Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

【ネタバレ】タイムオブヒーローズ|あらすじ結末感想と評価解説。戦闘機アクション映画が描く“カザフスタンを守る正反対な兄弟の勇姿”|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー110

  • Writer :
  • 秋國まゆ

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第110回

深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信U-NEXTで鑑賞することも可能です。

そんな気になるB級映画のお宝掘り出し物を、Cinemarcheのシネマダイバーがご紹介する「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第110回は、2022年に製作されたカザフスタン発のスカイアクション映画『タイム・オブ・ヒーローズ』です。

亡き父の影響を受けて軍隊に入った兄弟。国防省に所属し特殊任務に就く優秀な諜報部員であり、冷静沈着な兄スルタンとは対照的に、空軍のエースパイロットだが無鉄砲で型破りな弟ベクザットは、停職処分を受けてしまいました。

そんな兄弟がいがみ合いながらも、祖国と愛する家族を守るべく、国家転覆を狙うテロ組織に立ち向かう映画『タイム・オブ・ヒーローズ』を、ネタバレあらすじとともにご紹介いたします。

【連載コラム】「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」記事一覧はこちら

映画『タイム・オブ・ヒーローズ』の作品情報


(C)State Center For Support of National Cinema NPJSC, 2021

【公開】
2023年(カザフスタン映画)

【原題】
Vremya patriotov

【監督・脚本】
セリクボル・ウテプベルゲノフ

【キャスト】
ダニアル・アルシノフ、サヌルジャン・スレイマン、アスカル・イリヤソフ、ダステン・シャキロフ

【作品概要】
『シェストイポスト』(2018)のセリクボル・ウテプベルゲノフが脚本・監督を務めた、カザフスタンのスカイアクション映画。ヒューマントラストシネマ渋谷&シネ・リーブル梅田にて開催された「未体験ゾーンの映画たち2023」にて上映されました

『A Dark, Dark Man(英題)』(2019)のダニアル・アルシノフが主演を務め、『Zere』(2021)のサヌルジャン・スレイマンと兄弟役を演じます。

映画『タイム・オブ・ヒーローズ』のあらすじとネタバレ


(C)State Center For Support of National Cinema NPJSC, 2021

亡き父親の影響を受け、カザフスタン共和国軍に入隊したイブラエフ兄弟。

冷静沈着な兄スルタンは、陸軍(地上軍)少佐としてカザフスタン国防省に所属し、特殊部隊のリーダーも務める優秀な諜報部員です。

ある日、スルタン率いる特殊部隊は、カザフスタン共和国軍とカザフスタンの国家保安委員会「アスタナ国家保安委員会」の共同作戦にて武装集団を排除しました。

その後の調べで、武装集団の狙いはカザフスタン共和国軍とカザフスタンの人々で、メンバーは国から出たカザフスタン人と身元不明の外国人で構成されていることが判明。

スルタンとアスタナ国家保安委員会のエージェントであるダルメン・タバエフ少佐は敵の脅威を一掃するべく、敵の募集・活動拠点となっている地域の調査に向かいました。

ダルメンは自身のお抱えの情報屋から、最近カザフスタンの若者が家出したまま戻ってこないケースが多いこと、その母親の一人からの手紙で「息子のカイラトが名前を変えてあるグループと行動を共にしている」と知らされていました。

そして、そのグループの名前は「真のムスリム」と呼ばれ、ジハード(聖戦)の準備を密かに進めているという情報も入手していました。

中東・某所。スルタンもまた自身のお抱えの情報屋から、あるグループが高い報酬で国内で有志を募っているという情報を入手。知人のバフティヤルに詳細を聞きに行きました。

殺されたカザフスタンの若者の写真を見て目の色を変えたバフティヤルは、家族を帰国させてくれることを条件に、ある情報をスルタンに教えます。

昨年、バフティヤルのもとには「真のムスリム」と名乗る集団が訪ねていました。彼らはこの街で人を集めており「かなり危険ではあるが、自分なら内情を探ることができるかもしれない」と言うバフティヤル。

彼の息子であるベクタイとディダルは、「真のムスリム」に所属していました。しかし二人がグループに加入したその翌日、「真のムスリム」の連中にシリアに行かされ、そのまま生きて戻ってきませんでした。

バフティヤルはスルタンから渡された超小型カメラを仕込み「“異教徒”だと言われて客足が遠のき、このままでは店が潰れて家族を養うことができない」という相談するていで「真のムスリム」のボスと直接面会をすることに。

