Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/01/05
Update

【シンエヴァンゲリオン考察】予告編を解説1:コア化の意味と“赤色”なき世界の真相は|終わりとシンの狭間で1

  • Writer :
  • 河合のび

連載コラム『終わりとシンの狭間で』第1回

1995~96年に放送され社会現象を巻き起こしたテレビアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』をリビルド(再構築)し、全4部作に渡って新たな物語と結末を描こうとした新劇場版シリーズ。

その最終作にして完結編となるのが、映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』です。


(C)カラー

本記事では、未だ多くの謎に包まれている『シン・エヴァンゲリオン劇場版』を予告編の映像から分析。本編の内容や展開を予想しつつも考察・解説していきます。

【連載コラム】『終わりとシンの狭間で』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の作品情報

【日本公開】
2021年3月8日(日本映画)

【原作・企画・脚本・総監督】
庵野秀明

【監督】
鶴巻和哉、中山勝一、前田真宏

【総作画監督】
錦織敦史

【音楽】
鷺巣詩郎

【主題歌】
宇多田ヒカル「One Last Kiss」

【作品概要】
2007年に公開された第1作『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』、2009年の第2作『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』、2012年の第3作『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』に続く新劇場版シリーズの最終作。

庵野秀明が総監督が務め、鶴巻和哉・中山勝一・前田真宏が監督を担当。なおタイトル表記は「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の文末に、楽譜で使用される反復(リピート)記号が付くのが正式。

映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』予告編考察・解説

「赤」に染まってない世界

前作『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』(以下『Q』)で描かれた、海のみならず大地までもが「コア化」によって赤く染まった世界。しかし00分28秒の小川を流れていると思われる澄み切った水、00分33秒の赤く染まっていない電柱と空を飛ぶ白い鳥の群れ、01分10秒のやはり赤く染まっていない街中など、予告編では「赤くない世界」が描かれています。

そもそも「コア化」とは、『Q』のアフレコ台本・絵コンテ集の表記内にて「あらゆるものが赤くなる現象」を指しているとされる用語です。またコア化によって人類が生きられなくなった領域も「L結界」と呼称されており、「L」は「Lilin(リリン)」こと「作中において『人類』と称される存在」だと言われています。

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』(以下『序』)や『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』(以下『破』)の物語の時点から「15年前」に起こったとされる「セカンドインパクト」によってほぼ全ての海洋生物が死滅した海、『破』の終盤でシンジと初号機が起こした「ニアサードインパクト」による世界の荒廃も、インパクトに伴うコア化がもたらしたもの。

その「コア化」の本質について、ネット上では使徒やEVAシリーズ機体が共通して持つコアの特徴、「旧劇場版」やテレビアニメ版における「人類補完計画」との関連から「『個』の喪失を伴う魂のエネルギー/物質化」など様々な仮説が挙がっていますが、詳細は未だ明らかにされていません。

では、予告編にて登場した「赤色」でない世界の正体とは。劇場公開に先駆け公開された本編冒頭映像『AVANT1』にも登場した、「アンチLシステム」によって復元されたパリが映し出されていた可能性も否めませんが、「電柱のある風景」というパリの街並には馴染みなく、むしろ日本が映し出されているのではと考えられます。そして、『Q』終盤にてシンジらが失敗した「世界の修復」が行われた後の世界ではと捉えることも可能です。

また「青空を白い鳥が飛んでいく」という映像は、テレビアニメ版第1話の序盤、シンジが街中でレイの幻をみる場面でも描かれています。その点だけを考慮しても、ファンの間で長きに渡って語られている「新劇場版=テレビアニメ版・旧劇場版の世界ループ説」「パラレルワールド説」を裏付けているのではと推測することができるのです。

ハニカム構造の箱の中身は?

予告編の00分37秒に登場する、ハニカム構造の箱が無数に保管されている空間。その箱の中身が何なのかも、やはりファンの間では多くの議論が交わされています。

正六角形や正六角柱を隙間なく並べた構造を意味する「ハニカム構造」は、その名の通り「ハチの巣(Honeycomb)」から由来しています。そして、その由来から「巣の中で育っていく幼虫あるいはサナギ」の姿を連想した時、予告編に登場する箱の中にも「生命」、それも「ヒト」が入っているのではと想像することができます。

またミサトたち「ヴィレ」メンバーの存在など、シンジが引き起こした「サードインパクト」がカヲルの介入によって「ニア」に留まった=途中で中断された結果、全ての人類がコア化したわけではないことが『Q』では示唆されています。それを踏まえた上で「では「ヴィレ」メンバー以外の生き残った人々は何をしているのか?」と考えた時、「生き残った人々は、件のハニカム構造の箱の中にまさしく『サナギ』の状態で保護され、眠りについているのでは」という想像が真実味を帯びていくのです。

作中に再登場するカヲル

前作『Q』終盤にて、シンジの代わりに装着していた首輪「DSSチョーカー」の発動によって死亡した「第1の使徒」にして「第13の使徒」のカヲル。しかし予告編00分55秒では、しっかりと「頭」がある彼の姿が確認できます。

