Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アニメ映画

映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』あらすじ解説とネタバレ考察。ゼーレと碇ゲンドウの謎が激化する使徒との戦いに深まる

  • Writer :
  • さくらきょうこ

映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』とは?

2007年に公開された『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』の続編にあたる『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』。1995年~1996年にかけてテレビ放映された『新世紀エヴァンゲリオン』を再構築(REBUILD)した「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズ全4作の2作目にあたります。

スポンサーリンク

映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』の作品情報

(C)カラー

【公開】
2009年(日本映画)

【原作・脚本・総監督】
庵野秀明

【監督】
鶴巻和哉(アバンタイトル・A・Dパート)、摩砂雪(B・Cパート)

【キャスト】
緒方恵美、林原めぐみ、宮村優子、坂本真綾、石田彰、三石琴乃、山口由里子、山寺宏一、立木文彦、清川元夢、麦人

【作品概要】
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』は、テレビシリーズの第8話から第19話までを再構築して描く予定でした。しかし『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』の成功によってその方針は変更され、既存のテレビシリーズの流用だけでなく新たなデザインや設定で描き起こされ、新しい展開へと向かっていきます。

目立った違いとしては、レイと並ぶ人気のヒロイン・アスカの設定変更が挙げられます。テレビシリーズでは母親に愛されなかった過去や加持への思いが描かれていましたが、本作ではそこには触れておらず主人公のシンジに気がある設定になっています。(名前も惣流・アスカ・ラングレーから、式波・アスカ・ラングレーに変更されています。)

アスカの乗るエヴァも「弐号機」から「2号機」へと変わり、デザインや赤の色味などにも変更が加えられています。また真希波・マリ・イラストリアスが新たなヒロインとして大胆に登場。いままでの登場人物とは違う、密命を帯びてエヴァに乗っているらしきマリによって物語はさらに謎めいたものになっていきます。

映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』のあらすじとネタバレ

(C)カラー

NERVユーロ支部ベタニアベースに拘束されていた第3の使徒。恐竜の骸骨のような姿をしたその使徒は最終結界を破り地上へ。メガネの少女が操縦するエヴァ仮設5号機が追撃しそれを殲滅。パイロットが脱出したあと5号機は自爆プログラムによって蒸発しました。

日本の第3新東京市。ミサトの計らいで久しぶりに父ゲンドウと、母の墓参りをしたシンジはその帰り道、第7の使徒に遭遇します。水飲み鳥のような姿をしたそれに苦戦するNERVはTASK02を発動、空から降下してきた赤いエヴァ2号機がコアを一撃で撃ち抜きます。

しかしそのコアはデコイ(囮)。使徒はすぐに変形し体制を立て直します。2号機は武器を捨て、コアに蹴りを食らわせてその殲滅に成功しました。

2号機に乗っていたのは式波・アスカ・ラングレー大尉。ミサトとも面識のあるアスカは同じエヴァのパイロットであるレイとシンジに敵意むき出し。「えこひいき」「七光り」とバカにしたように呼びます。

時を同じくしてやってきたのはNERV首席監察官である加持リョウジ。ゲンドウに人類補完の扉を開くとされる「ネブカドネザルの鍵」を渡した彼は、葛城ミサトや赤木リツコの学生時代からの友人でミサトの元カレです。

女性の扱いに慣れているその行動に、ミサトの心中は穏やかではありません。

シンジが学校から帰宅すると部屋にはアスカがいて、大量の荷物が運び込まれていました。ミサトは、今日から3人で暮らすのだと言います。勝ち気な性格のアスカですが、ベッドでは自分の名前入りのパペットに向かって、気持ちを高めるような言葉をつぶやいていました。

ゲンドウと副司令の冬月は月面にあるゼーレの基地へ「Mark.06(マーク・シックス)」(6号機)の視察に向かっていました。しかし上陸許可がおりずそのまま地球に戻ることに。

冬月は、月面に生身の人の姿を視認しますが見間違いだと思い直します。しかしその人影は去っていくゲンドウたちに向かって「はじめまして、お父さん」と声に出していました。

赤く染まった海をもとに戻す研究をしている施設に招待されたシンジたち。厳しい滅菌・消毒のあと施設の中に入ると、そこは水族館のように多くの魚たちが泳ぎまわっていました。

それはシンジたちが見たことのない、セカンド・インパクト前の生き物たちでした。

招待してくれた加持はシンジに、ミサトも研究に没頭して家族を顧みない父親を憎んでいたと話します。セカンド・インパクトのときその父に助けられ、代わりに父は亡くなってしまいました。

ミサトが身に着けている十字のペンダントは、父が亡くなったときにしていたものでした。

そのころ地球の上空には第8の使徒が出現していました。球体状の使徒はまっすぐNERV本部を狙って落下してきています。帰還途中のゲンドウとは通信が途絶えており、ミサトが代わりに指揮をとることに。

