Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2019/07/04
Update

タランティーノ映画最新作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』【予告から読み取れるものとは?】FILMINK-vol.16

  • Writer :
  • FILMINK

FILMINK-vol.16 How Much More Do We Know About Once Upon a Time in Hollywood after Cannes Premiere?

オーストラリアの映画サイト「FILMINK」が配信したコンテンツから「Cinemarche」が連携して海外の映画情報をお届けいたします。


© 2019 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved.

「FILMINK」から連載16弾としてピックアップしたのは、日本では2019年8月30日(金)公開のクエンティン・タランティーノ監督最新作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』です。

【連載レビュー】『FILMINK:list』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

公開が待たれるタランティーノ最新作

2019年、全世界の映画ファンが最も心待ちにしていると言っても過言ではない『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』。

公開された予告編第一弾にますます期待が高まります。

参考映像:『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』本国版予告編

イメージを膨らませていたキャラクターたちが動いている実際の映像を見ると、さらに胸が高鳴りますね。

他のクエンティン・タランティーノ作品と同じく、本作も期待を裏切りません。彼の作品には他の映画製作者は決して真似できないであろう、特別なものがあります。

カラフルなストーリー、魅惑的なキャラクター、そしてシャロン・テートやブルース・リー、悪名高きチャールズ・マンソンという1960年代の実在の人物たち。

予告編は多くのファンにとって垂涎必死のものでしたが、それでもまだ謎や想像力を掻き立てる余白が残されています。

本記事ではカンヌでのタランティーノ監督による記者会見内容も含めた情報をまとめてお送りします。

舞台となるのは1969年のロサンゼルス

本作での地理的、時間的な設定は公開されています。

また、タランティーノ監督がマンソンファミリーについて言及することも長い間噂されてきた要素の一つです。

タランティーノはマンソンでは無く、“1969年”という時代についての映画を撮るということを2017年に発表していました。

予告編には眩いネオンの看板や“プッシーキャット・シアター”(ポルノなどを上映するアダルトな映画館)といった60年代を代表するアイコンが登場します。

もちろんマンソンファミリーの事件が本作の要であることも事実。マンソンを演じるのはオーストラリア出身の俳優、デイモン・ヘリマンです。

マンソンの存在が映画をどのくらいコントロールするかはまだ明かされていません。タランティーノという監督は予測できない、カジノの様な人物だからです。

もしかすればマンソンについてが物語の大部分を占めるかもしれませんし、『イングロリアス・バスターズ』のヒトラーの様に面白おかしく誇張されたカメオキャラクターであるかもしれません。

ただ、チャールズ・マンソンを持ち出さずに1969年のハリウッドの話をするというのは不可能に近い、というのは確かです。

彼はヒッピー文化の消滅と大きく関わっています。シャロン・テート殺害を含む、彼が犯した多くの殺人は、自由を愛したヒッピーの60年代を突然に終わらせました。

タランティーノがこの暗黒に満ち謎めいたキャラクターを映画内でどのように用いるかを目撃するとしましょう。

スポンサーリンク

最高のキャストたちを紹介

本作のキャストが発表された時点で大騒ぎされた方も多かったのではないでしょうか。早速この豪華すぎるキャスト陣を見ていくとしましょう。

レオナルド・ディカプリオ

© 2019 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved.

ディカプリオが演じるのは架空のウエスタン俳優、リック・ダルトン。

いつも素晴らしいパフォーマンスを見せてくれるディカプリオ。本作でも予告編の時点で、その見事な演技力が明らかになっています。

ブラッド・ピット

© 2019 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved.

ピットが演じるのはこれまた架空のキャラクター。リック・ダルトンの親友で彼のスタントダブルであるクリフ・ブースです。

ブースとダルトンのバディは、実在する俳優バート・レイノルズとスタントマンのハル・ニーダムをモデルにしているそう。

映画では、シャロン・テートとポランスキーの家の隣にブースは住んでいる設定です。

マーゴット・ロビー

© 2019 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved.

マーゴット・ロビー以上にシャロン・テート役が似会う女優はほかにいるでしょうか?

ロビーは以前『ウルフ・オブ・ウォールストリート』にてディカプリオと共演しています。

金髪で少し頭が悪いといった悪意あるステレオタイプを任されることが多かったものの、『アイ・トーニャ』で彼女が持つ演技力を堂々と披露し、現代で最高の女優の一人と絶賛されたロビー。

本作が反フェミニスト的アプローチを取った映画と言われるにも関わらず、なぜ彼女はこの役を演じたのか。魅力溢れる名女優の存在感に注目です。

脇を固める名優たち

メインキャストの彼ら以外にも、マンソンを演じるデイモン・ヘリマン、殺害されたシャロン・テートの当時の夫を演じるラファウ・ザヴィエルチャ、シャロン・テートの友人アビゲール・フォルガーを演じるサマンサ・ロビンソン、マンソンに殺されたカリスマスタイリストのジェイ・セブリングを演じるエミール・ハーシュ、そしてアル・パチーノが出演。

欧州、アメリカの俳優たちが集結しています。

もう一つ、予告編で注目して頂きたい点があります。セブリングは実生活でブルース・リーと親交があり、彼らがトレーニングをしている瞬間が映し出されている、という事実です。

FILMINK【How Much More Do We Know About Once Upon a Time in Hollywood after Cannes Premiere?

