Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『赤色彗星倶楽部』あらすじとキャスト。ポレポレ東中野にて上映

  • Writer :
  • 桃から生まれた尻太郎

赤い彗星を巡る青春群像劇。

PFFアワード2017で日活賞&映画ファン賞を受賞した、自主制作映画作品をご紹介します。

ポレポレ東中野にて2月10〜16日の連日レイトショーで1週間限定公開です。

スポンサーリンク

1.映画『赤色彗星倶楽部』の作品情報

【公開】
2018年(日本映画)

【監督】
武井佑吏

【キャスト】
羽馬千弘、手島実優、櫻井保幸、ユミコテラダンス、平山輝樹、ひとみちゃん、三輪和音、山口陽次郎、神崎みどり

【作品概要】
PFFアワード2017で日活賞&映画ファン賞、第11回田辺・弁慶映画祭でグランプリを受賞した作品。

武井佑吏監督の長編デビュー作品。

2.映画『赤色彗星倶楽部』のあらすじ

数十年に一度、赤色彗星が地球から観測出来る日が迫っていました。

赤色彗星が通り過ぎる時に、彗星と同じレベルの磁場をぶつけるとタイムパラドクスが発生するという噂を天文学部の主人公たちは耳にします。

誰も本気で信じるような噂ではありませんでしたが、鬱屈した思いを晴らすように彗星と同じ物質である“彗星核”の制作に没頭していきます。

赤色彗星到来の日が近づいてきました。

果たしてタイムパラドクスは起きるのでしょうか。また天文学部の主人公たちはなにを感じ得るのでしょうか。

スポンサーリンク

3.映画『赤色彗星倶楽部』の見どころ

武井佑吏監督長編デビュー作品!!!

本作『赤色彗星倶楽部』は武井佑吏監督の長編デビュー作です。

自主制作映画であるからこそ、雰囲気を大切に丁寧に作り込まれた作品であると耳にします。

シネコンで上映されているような映画にも劣らない、“勢い”や“思い”が確かに存在し、説明できない良さや面白さが詰まっていると思います。

さらに本作は青春映画ですので、なおさら強烈な“初期衝動”に期待が膨らむばかりです。

PFFアワード2017にて日活賞&映画ファン賞を受賞

本作は武井佑吏監督の長編デビュー作にして、いくつもの賞を受賞しています。

新人映画監督の登竜門とされるPFFでも賞を受賞しています。

数々の有名監督を輩出してきた伝統ある賞レースだけに、期待せずにはいれませんね。

これまでにPFFアワード出身監督とは

矢口史靖

1990年のPFFにて『雨男』でグランプリを受賞。

その後『夜のピクニック』で劇場監督デビューを飾っています。

参考映画:『ウォーターボーイズ』(2001)

男がシンクロに没頭するという斬新な物語です。

青春映画の金字塔と言える作品ですね。

誰もが見たことのあるまたは知っているのではないでしょうか。

若かりし妻夫木聡や玉木宏などメンバーも豪華なので今見ても楽しく面白い作品です。

園子温

1986年のPFFにて『俺は園子温だ!』で入選。

その翌年『男の花道』でグランプリを獲得しています。

参考映画:『愛のむきだし』(2008)

満島ひかりの出世作になった237分にも及ぶヘビィ級大作です。

AAAの西島隆弘や安藤サクラなど、個性的なキャストが揃っているのも魅力です。

その過激で強烈な演出に魅せられ、園子温の評価を一気に押し上げた作品です。

中島哲也

1982年のPFFにて『はの字忘れて』で入選しています。

その後テレビCMの監督などを務め、1988年に劇場映画監督デビューしています。

参考映画『告白』(2010)

湊かなえの原作小説を松たか子主演で映画化した作品。

日本アカデミー賞で作品賞と最優秀脚本賞を受賞しています。

生徒に復讐する先生の怖さは記憶に新しいですね。

以上、ここに紹介した監督の他にも、沢山の有名監督の出身がPFFアワードです。

このような監督たちと一線に並んだ武井佑吏監督。

長編デビューした武井監督の今後にも目が離せません!

スポンサーリンク

4.まとめ

長編デビュー作にしてPFFアワードの日活賞&映画ファン賞受賞作。

タイムパラドクスの噂に邁進する青春を是非劇場でチェックしにいきましょう。

映画『赤色彗星倶楽部』は、ポレポレ東中野にて2月10〜16日の連日レイトショーで1週間限定公開

スポンサーリンク

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『アウトレイジ最終章』キャストとあらすじ!公開はいつから?

現在公開中の『ゴースト・イン・ザ・シェル』で公安9課の荒巻役を演じた北野武(ビート)。 「狐殺すのに兎をよこすな!」と強面を見せようとした荒巻だが、それよりよっぽど怖い北野武が見られるのが、「アウトレ …

ヒューマンドラマ映画

映画『ブリングリング』ネタバレ感想と実話考察。動画無料視聴方法も

本年度カンヌ国際映画祭で『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』で監督賞を受賞したソフィア・コッポラ。 彼女の過去作、『ブリングリング』では、実際にあったハリウッドセレブばかりを狙った、 …

ヒューマンドラマ映画

映画『それだけが、僕の世界』あらすじと感想レビュー。パク・ジョンミンら俳優陣の演技力は必見!

イ・ビョンホン主演『それだけが、僕の世界』が、12月28日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほかにて全国ロードショー。 伝説的スターであるイ・ビョンホン、超大型の若手俳優パク・ジョンミン、ベテラン女 …

ヒューマンドラマ映画

映画『スラッカー(1991)』あらすじとキャスト!感想レビューも

2017年12月16日より、下北沢トリウッドにて「歳末青春大セール!ティーンムービー傑作選」という特集上映が行われます!  日本未公開映画の紹介、上映を企画・運営するGucchi’s Free Sch …

ヒューマンドラマ映画

『ブリグズビー・ベア』ネタバレ感想レビュー。映画の工作のような手触り感と創意工夫

サンダンス、カンヌ、シドニーほか、世界中の映画祭で話題騒然! ニセ教育番組を25年見続けた青年が主人公という驚くべき設定と映画愛に溢れた作品。 映画『ブリグズビー・ベア』について、あらすじと感想(ネタ …

【Cinemarche独占】『洗骨(せんこつ)』公開記念・水崎綾女インタビュー|映画『洗骨』のキャストとしての思いを語る。自身の経験と向き合い深めた演技と死生観
【Cinemarche独占】『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』公開記念・三上博史インタビュー|役者魂と自身の人生観を語る。
【Cinemarche独占】映画『ウスケボーイズ』公開記念・橋爪功インタビュー|役作りと2018年の今を語る
【Cinemarche独占】映画『薄墨桜 -GARO-』公開記念・朴璐美インタビュー|役作りと2018年の今を語る
映画『斬、』塚本晋也監督インタビュー|時代劇で現代を描いた真意とは
映画『MAKI』サンドバーグ直美インタビュー|映画『MAKI マキ』女性の美しさを表現する思いを語る
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
国内ドラマ情報サイトDRAMAP