手の打ちようのない強力な使徒に対しミサトは半径120㎞の住民を避難させ、初号機・2号機・零号機の3体を同時展開し、ATフィールドを全開にして使徒を手で受け止めるという作戦を立てました。

それぞれの位置からクラウチングスタートで発進した3体は全力疾走で落下地点へ向かいますが、使徒は変形し軌道を変えながら進んでおりアスカの2号機は間に合いそうにありません。

いち早く到達したシンジの初号機は、回転しながら花のように開いていく使徒を受け止めます。そこへアスカの2号機が突っ込みコアを攻撃しますがはずしてしまいました。

力を増していく第8の使徒に押し込まれそうになる初号機。そこへやってきたレイの零号機がコアを掴み、2号機のアスカに次の攻撃を促します。

「わかってるっちゅーの!」。アスカの攻撃で何とか使徒を倒しましたが、その亡骸から出た大量の赤い液体が津波のように街を飲み込むのでした。

戦闘終了後、復活した通信回線から聞こえてきた父ゲンドウのほめ言葉にシンジは驚きます。一方、今までずっと単独で戦ってきたアスカは、ひとりでは何もできなかったと落ち込むのでした。

その夜、寝つけないアスカはシンジが寝ている部屋にやってくると、その布団にそっと横たわります。

動揺するシンジに対し、これからは「アスカ」と呼んでいいと言い、シンジのことは「七光り」ではなく「バカシンジ」と呼ぶことにすると宣言しました。

ともに通っている学校の教室で、弁当を作れなかったシンジをアスカが罵っています。その姿を見てクラスメイトは夫婦げんかのようだとからかいます。次の日、シンジは弁当を4つ作り、アスカやミサトはもちろん、レイにもそれを渡しました。

レイは自宅で弁当箱を洗いながら、弁当を作ってくれたシンジに感謝の気持ちを感じていました。翌日、学校を休んだレイはゲンドウとふたりで食事をしています。

その席でレイは「みんなで食事、どうですか?」と提案。レイに亡き妻の面影を重ねるゲンドウは静かにそれを承諾するのでした。

ある日、学校の屋上でシンジが寝転がっていると、空からメガネの少女がパラシュートで降りてきました。

密入国してきたらしいその少女はシンジにLCL(エヴァのコックピット内を満たす液体。これが肺の中を満たすと呼吸が可能になる)の匂いを感じ取ると「NERVのわんこ君」と呼び、口止めして去っていきました。

ゲンドウやシンジを招待して食事会を開くという目的をもったレイは料理の練習を開始。傷だらけの指をシンジに指摘されるも、内緒にしています。一方アスカも自宅で料理中。それを見てミサトは茶化しますが、レイからの招待状を渡して食事会の計画をアスカに話すのでした。

突然、北米第2支部が消滅したとの連絡がNERV本部に入ってきました。爆心地はエヴァ4号機。それは次世代型開発データ修得が目的の実験機でした。北米に残された3号機は、ゼーレの命により日本に移管されることになりました。

ゲンドウは零号機修復のための追加予算を申請していましたが、3号機を押し付けられたためそれは叶わず、一国のエヴァ保有数を3体までと定めたバチカン条約により2号機を凍結せざるを得ませんでした。

心の拠り所である2号機を奪われたアスカはレイにあたります。そしてレイの言葉から、レイもまたシンジのことが好きなのだと察してしまうのでした。

ミサトは加持にゼーレの計画について探りを入れますがはぐらかされてしまいます。すると、3号機に誰を乗せるのかとリツコから催促の電話がかかってきます。ミサトは悩んでいました。それは、3号機の実験日がレイの企画した食事会の日だったからです。

3号機到着の日。ミサトはアスカと松代にある第2実験場に向かっていました。3号機に乗ることになったアスカに、レイから「ありがとう」というメッセージが届いていました。

テスト用プラグスーツに身を包んだアスカは「最近他人といるのもいいかなって思う」とミサトに心境の変化を伝えるのでした。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』ネタバレ・結末の記載がございます。映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

(C)カラー

3号機の実験が始まりました。LCLが満たされるとなぜかエントリープラグ内はあっという間に精神汚染濃度危険域へと突入。ミサトはアスカの安全確保のために実験中止を叫びますが、3号機の中には高エネルギー反応があり、やがて爆発が起こってしまいます。

松代で爆発事故との一報が伝えられるとゲンドウは、修復中の零号機を待機させ、ダミーシステムを換装した初号機を出動させます。しかし、ミサトもレイもアスカもいない状況にシンジは戸惑いを隠しきれません。

姿を現した未確認移動物体、それはアスカの乗ったエヴァ3号機でした。遠隔操作でエントリープラグを強制射出しようとしますが認識せず、コアらしき侵食部位が発見されました。

