Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

映画『私を殺さないで』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。ゾンビホラーの異色作として少女の自立を描き出す|Netflix映画おすすめ88

  • Writer :
  • 糸魚川悟

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第88回

映像配信サービスの普及によって、世界中の最新映画が映画館やDVDよりも早く日本で楽しむことが出来るようになりました。

そんな映像配信サービスの中でも特に世界の多種多様な映画を配信する「Netflix」。

今回は「Netflix」で独占配信された異質すぎる新感覚ゾンビホラー映画『私を殺さないで』(2022)を、ネタバレあらすじを含めご紹介させていただきます。

【連載コラム】「Netflix映画おすすめ」記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『私を殺さないで』の作品情報

【配信】
2022年(イタリア映画)

【原題】
Non mi uccidere

【監督】
アンドレア・デ・シーカ

【脚本】
アンドレア・デ・シーカ、ジャンニ・ロモーニ

【キャスト】
アリーチェ・パガーニ、ロッコ・ファサーノ、シルヴィア・カルデローニ、ファブリツィオ・オフェラケーン、セルジオ・アルベリック、ジャコモ・フェラーラ、アニータ・カプリオーリ、フェデリコ・イエラピ、エスター・エリシャ

【作品概要】
キアラ・パラツォーロによる小説『Non mi uccidere』を、数々のドラマを手掛けたアンドレア・デ・シーカが映像化した作品。

主演を務めたのは実際の買春事件を基にしたドラマシリーズ「Baby/ベイビー」でメインキャストを演じ、後に『LORO 欲望のイタリア』(2019)などに出演したアリーチェ・パガーニ。

映画『私を殺さないで』のあらすじとネタバレ


Netflix「私を殺さないで」

山道を目を瞑って運転手するスリル好きなロビン。

ガールフレンドであるミルタは親が堅物であり、不良チームに所属するロビンとの交際は認めていませんでしたが、彼女は家を抜け出し、ロビンと2人の時間を過ごしていました。

度が過ぎた暴走に怒ったミルタが車を停めると、ロビンは眼から注入する方式で利用する麻薬を準備し始めます。

ミルタは麻薬の経験がなくロビンも彼女には勧めませんでしたが、ミルタはこれを最後することを条件に一緒に使うことにしました。

危険の多い麻薬であり、ロビンとミルタは事前に「死んでも蘇り、一緒にいる」と誓い、麻薬を眼に注入。

その後、2人は息を引き取り遺体安置所に置かれ、そのまま埋葬されてしまいます。

しかし、突然ミルタだけが息を吹き返すと墓を抜け出し、ロビンの死を知り泣き崩れます。

家へと戻ったミルタは母のアマリアと再会しますが、自身の身体が異様に冷たいことと、父のピエロに見つかることを恐れ森へと逃走。

森を彷徨うミルタは自身が捜索されていることに気づき、人目につかないように逃げ惑います。

逃走の中で身体が黒ずみ壊死が進行していることを自覚するミルタ。

一方、ピエロは「ベナンダンディ」と呼ばれる秘密組織からの接触を受け、ミルタが蘇ったことやミルタは既に人間ではないことを知らされます。

ロビンと初めて会ったダイナーに逃げ込んだミルタは建築士のマリオのナンパにのり彼の家へとついていきますが、性行為を要求されると衝動的にマリオの首筋に噛みつき殺害してしまいます。

翌日、マリオの死体が発見されるとミルタは一人暮らしをしていた自身の家に帰ります。

しかし、その場にピエロとその浮気相手であるスージーが現れ、ミルタはまたも衝動的にスージーを噛み殺してしまいました。

すると家を見張っていた「ベナンダンディ」の人間がその場に複数人現れ、消音器付きの拳銃でミルタに発砲。

ピエロはミルタを庇おうとして彼等に射殺され、ミルタは何発かを受けたものの窓から飛び出し、助けにきた女性のバイクに乗り逃げ延びます。

女性はサラと名乗るとミルタと同じく「復活者」であると言い、「ベナンダンディ」は「復活者」を狩るために結成された組織であると話しました。

人を喰らうことで壊死を止めることが出来ると教わったミルタは、性犯罪者などを襲い喰らうサラと行動を共にしますが、同じ死に方であっても生き返ることのできない人間がいるとロビンの復活を否定されたことから、彼女のもとから去ることにしました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『私を殺さないで』のネタバレ・結末の記載がございます。『私を殺さないで』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

サラと別れたミルタは、ロビンの親友のアーゴの家に身を寄せます。

自身が人肉を喰らう怪物となったことを知りながらもミルタを受け入れるアーゴは、かつてロビンの親友パウロが「復活者」に殺されたことやその頃からロビンの様子が変わったことを話します。

アーゴはミルタへの恋心を伝え関係を求め、ミルタは一時は受け入れようとしますが、徐々に衝動が抑えられなくなりアーゴに襲いかかりそうになってしまいます。

その様子を見たアーゴは自分も蘇ることを信じカッターで首を切り自殺しますが、蘇ることはありませんでした。

我に返ったミルタはアーゴの死に絶望しロビンの墓へと戻ると待ち構えていた「ベナンダンディ」に捕獲されます。

拘束された状態で目を覚ましたミルタは、「ベナンダンディ」の指揮を行うルカから「復活者」でありながら「ベナンダンディ」に加わった男として紹介されたロビンと再会。

ロビンはパウロの仇を打つために「ベナンダンディ」に加わってはいましたが、ミルタのことを愛していることも事実であり「ベナンダンディ」へミルタを加入させ、ルカの捕縛から解放します。