英文記事/Raymond Sands
翻訳/Moeka Kotaki
監修/Natsuko Yakumaru(Cinemarche)
英文記事所有/Dov Kornits(FilmInk)www.filmink.com.au

本記事はオーストラリアにある出版社「FILMINK」のサイト掲載された英文記事を、Cinemarcheが翻訳掲載の権利を契約し、再構成したものです。本記事の無断使用や転写は一切禁止です。

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』の作品情報

【日本公開】
2019年8月30日(アメリカ映画)

【原題】
Once Upon a Time in Hollywood

【監督・脚本】
クエンティン・タランティーノ

【キャスト】
レオナルド・ディカプリオ、ブラッド・ピット、マーゴット・ロビー、エミール・ハーシュ、マーガレット・クアリー、ティモシー・オリファント、オースティン・バトラー、ダコタ・ファニング、アル・パチーノ、ジェームズ・マースデン、ルーク・ペリー、ティム・ロス、マイケル・マドセン、カート・ラッセル、ダミアン・ルイス

【作品概要】
1969年にハリウッド女優シャロン・テートがカルト集団チャールズ・マンソン・ファミリーに殺害された事件を背景に、ハリウッド映画界を描きます。

クエンティン・タランティーノ監督、レオナルド・ディカプリオ、ブラッド・ピットら豪華キャストが出演。

スポンサーリンク

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』のあらすじ


© 2019 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved.

物語の舞台は1969年、ロサンゼルス。俳優のリック・ダルトンは50年代後半に西部劇のTVシリーズで人気を博しましたが、現在はアルコール依存の為にキャリアは停滞気味。

そんな中、ダルトンのスタントダブルであり長年の親友、また妻殺しと逃走の疑いもかけられているクリフ・ブースはブルース・リーと一緒に格闘技の大会に参加することに。

ダルトンも新しいTVシリーズで悪役をゲットし、賢い子役に一泡吹かせられる現場を過ごしていました。

一方、女優シャロン・テートがポーランド人映画監督で夫のロマン・ポランスキーと共にハリウッドへやってきました。

モノクロ映画からカラー映画への変遷、古きジャンル映画の衰退…そして豪華絢爛のハリウッドに忍び寄る恐ろしい殺人集団の影。

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』は落ち目の俳優とスタントダブルのバディを主人公にマンソン・ファミリーとの大決闘を描く作品となっています。

【連載レビュー】『FILMINK:list』記事一覧はこちら


関連記事

連載コラム

映画『漂うがごとく』感想と内容解説レビュー。ベトナムの官能を体感する珠玉の作品| アジアン電影影戯3

連載コラム「アジアン電影影戯」第3回 今回は、2019年3月23日(土)より新宿K’s cinemaにて公開されるベトナム映画『漂うがごとく』を取りあげます。 急速な経済発展を背景に年々製作本数が増え …

連載コラム

映画『アドリフト』感想とレビュー解説。実話サバイバルとして「41日間の漂流」を絶望と執念で戦う|SF恐怖映画という名の観覧車97

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile097 今週の当コラムは、実話を基にした恐怖と希望の映画『アドリフト 41日間の漂流』(2020)をご紹介させていただきます。 「SF」でも「ホ …

連載コラム

【ネタバレ評価考察】シンウルトラマン|メフィラス(俳優/山本耕史)の“野生の思考”と対極の思考דウルトラマンへの依存”への答え【光の国からシンは来る?10】

連載コラム『光の国からシンは来る?』第10回 2016年に公開され大ヒットを記録した『シン・ゴジラ』(2016)を手がけた庵野秀明・樋口真嗣が再びタッグを組み制作した新たな「シン」映画。 それが、19 …

連載コラム

『マリオネット私が殺された日』ネタバレ感想。韓国映画が鋭く少年犯罪の暗部を描く|未体験ゾーンの映画たち2019見破録36

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第36回 今年もヒューマントラストシネマ渋谷で開催中の“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」。今回はネット社会の暗部を描いた韓国の映画が …

連載コラム

『マローボーン家の掟』感想と解説。ラストまでホラー映画と青春ファンタジーが融合した秘密とは⁈|サスペンスの神様の鼓動16

サスペンスの神様の鼓動16 こんにちは、映画ライターの金田まこちゃです。 このコラムでは、毎回サスペンス映画を1本取り上げて、作品の面白さや手法について考察していきます。 今回取り上げる作品は、201 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学