Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2018/11/12
Update

『ゴジラ・モスラ・キングギドラ大怪獣総攻撃』評価と考察。平成ガメラとの共通の比較解説|邦画特撮大全22

  • Writer :
  • 森谷秀

連載コラム「邦画特撮大全」第22章

今回取り上げる作品は『ゴジラ・モスラ・キングギドラ大怪獣総攻撃』(2001)です。

『ゴジラVSデストロイア』(1995)で一旦終了したゴジラシリーズですが、『ゴジラ2000〈ミレニアム〉』(1999)からシリーズが再開。

本作は1999年以降に製作されたいわゆる“ミレニアムゴジラ”シリーズの第3作目です。

本作を監督したのは“平成ガメラ3部作”で知られる金子修介監督です。

『ゴジラ・モスラ・キングギドラ大怪獣総攻撃』の魅力を、“平成ガメラ3部作”との共通点や本作でのゴジラの設定を中心に紹介していきます。

【連載コラム】『邦画特撮大全』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

『ゴジラ・モスラ・キングギドラ大怪獣総攻撃』の作品概要


東宝作品『ゴジラ・モスラ・キングギドラ大怪獣総攻撃』

本作はゴジラシリーズの第25作目。監督は金子修介、特撮技術(特撮監督)は神谷誠が務めました。

金子修介は平成ガメラ3部作で知られる監督です。金子はかつて『ゴジラVSモスラ』(1992)の監督に名乗りを挙げていました。

そのため、本作の監督オファーを即決したそうです。

特撮技術の神谷誠は平成ガメラでは特撮班の助監督でした。

またゴジラのスーツアクターを担当した吉田瑞穂、キングギドラのスーツアクターを担当した大橋明ですが、平成ガメラでそれぞれ吉田がレギオンとイリス、大橋がガメラのスーツアクターを担当していました。

音楽の大谷幸も平成ガメラの音楽担当でした。このように平成ガメラ3部作に携わったスタッフの多くが、本作にも参加しています。

前回紹介した84年版『ゴジラ』(1984)同様に、本作でもシリーズ第1作目『ゴジラ』(1954)以外のゴジラシリーズの設定は使用されていません。

本作には現実の自衛隊に代わる防衛組織として“防衛軍”が登場しています。

主人公・立花由里(新山千春)の父親・立花泰三(宇崎竜童)は防衛軍の准将で、1954年に上陸したゴジラによって少年期に家族を喪った人物に設定されています。

白眼のゴジラ=戦没兵の怨霊

本作に登場するゴジラはシリーズの中でもかなり凶悪な部類に入ります。

過去のゴジラに比べてでっぷりとした体格に白い眼というデザインも凶悪さを増大させます。

戦い方も凶悪でバラゴンの顔を踏みつけたり、バラゴンの体を尻尾で執拗に叩いたりしています。

凶悪さを出すためなのかゴジラのスーツアクターを、平成ガメラ3部作では敵怪獣を演じていた吉田瑞穂が担当しています。

本作に登場する伊佐山老人(天本英世)は、ゴジラを太平洋戦争で命を散らした数多くの魂が宿った残留思念の集合体という説を唱えています。

本作に登場するゴジラは怨霊と言えます。また伊佐山はゴジラ出現の理由を、多くの人間が太平洋戦争の悲劇を忘れたからとしています。

つまり本作ではゴジラを“核の恐怖”だけではなく、“戦争そのもののメタファー”として捉えているのです。

しかし上記の残留思念の集合体=怨霊という考え方は、伊佐山老人の口から語られるだけです。

ゴジラの攻撃描写(襲撃場所や被害総数)にはそういった戦争を感じさせる要素があまり見受けられないため、ゴジラが“戦争そのもののメタファー”として十分に描かれたとは言いづらいのが残念です。

