Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

ホラー映画『存在するもの』あらすじと感想評価。どんでん返しの連続と怖さのテイストに見えたフィリピンの現在|TIFF2019リポート24

  • Writer :
  • 桂伸也

第32回東京国際映画祭・アジアの未来『存在するもの』

2019年にて32回目を迎える東京国際映画祭。令和初となる本映画祭が2019年10月28日(月)に開会され、11月5日(火)までの10日間をかけて開催されました。


(C)Cinemarche

「CROSSCUT ASIA」は、アジアの国、監督、テーマなど、さまざまな切り口でアジアの現在(いま)を鋭く切り取った特集上映を行っており、TIFFの一部門として2014年に開催されてから今回で第六回となります。

その一本として、フィリピンのエリック・マッティ監督によるホラー映画『存在するもの』が上映されました。

会場ではレッドカーペットにてエリック監督と、主演を務めたシャロン・クネタが登場しました。

【連載コラム】『TIFF2019リポート』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『存在するもの』の作品情報

【上映】
2019年(フィリピン映画)

【英題】
The Entity

【監督】
エリック・マッティ

【キャスト】
シャロン・クネタ、ジョン・アルシラ、ケント・ゴンザレス

【作品概要】

一人の男子大学生が実家の妹が急死した知らせを受け帰郷、そこで明らかにされるショッキングな事実の連続を、ホラーテイスト満載で描きます。

本作で監督を務めたエリック・マッティは、犯罪アクションから変身コメディまで幅広い題材をこなすマルチな才能の持ち主ですが、今作では本格ホラーを披露しています。

また、主人公ルイスの母レベッカ役を務めたシャロン・クネタは、フィリピンを代表する人気歌手・女優で、87年に公開された代表作『少女ルーベ』は、日本でも発表されています。

エリック・マッティ監督のプロフィール


(C)Cinemarche

1970年生まれ、フィリピン出身。脚本家、映画監督以外にも多彩なキャリアを積み重ねており、俳優や演技指導コーチ、プロデューサーとしても活動しています。

2003年にReality Entertainmentを共同設立し『牢獄処刑人』『汝の父を敬え』『Seclution』などを製作。数多くの国際映画祭で上映されるなど、高い評価を得ています。また、TIFF 05では『スパイダーボーイ ゴキブリンの逆襲』を発表、多くの注目を集めました。

スポンサーリンク

映画『存在するもの』のあらすじ


(C)REALITY ENTERTAINMENT, INC.

1985年の夏。実家から離れ大学の寮で暮らす大学生のルイスは、ある朝双子の妹マヌエラと対面します。突然の訪問を不思議に思っていたルイスですが、次の瞬間マヌエラはルイスの目の前から姿を消します。

さらに続けて、実家からの連絡が。さっきまで目の前にいたはずのマヌエラが、死んだという知らせがルイスのもとに届きました。

そして何年振りかの帰郷を果たしますが、マヌエラの死の理由を一向に明かそうとしない父と母にルイスは業を煮やし、自分でその真相を探り始めます。

常に母を蔑む父、その嫌がらせに耐えながら生きている母。そんな不穏な二人の周辺でルイス、マヌエラを取り巻く血塗られた衝撃の過去が、徐々に明らかになっていくのだが…。

映画『存在するもの』の感想と評価


(C)REALITY ENTERTAINMENT, INC.

本作では映画冒頭からルイスの妹マヌエラの幽霊とおぼしき存在が現れ、不穏な空気をかき立てていきます。ところがこの作品のショッキングな部分は、謎をはらんでいたルイス自身のエピソードが明らかになっていくところにあります。

そのポイントはどれも「大どんでん返し」。あまりにも突然にそのタイミングが続けてくるため、観る側としては混乱するかもしれません。

マヌエラの登場シーンに見られる怖さの演出や、さまざまに登場する残虐な拷問シーンなどのエンタテインメント性を見せる一方で、その「大どんでん返し」には、例えばフィリピンという国で問題とされる性、人権というテーマが描かれているようでもあります。特筆すべきは、それが家族という構成の中でポイントを描いていることです。

人権、性差別というと、多くは家族以外との関係の中で語られることが多いですが、この作品ではまた違った点での描写ともなっており、国の習慣や性質を表しているようです。

ホラー、スリラー要素がたっぷり楽しめる一方で、作品はフィリピンという国の今の姿に、非常に注目せざるを得なくなる雰囲気を醸しています。

スポンサーリンク

まとめ


(C)Cinemarche

本作『存在するもの』は近年の作品と比べると、画質を落とした格好で制作されています。

その雰囲気がまたこの映画のホラー的要素と合致し、不穏な空気を倍増しており、同じく『CROSSCUT ASIA』部門に出品されている「フォークロアシリーズ『TATAMI』」と、共通した雰囲気が感じられます。

また両作品は、過去に置き去りにされた主人公の血塗られた記憶が明らかになっていく、という物語の過程も、大まかには共通しているところがあります。

ディテールを比較すると国の違いやキャラクターのディテール、そのエピソードなどさまざまに違いがありますが、その共通する部分や逆に異なる点など、非常に興味深いポイントを多く感じます。

もちろんホラー、サスペンス作品としての完成度の高さを評価できるものであることは、間違いありません。

【連載コラム】『TIFF2019リポート』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

『ゴースト・ストーリーズ 英国幽霊奇談』感想と解説。人間の内面にある後悔とは|SF恐怖映画という名の観覧車14

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile014 以前のコラムで紹介させていただいた『サマータイムマシン・ブルース』(2005)のように、評判の良い舞台を原作に使い、演出効果に自由のある …

連載コラム

映画『運び屋』ネタバレ感想と評価解説。クリント・イーストウッドが実在の“伝説の運び屋”に挑む|サスペンスの神様の鼓動14

こんにちは、映画ライターの金田まこちゃです。 このコラムでは、毎回サスペンス映画を1本取り上げて、作品の面白さや手法について考察していきます。 今回取り上げる作品は、実在した“伝説の運び屋”をモデルに …

連載コラム

『ヘルボーイ』感想と評価。ギレルモ・デル・トロのアカデミー賞の原点とは|最強アメコミ番付評9

連載コラム「最強アメコミ番付評」第9回戦 こんにちは、野洲川亮です。 今回はギレルモ・デル・トロ監督の映画『ヘルボーイ』を考察していきます。 後に映画『シェイプ・オブ・ウォーター』(2017)でアカデ …

連載コラム

映画『空の大怪獣ラドン』ネタバレ感想と評価。メガヌロンの解説や特撮の見どころも|邦画特撮大全46

連載コラム「邦画特撮大全」第46章 2019年公開を目前に控えたハリウッド大作『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』。 この作品にはゴジラの他、キングギドラ、モスラ、ラドンといった東宝の人気怪獣たちも …

連載コラム

映画『MAKI マキ』あらすじと感想。サンドバーグ直美演じる日本人女性がNYでとった選択とは|銀幕の月光遊戯9

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第9回 こんにちは、西川ちょりです。 今回取り上げる作品は、11月17日(土)より、ユーロスペースほかにて全国順次ロードショーされる『MAKI マキ』です。 イランの名匠ア …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP