Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

映画『仮面ライダーセイバー』ネタバレ評価感想レビュー。キャストからテレビ版演出との共通点を解説|邦画特撮大全80

  • Writer :
  • 森谷秀

連載コラム「邦画特撮大全」第80章

今回の邦画特撮大全は劇場短編『仮面ライダーセイバー 不死鳥の剣士と破滅の本』を紹介します。

2020年12月18日から劇場公開されている『仮面ライダーセイバー 不死鳥の剣士と破滅の本』。現在放送中の令和仮面ライダー第2弾『仮面ライダーセイバー』初の劇場版です。

神山飛羽真/仮面ライダーセイバーたち6人の仮面ライダーが、不死身の剣士バハト/仮面ライダーファルシオンが企む世界滅亡に立ち向かう物語となっています。

【連載コラム】『邦画特撮大全』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『仮面ライダーセイバー 不死鳥の剣士と破滅の本』の作品情報


(C)2020 スーパーヒーロープロジェクト(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

【公開】
2020年(日本映画)

【原作】
石ノ森章太郎

【監督】
柴崎貴行

【脚本】
福田卓郎

【出演】
内藤秀一郎、山口貴也、川津明日香、青木瞭、生島勇輝、富樫慧士、岡宏明、内山そうた、山口美月、中村公隆、緒方ありさ、宮岸泰成、レ・ロマネスクTOBI、谷口賢志

【作品概要】
令和ライダー第2弾『仮面ライダーセイバー』の劇場短編作品。本作を手がけた柴崎貴行監督と脚本の福田卓郎は、『仮面ライダーセイバー』のTVシリーズでもメイン監督・メインライターを務めています。

出演者には内藤秀一郎、山口貴也らTVシリーズの仮面ライダー、“ソードオブロゴス”の仲間たちが総出演。そしてゲストキャラクターのバハト/仮面ライダーファルシオン役には谷口賢志。『救急戦隊ゴーゴーファイブ』(1999)の巽ナガレ/ゴーブルー、ネット配信ドラマ『仮面ライダーアマゾンズ』(2016~2017)の鷹山仁/仮面ライダーアマゾンアルファでも変身ヒーローを演じています。

同時上映は『仮面ライダーゼロワン REAL×TIME』。

映画『仮面ライダーセイバー 不死鳥の剣士と破滅の本』のあらすじネタバレ


(C)2020 スーパーヒーロープロジェクト(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

小説家で書店の店主でもある神山飛羽真/仮面ライダーセイバーは、“ソードオブロゴス”という組織に属する剣士=仮面ライダーたちと共に、世界の均衡を守るため脅威と戦っていました。

ある時、飛羽真は公園で小学生の田中逸樹と出会います。逸樹は公園でサッカーをして遊ぶ他の小学生たちの輪に入れずにいました。飛羽真はそんな逸樹を見て、彼に勇気づける言葉をかけます。


(C)2020 スーパーヒーロープロジェクト(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

一方、封印されていた剣士バハトがなぜか復活。“破滅の本”を開いてしまいました。本から闇があふれ、現実世界と異世界“ワンダーワールド”の2つの世界を虚無に呑み込んでいきます。

神山飛羽真、そして新堂倫太郎/仮面ライダーブレイズ、富加宮賢人/仮面ライダーエスパーダ、尾上亮/仮面ライダーバスター、緋道蓮/仮面ライダー剣斬、大秦寺哲雄/仮面ライダースラッシュ。

6人の剣士たちは世界を消滅の危機から守るためバハト/仮面ライダーファルシオンに立ち向かっていきます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『仮面ライダーセイバー 不死鳥の剣士と破滅の本』ネタバレ・結末の記載がございます。『仮面ライダーセイバー 不死鳥の剣士と破滅の本』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2020 スーパーヒーロープロジェクト(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

バハトの目的は無から始まった世界を再び無に戻すこと。彼は争いを繰り返す人類の歴史に意味がないと考えているのです。

飛羽真たちは「人類の歴史は争いだけじゃない」とバハトに反論し、それぞれの信じる強さのもと、仮面ライダーファルシオンと彼の操る尖兵シミーの大軍と戦います。

飛羽真が変身した仮面ライダーセイバーは仮面ライダーファルシオンを倒します。しかしファルシオンは“エターナルフェニックスワンダーライドブック”の力を持つ不死身の剣士。倒されてもファルシオンは炎を浴びて復活するのです。

不死身の仮面ライダーファルシオンになす術のない仮面ライダーセイバー。しかしブレイブドラゴンと「破滅の本」から出現した2匹のドラゴンがクロスし、“エモーショナルドラゴンワンダーライドブック”が形成されます。