スポンサーリンク

平成ガメラとの共通点


(C)1999 KADOKAWA 徳間書店 日本テレビ 博報堂 日販

本作の重要な設定に“護国聖獣”があります。

バラゴン、モスラ、キングギドラは古代、クニを守るための聖獣であり、ゴジラからクニを守るため眠りから目を覚ましたというものです。

バラゴンは狛犬、モスラは鳳凰、ギドラは八岐大蛇の伝承の基になった聖獣とされ、それぞれ新潟県・妙高山、鹿児島県・池田湖、富士山麓で眠りについていました。

また劇中バラゴンは婆羅護吽、モスラは最珠羅、キングギドラは魏怒羅という漢字表記も登場しました。

ちなみに護国聖獣は当初バラゴンのほかアンギラスとバランの予定でしたが、集客効果を考え人気怪獣であるモスラとキングギドラに変更されました。

このような古代の伝承と怪獣を結びつける設定は平成ガメラ3部作と共通しています。


(C)1999 KADOKAWA 徳間書店 日本テレビ 博報堂 日販

『ガメラ3 邪神〈イリス〉覚醒』(1999)ではガメラが玄武、敵怪獣であるイリスが朱雀というように、登場する怪獣を四神相応と結びつける設定がなされていました。

またギドラが眠りについていた富士山麓の地下洞窟は、イリスが眠っていた洞窟を想起させるものとなっています。

その洞窟を見つける自殺志願者を演じたのが螢雪次朗。彼は平成ガメラ3部作で長崎県警の刑事・大迫を演じていたため、特撮ファンへのサービスといえる配役です。

螢雪次朗の他、渡辺裕之やかとうかずこ、松尾貴史、前田亜季と前田愛といった平成ガメラシリーズの出演者が出演しています。

平成ガメラ出演者のほかにも中村嘉葎雄や上田耕一、村田雄浩といったゴジラシリーズの出演者、高橋昌也や笹野高史、温水洋一、奥貫薫らがカメオ出演しています。

またブレイク以前の加瀬亮、塚本高史、木下ほうか、大河ドラマ『真田丸』(2016)の大蔵卿局役で話題となった峯村リエも出演しています。誰がどこに出ているのか探してみるのも一興でしょう。

また本作で内閣官房長官を演じたのが先日物故された俳優の津川雅彦(1940~2018)。出演場面は少ないですが、津川が演じることで作品に重厚感と奥行きを与えてくれます。

津川は『ガメラ3 邪神〈イリス〉覚醒』(1999)では航空総隊司令、『デスノート』『デスノート the Last name』(2006)では佐伯警察庁長官など、ほかの金子修介監督作品でも本作と同様の役回りで出演しています。

まとめ

金子修介監督率いる“平成ガメラ3部作”のスタッフが制作した『ゴジラ・モスラ・キングギドラ大怪獣総攻撃』。

描写に踏み込みの甘さが感じられるものの、“戦争そのもののメタファー”や護国聖獣という設定や視点には独自のものがあります。

防衛軍などミリタリー色の強い描写と護国聖獣といったオカルト色の強い要素が同居しており、これまでのゴジラシリーズとは一風変わった味わい深い作品となっています。

次回の邦画特撮大全は…

次回の邦画特撮大全は『三大怪獣 地球最大の決戦』(1964)を特集します。

お楽しみに。

【連載コラム】『邦画特撮大全』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

映画『セカイイチオイシイ水~マロンパティの涙』あらすじと感想レビュー。少女アミーという存在|銀幕の月光遊戯 44

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第44回 映画『セカイイチオイシイ水~マロンパティの涙~』が現在ユーロスペース、全国イオンシネマ他にて絶賛公開中! 9年もの歳月を経て完成した「フィリピン水道建設プロジェク …

連載コラム

映画『バーバラと心の巨人』感想と結末の考察。想像力はホラーに通じる|SF恐怖映画という名の観覧車18

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile018 前回のコラムの次回予告では、今週はゾンビ映画を題材としたコラムを執筆する予定でした。 しかし、一足先に鑑賞した映画がとても興味深い映画で …

連載コラム

清原惟映画『網目をとおる すんでいる』あらすじと感想レビュー。短編作品ならではのフレキシブルな源泉|ちば映画祭2019初期衝動ピーナッツ便り7

第10回ちば映画祭「清原惟監督特集」 東京藝術大学大学院の修了制作として手がけた初長編作品『わたしたちの家』が2018年に渋谷ユーロスペースで公開され、鮮烈な映像感覚が大きな注目を集めている清原惟(き …

連載コラム

佐藤泰志の原作とともに映画『きみの鳥はうたえる』を味わう|映画と美流百科7

連載コラム「映画と美流百科」第7回 今回ご紹介するのは、2018年9月1日(土)から新宿武蔵野館、渋谷ユーロスペースなど全国にて公開予定の『きみの鳥はうたえる』です。 こちらの映画は、函館の映画館シネ …

連載コラム

ジム・キャリー映画『ダーク・クライム』ネタバレ感想。東欧を舞台にした異色サスペンス作品|未体験ゾーンの映画たち2019見破録13

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第13回 1月初旬よりヒューマントラストシネマ渋谷で始まった“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」では、ジャンル・国籍を問わない貴重な5 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP