム(若葉竜也)
想像を絶する阿呆、食事を与える人間に逆らえない、念動力を使える。

長岡主馬(近藤公園)
偶然、十之進と知り合ったがゆえに騒動に巻き込まれる。

江下レの魂次(渋川清彦)
黒和藩筆頭家老の内藤の密偵。

大浦主膳(國村隼)
黒和藩次席家老、内藤と勢力を二分する。

内藤帯刀(豊川悦司)
黒和藩筆頭家老、掛と腹ふり党騒動を利用して藩政を牛耳ようとする

スポンサーリンク

映画『パンク侍、切られて候』のあらすじとネタバレ


(C)エイベックス通信放送

地方の小藩黒和藩の藩境の峠、浪人掛十之進が突然、物乞いの老人を切り殺す。

偶然、その場に居合わせた黒和藩の藩氏長岡主馬が十之進にその理由を聞くとこの男は周囲の藩を崩壊させて回る狂信的な集団腹ふり党の一員だというのだ。

自称、腹ふり党の専門家十之進はすでに黒和藩内に腹ふり党の勢力は侵入していると言う。

十之進は黒和藩への仕官を条件にアドバイザーになることを持ちかける。

黒和藩の堅物藩主直仁はその話を真に受けようとするが、それを次席家老大浦主膳は取り合わず、十之進を馬鹿にする。

十之進も大浦に無礼な態度ばかりを取る。

藩に推薦した手前は主馬は冷や汗を流すが、これは全部主席家老内藤帯刀の策略だった。

実は、内藤は密偵の江下レの魂次を使って腹ふり党はとっくに壊滅して、周囲の藩内は平和そのものだということを知っていた。

はったりがばれて焦る十之進だったが、内藤はそのうえである策略を十之進に命じていた。

内藤は腹ふり党の残党を集めて改めて危険分子を作って、それを自分で潰す自作自演の騒動を狙っていた。

堅物の直仁は十之進を軽んじた大浦を猿回し奉行に左遷、なぜか内藤の部下だった主馬がそのそば就くことに。

大浦は部下幕暮孫兵衛を介して、剣客真鍋五千郎に十之進暗殺を命じるが、二人は実は長奈々馴染みで暗殺はご破算となった。

自前のネオ腹ふり党を作るために十之進、孫兵衛、魂次、そして、阿呆で念動力を使うオサムの4人は、元腹ふり党幹部茶山半郎を訪ね、腹ふり党再建を持ちかける。

話に乗った茶山は黒和藩へ。そのそばには美女のろんが仕えていた。

茶山のそばにいるものの、ろんは魅力を振りまき魂次は骨抜きに、十之進も気になりかけていた。

茶山率いる一党は腹ふり党の教義と作法を、貧民街で語るとこれがなぜか大うけしてしてしまいネズミ算式に信者が溢れ、十之進も想像ができないほど勢力となってしまった。

気が付くと孫兵衛もオサムも腹ふりをはじめ大騒ぎとなっていた。

以下、『パンク侍、斬られて候』ネタバレ・結末の記載がございます。『パンク侍、斬られて候』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

一方、直仁は内藤を伴って、大浦と主馬の猿回しを見に来ていた。

内藤たちは家老から一介の猿回しになった大浦を笑ってやるつもりでいたが、大浦と主馬はどういうわけか、猿回しに魅了され、猿との生活に喜びを感じていた。

茶山に刺激された民は暴徒と化して町中を荒らし、さらに黒和城にまで侵入して火をつけた。

燃え盛る城を見て直仁たちは取って返して暴徒を収めようとするものの、いかんせん人手が足りない。

そこで助っ人かって出たのが大臼延珍という人語を解する猿。

大臼曰く日本全国の猿を総動員できるということ、そこで一晩待って翌朝、制圧に向かうこととに。

暴徒と化した狂信集団ネオ腹ふり党と黒和藩と猿の同盟軍の決戦はカオスとなり、混乱の中で多くのものが命を落とした。

ボロボロになりながらも生き延びた十之進を待っていたのはろんだった。

十之進はろんの美しい姿を見て、このあきれた土地からともに抜け出そうと手を差し出す。

その手を取って十之進に寄り添うろん。しかし、次の瞬間、ろんは竹串で十之進の肝臓を刺し貫く。

虚を突かれて倒れる十之進、ろんはかつて十之進が切り殺した老人の娘だった。

映画『パンク侍、斬られて候』の感想と評価


(C)エイベックス通信放送

危ない題材に、石井岳龍(=聰亙)が返ってきたといってもいい怪作が出来上がった

元々、自主製作映画作家として活動を始め、1976年に『高校大パニック』で注目を集め、日本芸術大学の卒業制作の強烈な熱量を持った『狂い咲きサンダーロード』(1980)が、いきなり全国公開されます。

その後も、常にロック魂とインディーズ精神を前提に作品を作り続けていました。

2009年に『狂い咲きサンダーロード』(1980)の主演俳優だった山田辰夫の死を受けて、岳龍に改名、その後は比較的静かなドラマ作品が続いていました。

そんな中メジャー長編第二弾『爆裂都市 BURST CITY』(1982)に俳優として出演していた(当時はミュージシャン町田町蔵名義)町田康のベストセラー小説を得てタイトル通り“パンキッシュ”に帰ってきた!

過去作でもおなじみの永瀬正敏、浅野忠信に加え、岳龍時代のドラマ作品に参加してきた綾野剛や染谷将太が参加。

商業デビューから40年を迎える中一つの集大成作が完成した!

スポンサーリンク

まとめ


(C)エイベックス通信放送

本作『パンク侍、斬られて候』は、江戸時代を舞台。

隠密企てをめぐって繰り広げられる十人の男たちの腹の探り合いと、美女ろんをめぐる恋の駆け引き!さらには謎の猿将軍が明かす驚きの真実も。

若手人気俳優の綾野剛が、超人的剣客にしてプータロー侍の掛十之進を綾野が演じ、石井岳龍監督の真骨頂とも言える狂気と活劇が入り交じる演技に注目!

石井岳龍の映画『パンク侍、切られて候』は、いよいよ6月30日(土)より全国ロードショー

関連記事

アクション映画

映画『キングダム』登場人物の信役は山崎賢人。演技力とプロフィール紹介

中国春秋戦国時代を舞台にした原泰久原作の大人気マンガ『キングダム』を実写化した映画が2019年4月19日に公開されます。 原作は第17回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞し、累計発行部数3600万部を超え …

アクション映画

【アトミックブロンド】あらすじネタバレと感想!セロンの演技評価は

シャーリーズ・セロンが凄腕の女性エージェントを演じる話題作。 痛々しくも華麗な超絶アクションから目が離せない。 スパイ映画の新たな快作『アトミック・ブロンド』をご紹介します。 以下、あらすじや結末が含 …

アクション映画

映画ワイルドスピード7スカイミッション|ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。ラストシーンが意味するポール・ウォーカーへのヴィン・ディーゼルらの“別れの言葉”

メガヒットカーアクション「ワイルド・スピード」シリーズの第7作。 ジェームズ・ワンが監督を務めた、2015年製作のアメリカのメガヒットカー・アクション映画『ワイルド・スピード SKY MISSION』 …

アクション映画

『007/スカイフォール』ネタバレあらすじ感想と結末の解説評価。軍艦島での“ロケハン”もある諜報員と元諜報員の熾烈な争い

大人気スパイアクション映画「007」シリーズ第23作! サム・メンデスが監督を務めた、2012年製作のアメリカ・イギリス合作の大人気スパイアクション映画『007/スカイフォール』。 世界各国のテロ組織 …

アクション映画

映画『ハンターキラー 潜航せよ』あらすじネタバレと感想。潜水艦作品の新たな傑作!

ジェラルド・バトラー主演の潜水艦アクション大作! 『エンド・オブ・ホワイトハウス』(2013)、『ザ・アウトロー』(2018)のジェラルド・バトラー主演の『ハンターキラー 潜航せよ』が、2019年4月 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学