Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/04/21
Update

映画『かく恋慕』あらすじ感想と評価解説。手島実優の演技力でドラマチックな愛の香りを描く|インディーズ映画発見伝5

  • Writer :
  • 菅浪瑛子

連載コラム「インディーズ映画発見伝」第5回

インディペンデント映画をメインに、厳選された質の高い映画を動画配信するサービス「CINEMA DISCOVERIES」。

2021年3月にサイトがリニューアルされ、早くもミニシアターで話題を集めた映画や、話題作のインディーズ映画が目白推しです!

コラム第5回目では、菱沼康介監督の映画『かく恋慕』をご紹介いたします。

目に見えない“匂い”をテーマに“におい”でつながる夫婦の愛の物語を描いた映画『かく恋慕』。国内外多くの映画祭にて上映され、多くの賞を受賞しました。

また、本作は池袋シネマ・ロサで開催された「菱沼康介特集上映『四角い卵』」で劇場公開されました。

【連載コラム】『インディーズ映画発見伝』一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『かく恋慕』の作品情報

(C)hishinuma

【公開】
2020年(日本映画)

【監督・脚本・製作】
菱沼康介

【キャスト】
手島実優、札内幸太、芋生悠

【作品概要】
匂いに敏感なアリカを演じたのは『赤色彗星倶楽部』(2018)、『カランコエの花』(2018)の手島実優。アリカの義理の妹役には『ある用務員』(2021)、『ソワレ』(2020)など近年の活躍が目覚ましい芋生悠、アリカの夫役には『生きてるものはいないのか』(2012)の札内幸太が演じました。

監督・脚本を務めた菱沼康介監督は26歳で自主製作した映画『つづく』ぴあフィルムフェスティバルのグランプリを受賞し、『ライフ・イズ・デッド』(2012)など商業的な映画も製作しつつ、自主映画も製作を手がけ、国内外多くの映画祭で受賞しています。

映画『かく恋慕』のあらすじ

(C)hishinuma

「もぉーいぃかい?」

かくれんぼをするアリカとコウキの夫婦。鼻の効くアリカは鬼になって“匂い”を頼りにコウキを探します。

コウキは匂いをたどられないよう工作しますが、アリカに見つけられてしまいます。

ある日、アリカはコウキから嫌な匂いがすることに気づきます。入院し、少しずつ変わっていくコウキの匂い。

不安げなアリカを心配したコウキは妹のカスミにあるお願いをします。

スポンサーリンク

映画『かく恋慕』感想と評価

(C)hishinuma

本作は目に見えない、画面に映し出して伝えることの難しい“匂い”をテーマに描いています。

夜飲んで帰ってきたコウキがカップ麺を食べようとしていたら鼻を摘んで現れるアリカ。

焼きたての食パンに鼻をくっつけて匂いを嗅ぐアリカとコウキ、そして妹のカスミ。決して伝わらないはずの匂いが画面を通して伝わってくるような、確かに知っている匂いだと思わせる演出がなされています。

それは出てくる食べ物が馴染みのある食べ物ということもあるかもしれません。

匂い”は目に見えないけれど、確かに存在しているものです。

逆に言えば、匂いのないものはそのものの存在をなくしてしまうことに繋がります。コウキがまさにカスミに頼んだのは“自分の匂いを消す”、すなわち“自分の存在を消す”ことでした。

自分の命がもう長くないことを知ったコウキは、残していってしまうアリカの身を案じます。

アリカはコウキのものを捨てられず、コウキの匂いが残った家でいつまでも前に進めないのではないか。

そう考えたコウキは妹カスミに「あの家から俺の匂いを消してくれ」と頼むのです。

アリカからコウキの匂いを奪うことに対する罪悪感もありながら、アリカ同様兄を大切に思っていたカスミは、消臭剤を片手に踊るように家中からコウキの匂いを消しました。

後日アリカに出会ったカスミは謝り、気が済むまでぶってくださいと言いますが、アリカはぶたずカスミを抱きしめます。

それまでどこかぎこちなく打ち解けていなかったアリカとカスミ。しかし、この場面でカスミは初めてアリカをアリカさんではなく“お姉ちゃん”と呼びます。

匂い”でつながっていたアリカとコウキの夫婦からコウキの匂いがなくなります。

匂いがなくなりコウキの存在もなくなったはずが、アリカとカスミという繋がりは強くなったのです。

匂いを消してもその人の存在全てや、愛は消すことは出来ないのです。

まとめ

(C)hishinuma

商業映画から自主映画まで手がける菱沼康介監督が目に見えない“匂い”を題材に愛を描いた映画『かく恋慕』。

“匂い”は目に見えませんが、確かにそこにあり、人々の愛も絆も目に見える形で表すことは出来ませんが確かにそこにあるものです。

匂い”は人の存在を認識する一つの手段といえるでしょう。ではその人の匂いがなくなったらどうなるのでしょうか。コウキは自身の匂いを消すことでアリカに前を向いて欲しいと願います。

確かに匂いがないとその人の存在を確かなものとして認識できなくなるかもしれません。

しかし、人と人の繋がりや思い出、愛は匂いだけではありません目に見えなくても確かにあるものなのです。

“匂い”を通して“愛”という不確かでありながら確かに存在するものを描く斬新さは改めて匂いや愛について人々に問いかけます

匂いに敏感なアリカという難しい役を演じた手島実優の、目に見えないものでありながら見ている観客に既視感や共感を与えさせる演技が魅力的です。

繊細なアリカとは対照的に飄々とした夫コウキ役を演じた札内幸太、アリカとぎこちない距離感の妹を演じた芋生悠の3人の絶妙な掛け合いが、この映画の空気感を彩ります。

シネマディスカバリーズTwitter

次回のインディーズ映画発見伝は…

「CINEMA DISCOVERIES」の配信作品からご紹介する、連載コラム「インディーズ映画発見伝」第6回は、金子由里奈監督の作品『食べる虫』。

お楽しみに!

【連載コラム】『インディーズ映画発見伝』一覧はこちら







関連記事

連載コラム

映画『BUYBUST バイバスト』あらすじネタバレと感想。フィリピン発のバイオレンスアクション巨編|未体験ゾーンの映画たち2019見破録23

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第23回 今年もヒューマントラストシネマ渋谷で開催中の“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」では、国籍・ジャンル無用で選ばれた計58本の …

連載コラム

映画『ミナリ』感想評価と解説レビュー。韓国系移民の物語でサンダンス映画祭グランプリと観客賞2冠達成!|銀幕の月光遊戯 73

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第73回 映画『ミナリ』が2021年3月19日(金)よりTOHOシネマズシャンテ他にて全国ロードショーされます。 1980年代のアメリカ南部を舞台に、成功を夢見てやってきた …

連載コラム

大林宣彦監督が新作『海辺の映画館』にて、東京国際映画祭2019のレッドカーペットに登場|TIFF2019リポート3

第32回東京国際映画祭は2019年10月28日(月)から11月5日(火)にかけて10日間開催! 2019年にて32回目を迎える東京国際映画祭。令和初となる本映画祭がついに2019年10月28日(月)に …

連載コラム

映画『ランボー3怒りのアフガン』ネタバレあらすじと感想評価。ギネスブック認定の“最も暴力的な作品”|すべての映画はアクションから始まる20

連載コラム『すべての映画はアクションから始まる』第20回 日本公開を控える新作から、カルト的評価を得ている知る人ぞ知る旧作といったアクション映画を網羅してピックアップする連載コラム、『すべての映画はア …

連載コラム

映画『ゴジラVSキングギドラ』ネタバレ感想。スピルバーグ少佐などハリウッドの影響を解説|邦画特撮大全48

連載コラム「邦画特撮大全」第48章 遂に今週末2019年5月31日に公開する『ゴジラ キングオブモンスターズ』。 キングギドラやモスラ、ラドンといった人気怪獣がどのような活躍を見せるのか期待が高まりま …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学