Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2020/03/30
Update

映画『はじまりはヒップホップ』あらすじと感想レビュー。高齢者ダンスグループ(平均年齢83歳)の彼らが挑むチャレンジとは|だからドキュメンタリー映画は面白い45

  • Writer :
  • 松平光冬

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第45回

お年寄りダンスグループが、ヒップホップの世界大会を目指す!

今回取り上げるのは、2016年に日本公開の『はじまりはヒップホップ』

平均年齢83歳のギネス公認世界最高齢ダンスグループが、世界最大のヒップホップ選手権へ挑戦するまでを追います。

【連載コラム】『だからドキュメンタリー映画は面白い』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『はじまりはヒップホップ』の作品情報


(C)2014 Rise And Shine World Sales / Inkubator Limited / photo_Ida Larsson

【日本公開】
2016年(ニュージーランド・アメリカ合作映画)

【原題】
Hip Hop-eration

【監督・脚本】
ブリン・エヴァンス

【製作】
ポーラ・ジョーンズ

【編集】
ピーター・ロバーツ

【撮影】
ビーバン・クローザース

【キャスト】
ビリー・ジョーダン、メイニー・トンプソン、テリー・ウールモア=グッドウィン、カーラ・キット・ネルソン

【作品概要】
ニュージーランド在住の平均年齢83歳のダンスグループが、2013年8月のラスベガスで開かれたヒップホップダンスの世界大会に挑戦するまでに密着。

本国ニュージーランドでは2014年公開されるや否や話題を呼び、国内最大の映画祭であるニュージーランド映画賞で 監督賞、撮影賞、ドキュメンタリー賞の3部門を受賞。

また、アカデミー賞の前哨戦として注目されるサンタバーバラ国際映画祭で、観客賞を受賞しました。

監督・脚本は、地元ニュージーランドでテレビドキュメンタリーを多数手がけ、本作で劇場映画デビューをはたしたブリン・エヴァンスです。

映画『はじまりはヒップホップ』のあらすじ

(C)2014 Rise And Shine World Sales / Inkubator Limited / photo_Ida Larsson

ニュージーランドの東側に位置する、人口8,000人の島ワイヘキで、2013年に本格始動したダンスグループ、「ヒップ・オペレーション・クルー」。

実は彼女たちは、なんと平均年齢83歳で、しかも踊るのはヒップホップでした。

下は60代、上は90代という年齢層で構成されるメンバーを率いるのは、振り付け担当兼マネージャーのビリー。

振り付け師といっても彼女はプロではなく、YouTubeや本でダンスの知識を補うというレベルです。

そんな中、ビリーがある目標を提案します。

それはなんと、アメリカ・ラスベガスで行われる 世界最大のヒップホップダンスの大会への出場を目指すというものでした。

「ラスベガスに行く」 という夢のために一致団結するメンバーでしたが、現実的な問題が山積み。

はたして、彼女たちの夢は実現するのか?

スポンサーリンク

フラッシュモブで話題沸騰となった、高齢ヒップホップグループ

(C)2014 Rise And Shine World Sales / Inkubator Limited / photo_Ida Larsson

メンバー全員が腰(ヒップ[Hip])の手術(オペレーション[Operation])を受けていたというのがグループ名の由来という、ヒップ・オペレーション・クルー。

2012年に行なったオークランドでのフラッシュモブ動画が話題となり、300万回以上再生されたことをきっかけに、2013年に正式に活動を開始しました。

その動画に目を付けた監督のブリン・エヴァンスを筆頭とする製作スタッフは、平均年齢83歳の彼らがヒップホップダンスに挑戦しようとしていると知り、ドキュメンタリー映画として密着することを決意。

彼らが住むワイヘキ島という穏やかな風土と対照的な場であるラスベガスに、シニアダンスチームが足を踏み入れる…その分かりやすいギャップが十分な“引き”となるという思惑で、撮影が進められました。