2人は再び愛を確かめ合いますが、ロビンがミルタをわざと麻薬を使い死亡させ「復活者」として蘇らせたと知ったミルタは、心が揺らぎ始めます。

その頃、ロビンによって捕縛されていたサラはルカから執拗な拷問を受けていました。

サラの声を聞いたミルタはロビンのもとを抜け出してルカを襲いサラを救出すると、「ベナンダンディ」の構成員を次々と殺害。

脱出間近となった際に異常を察したロビンが現れ、ミルタを拘束しようとします。

「蘇って一緒にいる」と言う約束を果たしたと主張するロビンに対し、ミルタは「もうあの時の自分では無くなってしまった」と言うとロビンを跳ね除け、サラと共に車で逃げていきました。

失意に暮れるミルタに「生きていく方法を学ばなくてはいけない」とサラは言うと、「ベナンダンディ」との戦いを生き抜いたミルタは「そんなに難しいことじゃない」と呟きました。

スポンサーリンク

映画『私を殺さないで』の感想と評価

ゾンビ視点で描かれる愛と自立の物語

主人公のミルタが一度死亡しながらも復活を遂げ、人を喰らわなければ身体が壊死するゾンビとなってしまう物語が展開される本作。

『ウォーム・ボディーズ』(2013)のような、いわゆるゾンビ視点の主人公を描いた本作には「庇護される存在だったミルタの自立」がテーマとして存在していました。

娘の交際相手ですら決めようとする過保護な両親と、親の不在によって破滅的に生きながらもミルタのことを一途に愛するロビンに庇護されるミルタ。

しかし、一度死亡しゾンビとなったことでこれまでの日常が崩壊したミルタは、自分の内にある暴力的な衝動に脅かされると同時に自分自身の「弱さ」を払拭していきます。

本作は一度死んだことで「別人」となったミルタが、ただただ守られる存在から変わっていく様子が丁寧に描写される新感覚のゾンビ映画でした。

蘇った人間を追い詰める「正義の組織」

作中で「復活者」と呼ばれるミルタたちは「ベナンダンディ」と呼ばれる組織に命を狙われます。

「善き歩行者」と言う意味を持つ「ベナンダンディ」は、世間に知られることなく秘密裏に「復活者」を捕縛していきます。

関係者や目撃者すらも殺害し隠滅する彼らの組織は残虐非道に見える一方で、「復活者」のサラは生きた人を喰らう自分たちこそが悪いと言いきっています。

異物を問答無用で始末する「ベナンダンディ」と生きるために人を喰らう「復活者」。

正義の答えが存在しない、生きるための壮絶な殺し合いの展開される本作は、正義の意味を改めて考えさせてくれます。

まとめ

主演のアリーチェ・パガーニが歌う主題歌と併せて、2021年のナストロ・ダルジェント賞において高い評価を受けた本作。

ゾンビ映画と謳われながらも、その内容は望んだわけではない第2の人生を迎えることとなった少女の愛と自立を描く、バイオレンスなヒューマン映画となっていました。

状況が目まぐるしく変わり、先を一切読ませない新感覚の映画『私を殺さないで』は、ゾンビ映画を見飽きたと言う人にこそ観て欲しい作品です。

【連載コラム】「Netflix映画おすすめ」記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

スーパー戦隊はマンネリなのかを考える④【改革期】ジェットマンからギンガマン|邦画特撮大全9

連載コラム「邦画特撮大全」第9章 1980年代後半、スーパー戦隊シリーズは成熟期を迎えたと言えます。 しかし『地球戦隊ファイブマン』の頃、シリーズ自体の存続が危ぶまれました。 視聴率低下、玩具売り上げ …

連載コラム

映画『シャザム!』キャスト【ザッカリー・リーヴァイのインタビュー:DCUに新たな旋風を巻き起こす】FILMINK-vol.6

FILMINK-vol.6「Shazam! Zachary Levi Beefs Up for His Break Out Role in the DCU」 オーストラリアの映画サイト「FILMINK …

連載コラム

【ちょびつき雨宮インタビュー動画】シアターモーメンツ新作『#マクベス』ダンカン王役の解釈と演劇への情熱を語る| THEATRE MOMENTS2019⑧

連載コラム『THEATRE MOMENTS2019』第8回 ©︎Cinemarche 「日本発のワールドスタンダード演劇」をモットーに、これまで精力的な取り組みを展開してきた劇団シアターモーメンツ。 …

連載コラム

映画『ブルーズド 打ちのめされても』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。ハルベリーが初監督として強い女性格闘家の“カムバック”を活写|Netflix映画おすすめ72

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第72回 2021年11月24日からNetflixで配信が開始されたヒューマンドラマ映画『ブルーズド ~打ちのめされても~』をご紹介します。 …

連載コラム

ヒッチコック映画『サイコ』ネタバレ考察と感想評価。白黒と特徴の解説はシャワールームの名シーンを解く|電影19XX年への旅9

連載コラム「電影19XX年への旅」第9回 歴代の巨匠監督たちが映画史に残した名作・傑作の作品を紹介する連載コラム「電影19XX年への旅」。 第9回は、『めまい』や『白い恐怖』など、多くの名作を映画史に …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学