すると「真のムスリム」のボスから、遺族に支払われる報酬金を渡す代わりに、自分たちに力を貸してくれと取引を持ちかけられます。

バフティヤルは「下の息子を巻き込まないでほしい」という条件を提示するも「何が起きてもそれはアッラーのご意思だ。私からは何も約束できん」と言われてしまいます。

その日の夜。バフティヤルはスルタンに超小型カメラを返し、内情を探って得た情報について語り始めます。

日程などの詳細は不明だが「真のムスリム」は何かテロを企てており、数日中に何かしら行動に出るかもしれないこと。テロの計画は二つあり、どこかの港と毒物の話をしていたことを話す中、「真のムスリム」の幹部ハザムとその部下がスルタンたちの密会場所を襲撃してきます。


(C)State Center For Support of National Cinema NPJSC, 2021

激闘の末に二人を倒したスルタンでしたが、バフティヤルは「真のムスリム」の幹部による銃撃を受けて命を落としてしまいました。

バフティヤルは死の間際「カザフスタンに潜伏している連中の仲間が、二つ目のテロ計画を実行するらしい。『真のムスリム』の幹部らしい」とスルタンに教え、家族の帰国を託しました。

スルタンが建物から出ると、外で待機していた「真のムスリム」の構成員2人に銃口を向けられます。しかしその直後、彼らはダルメンによって射殺されました。実は襲撃してくる直前、スルタンに危機を知らせたのはダルメンでした。

スルタンは滞在先のホテルに戻り、バフティヤルから得た情報と「港・毒物・爆発」というキーワードを暗号化し、アスタナ情放総局本部に送信しました。

カザフスタンの首都アスタナ。スルタンからの暗号メッセージを受け取ったアスタナ情報総局本部は「港・毒物・爆発」というキーワードをもとに、敵は中型の輸送船「オリオン号」でカスピ海を移動中であることを特定しました。

そのオリオン号の積み荷が有毒化学薬品であることから、敵の狙いはカザフスタン・マンギスタウ州アクタウにある港「アクタウ港」だと推測。また「オリオン号」について調べた結果、船の所有者は中東の会社で半年前に購入したこと、その会社はダミー会社であることが判明します。

ただ手持ちの情報が少なすぎるため、カスピ海の公海にいるオリオン号の針路がアクタウ港に変更されるかどうかまでは、AIでも分析することはできませんでした。

しかし、そのAIの見立てによると、敵はオリオン号によりテロ計画を実行する可能性があります。スルタンたちとアスタナ情報総局本部のシャリヤフメトフ陸軍大佐は、アスタナ政府省庁間緊急会議にて情報部にこのことを報告。

さらにスルタンの上官であるカイピエフ陸軍少将が「もしアクタウ港で有毒化学薬品を爆破されてしまった場合、カザフスタンの西海岸の広範囲にわたって汚染され、その被害は(首都の半分以上が被害を受けた)レバノン・ベイルート港爆発事故に匹敵する」と伝えます。

それを未然に防ぐための対策として、スルタンたちは上層部にある作戦を提案しました。

国際海洋法に則って故障を装ってカザフスタン領海の手前で救難信号(SOS)を発信し、アクタウ港に入ろうとするオリオン号を港から1.5海里先の沖に停泊させたのち、潜水士が海から乗船。スルタンとダルメンが係官として船に乗り込む……という作戦です。

スルタンたちが「オリオン号が故障を装って入港してくる」と推測したのは、国際海洋法によって故障した船舶には最寄りの港に入る権利が与えられるだけでなく、海上での税関や国境検問を免除されるためです。

またカイピエフとアスタナ国家保安委員会のフェドロフ大佐は、もう一つのテロ計画が国内で進行中で、既に何人かのテロリストが国内に潜伏していること、オリオン号にはかなり高度な戦闘訓練を受けた戦闘集団が増援部隊がとして乗っていることも報告しました。

以下、『タイム・オブ・ヒーローズ』ネタバレ・結末の記載がございます。『タイム・オブ・ヒーローズ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


(C)State Center For Support of National Cinema NPJSC, 2021

一方、スルタンの弟のベクザットは空軍(防空軍)の戦闘機「SU-27」のエースパイロットですが、無鉄砲で型破りな性格ゆえに問題行動ばかり起こしていました。

仲間との戦闘訓練中に曲芸飛行をしたり、標的役にもかかわらず「攻撃機が消極的だったから」と役割を勝手に交代しエンジントラブルを誘発させ、僚機に乗っていた同僚のエルラン・コサエフとそのパートナー共々を危険に晒したり。

