Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/02/21
Update

映画キラメイジャー|ネタバレ評価とあらすじ感想レビュー。最終回前にキャスト/声優の夢の世界での活躍をみる|邦画特撮大全82

  • Writer :
  • 森谷秀

連載コラム「邦画特撮大全」第82章

今回の邦画特撮大全は、2021年2月20日(土)に劇場公開を迎えた『スーパー戦隊MOVIEレンジャー2021』から、『魔進戦隊キラメイジャーTHE MOVIE ビー・バップ・ドリーム』を紹介します。

シリアスな展開が続く終盤戦に突入したTVシリーズも、ついに2021年2月28日(日)に最終回を迎える『魔進戦隊キラメイジャー』。

そんなTVシリーズとは対称的に、本作『魔進戦隊キラメイジャーTHE MOVIE ビー・バップ・ドリーム』は楽しい娯楽編となっています。

【連載コラム】『邦画特撮大全』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『魔進戦隊キラメイジャーTHE MOVIE ビー・バップ・ドリーム』の作品情報


スーパーヒーロープロジェクト (C)テレビ朝日・東映AG・東映

【公開】
2021年(日本映画)

【原作】
八手三郎

【監督】
山口恭平

【脚本】
荒川稔久

【キャスト】
小宮璃央、木原瑠生、新條由芽、水石亜飛夢、工藤美桜、庄司浩平、古坂大魔王、水瀬いのり、鈴村健一、岩田光央、赤羽根健治、大河元気、長久友紀、吉野裕行、杉田智和、中村悠一、高戸靖広、桑島法子、緒方恵美、壇蜜

【作品概要】
現在放送中のスーパー戦隊シリーズ第44作『魔進戦隊キラメイジャー』の劇場版。監督は『魔進戦隊キラメイジャー』TVシリーズのメイン監督で、『仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER』(2018)の山口恭平。また脚本もTVシリーズのメイン脚本家であり、これまで数多くのスーパー戦隊シリーズに参加してきた荒川稔久が務めています。

キャストは小宮璃央、木原瑠生、鈴村健一らレギュラーキャストが総出演。ゲストの敵キャラクター・ミンジョにはTV・映画・バラエティと多方面で活躍する壇蜜。ドリームストーンの声にはアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』(1995)の主人公・碇シンジ役で知られる緒方恵美。

同時上映は『機界戦隊ゼンカイジャーTHE MOVIE 赤い戦い!オール戦隊大集会』と『騎士竜戦隊リュウソウジャー特別篇 メモリー・オブ・ソウルメイツ』。

映画『魔進戦隊キラメイジャーTHE MOVIE ビー・バップ・ドリーム』のあらすじネタバレ


スーパーヒーロープロジェクト (C)テレビ朝日・東映AG・東映

浜に打ち上げられた熱田充瑠/キラメイレッドと射水為朝/キラメイイエロー、その相棒の魔進ファイヤと魔進ショベロー。

2人と2体は、ヨドン軍の魔女ミンジョが“ドリームストーン”に呪いをかけて作り上げた夢の世界“ユメーリア”へ閉じ込められていたのです。

悪夢から抜け出そうと画策する2人の前に、「ユメはわるくない」という砂の文字、そして白い服の少女が現れます。2人と2体はこの夢の世界の主と思しき、少女を追いかけます。

一方、現実世界にいるキラメイジャーたち。クリスタリア宝路/キラメイシルバーや多くの民間人も夢の世界に囚われていました。


スーパーヒーロープロジェクト (C)テレビ朝日・東映AG・東映

人々を救うには、ドリームストーンの在処を探さなければいけません。

手掛りを探すため、マブシーナは夢の中へ。押切時雨/キラメイブルー、速見瀬奈/キラメイグリーン、大治小夜/キラメイピンクは、いざという時のため、眠らずにマブシーナと意識を繋ぐことによってユメーリアへと旅立ちます。

