Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

ゴジラシリーズ『三大怪獣 地球最大の決戦』感想と考察。夏木陽介と星由里子を偲ぶ|邦画特撮大全23

  • Writer :
  • 森谷秀

連載コラム「邦画特撮大全」第23章

今回取り上げる作品は『三大怪獣 地球最大の決戦』(1964)です。

選定理由は本作に登場する怪獣たちが、2019年に公開される『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』(2019)と同じだからです。

本作に登場する怪獣はゴジラ、モスラ、ラドン、キングギギドラ。と人気怪獣の4体です。

キングギドラを除く3体の怪獣はそれぞれ、『ゴジラ』(1954)、『空の大怪獣ラドン』(1956)、『モスラ』(1961)と単独作品が製作されています。いわば東宝映画の主役級怪獣がそろい踏みという訳です。

そして本作が初登場となった人気怪獣キングギドラ。今回はキングギドラの魅力を中心に、『三大怪獣 地球最大の決戦』を紹介していきます。

【連載コラム】『邦画特撮大全』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

『三大怪獣 地球最大の決戦』の作品情報


東宝作品『三大怪獣 地球最大の決戦』(1964)

ゴジラシリーズの第5作目である『三大怪獣 地球最大の決戦』。本作は『空の大怪獣ラドン』と『モスラ対ゴジラ』の続編でもあります。

実は本作、1964年12月に公開予定だった黒澤明監督の『赤ひげ』(1965)の撮影が長引いたため、興行の穴を埋めるため急きょ製作が決まった映画なのです。

そのため1964年は、4月に『モスラ対ゴジラ』、12月に本作と一年の間に2作のゴジラ映画が公開された異例の年なのです。

ちなみにゴジラ映画ではないですがこのような例は他にもあります。角川映画『復活の日』(1980)は当初正月映画として公開されるはずでした。

しかし、製作が遅れたため代わりに同じく角川映画の『戦国自衛隊』(1979)が正月映画として公開されました。

本題に戻ります。本作は製作・田中友幸のもと、監督・本多猪四郎、特撮監督・円谷英二、脚本・関沢新一と、メインスタッフは前作『モスラ対ゴジラ』から続投しています。

出演者は本作と同年に公開された東宝の特撮映画『宇宙大怪獣ドゴラ』『モスラ対ゴジラ』にそれぞれ出演していた夏木陽介、星由里子。

両方に出演していた小泉博。本作の後に『007は二度死ぬ』(1967)で浜美枝と共にボンドガールとなる若林映子。

第1作目『ゴジラ』(1954)に出演していた志村喬、平田昭彦も出演。その他、『ウルトラQ』の佐原健二、『ウルトラマン』の黒部進が悪役で出演しています。

初登場!強敵・キングギドラ!!

前述したように今や人気怪獣となったキングギドラは本作が初登場です。

本作のキングギドラは金星の文明を3日間で滅ぼしたといわれ、強大な磁力を持った隕石として地球・日本の黒部峡谷に飛来しました。

ゴジラ、モスラ、ラドンの3体が共同戦線を張らなければならないほどの強敵で、別名が“宇宙超怪獣”です。

キングギドラは竜(ドラゴン)をベースにデザインされた怪獣です。また日本神話をベースにした東宝映画『日本誕生』(1959)に登場する八岐大蛇(ヤマタノオロチ)もイメージ元になっています。

金色の鱗に覆われた体、3本の長い首、2本の長い尻尾、2つの大きな羽が大きな特徴です。

この特徴を生かすために着ぐるみを纏うスーツアクターの他、首や尻尾をワイヤーで操る操演スタッフが大勢参加しました。

キングギドラの強さはこうした設定だけでなく映像面にも見られます。

まずキングギドラが隕石から姿を現した場面。隕石が割れ火柱が上がり、数回爆発してからキングギドラが現れます。

この時に舞った炎が徐々にキングギドラの姿になっていく作画合成は正に圧巻です。

次にキングギドラによる町の破壊描写です。本作の決戦場となった富士山麓に飛来したキングギドラは町を破壊していきます。

このシーンでキングギドラの破壊行動を神社の鳥居から捉えたショットがあります。

最終的にキングギドラが前進して神社を破壊するのですが、この一連の流れはキングギドラの“神をも畏れぬ凶暴性”を象徴しているといえます。

またキングギドラは当初、現行の金色ではなく青(ブルーグレー)という配色でした。

この変更は撮影直前になされたものです。スクリプターの鈴木桂子が「金星から来るから金色だと思っていた」という発言を円谷英二が採用し、現在の金色に変更されたのです。

結果として金色への変更は正に英断だったのではないでしょうか。金色の持つ神々しさや重厚感は、強敵として登場したキングギドラにぴったりです。何より金色以外のキングギドラを想像できる人間はそういないでしょう。

ハリウッド版にも遂にキングギドラは登場!『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』

スポンサーリンク

追悼・夏木陽介(1936~2018)と星由里子(1943~2018)

本作の主人公・進藤刑事を演じた夏木陽介、彼の妹の進藤直子を演じた星由里子。奇しくもご両名とも今年2018年に鬼籍に入られました。

夏木陽介の代表作というとTVドラマ『青春とはなんだ』や刑事ドラマ『Gメン‘75』(1975~1979)などが有名ですが、元々は東宝の専属俳優です。

さらにデビュー作は特撮映画『美女と液体人間』(1958)。

前述したように夏木は、『三大怪獣 地球最大の決戦』と同年に公開された『宇宙大怪獣ドゴラ』にもメインキャストで出演しています。

東宝を離れた後も『ゴジラ』(1984)に出演し、物語の中心となる林田博士を好演しました。

星由里子は、1958年に東宝が募集したミス・シンデレラ娘に選ばれ芸能界デビュー。

『大学の若大将』(1961)から『リオの若大将』(1968)まで、“若大将”シリーズ11作品で恋人役を好演しました。

『モスラ対ゴジラ』と本作『三大怪獣 地球最大の決戦』、ゴジラシリーズに連続して出演しています。

この2作で星はそれぞれ違う役を演じていますが、マスコミの女性記者という設定、物語上の役回りが2作とも共通しています。

その後、星は『ゴジラ×メガギラス G消滅作戦』(2000)にも出演しています。

また星はTVドラマ『科捜研の女』でシリーズ途中から登場する主人公・榊マリコの母親、榊いずみを演じていました。

榊マリコを演じる沢口靖子は第1回東宝シンデレラのグランプリで、84年版『ゴジラ』のヒロインでもあります。

つまり東宝の新旧看板女優であり、新旧ゴジラヒロインでもある2人に母娘役を演じさせるという粋なキャスティングだったのです。

夏木陽介と星由里子の2人は今、本作の思い出話に花を咲かせているかもしれません。

次回の邦画特撮大全は…

次回の邦画特撮大全は『キングコング対ゴジラ』(1962)を特集します。

お楽しみに。

【連載コラム】『邦画特撮大全』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

映画『死体語り』あらすじと感想。ラストまで考察させる心理的ホラーの魅力|SF恐怖映画という名の観覧車72

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile072 大好評開催中の「シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション 2019」。 当コラムでは今週もイベント内で上映される作品のご紹介をさ …

連載コラム

韓国映画『食われる家族』ネタバレ感想と結末考察のあらすじ。本屋大賞小説1位の作家が監督・脚本を務めた本格ミステリーサスペンス“家族乗っ取り”|未体験ゾーンの映画たち2021見破録9

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」第9回 世界中から埋もれかけた、様々な魅力を持つ映画を紹介する「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」。第9回で紹介するのは、じんわりと怖いサスペンス …

連載コラム

森達也映画『FAKE』ネタバレ感想と考察。ゴーストライター疑惑の作曲家・佐村河内守の真実と嘘|だからドキュメンタリー映画は面白い11

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第11回 “奇跡”の人から一転、“疑惑”の人へと変貌してしまった男。 日本中の注目を集めてしまった一人の作曲家に密着した、衝撃の119分。 『だからドキ …

連載コラム

映画『グッドライアー』キャストのイアン・マッケランへのインタビュー【偽りのゲーム】FILMINK-vol.32

FILMINK-vol.32「The Many Sides of Sir Ian McKellen」 オーストラリアの映画サイト「FILMINK」が配信したコンテンツから「Cinemarche」が連携 …

連載コラム

よい子の殺人犯|ネタバレ感想考察解説と結末ラストあらすじ。元ネタとオタクのアーナンに見た“共生あるいは寄生”|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー66

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第66回 深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信U-NEXTで鑑賞す …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学