挙げ句の果てに、観光ガイドとして働く恋人アデルと結婚したいがために、彼女が観光客を案内中のマンギスタウ州ボスジラ渓谷で、SU-27で低空飛行を行い砂嵐を起こしたり………その結果、ベクザッドとその相棒であり友人エゴール・ズーエフは停職処分を受けてしまいます。

この一件がきっかけで、ベクザッドはズーエフと喧嘩に。さらにベクザッドは停職処分だけでなく、父のことを馬鹿にしてきたコサエフと揉めたことで部隊からも外されてしまいます。

ベクザッドはそのことをアデルに打ち明けました。するとアデルは「仕事では躓いてしまったけれど、『渓谷に砂嵐が起きたら母親に会う』という私たちの賭けは、あなたの勝ち」と言って、彼の母親に会いに行きます。

アデルを連れて帰宅した後、ベクザットは兄スルタンと母親に彼女を紹介しました。

夕食の準備中、スルタンは弟に「今のままではいずれ父のようにお前も命を落とすぞ。いい加減大人になれ」と厳しく説教。それを聞いてカッとなったベクザッドは、自室に引きこもってしまいます。

その後、アデルは夕食をご馳走になりながら、ベクザッドの亡き父の話を聞きました。

ベクザッドと顔も性格もそっくりで、同じ空軍パイロットだった父親は20年前、爆発の恐れがあるにもかからわず、破損した飛行機の移動に自ら志願し死んでしまったこと。そして、父親はよく「戦いは機械でなく、頭で勝つもの」だと言っていたことを………。

ベクザッドの父の死を知り、アデルはこのまま彼が空軍の戦闘機パイロットであることにこだわり続けていたら、彼もいつか死んでしまうのではないかと不安になりました。アデルがそれを伝えると、ベクザッドは「俺が死ぬのが怖いなら別れよう」と告げます。

アデルは必死に話し合おうとしますが、ベクザッドは整備していた車のエンジン音でそれをかき消し聞く耳を持ちません。アデルは「少し距離を置こう」と言い、怒って帰りました。

場面は、アクタウ国際商業港へ。スルタンたちの読み通り、オリオン号に乗る「真のムスリム」のグループはカザフスタン領海の手前で、救難信号を発信しました。

作戦通り、オリオン号に「アクタウ国際商業港から派遣する検査官と整備士が乗船して、故障個所の状態を確認するまで、入港は認められない」と通達し、港から1.5海里先の沖に停泊させようとします。

偵察機からの情報で「オリオン号の乗組員は12名」「全員武器を持っている」と確認。アクタウにあるカザフスタン海軍司令部に待機していた海軍の特殊部隊とスルタンたちは、敵が入港するまで爆破させることはないと踏んで、船に乗り込もうとします。

しかしその直前、スルタンたちの予想に反して、ボスからハザムたちの死を知らされた「真のムスリム」の幹部アイザトゥーラは、船倉と機関室に仕掛けた爆弾を起動させてしまいます。

そしてアイザトゥーラは、カイムトに起爆装置を作動させるスイッチを渡し「俺に何かあったら起爆させろ」「それがお前の使命だ」「これは家族の望みでもある。失敗すれば無駄死にだぞ」と命じます。


(C)State Center For Support of National Cinema NPJSC, 2021

それを知らないスルタンたちは、予定通り船に乗り込みました。その直後、アクタナ情報総局の作戦室が乗組員11名の位置を特定し、海軍の特殊部隊も海から乗船しました。

銃撃戦の末、スルタンたちはテロリスト10名を射殺し、起爆装置の解除に成功。身柄を拘束したカイラトとテロリストのサリムの尋問を行いました。

カイラトを尋問した結果、テロリストたちはアラビア語しか話せないため通訳としてオリオン号に乗船していたこと、組織のボスはソ連の元将校ファッターフ・アル・ハジルであり、二つ目のテロ計画を指揮するのは彼の息子オマールであることが判明。

スルタンからの報告を聞いたアスタナ情報総局本部は、恐らくテロリストたちの標的はマンギスタウ原発で、そこを攻撃して原子力事故を起こす気だと推測しました。

次にスルタンたちは、サリムをアラビア語で尋問。サリムはオマールが率いるグループのメンバーであり、最初は黙秘していたサリムでしたが、突然「オマールと合流後、俺たちは首都に向かう予定だった」「二つ目のテロの標的は、2日後に開催されるシリア問題を話し合う国際会議だ」と自供しだします。