4人の前に現れたミンジョは夢の世界を自在に操り、瀬奈を射的の人形に、時雨の頭にかき氷器をはめ、小さくした小夜を金魚すくいの中へ放り込み苦しめるのでした。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『魔進戦隊キラメイジャーTHE MOVIE ビー・バップ・ドリーム』ネタバレ・結末の記載がございます。『魔進戦隊キラメイジャーTHE MOVIE ビー・バップ・ドリーム』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


スーパーヒーロープロジェクト (C)テレビ朝日・東映AG・東映

4人のピンチに、魔進ジェッタと魔進ヘリコ、魔進マッハもユメーリアへ駆けつけます。ヘリコの力によって元に戻った4人。

しかし邪面獣ワナゲヒルドンが出現。時雨と小夜はジェッタとヘリコを合体させたロボ“スカイメイジン”でワナゲヒルドンと戦います。

魔進マッハを駆って進む瀬奈とマブシーナ。気づくと2人は何故か花嫁衣裳でクリスタリアにいました。さらに2人の前には、普段と様子の違うマブシーナの父オラディン王、マブシーナの婚約者としてかつて倒した怪人ラグビー邪面が現れます。

また少女を追っていた充瑠と為朝の2人が、マブシーナたちと合流。白い服の少女は、夢の主ではなく幼少時代のマブシーナでした。

一体、誰が夢を見ているのか。夢の世界は夢を見ている者の記憶を元にしていると、マブシーナは言います。

充瑠と為朝の2人が「コッチだ」という文字に導かれて進むと、そこは敵の本拠地・ヨドンヘイム。2人の前にはガルザとミンジョが現れます。


スーパーヒーロープロジェクト (C)テレビ朝日・東映AG・東映

充瑠と為朝は変身して、ミンジョと戦います。夢の世界を自在に操るミンジョの前に、2人は苦戦を強いられます。

そんな2人の前に「キラメケル」という文字が空から降ってきました。充瑠たちを導いていたのは夢の主ではなく、ドリームストーンの意志だったのです。

ドリームストーンがキラメイストーンの仲間だと気付いた充瑠。充瑠は自身の武器である「ひらめき」を用いて、夢の世界の中でも自身の発想を自由に具現化していきます。

荒地を花畑に変えた充瑠の前にガルザが現れます。為朝は、夢の舞台が地球・クリスタリア・ヨドンヘイムの3か所であること、そして幼い頃のマブシーナが登場したことから、この夢の主はガルザだと気付きます。

時雨、瀬奈、小夜の3人は、夢の主であるガルザとドリームストーンの在処へ向かいます。そしてドリームストーンを呪いから解き、人々を夢の世界から解放します。眠りから覚めた充瑠、為朝、宝路も時雨たちの元へ駆けつけます。

目覚めたガルザは自身を利用したミンジョに怒り心頭。ガルザはミンジョにキラメイジャーを倒せと命じます。ミンジョは闇エナジーの力で自身が従える闇獣レムードンと合体・巨大化し、“ミンジョレムードン”へと変貌を遂げます。

キラメイジャーはキラメイジン、ギガントドリラー、キングエクスプレスザビューンの3体の巨大ロボでミンジョレムードンに応戦。キラメイジャーはドリームストーンの力を借りて、ミンジョレムードンを撃破するのでした。

スポンサーリンク

映画『魔進戦隊キラメイジャーTHE MOVIE ビー・バップ・ドリーム』の感想と評価


スーパーヒーロープロジェクト (C)テレビ朝日・東映AG・東映

TVシリーズがシリアスな終盤戦からついに2021年2月28日(日)に最終回を迎える一方で、さまざまな楽しい要素を取り込んだ「お祭り」作品となっている劇場版映画『魔進戦隊キラメイジャーTHE MOVIE ビー・バップ・ドリーム』。ロケ地やアクションも劇場作品用にスケールアップしています。

物語の舞台が「夢の中」ということもあり、キラメイジャーたちはさまざまな場所を移動します。充瑠と為朝が打ち上げられた砂浜、マブシーナたちが最初に辿り着いた縁日、戦闘シーンの崖など、スクリーン映えのする場所が選定されています。

さらにシリーズ序盤で敵によって滅ぼされたはずのクリスタリア宮殿、敵の本拠地ヨドンヘイムなど、「夢」という設定を最大限に活かし、普段はキラメイジャーたちが行くことのできない舞台も登場しました。

そして登場人物の衣裳も、TVシリーズではなかなか見られないものが数多く登場します。瀬奈と小夜の浴衣、時雨のハッピ姿、マブシーナと瀬奈のウェディングドレス、さらに充瑠の寝巻など、登場人物の思わぬコスチュームチェンジも見どころです。


スーパーヒーロープロジェクト (C)テレビ朝日・東映AG・東映

アクション面では、中盤のレッド&イエローのVSミンジョ戦。ここではTVシリーズ以上にナパーム爆発が全面に押し出されています。

そしてクライマックスの巨大ロボ戦の舞台も、TVシリーズのようなビルが立ち並ぶ市街地ではなく臨海部の工場地帯であり、戦う時間も昼ではなく夜。夜の闇の中で工場の光がきらめく中の巨大ロボ戦は、「夢」という作品のテーマに相応しい幻想的な映像に仕上がっていました。

まとめ


スーパーヒーロープロジェクト (C)テレビ朝日・東映AG・東映

『魔進戦隊キラメイジャーTHE MOVIE ビー・バップ・ドリーム』は、39分の短い上映時間に登場人物たちの見せ場や普段と違う魅力、ファンが楽しめる要素を凝縮させ、スクリーン映えのする映像で魅せた「お祭り」のような映画となっています。

次回の邦画特撮大全は…


スーパーヒーロープロジェクト (C)テレビ朝日・東映AG・東映

次回の邦画特撮大全も引き続き『スーパー戦隊MOVIEレンジャー2021』から、『機界戦隊ゼンカイジャーTHE MOVIE 赤い戦い!オール戦隊大集会!!』を紹介します。お楽しみに。

【連載コラム】『邦画特撮大全』記事一覧はこちら




関連記事

連載コラム

映画『漂うがごとく』感想と内容解説レビュー。ベトナムの官能を体感する珠玉の作品| アジアン電影影戯3

連載コラム「アジアン電影影戯」第3回 今回は、2019年3月23日(土)より新宿K’s cinemaにて公開されるベトナム映画『漂うがごとく』を取りあげます。 急速な経済発展を背景に年々製作本数が増え …

連載コラム

映画『ウィッチクラフト』あらすじネタバレと感想。魔術系オカルトファンに贈る昭和テイストな“エコエコがくる‼︎”|未体験ゾーンの映画たち2020見破録6

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第6回 劇場発の映画祭「未体験ゾーンの映画たち2020」は、今年もヒューマントラストシネマ渋谷で絶賛開催中。2月7日(金)からはシネ・リーブル梅田で実 …

連載コラム

映画『許された子どもたち』感想評価と元ネタ考察。少年犯罪事件の現状に警鐘を鳴らす作品|銀幕の月光遊戯 61

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第61回 映画『許された子どもたち』は、2020年6月1日(月)より、渋谷・ユーロスペース、テアトル梅田ほかにて全国順次公開されます。 『先生を流産させる会』『ミスミソウ』 …

連載コラム

松本穂香映画『アスアブ鈴木』ネタバレ感想と解説。YouTube動画とデレクターズカット版はなぜ存在するのか【アストラル・アブノーマル鈴木さん】映画道シカミミ見聞録30

連作コラム「映画道シカミミ見聞録」第30回 こんにちは、森田です。 1月最初の土曜日を迎え、いよいよ本格的に2019年の“映画始め”となりました。 (C)2018 AlphaBoat 今回はそのうちの …

連載コラム

映画『ランブル』考察と評価感想。インディアンたちはアメリカと音楽界を“大地の鼓動”で揺さぶる|だからドキュメンタリー映画は面白い52

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第52回 彼らを抜きにして、ポピュラー音楽界の発展はなかったかもしれない──。 今回取り上げるのは、2020年8月7日(金)より渋谷ホワイトシネクイント …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学