Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2022/01/29
Update

映画『ハード・ヒット 発信制限』あらすじ感想と解説評価。チ・チャンウクが悪役に⁈爆弾を仕掛けられた車が街を暴走する|映画という星空を知るひとよ90

  • Writer :
  • 星野しげみ

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第90回

SEOBOK/ソボク』(2021)のチョ・ウジンが単独初主演を務めた韓国製アクションスリラー『ハード・ヒット 発信制限』。

キム・チャンジュ監督が手がけた本作が、2022年2月25日(金)シネマート新宿ほか、全国ロードショーされます。

銀行支店長ソンジュが、子供たちを乗せて学校へ送ってから出勤しようと車で出発。すると、「車から降りた瞬間、爆弾が爆発する」という謎の発信番号表示制限の電話がかかって来ました。

果たしてソンジュと子供たちの運命は? そして犯人の目的は何?

疑問が次々と出てきて、警察とソンジュのカーチェイスもスリル満点。どんでん返しもありうるラストまで目が離せません。

ノンストップ・アクション・スリラーの韓国映画『ハード・ヒット 発信制限』をご紹介します。

【連載コラム】『映画という星空を知るひとよ』一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『ハード・ヒット 発信制限』の作品情報


(C)2021 CJ ENM, TPS COMPANY ALL RIGHTS RESERVED

【日本公開】
2022年(韓国映画)

【原題】
『발신제한』(原題訳:発信制限)

【脚本・監督】
キム・チャンジュ

【音楽】
キム・テソン

【撮影】
キム・テス

【キャスト】
チョ・ウジン、イ・ジェイン、チ・チャンウク

【作品概要】
映画『ハード・ヒット 発信制限』は、『SEOBOK/ソボク』(2021)のチョ・ウジンが単独初主演を務めた韓国製アクションスリラー。

2015年製作のスペイン映画『暴走車 ランナウェイ・カー』の韓国リメイク版で、『国際捜査!』(2020)や『食われる家族』(2020)のキム・チャンジュ監督が手がけました。

主人公ソンギュの娘を『サバハ』(2019)のイ・ジェイン、彼らを翻弄する犯人を『操作された都市』(2017)のチ・チャンウクが演じています。

映画『ハード・ヒット 発信制限』のあらすじ


(C)2021 CJ ENM, TPS COMPANY ALL RIGHTS RESERVED

銀行支店長として働くソンギュは、毎朝車で子どもたちを学校へ送り届け、そのまま職場へと向かっていました。

その日の朝もそれはいつもと変わらない、当たり前の日常のはずだったのですが……。

しかし一本の電話がソンギュの運転中にかかって来て、彼の運命を一変させます。

高校生の娘と小学生の息子は、発進した車の後部座席にいたのですが「何か臭い」と騒ぎ始めました。

ふざけているのだろうと、ソンギュが気にも留めずに運転を続けていると、「発信番号表示制限電話(非通知電話)」の電話がかかってきました。

「車の中に時限爆弾を仕掛けてある。車から降りれば、仕掛けた爆弾が爆発するだろう」と、声の主がソンギュに告げます。

さらに、「爆発を阻止したければ、身代金を用意しろ」とまでも……。タチの悪いイタズラだと思うソンギュ。

しかし目の前で、同じように爆弾を仕掛けられた同僚の車から彼の妻が降りて、車が大爆発を起こしました。

至近距離での爆発に伴い、とんできた部品で、ソンギュの車に乗っていた息子が足に怪我をします。

爆弾を仕掛けた犯人からかかってきた電話で、ソンギュは息子を病院へ連れて行きたいことを告げますが、身代金が先だと言われます。

病院へ行くことも警察に助けを求めることも、そして車を降りることも許されない絶体絶命の状況……。ソンギュの日常は制御不能の悪夢へと塗り替えられてゆきます。

スポンサーリンク

映画『ハード・ヒット 発信制限』の感想と評価


(C)2021 CJ ENM, TPS COMPANY ALL RIGHTS RESERVED

発信制限電話から始まる恐怖

本作『ハード・ヒット 発信制限』は、車の中でいきなりかかってきた非通知電話から恐怖のドラマが幕をあけます。

主人公は、子供たちを学校へ送っていく途中で事件に巻き込まれる銀行の支店長・ソンギュ。車から降りることも出来ず、支店長という立場を利用しての莫大な身代金を要求されます。

不幸にして後部座席には彼の子供たちも乗っていました。車から誰かが降りようとすると爆発する爆弾を仕掛けられたため、走行するか車内にいることしか出来ません。

怪我をして出血多量になった息子とパニック寸前の娘の様子も気になるソンギュ。

犯人の要求のままに車を走らせることしか出来ない彼の絶望的な苛立ちと子供たちへの想いが、爆弾を仕掛けられた車内いっぱいに広がり、ピリピリした緊張感が生み出されます。

この緊張感が終始作品全体を包み込み、一瞬たりとも目を離せないサスペンスにしています。

キャストの演技力が魅せる


(C)2021 CJ ENM, TPS COMPANY ALL RIGHTS RESERVED

同僚の車爆破事件の重要参考人として警察に追われても、車をおいて逃げることも出来ないソンギュ。

警察車両に取り囲まれ、何が起こっているのかと説明しても、信用してもらえるかどうかわかりません。

犯人の共犯者のように思われますが、ソンギュは間違いなく被害者であり、人質の一人。しかも、犯人のターゲットはあきらかにソンギュなのです。

それがわかるソンギュは、何をおいても今は車を爆破させないよう、犯人の要求通りにするしかないのです。

ソンギュを演じるのは、『インサイダーズ 内部者たち』(2015)『国家が破産する日』(2018)などで注目を集め、『SEOBOK/ソボク』(2021)で鮮烈なインパクトを残した実力派俳優のチョ・ウジンです。

本作は初の単独主演となり、恐怖のままに突っ走る主人公を圧巻の演技力で魅せています。

犯人役は『ヒーラー 最高の恋人』(2014)『あやしいパートナー Destiny Lovers』(2017)などのドラマで活躍し、日本でも人気のチ・チャンウク。

自身初の悪役に挑戦していますが、犯行を企てる動機が明かされるラストで初めて彼のキャスティングが光ると言えます。

韓国市内を駆け巡る警察車両とソンギュの車のカーチェイスは迫力満点!

まとめ


(C)2021 CJ ENM, TPS COMPANY ALL RIGHTS RESERVED

ウジン扮するソンギュが車の中で非通知電話を受け、子供たちとともに恐怖のドライブが始まる『ハード・ヒット 発信制限』。

チャンウク演じる犯人の真の目的は何なのでしょうか。なぜソンギュがターゲットになったのでしょうか。

謎は徐々に明かされますが、常に爆発への恐怖が漂うアクションスリラー! 緊張感とスリル満載の韓国映画です。

映画『ハード・ヒット 発信制限』は、2022年2月25日(金)シネマート新宿ほか、全国ロードショー!








星野しげみプロフィール

滋賀県出身の元陸上自衛官。現役時代にはイベントPRなど広報の仕事に携わる。退職後、専業主婦を経て以前から好きだった「書くこと」を追求。2020年よりCinemarcheでの記事執筆・編集業を開始し現在に至る。

時間を見つけて勤しむ読書は年間100冊前後。好きな小説が映画化されるとすぐに観に行き、映像となった活字の世界を楽しむ。

関連記事

連載コラム

映画『レディ・イン・ザ・ウォーター』ネタバレ結末感想とラストのあらすじ解説。M・ナイト・シャマランが描くミステリアスなファンタジー|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー45

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第45回 深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信U-NEXTで鑑賞す …

連載コラム

映画『迷子になった拳』感想評価と内容解説。ミャンマークーデターを予見した闘いの精神と葛藤そして希望|映画道シカミミ見聞録54

連載コラム「映画道シカミミ見聞録」第54回 こんにちは、森田です。 今回は、3月26日(金)より渋谷ホワイトシネクイント他で全国順次公開される映画『迷子になった拳』を紹介いたします。 ミャンマーの伝統 …

連載コラム

トルコ映画『湖上のリンゴ』あらすじと感想レビュー。吟遊詩人の少年が忘れることのできない存在|TIFF2019リポート29

第32回東京国際映画祭・コンペティション部門『湖上のリンゴ』 2019年にて32回目を迎える東京国際映画祭。令和初となる本映画祭が2019年10月28日(月)に開会され、11月5日(火)までの10日間 …

連載コラム

映画『嵐電』鈴⽊卓爾監督の舞台挨拶と開幕セレモニーリポート|OAFF大阪アジアン映画祭2019見聞録1

連載コラム『大阪アジアン映画祭2019見聞録』第1回 2019年3月8日(金)から3月17日(日)まで開催される、第14回大阪アジアン映画祭。 本コラムではCinemarcheの専属ライターたちのレポ …

連載コラム

シン・ウルトラマンのネタバレ予想!ゾフィーの言葉“そんなに地球人が好きになったのか”から変身の意味を探る【光の国からシンは来る?4】

連載コラム『光の国からシンは来る?』第4回 2016年に公開され大ヒットを記録した『シン・ゴジラ』(2016)を手がけた庵野秀明・樋口真嗣が再びタッグを組んで制作した新たな「シン」映画。 それが、19 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学