Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2018/02/08
Update

映画『赤色彗星倶楽部』あらすじ/キャスト/上映館情報。ポレポレ東中野にて自主映画おすすめ作品公開!

  • Writer :
  • 桃から生まれた尻太郎

赤い彗星を巡る青春群像劇。

PFFアワード2017で日活賞&映画ファン賞を受賞した、自主制作映画作品をご紹介します。

ポレポレ東中野にて2月10〜16日の連日レイトショーで1週間限定公開です。

スポンサーリンク

1.映画『赤色彗星倶楽部』の作品情報

【公開】
2018年(日本映画)

【監督】
武井佑吏

【キャスト】
羽馬千弘、手島実優、櫻井保幸、ユミコテラダンス、平山輝樹、ひとみちゃん、三輪和音、山口陽次郎、神崎みどり

【作品概要】
PFFアワード2017で日活賞&映画ファン賞、第11回田辺・弁慶映画祭でグランプリを受賞した作品。武井佑吏監督の長編デビュー作品。

2.映画『赤色彗星倶楽部』のあらすじ

数十年に一度、赤色彗星が地球から観測出来る日が迫っていました。

赤色彗星が通り過ぎる時に、彗星と同じレベルの磁場をぶつけるとタイムパラドクスが発生するという噂を天文学部の主人公たちは耳にします。

誰も本気で信じるような噂ではありませんでしたが、鬱屈した思いを晴らすように彗星と同じ物質である“彗星核”の制作に没頭していきます。

赤色彗星到来の日が近づいてきました。

果たしてタイムパラドクスは起きるのでしょうか。また天文学部の主人公たちはなにを感じ得るのでしょうか。

スポンサーリンク

3.映画『赤色彗星倶楽部』の見どころ

武井佑吏監督長編デビュー作品!!!

本作『赤色彗星倶楽部』は武井佑吏監督の長編デビュー作です。

自主制作映画であるからこそ、雰囲気を大切に丁寧に作り込まれた作品であると耳にします。

シネコンで上映されているような映画にも劣らない、“勢い”や“思い”が確かに存在し、説明できない良さや面白さが詰まっていると思います。

さらに本作は青春映画ですので、なおさら強烈な“初期衝動”に期待が膨らむばかりです。

PFFアワード2017にて日活賞&映画ファン賞を受賞

本作は武井佑吏監督の長編デビュー作にして、いくつもの賞を受賞しています。

新人映画監督の登竜門とされるPFFでも賞を受賞しています。

数々の有名監督を輩出してきた伝統ある賞レースだけに、期待せずにはいれませんね。

これまでにPFFアワード出身監督とは

矢口史靖

1990年のPFFにて『雨男』でグランプリを受賞。

その後『夜のピクニック』で劇場監督デビューを飾っています。

参考映画:『ウォーターボーイズ』(2001)

男がシンクロに没頭するという斬新な物語です。

青春映画の金字塔と言える作品ですね。

誰もが見たことのあるまたは知っているのではないでしょうか。

若かりし妻夫木聡や玉木宏などメンバーも豪華なので今見ても楽しく面白い作品です。

園子温

1986年のPFFにて『俺は園子温だ!』で入選。

その翌年『男の花道』でグランプリを獲得しています。

参考映画:『愛のむきだし』(2008)

満島ひかりの出世作になった237分にも及ぶヘビィ級大作です。

AAAの西島隆弘や安藤サクラなど、個性的なキャストが揃っているのも魅力です。

その過激で強烈な演出に魅せられ、園子温の評価を一気に押し上げた作品です。

中島哲也

1982年のPFFにて『はの字忘れて』で入選しています。

その後テレビCMの監督などを務め、1988年に劇場映画監督デビューしています。

参考映画『告白』(2010)

湊かなえの原作小説を松たか子主演で映画化した作品。

日本アカデミー賞で作品賞と最優秀脚本賞を受賞しています。

生徒に復讐する先生の怖さは記憶に新しいですね。

以上、ここに紹介した監督の他にも、沢山の有名監督の出身がPFFアワードです。

このような監督たちと一線に並んだ武井佑吏監督。

長編デビューした武井監督の今後にも目が離せません!

スポンサーリンク

4.まとめ

長編デビュー作にしてPFFアワードの日活賞&映画ファン賞受賞作。

タイムパラドクスの噂に邁進する青春を是非劇場でチェックしにいきましょう。

映画『赤色彗星倶楽部』は、ポレポレ東中野にて2月10〜16日の連日レイトショーで1週間限定公開

関連記事

ヒューマンドラマ映画

津田寛治映画『名前』あらすじネタバレと感想。ラストの結末も

“行き場のない二人は家族になった” 映画『名前』の原案は、直木賞作家の道尾秀介が書き、キャストは名バイプレイヤーとして人気の高い津田寛治と、若手女優の駒井蓮の共演で描いた人間ドラマ。 中村正男が経営し …

ヒューマンドラマ映画

映画『セバーグ』ネタバレあらすじ感想と評価解説。「勝手にしやがれ」でヌーヴェルヴァーグの寵児となった女優をクリステン・スチュワートが演じ切る

クリステン・スチュワートが“セシルカット”を披露し、強さと脆さを兼ね備えたジーン・セバーグを演じました ジャン=リュック・ゴダールの『勝手にしやがれ』(1960)で一躍ヌーヴェルヴァーグのアイコンとな …

ヒューマンドラマ映画

韓国映画『パラサイト』感想とレビュー評価。日常と2つの家族によって描かれた資本主義の構造

ポン・ジュノ監督のカンヌパルムドール受賞『パラサイト 半地下の家族』。 映画『パラサイト 半地下の家族』は、世の中にベジタリアンを増やしたと言われるほど注目を集めた映画『オクジャ』(2017)に続く、 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ザ・プレイス 運命の交差点』ネタバレあらすじと感想考察。結末まで謎の男の正体とは

謎の男が真実を見抜く 2019年4月5日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほかにて公開の映画『ザ・プレイス 運命の交差点』。 全編カフェの中というワンシチュエーションで進んで行く本 …

ヒューマンドラマ映画

『ピッチパーフェクト3ラストステージ』ネタバレ感想。結末までのあらすじも

世界中を熱狂させた人気シリーズ『ピッチ・パーフェクト』が、3作目にしてついに最終章! 大学で結成されたアカペラグループ「バーデン・ベラーズ」のメンバーは、大学を卒業しそれぞれの道を歩んでいました。 そ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学