ただ、「本当にベガスまで辿り着けるのか?」という不安と、もっと言えば「彼らはそれまで生き続けていられるのか?」という危惧が、常にあったといいます。

立ちはだかる現実的な問題

(C)2014 Rise And Shine World Sales / Inkubator Limited / photo_Ida Larsson

スタッフたちが想像していた通り、クルーたちにはさまざまな障害が降り注ぎます。

第一に体力面。

さすがに若者のような激しい動きはできないため、振り付けも単純な動きに特化。

それでもやはり、昔のように体は動かない上に、耳なじみのないリズムに乗ることすらままなりません。

持病を抱えていたり、視力が衰えて足元がおぼつかないメンバーなどにしてみれば、それはさらに制限されます。

中には、長期の渡航がネックとなり、ドクターストップがかかる者も…。

金銭面でも不安が。

大会が開かれるラスベガスまでの旅費は、基本的に参加者持ち。

その費用が決定的に不足していることから、マネージャーのビリー・ジョーダンは、スポンサー探しに乗り出します。

しかし、フラッシュモブ動画で話題を呼んだとはいえ、興味本位で資金を提供してくれる者はそう現れません。

苦渋の末、メンバー自身も費用を捻出するしかないという案を出すビリーですが、今後の生活のために、少しでも貯金しておきたいという考えを持つ者も当然現れます。

スポンサーリンク

歳を重ねても新たなことにチャレンジする意味

(C)2014 Rise And Shine World Sales / Inkubator Limited / photo_Ida Larsson

そこまでしてビリーがクルーに世界大会参加に固持するのは、「いつも通りの日々から一歩踏み出してほしい」という思いからでした。

劇中では、メンバーのこれまでの人生も掘り下げていますが、彼女たちの話からは、劇的ではないにしろ、さまざまな紆余曲折な人生を送ってきたことが分かってきます。

それでもなお、静かに余生を過ごすのではなく、新たな目標を見つけることが生きがいとなる。

いみじくもクルーの一人が、「有名になりたいのではなく、若者の世界に触れたいから」と参加の理由を語ります。

(C)2014 Rise And Shine World Sales / Inkubator Limited / photo_Ida Larsson

見た目は畑違いの分野に挑戦する人々を追った実話ベースのドラマ映画は、これまでに多数製作されています。

近年だと、『フィッシャーマンズ・ソング コーンウォールから愛をこめて』(2020)では、屈強な漁師たちがコーラスグループを結成し、歌手デビューを目指そうと奔走します。

また、4月10日(金)公開の『チア・アップ!』は、平均年齢72歳のチアリーディングチームが主人公となっており、両作とも実在する人物たちに着想を得た作品です。

参考映像:映画『チア・アップ!』予告

本作『はじまりはヒップホップ』も、有名なシニア俳優が主演のドラマ映画となる可能性は、今後十二分にあります。

しかし、それが蛇足と思えるほど、ヒップ・オペレーション・クルー全員が魅力的に映っています。

人間とは、いくつになっても好奇心と勇気を持つ生きものなのです。

次回の連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』もお楽しみに。

【連載コラム】『だからドキュメンタリー映画は面白い』記事一覧はこちら


関連記事

連載コラム

おすすめホラー映画専門の動画配信【OSOREZONE オソレゾーン】ゾンビ映画やホラーコメディを厳選6作紹介|SF恐怖映画という名の観覧車39

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile039 オリジナル作品に特化した「Netflix」や、各国のドラマ作品を多く配信する「Hulu」、そして最新作をいち早く提供する「U-NEXT」 …

連載コラム

『サッドヒルを掘り返せ』感想と解説。「続夕陽のガンマン」のロケ地を映画マニアたちが聖地へと甦らせる|だからドキュメンタリー映画は面白い9

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第9回 荒れ果てた名作西部劇のロケ地を、俺たちの手で復活させる! 『だからドキュメンタリー映画は面白い』第9回は、2019年3月8日に日本公開の、『サッ …

連載コラム

クシシュトフ・キェシロフスキ【トリコロール三部作】感想と内容解説。映画という夢の世界からの呼びかけ|偏愛洋画劇場19

今回の連載でご紹介するのは、クシシュトフ・キェシロフスキ監督による「トリコロール三部作」です。 『トリコロール/青の愛』の予告 フランスの国旗トリコロールをモチーフに、『青の愛』『白の愛』『赤の愛』そ …

連載コラム

映画『フェイクプラスティックプラネット』評価感想と内容解説。山谷花純が一人二役を演じるサバイバルミステリー|銀幕の月光遊戯 67

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第67回 映画『フェイクプラスティックプラネット』は、東京・名古屋での上映を好評のうちに終え、2020年8月15日(土)からは大阪のシネ・ヌーヴォに舞台を移して公開を開始。 …

連載コラム

映画『セカイイチオイシイ水~マロンパティの涙』あらすじと感想レビュー。少女アミーという存在|銀幕の月光遊戯 44

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第44回 映画『セカイイチオイシイ水~マロンパティの涙~』が現在ユーロスペース、全国イオンシネマ他にて絶賛公開中! 9年もの歳月を経て完成した「フィリピン水道建設プロジェク …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP