Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/01/05
Update

映画『エマの秘密に恋したら』あらすじと感想レビュー。“秘密の暴露”がもたらすアレクサンドラ・ダダリオの魅力|映画という星空を知るひとよ44

  • Writer :
  • 星野しげみ

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第44回

イリース・デュラン監督が手掛けた映画『エマの秘密に恋したら』が、2021年1月8日(金)新宿武蔵野館にて先行上映され、1月22日(金)からイオンシネマ他全国公開されます。

原作は、「レベッカのお買いもの日記」シリーズで人気の作家ソフィー・キンセラによるベストセラー小説。

搭乗した飛行機が乱気流に巻き込まれて墜落を覚悟した主人公エマが、遺言のように隣の席の男性に自分の秘密を打ち明けますが、その男性は会社のオーナーでした。最悪の出会いから始まる恋を描いたラブコメディです。

『カリフォルニア・ダウン』のアレクサンドラ・ダダリオがちょっとカッコ悪いけれどチャーミングな主人公を演じています。

【連載コラム】『映画という星空を知るひとよ』一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『エマの秘密に恋したら』の作品情報


(C)2019 CYKAS LLC

【日本公開】
2021年(アメリカ映画)

【原作】
ソフィー・キンセラ:『エマの秘密に恋したら…』

【脚本】
ピーター・ハッチングス

【監督】
イリース・デュラン

【キャスト】
アレクサンドラ・ダダリオ、タイラー・ホークリン、スニータ・マニ、デビッド・イーバート、キミコ・グレン、ラバーン・コックス

【作品概要】
映画『エマの秘密に恋したら』は、ニューヨーク・タイムズのベストセラーリストにランクインし、40か国語以上に翻訳されたソフィー・キンセラの小説『エマの秘密に恋したら…』をイリース・デュランが映画化したものです。

『バチェロレッテ -あの子が結婚するなんて!』(2012)の製作スタッフが、『カリフォルニア・ダウン』(2015)のアレクサンドラ・ダダリオを主役に迎え、爽快なユーモアで女性たちの共感を集める作品を作り上げました。

映画『エマの秘密に恋したら』のあらすじ

(C)2019 CYKAS LLC

ニューヨークに支店を構えるオーガニック飲料の大企業で働くエマ。仕事ではなかなか能力を発揮できず、落ち込んでいたところに、昇進のチャンスが訪れます。

ところが、そのチャンスとなるべく出張先でクライアントとの会議に大失敗します。

傷心のまま搭乗した帰路の飛行機が乱気流に巻き込まれました。

“退屈な仕事にパッとしない恋人。私の人生、これで終わるなんて!”と、パニックと悔しさから自分を見失ったエマは、隣の席の見知らぬ男性に、誰にも言えない秘密をすべてぶちまけてしまいます。

気が付いたら飛行機は無事に着陸していました。

迎えに来た現在の恋人と帰路についたエマですが、次の日に何事もなかったかのように出社すると、オフィスはカリスマオーナーであるジャックの来社ということに沸いていました。

ところが、そのオーナーであるジャックこそが“飛行機の隣の席の男性”だったのです。

秘密を全部暴露したエマは、大慌てになるのですが……。

スポンサーリンク

映画『エマの秘密に恋したら』の感想と評価

『エマの秘密に恋したら』の主人公エマはちょっとドジですが、奔放な明るい女性です。

恋人の趣味を自分では好きではないと思いながらも、自然な成り行きで好きなふりをしたりと、普通の女性が抱えているような悩みを持ち、本当の自分を隠しながら、毎日をおくっているようなところがありました。

飛行機が墜落すると思い、自分の人生はここまでと思って、胸の中にしまい込んでいた秘密を隣に座る見知らぬ男性に全部暴露したエマ。

話し終わって無事に飛行機も目的の空港に着陸し、やれやれと思った次の日、その秘密を打ち明けた男性が会社のオーナーとして再び目の前に現れました。

秘密を打ち明けた相手には、一番恥ずかしいところを知られたような気がするでしょう。

秘密を洗いざらい打ち明けてしまった人には、二度と会いたくないと思うのが普通でしょうから、会うはめになってしったエマはどんなに驚きあせったことでしょう。

秘密は、大なり小なり、人との信頼関係を左右させます。親しい間柄では、いいことも悪いことも全て話して欲しいと思うものでしょうか? それとも悪いことは秘密のままでいて欲しいものなのでしょうか?

