Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/07/31
Update

映画『返校』ネタバレ結末感想とあらすじ考察の解説。NETFLIXドラマとのラストシーンとの違いを徹底検証|SF恐怖映画という名の観覧車149

  • Writer :
  • 糸魚川悟

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile149

ゲーム配信サイト「Steam」で一時世界第3位の売り上げを記録し、世界的に話題となったゲーム『返校 Detention』。

この作品は幽霊が徘徊する暗闇の校舎を歩き回るオカルトホラーでありながら、厳しい思想の弾圧が行われた実際の歴史をベースとした切ない物語が高い評価を受けました。

今回は『返校 Detention』を本国台湾で映像化した映画『返校 言葉が消えた日』(2021)を、ネタバレあらすじをご紹介すると共に、原作ゲームと他媒体での映像化との違いを検証していきたいと思います。

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『返校 言葉が消えた日』の作品情報


(C)1 Production Film Co. ALL RIGHTS RESERVED.

【日本公開】
2021年(台湾映画)

【原題】
返校 Detention

【監督】
ジョン・スー

【キャスト】
ワン・ジン、ツォン・ジンファ、フー・モンブォ、ツァィ・スーユン、ヂュ・ホンヂャン、シァジン・ティン、ヂャン・ベンユー、ユン・ヂョンユェ、リー・グァンイー、パン・チン・ユー、リー・ムー、ワン・コーユエン

【作品概要】
台湾のゲーム製作会社「赤燭遊戲」によって販売されたゲーム『返校 Detention』を、映画監督のジョン・スーが映画化した作品。

本作は中国語映画におけるアカデミー賞とも呼ばれる「第56回金馬奨(ゴールデンホース・アワード)」において5部門の受賞を果たし、世界で話題となりました。

映画『返校 言葉が消えた日』のあらすじとネタバレ


(C)1 Production Film Co. ALL RIGHTS RESERVED.

1962年、反思想的な言論が厳しく取り締まられる台湾。

政府の意を汲みバイ教官によって厳しい指導が行われる「翠華高校」には「読書会」と呼ばれる、所持すら禁じられた本を読む地下組織がありました。

【悪夢】

翠華高校に通うファンは暗闇に包まれた校舎で目を覚まし、後輩で読書会に所属するウェイと出会います。

校舎内には人の背丈を遥かに超える人外の何かが徘徊し人間を見つけ次第処刑しており、さらに校舎の敷地の外は地面が陥没し脱出が不可能な状態でした。

ファンはこの異常な光景に見覚えがあるような気がしますがはっきりとは思い出せずにいました。

自身のクラスに「忌中」と言う札が貼られ、読書会の発起人であるチャン先生の机が荒らされていたことから当局に読書会の存在が露呈してしまったのではないかと不安を覚えるウェイはファンと共に校内の「防空壕」へと向かいます。

防空壕にはイン先生を始めとした読書会のメンバーが揃っていましたが、読書会のメンバーはファンのことを「密告者」や「裏切り者」「人殺し」と罵倒すると突如姿を消し、彼等のいた場所に読書会メンバーの遺影だけが残りました。

ウェイは読書会が何者かの密告によって露呈しチャンやインが処刑されたことを思い出すと、密告者がファンであることも思い出し彼女を追求しますが、記憶が蘇ったファンはその場から逃げ出してしまいます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『返校 言葉が消えた日』のネタバレ・結末の記載がございます。『返校 言葉が消えた日』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)1 Production Film Co. ALL RIGHTS RESERVED.

【密告者】

かつてファンは、弾圧の強まる時代に自由を説くチャン先生と絆を深め、生徒と先生と言う立場を越えた仲となっていました。

しかし、読書会と言う違法な地下組織の人間でもあるチャンはインにファンとの関係を精算するように忠告され、ファンのことを想うがゆえに彼女との接触を減らし始めます。

ファンはチャンの心変わりをインの責任だと考え、読書会のメンバーであることを知っていた後輩のウェイから禁書を借り、バイ教官に密告。

ファンはチャンとインを引き剥がすことだけが目的でしたが、バイの言とは異なりチャンとインは扇動罪で処刑されてしまいます。

暗闇の校舎を舞台とした「悪夢」は罪を犯した魂が罰を受ける空間であり、その後に自殺したファンは「自分の罪を思い出し自殺する」サイクルを何度も繰り返していました。

すべてを思い出したファンは悪夢の中でチャンと再会しチャンを死なせてしまったことを謝罪すると、「ウェイを救う」と言う道を示されます。

ウェイは自身がファンに禁書を渡してしまったことで読書会が崩壊したという「罪」に囚われており、生と死の狭間にいる現実世界でも殉死を選ぼうとしていました。

しかし、「生きていれば出来ることもある」と言う言葉をチャンから託されたファンがウェイの心を救うため、悪夢に囚われたウェイを救い出し、敷地の外へと連れ出します。

ファンはウェイに別れを告げると、自身は悪夢に留まることにしました。

【生き残った者】

現代、読書会のことを当局に自白したことで処刑を免れたウェイは老境に差し掛かり、取り壊しが進む翠華高校を訪れます。

処刑の寸前にチャンから頼まれた手紙を校舎内で見つけたウェイは、ファンの所属していたクラスの教室に入り、1つだけ置かれた机の前に座ると手紙を机に置きます。

向かいには昔と変わらない姿をしたファンが座っており、チャンからの「来世で会おう」と書かれた手紙を読むとウェイに微笑みます。

ウェイはその姿を見て「絶対に忘れるわけがない」と微笑みました。

スポンサーリンク

映画『返校 言葉が消えた日』の感想と評価


(C)1 Production Film Co. ALL RIGHTS RESERVED.

台湾では1947年から1987年まで「白色テロ時代」と呼ばれる厳しい思想の弾圧が行われており、「思想犯」や「スパイ」の嫌疑をかけられ処刑された人間は3000人以上にも及びました。

本作はそんな「白色テロ時代」を舞台としており、時代背景はこの作品とは切っても切り離すことのできない重要な要素となっています。

原作ゲーム『返校 Detention』は、ジョン・スーによる「映画化」である本作『返校 音葉が消えた日』以外に映像配信サービス「NETFLIX」によって「ドラマ化」も行われていますが、この2作には作品のテイストとして大きな違いが生まれていました。

映画とドラマの違い


(C)Netflix

ドラマ版の時代設定はウェイの過ごしていた「白色テロ時代」の「翠華高校」ではなく、読書会事件から30年後の現代を舞台としています。

厳しい戒律が残ってはいるものの「処刑」や「弾圧」の無い現代に、ウェイと同じ苦悩を持つことになるユンシアンが現れたことで過去の物語が紐づいていくドラマ版では、「処刑」や「弾圧」に深く関与した人物が英雄として祭り上げられている様子など「白色テロ時代を経ての現代」を強く意識した構成となっていました。

一方で主人公が現代のユンシアンになったことで「白色テロ時代」の「被害者」であるファンの存在が復讐鬼へと変わってしまっており、原作の持つファンの苦しみの要素が少なくなってしまっていたことも確かでした。

映画化となる『返校 言葉が消えた日』では、「暗闇の校舎」を舞台に主人公のファンが記憶を取り戻すまでを描いた概ね原作に沿った物語が展開されており、「現代」を起点としたドラマ版とは異なり「白色テロ時代」の真っ只中を生きた人間たちの苦悩に焦点が当てられていました。

「ウェイ」の役割が変わったことで変化するラストシーン


(C)1 Production Film Co. ALL RIGHTS RESERVED.

本作は原作と概ね同様の物語が展開されますが、終盤に差し掛かるに連れて原作に比べてファンの顛末に救いが多く見られるようになっていきます。

その主な要因となっているのは原作と映画での「ウェイ」と言う登場人物の扱いの差にありました。

原作では悪夢に登場するウェイはファンに対する「罰」の小道具の1つに過ぎず、物語の序盤で死体となってしまいます。

映画版となる本作では、原作とは異なりウェイも悪夢に囚われた人間の1人として描かれており、原作よりも登場時間が長く、かつファンに救われると言う新たな「役割」を与えられることとなります。

原作では、ファンは自身の「罪」を受け入れたことで大人になったウェイと廃墟となった校舎で再会しますが、その後「ファンが悪夢から解放されたのか」は明らかにされませんでした。

しかし、本作では「ウェイを救った」ことで同様のラストでありながらも、明らかに「悪夢から解放された」ことを伺える会話が行われます。

原作を尊重しながらも少しの改変を加え、同じ結末でも異なる方向性を見せてくれる映画でした。

まとめ


(C)1 Production Film Co. ALL RIGHTS RESERVED.

本作はジョン・スー監督が原作ゲームをプレイした上で「ゲーム原作映画」であることをこだわり製作したとされており、原作を尊重した「ホラービジュアル」はゲームファンには必見のクオリティとなっています。

原作をイメージさせるカメラワークのシーンも多く存在し、原作をプレイ済みの方にこそ観て欲しい「実写化作品」でした。

映画『返校 言葉が消えた日』は劇場で公開中。

夏にぴったりな恐怖演出たっぷりの本作をぜひ劇場でご覧になってください。

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら


関連記事

連載コラム

映画『さんかく窓の外側は夜』ネタバレ感想とラスト結末のあらすじ【岡田将生×志尊淳が挑むオカルトサスペンス】|SF恐怖映画という名の観覧車138

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile138 人と対面せずとも会話が可能となった現代では「言葉」の持つ重みが簡単に変容します。 他者へ「呪い」をかける行為が誰でも出来るようになった歪 …

連載コラム

映画『ガール・アスリープ』あらすじと感想。ローズマリー・マイヤーズ監督が描く14歳の少女の憂鬱と作り込んだ設定|ルーキー映画祭2019@京都みなみ会館6

15歳の誕生パーティーが始まる! 2019年8月23日(金)に、装いも新たに復活をとげた映画館、京都みなみ会館。そのリニューアルを記念して、9月6日(金)からグッチーズ・フリースクール×京都みなみ会館 …

連載コラム

韓国映画『目撃者』あらすじとネタバレ感想。キャストの演技力で都会に潜む他人への無関心を描く|未体験ゾーンの映画たち2019見破録41

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第41回 ヒューマントラストシネマ渋谷で開催中の“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」。今回は、韓国で大ヒットした映画を紹介します。 日 …

連載コラム

『第9地区』ネタバレ考察とラスト結末のあらすじ。続編への期待を込めた感想評価でおすすめの内容を解説|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー33

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第33回 深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信U-NEXTで鑑賞す …

連載コラム

映画『エージェントスミス』ネタバレ感想と考察評価。実話の犯罪事件をモチーフにフィリップノイス監督が描くダーク・ヒロイン!|未体験ゾーンの映画たち2020【延長戦】見破録1

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020【延長戦】見破録」第1回 映画ファンには毎年恒例のイベント、令和初となる劇場発の映画祭「未体験ゾーンの映画たち2020」は、新型コロナウイルス感染症の影響に翻 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学