(C)2020 スーパーヒーロープロジェクト(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

新たなワンダーライドブックを手に入れたセイバーは、“仮面ライダーセイバーエモーショナルドラゴン”にパワーアップ。見事に仮面ライダーファルシオンを打倒します。

消滅の危機を脱し、世界に平和が訪れます。飛羽真に勇気づけられた逸樹は、公園で遊んでいた他の小学生たちの輪に入り一緒にサッカーをします。

しかしその一方で、何者かがバハトの封印された本を密かにソードオブロゴスの基地へと保管するのでした。

スポンサーリンク

映画『仮面ライダーセイバー 不死鳥の剣士と破滅の本』の感想・評価


(C)2020 スーパーヒーロープロジェクト(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

早くも劇場版が製作された『仮面ライダーセイバー』。短編作品という事もあり上映時間が20分と短いため、やや駆け足な展開が気になりますが、各ライダーたちの見せ場のアクション、「世界消滅」という大きな危機をしっかりとスケールのある映像で見せてくれました。仮面ライダー6人が円陣を組んで同時変身するシチュエーションはシンプルに格好良いです。

物語もシンプルなもので、アクションに次ぐアクション、最初からクライマックスという短い上映時間の中に見所を凝縮させた作りとなっていました。

またこれまでの仮面ライダーシリーズの劇場版と同様に、主人公である神山飛羽真/仮面ライダーセイバーの新フォーム、オリジナルの敵キャラクターの登場といった要素も盛り込まれています。


(C)2020 スーパーヒーロープロジェクト(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

そして、谷口賢志が演じるバハト/仮面ライダーファルシオンの圧倒的な存在感がやはり見所です。『救急戦隊ゴーゴーファイブ』(1999)の巽ナガレ/ゴーブルーでデビューし、後に『仮面ライダーアマゾンズ』(2016~2017)で仮面ライダーアマゾンアルファに変身した経験のある谷口賢志。前述したように上映時間の関係で、バハトという人物をそこまで掘り下げて描いていない点は惜しいのですが、演じる谷口賢志の存在感がその点をカバーしてくれています。

『仮面ライダーセイバー』のTVシリーズには、『轟轟戦隊ボウケンジャー』(2006)の三上真史や『仮面ライダー555』(2003)の唐橋充といった東映特撮作品に出演していた俳優が、かつてのソードオブロゴスの剣士としてゲスト出演しています。さらにTVシリーズに登場する裏切りの剣士・仮面ライダーカリバーには、谷口賢志と同じく1977年生まれの平山浩行がキャスティングされています。

主人公を演じる若手俳優よりも2回り年長で、尚且つ特撮作品OBでもある谷口賢志のキャスティングは、TVシリーズに登場するかつての剣士たちと同じ流れにあるものだと考えられます。

現在、若手俳優の登竜門として認識されている仮面ライダーシリーズ。デビュー間もない若手俳優の演じる若き剣士=仮面ライダーたちの前に立ちはだかる大きな壁として、今回のバハト/仮面ライダーファルシオンのキャスティングは見事に効果的だと言えるでしょう。

まとめ


(C)2020 スーパーヒーロープロジェクト(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

若き仮面ライダーたちが世界の脅威に挑む『仮面ライダーセイバー 不死鳥の剣士と破滅の本』。短い上映時間の中に、『仮面ライダーセイバー』の見所を凝縮させた作品となっていました。

次回の邦画特撮大全は…

次回の邦画特撮大全は『ネズラ1964』を紹介します。お楽しみに。

【連載コラム】『邦画特撮大全』記事一覧はこちら




関連記事

連載コラム

映画『バーバラと心の巨人』感想と評価。少女の内面を描くイマジネーションの世界|銀幕の月光遊戯4

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第4回 こんにちは、西川ちょりです。 今回取り上げる作品は、TOHOシネマズ シャンテ他にて10月12日より公開される『バーバラと心の巨人』です。 『ベイ・マックス』のキャ …

連載コラム

中国アニメ『DAHUFA 守護者と謎の豆人間』感想評価とレビュー解説。“すごいと面白さ”は人間への皮肉満載のバイオレンスで大人をターゲットにした異色作|SF恐怖映画という名の観覧車146

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile146 中国映画市場ではアニメ映画は「子供向け」と考えられ、大人をターゲットとしたアニメ作品の製作は行われていませんでした。 しかし、2020年 …

連載コラム

映画『Mr.&Mrs.フォックス』あらすじネタバレと感想。「ピンクパンサー」シリーズを彷彿させたコメディ作品|未体験ゾーンの映画たち2019見破録50

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第50回 ヒューマントラストシネマ渋谷で開催された“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」。今回は豪華キャストで描く、ブラックなコメディ映 …

連載コラム

映画『ラブ&モンスターズ』ネタバレあらすじと感想評価。ラスト結末も【怪物が蔓延する世界で恋人を捜す青年と犬の冒険譚】|Netflix映画おすすめ28

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第28回 映画『ラブ&モンスターズ』は、『Five Fingers for Marseilles』(2017)で注目を集めたマイケ …

連載コラム

映画『サモン・ザ・ダークネス』ネタバレ感想と考察評価。アレクサンドラ・ダダリオら3人の美女が催す悪魔の殺人パーティー|未体験ゾーンの映画たち2020【延長戦】見破録7

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020【延長戦】見破録」第7回 佳作から怪作・問題作まで、世界のあらゆる映画を紹介する「未体験ゾーンの映画たち2020【延長戦】見破録」。第7回で紹介するのはカルト …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学