カヲルが「使徒」である以上「復活」という形で再登場する可能性もありますが、予告編00分32秒で映し出される「誰にも弾かれることなく、雨に濡れ続けるピアノ」は、『Q』での「シンジのカヲルとの死別」という事実は『シン・エヴァンゲリオン』でも決して覆らないを示唆していると解釈できます。

そのため例えカヲルが再登場しシンジと再会するとしても、テレビシリーズをはじめ過去作品の演出でも多数用いられている精神世界での対話、或いは回想場面という形での再会となると想像することができます。

エヴァに再搭乗するシンジ

そして予告編00分55秒にカヲルが登場した直後、00分57秒からシンジの姿が映し出されます。数秒前に登場したカヲルの映像とは対称的な画面構成によって描かれ、「カヲルと対峙している」とも受け取れるシンジの姿からは、「カヲルとの精神的な訣別」さえも感じられます。

またここで登場するシンジは、プラグスーツを着用しているほか、いずれかのEVAシリーズ機体に搭乗していることが画面から読み取れます。

彼が搭乗しているのは、『Q』作中にてミサトたちから搭乗を禁じられ現在は空中戦艦「AAA ヴンダー」の主機(メインエンジン)に流用されている初号機か。それともカヲルと「世界の修復」を試みたが結局「フォースインパクト」を起こしかけてしまった第13号機か。それは予告編だけでは判別できませんが、「シンジが絶望を乗り越え、再びエヴァに乗る」という展開が訪れるのは確かといえます。

スポンサーリンク

まとめ

予告編最後にシンジの声で発せられる「さようなら、全てのエヴァンゲリオン」という言葉の通り、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズのみならず、これまで庵野秀明らが描き続けてきたエヴァの世界に「終劇」をもたらす作品となると言われている映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』。

あまりにも謎めいたその全容ですが、上記の「さようなら、全てのエヴァンゲリオン」という言葉からは、「テレビアニメ版などの過去作を通じてその世界観の魅力に取り憑かれ、まさに「エヴァの呪縛」に囚われてしまった多くの人々の解放」を本作は意図しているのではと感じさせます。

果たして『シン・エヴァンゲリオン劇場版』は人々を「エヴァの呪縛」から解放する存在となるのか。或いは再び人々を「エヴァの呪縛」へと飲み込む存在となるのか。その答えは本作を観た者にこそ訪れるはずです。

次回の『終わりとシンの狭間で』は……

次回記事でも引き続き、予告編映像の分析に通じて『シン・エヴァンゲリオン劇場版』本編内容や展開を予想。

初号機と第13号機の再登場、「二本の異なる槍」の登場などを中心に、さらなる考察・解説を進めていきます。

【連載コラム】『終わりとシンの狭間で』記事一覧はこちら

【コミカライズ版】『新世紀エヴァンゲリオン』作品紹介


漫画:貞本義行/原作:カラー『新世紀エヴァンゲリオン(14)』(2014、カドカワコミックス・エース)

映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』とエヴァの世界をより深く知り楽しむことができる、コミカライズ版『新世紀エヴァンゲリオン』(漫画:貞本義行/原作:カラー、全14巻)。現在、動画配信サイト「U-NEXT」でも電子書籍版を1巻=638円にて購入可能です。

また今ならU-NEXTでは、加入時に600ポイントがもらえるプレゼントキャンペーンも実施中(2021年3月14日時点)。よりお得にコミックを手に入れることができます。






関連記事

連載コラム

映画『佐々木、イン、マイマイン』感想評価と考察レビュー。藤原季節が青春時代のヒーローの思い出を演じる|映画という星空を知るひとよ35

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第35回 映画『佐々木、イン、マイマイン』は、今最も旬な俳優の一人・藤原季節を主演に招いた内山拓也監督による青春映画。 本作は、俳優の細川岳が高校時代の同級生と …

連載コラム

映画『シャッター 写ると最期』ネタバレと感想。“呪いのカメラ“は何故か藤子・F・不二雄的発想⁈|未体験ゾーンの映画たち2019見破録25

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第25回 今年もヒューマントラストシネマ渋谷で開催中の“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」。様々な58本の映画を続々公開しています。 …

連載コラム

三池崇史、荻上直子監督ら登壇!SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019のオープニングイベント開催|2019SKIPシティ映画祭2

第16回を迎えるイベントが、2019年も開幕! 7月13日に埼玉・川口のSKIPシティにて『SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019』が開催、オープニングセレモニーには各部門のノミネート作品を手掛けた …

連載コラム

Netflix映画『密航者』ネタバレ感想評価と結末解説のあらすじ。 SF宇宙船の危機に“誰の命を救い誰が犠牲になるのか”を描く|Netflix映画おすすめ33

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第33回 夢があり憧れの対象となる空間でありながら、ひとつひとつの決断が生死を分けるシビアな空間でもある「宇宙」。 選りすぐりの宇宙飛行士で …

連載コラム

全裸監督2|6話ネタバレあらすじ感想と結末解説。村西とおるエピソードが事実を超えて“真実のドラマ化”!シーズン2の見どころ考察

「空からエロが降ってくる」Netflixドラマ『全裸監督シーズン2』を完全紹介 2019年8月、Netflixオリジナルドラマとして全世界に配信された『全裸監督シーズン1』。2016年出版の伝説のAV …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学