しかし、スルタンたちはそれは嘘の供述だとすぐに見抜きます。そしてサリムの所持品の中にあった数字パズルに着目し、その中に暗号化された連絡役の電話番号があるのではないかと推測しました。

アスタナ情報総局本部に数字パズルの暗号の解読を依頼した結果、連絡役は48歳の実業家ハセン・ビセンビンであることと、彼の電話番号と所有する会社の住所が判明。

すぐにアスタナ国家保安委員会の特殊部隊「アルイスタン」をアクタウ工業地帯にあるハセンの会社「ハセン建設会社」に派遣するも、彼らが見つけたのはハセンの射殺体でした。

その直後、小型カメラで撮影したファッターフと、所在不明のソ連将校と顔認証にかけて確認した結果、彼の本当の名は1986年にソ連を亡命したカシム・ベルカリエフ上級中尉であり、オマールは戦闘機パイロットであった彼の息子であることが判明。

また4年前からハセン建設会社は、アクタウ空軍基地で補修工事を行っていることも判明。シャリヤフメトフからその情報を聞いたスルタンは、テロリストの狙いは空軍の戦闘機をジャックし、マンギスタウ原発を爆破することだと推測します。

しかし、そのことがアクタウ空軍基地に知らされた時には、すでに基地はオマール率いるグループに襲撃されていました。海外情報機関から届いたオマールの資料によると、彼はエジプトの航空学校を卒業した優秀なパイロットで、その部下も全員戦闘訓練を受けていました。

オマールたちテロリストの襲撃に遭い、SU-27を奪われてしまう空軍。その場に居合わせたベクザッドもコサエフと共にSU-27に乗り込み、追撃を試みます。


(C)State Center For Support of National Cinema NPJSC, 2021

スルタンたちがオマールの部下たちと銃撃戦を繰り広げ、ベクザッドたちはSU-27で緊急発進(スクランブル)。乗っ取られたSU-27を視認し交信を呼びかけましたが、無反応でした。それを聞いた管制室にいる空軍基地大佐は「ただちに乗っ取られたSU-27を撃墜せよ」と命じます。

ベクザッドたちは空軍基地大佐からの命により、乗っ取られたSU-27をロックオンしミサイルを発射しようとしますが、先の銃撃で機体に穴が開きケーブルが接触不良を起こしたため、ミサイルを発射することができません。

その頃、アスタナ情報総局の作戦室にいる陸軍中将は、オマールが操縦するSU-27が原発に到着するまであと8分だと知り、原発職員に避難の、国防軍に攻撃準備の指示を出します。

ベクザッドは機関砲での撃墜を試みるも、オマールに後ろをとられてしまいます。ベクザッドたちが敵に追尾されていると知った陸軍中将は、国防軍にミサイルの発射を命じます。

それを知らないオマールは、ベクザッドたちに向けてミサイルを3発発射します。ベグザッドたちはフレア(熱源を探知して誘導される赤外線誘導ミサイル専用の囮)を使って2発を撃退し、さらに渓谷の絶壁手前での急降下を行ったことで、残る1発は絶壁に被弾しました。

空爆態勢に入ったオマールですが、その背後に国防軍が放ったミサイルが迫ります。オマールはミサイルの誘導システムを解除し、そのプログラムを自爆モードに書き換えました。

オマールは原発があるアクタウの市街地に入り、ベクザッドたちがそれを追尾します。しかし、ベクザッドたちの方のSU-27の機関砲は、もう砲弾が残り僅かしかありません。

そこでベクザッドは、戦闘訓練中にコサエフが乗る僚機にやってみせた、曲芸飛行によるエンジントラブルの誘発を試みます。その結果、オマールが乗るSU-27はミサイルの重さも相まってエンジンがオーバーヒートしてしまい、失速してしまいました。

砂嵐の中へ落ちゆくオマールの機体を追い続け、ベクザッドは「戦いでものをいうのは機械でなく、頭だ」と言って機関砲を3発発射。見事に撃墜しました。

しかし撃墜したSU-27の破片が、ベクザッドたちが乗る方のSU-27の右エンジンに入りこんでしまい、火災が発生。すぐさま消火し、左エンジンも異常がないことを確認した上で、二人は基地に帰還しました。

ベクザッドはコサエフとズーエフ、そして渓谷から駆けつけたアデルと無事和解しました。

しかしその直後、管制室にいる空軍基地大佐から、ベクザッド・コサエフ・ズーエフの3人はなぜか“呼び出し”を受けたのでした。

映画『タイム・オブ・ヒーローズ』の感想と評価


(C)State Center For Support of National Cinema NPJSC, 2021

正反対の性格の兄弟が、それぞれが自分のやり方で国家転覆を狙うテロリストに立ち向かうアクション場面はとても格好良いですし、ハラハラドキドキさせられます。

物語の前半では、問題行動ばかり起こして組織からつまはじきにされてしまい、兄とも友人とも同僚とも恋人とも揉めてしまったベクザッド。しかし停職処分を受けていろんな立場の人と衝突したことで、彼は兵士としてめざましい成長を魅せてくれます。

そんな弟の姿を見て、兄のスルタンも立派な“戦う者”になったと感じ、敵の追尾を安心して任せたのだと考察します。スルタンがダルメンと共に見せた諜報部員ならではの戦いっぷりも、スパイ映画好きの人は特にたまらないアクション場面でしょう。

そしてなんといっても、戦闘訓練中と渓谷で見せたベクザッドの曲芸飛行と、ベクザッドとオマールの優秀なパイロット同士の対決は、スカイアクション好きの人もそうでない人も楽しめる、作中で最高のスカイアクション場面です。

しかもその戦いでは、これまでいがみ合っていたベクザッドとコサエフが即興コンビを組み、見事な連携プレイをみせてくれるのが心にグッとくるものがあります。

まとめ


(C)State Center For Support of National Cinema NPJSC, 2021

正反対の兄弟が自分たちのやり方で、祖国と愛する人たちを守るためにテロ組織と戦う、カザフスタンのスカイアクション作品でした。

本作の見どころはズバリ、ベクザッドとスルタンの兄弟が繰り広げる熱いドラマと、スルタンは地上で、ベクザッドは空中でテロリストに立ち向かっていくアクション場面の数々です。

なおエンドロール中、二つの爆破テロの失敗を悟ったファッターフは、自身の前に座る3人の子どもたちに目を向ける姿が描かれています。

果たしてそれは、ファッターフ率いる凶悪なテロ組織が次なるテロ計画を目論んでいるのを意味しているのか、そのために純粋無垢な子どもたちをテロリストとして教育しようとしているのか、真相は闇の中です………。

本作はスカイアクション映画が好きな人、戦闘機が好きな人はもちろん、考察することが好きな人にとっても最後まで楽しむことができます。

凶悪なテロ組織に立ち向かう軍人兄弟の姿を描いた、迫力ある本格スカイアクション映画が観たい人に、とてもオススメな作品です。

【連載コラム】「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」記事一覧はこちら



関連記事

連載コラム

白雪姫の赤い靴と7人のこびと|ネタバレあらすじ感想とラスト結末の解説。吹き替えをクロエ・グレース・モレッツが演じた“訳ありのお姫様”|未体験ゾーンの映画たち2021見破録35

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」第35回 世界の様々なジャンルの映画を紹介する「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」。第35回で紹介するのは『白雪姫の赤い靴と7人のこびと』。 あら …

連載コラム

『女王陛下のお気に入り』キャスト。ジョー・アルウィン&ニコラス・ホルトのインタビュー【お気に入りの男たち】FILMINK-vol.1

FILMINK-vol.1 「Joe Alwyn and Nicholas Hoult: Favourite Men」 海外の映画情報をオーストラリアの映画サイト「FILMINK」が配信したコンテンツ …

連載コラム

【インド映画】PATHAAN/パターン|あらすじ感想と評価解説。シャー・ルク・カーンの凄腕エージェントとしてのアクション炸裂!|映画という星空を知るひとよ166

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第166回 2023年、インドが沸き立ったという、壮大なスパイ映画『PATHAAN/パターン』。 『マイネーム・イズ・ハーン』(2010)『恋する輪廻 オーム・ …

連載コラム

映画『海抜』あらすじ感想と評価レビュー。大学の卒業制作から生まれた力強い作品|銀幕の月光遊戯 51

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第51回 2018年に開催された第31回東京国際映画祭「日本映画スプラッシュ部門」に、史上最年少の22歳で招待された高橋賢成監督の鮮烈なデビュー作品『海抜』が11月23日( …

連載コラム

映画『ランブル』考察と評価感想。インディアンたちはアメリカと音楽界を“大地の鼓動”で揺さぶる|だからドキュメンタリー映画は面白い52

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第52回 彼らを抜きにして、ポピュラー音楽界の発展はなかったかもしれない──。 今回取り上げるのは、2020年8月7日(金)より渋谷ホワイトシネクイント …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学