Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/07/30
Update

映画『別れるということ』あらすじ感想と評価解説。渡邉高章監督が描く別れの喪失感と出会いからの始まり|インディーズ映画発見伝15

  • Writer :
  • 菅浪瑛子

連載コラム「インディーズ映画発見伝」第15回

日本のインディペンデント映画をメインに、厳選された質の高い映画をCinemarcheのシネマダイバー 菅浪瑛子が厳選する連載コラム「インディーズ映画発見伝」

コラム第15回目では、渡邉高章監督の映画『別れるということ』をご紹介いたします。

葬式という“別れ”の場面から始まる別れの喪失感、出会い、始まり…別れを通して人々の感情を浮き彫りにしたヒューマンドラマ。

【連載コラム】『インディーズ映画発見伝』一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『別れるということ』の作品情報


(C)zampanotheater

【公開】
2020年(日本映画)

【監督】
渡邉高章

【脚本】
星能豊

【音楽】
隙間三業

【楽曲】
オープニングテーマ 「kitsutsuki」/エンディングテーマ「amefurashi」

【キャスト】
星能豊、梢栄、藤原未砂希、松井美帆、美南宏樹、常間地裕

【作品概要】
本作は、名古屋シネマスコーレで俳優星能豊の特集上映が組まれ、上映のために製作されました。星能豊が自身の実体験を元に、脚本を書き、監督は星能豊と多くタッグを組んでいた渡邉高章が担当。

渡邉高章監督は「ザンパノシアター」にてインディーズ映画の制作を行なっており、星能豊も出演している映画『土手と夫婦と幽霊』が2021年8月6日(金)公開予定です。

音楽を担当したのは新潟県上越市出身の3ピースインストロックバンド隙間三業(sukimasangyo)。

2010年に自主制作ミニアルバム『253』、2014年にカフェオレーベルから1stアルバム『隙間三業』、2018年に同レーベルより2ndアルバム『kitsutsuki』を発表。本作では『kitsutsuki』から同名曲と『amefurashi』の2曲が使われています。

映画『別れるということ』のあらすじ


(C)zampanotheater

「どうして自分の気持を伝えようとするときに限って突然別れが来るんだよ」

自主映画団体「リバーサイドシアター」に入って間もない長浦(星能豊)は、メンバーと喪服姿で土手を歩いていました。

葬式後彼らは集まって助六寿司を食べながら、故人との思い出を語り合います。

出会いのこと、別れのこと……。

スポンサーリンク

映画『別れるということ』感想と評価


(C)zampanotheater

当たり前のように共に過ごしていた人との突然の別れに人は戸惑い、別れに対しどう対応すれば良いのかわからなくなってしまいます。

本作はそのような突然の別れを受け止めきれず、喪失感を抱えた男女の様子を冒頭に映し出します。

葬式を終え、助六寿司を食べながら話題は故人との思い出に。誰もが大きな悲しみを抱えながらもぎこちなく明るく装い、笑い合い、普段と変わらないように装うとします。そんな空気の中、悲しみを堪えきれず、長浦(星能豊)が涙を浮かべます。

長浦と故人の出会い、そして故人と出会って変わったこと、そしてこれからのこと。出会いがあれば、別れもあります。しかし、別れは終わりではなく、新たな始まりでもあるのです。本作はそのことを映画作りを通して伝えてくれます。

皆の思い出の中で語られる故人は、映画作りが好きで無邪気なまでに映画作り一筋であった人のような印象を受けます。

営業の仕事をしていましたが、映画作りをしたいという思いを抱えていた長浦は、故人と出会って映画作りに携わり、のめり込んでいきます。そんな矢先の別れだったのです。

映画を一緒に作りたかった、という思いがいつしか、故人が撮ろうとしていた映画を作ろうと残されたメンバーは思い始めるのです。

故人の映画作りの思いは故人の死によってなくなるのではなく、新たな始まりに繋がっていきます。

また、本作は星能豊が自身の経験をもとに脚本を書き、キャスティングにも携わっています。星能豊だけでなく、インディーズ映画で活躍している俳優陣、監督だからこそ映画作りに対する愛も感じられる映画です。

まとめ


渡邉高章監督(C)Cinema Discoveries

突然の別れに戸惑い、故人との思い出から別れるということ、別れてから始まるものを描いた映画『別れるということ』。

冒頭に“別れ”を描き、故人との思い出を話しながら“はじまり”を描き、別れから新たな“はじまり”を描くという、短いながらも秀逸な構成になっています。

また、星能豊が脚本をかき、星能豊と多くの映画で共演した渡邉高章監督がタッグを組んだ本作は、インディーズ映画に携わる監督・俳優陣だからこその映画作りに対する愛が感じられます。

渡邉高章Twitter

次回のインディーズ映画発見伝は…


(C)2020 オフィスクレッシェンド

次回の「インディーズ映画発見伝」第16回は、清水尋也主演、井手内創監督、内山拓也監督の『青い、森』を紹介します。

次回もお楽しみに!

【連載コラム】『インディーズ映画発見伝』一覧はこちら

関連記事

連載コラム

映画『ぼくと、彼と、』感想とレビュー評価。日本のマイノリティカップルの“ありのまま”とは|だからドキュメンタリー映画は面白い27

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第27回 日本に暮らすマイノリティカップル。そのあり方とは――。 今回取り上げるのは、2019年11月29日(金)より池袋HUMAXシネマズにて劇場公開 …

連載コラム

映画『恋する遊園地』あらすじ感想と解説評価。ノエミ・メルランの恋のお相手はテーマパークのアトラクション!|映画という星空を知るひとよ45

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第45回 遊園地のアトラクションとの奇想天外なラブストーリー映画『恋する遊園地』。 本作は、エッフェル塔に恋をし、実際に法的手続きを経てエッフェル塔と結婚したと …

連載コラム

映画『エリック・クラプトン~12小節の人生~』感想と評価。ブルースに捧げた人生とは|映画と美流百科11

連載コラム「映画と美流百科」第11回 今回は2018年11月23日(金・祝)から、TOHOシネマズ シャンテほかにて公開の『エリック・クラプトン~12小節の人生~』をご紹介します。 監督はアカデミー賞 …

連載コラム

映画『i-新聞記者ドキュメント』感想とレビュー評価。森達也監督が望月衣塑子を多面的に見つめた眼差し|TIFF2019リポート33

第32回東京国際映画祭・日本映画スプラッシュ『i-新聞記者ドキュメント-』 2019年にて32回目を迎える東京国際映画祭。令和初となる本映画祭が2019年10月28日(月)に開会され、11月5日(火) …

連載コラム

アート・オン・スクリーン『私は、クロード・モネ』印象派の巨匠に迫る体験|映画と美流百科1

連載コラム「映画と美流百科」第1回 はじめまして。この度「映画と美流百科」というコラムを担当することになりました、篠原愛と申します。 このコラムでは、ファッションやアートなどを切り口に、映画を紹介して …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学