様々な意見があるでしょうが、隠し事のないクリーンな関係が一番理想的です。ですが、全てを話していい相手がそうそう多くいるとは思えません。

全てを話していい相手かどうか、駆け引きなしでサイテーの選択と出会いをしてしまったエマですが、“秘密を知られた”という出来事は、エマを“素の自分”でいる強い女性に変えていきます。

エマの変化とエマが本物の恋を見つけるシンデレラストーリー。エマを演じるアレクサンドラ・ダダリオと、ジャックに扮するタイラー・ホークリン の息のあった演技も見ものです。

まとめ

(C)2019 CYKAS LLC

人生の終わりだと思って、自分の秘密を隣に座る見知らぬ男性に話してしまい、のちにその男性が会社のオーナーと知ったエマ。

最悪の出会いから、自身の成長にもつながる物語が始まります。

喜怒哀楽がはっきりする顔立ちのアレクサンドラ・ダダリオは、たとえセリフがなかったとしてもエマの気持ちが明確に伝わる演技をしています。

自分の感情のままに笑い、泣き、怒るエマ。彼女はエレガントなレディではないけれども、自分に正直なチャーミングな女性と思えます。

“秘密を知られる”ということを弱点を握られると考えず、“ありのままの自分を知ってもらう”とプラス思考で考えたとき、新たなシンデレラストーリーが生まれてきます。

映画『エマの秘密に恋したら』は、全てをさらけ出し本音で人と向き合う大切さを、さりげなく教えてくれる作品でもあるのです。

次回の連載コラム『映画という星空を知るひとよ』もお楽しみに。

【連載コラム】『映画という星空を知るひとよ』一覧はこちら



関連記事

連載コラム

映画『シャザム!』キャスト【ザッカリー・リーヴァイのインタビュー:DCUに新たな旋風を巻き起こす】FILMINK-vol.6

FILMINK-vol.6「Shazam! Zachary Levi Beefs Up for His Break Out Role in the DCU」 オーストラリアの映画サイト「FILMINK …

連載コラム

チャドウィック・ボーズマン映画おすすめ5選!かっこいい黒人俳優が差別や悪習に立ち向かった軌跡|SF恐怖映画という名の観覧車118

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile118 2020年8月23日、「アベンジャーズ」シリーズへの出演で世界的に人気を集めた俳優、チャドウィック・ボーズマンが結腸癌によりこの世を去り …

連載コラム

映画『ナンバー37』あらすじネタバレと感想。サスペンスの名作『裏窓』をバイオレンスムービーに仕立て直した⁈|未体験ゾーンの映画たち2019見破録28

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第28回 今年もヒューマントラストシネマ渋谷で開催中の“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」。様々な58本の映画が公開中ですが、今回は南 …

連載コラム

映画『プライベート・ウォー』感想とレビュー評価。ロザムンド・パイク演じる記者メリー・コルヴィンは戦場で“母”となる|シニンは映画に生かされて17

連載コラム『シニンは映画に生かされて』第17回 はじめましての方は、はじめまして。河合のびです。 今日も今日とて、映画に生かされているシニンです。 第17回にてご紹介させていただく作品は、イギリスの「 …

連載コラム

映画『ごっこ』あらすじと感想。千原ジュニアの演技力で描いた疑似家族の原理|映画道シカミミ見聞録21

連作コラム「映画道シカミミ見聞録」第21回 こんにちは、森田です。 2018年は映画『万引き家族』がカンヌ映画祭でパルムドールを受賞したことで、改めて「疑似家族」に注目が集まっています。 10月20日 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学