ゲンドウによって3号機は破棄され、第9使徒と識別。攻撃命令が出されました。「これが使徒?」。エヴァの姿をした対象物を見てシンジは困惑します。

うなり声をあげながら向かってくる3号機。背中からは腕が生え、抵抗しない初号機に攻撃をし続けます。

アスカを殺すくらいなら死んだほうがいいとゲンドウの攻撃命令に逆らうシンジ。するとゲンドウはシンジと初号機のシンクロをカットし、ダミーシステム制御に切り替えてしまいます。

コントロールを奪われたシンジの目の前で初号機は、獣のような荒々しい動きで3号機を圧倒します。必死に抵抗の声を上げるシンジ。

するとミシミシと嫌な音が響き渡り、初号機はアスカの乗っている3号機のエントリープラグを噛み砕いてしまいました。

「やめろーーーーーーー」

初号機のコントロールを取り戻したシンジは、ピラミッドのような建物の頂上に立ち、このNERV本部を破壊すると脅迫してきました。ゲンドウはLCL圧縮濃度を限界まで上げさせ、気を失ったシンジの初号機は転落してしまいました。

3号機は回収され、使徒による精神汚染を受けたと思われるアスカは隔離されました。

一方目覚めたシンジはゲンドウに、もうエヴァには乗りませんと宣言して出ていきます。「大人になれ」というゲンドウの言葉に、「僕には何が大人かわかりません」とシンジは言い放ちます。

ミサトの言葉にも耳を貸さないシンジは、父からもらったS-DAT(オーディオプレイヤー)や携帯電話も捨て、ひとり電車に乗り込みます。

走行中に非常事態宣言が発令され、退避用インクラインへ乗り換えてジオフロント内のシェルターへ避難することになったシンジ。

旧小田原防衛線を突破して襲来したのは第10の使徒。地表の全装甲システムを一撃で融解させるほどの破壊力を持つ最強の拒絶タイプです。

本部へ向かうミサトがインクラインですれ違ったのは出撃するエヴァ2号機でした。誰が乗っているのか不審に思ったミサトが確認するも、相互リンクはカットされ通信不能です。

その2号機を操るのは密入国してきた真希波・マリ・イラストリアスでした。マリはジオフロント内に侵入した使徒と会敵しますが、多層展開するATフィールドが強すぎて攻撃が効きません。

接近戦ならば、とナイフ状の武器で使徒に近づきますが即座に吹き飛ばされてしまいます。

このままでは勝てないと判断したマリは、リミッターをはずした獣化第2形態「ザ・ビースト」へと2号機を変形させます。それは精神汚染も厭わない、パイロットにもリスクの大きいモードで、手や口を使った獣に近い戦闘方法をとります。

しかし、はじめこそ善戦したものの変幻自在な使徒の攻撃になすすべもなく、2号機は瀕死の状態になってしまいます。

そこに現れたのは痛々しい姿をしたレイの零号機でした。N2誘導弾を抱えて使徒に向かっていく零号機の左腕には包帯が巻かれています。

破れないATフィールドにレイが苦戦していると、2号機が最後の力をふりしぼって立ち向かいATフィールドを食い破っていきます。

最後の1枚が破られると大爆発が起き、吹き飛ばされた2号機はシンジがひとり残っていたシェルターの壁を突き破って倒れ込んできました。さっさと逃げればいいのに、というマリはシンジを掴んでシェルターの外へと運びます。

シンジの目には変わり果てたジオフロントの風景と、第10の使徒に捕食される零号機の姿が飛び込んできました。

頭部だけを吐き出した使徒の識別信号は零号機のそれへと変わっていきます。それはつまり、NERVが死守すべき第2の使徒「リリス」に苦もなくたどり着けてしまうことを意味します。

第10の使徒は強大な火力でNERV本部の建物を破壊していきます。NERVとしては初号機をダミーシステムで起動させ出撃させたいところですが、なぜか初号機のコアユニットがダミーを受け付けません。

「なぜだ?なぜ私を拒絶する。ユイ」。そう言うゲンドウの耳にシンジの声が届きます。「僕をこの初号機に乗せてください!」

零号機とレイを吸収した使徒は人型に変形しNERVのメインシャフトを降下、ミサトたちのいる司令室へと到達します。そこへ立ち塞がったのが、パイロットとしての自覚に目覚めたシンジの操縦する初号機でした。

射出台を利用して使徒を外に出すことに成功した初号機。しかし攻撃中にエネルギーが切れて活動限界に。そして使徒に投げ飛ばされてしまいます。

「綾波を、返せ!」。シンジの目は赤く光り、初号機はなぜか再び動き始めます。

人智を超えたこの現象に、リツコたちNERVのメンバーは言葉もありません。怪しく赤く光る初号機は、使徒にも勝るATフィールドを展開、その頭上には輝く天使の輪が出現しました。

人間に戻れなくなる危険を顧みず、綾波だけは助けたいという思いでシンジは初号機を動かしています。ミサトも「行きなさい、シンジ君!」と叫びます。

使徒の体は倒れ、むき出しになったコアにシンジは手を伸ばします。「綾波!」と呼ぶシンジの声にレイはこう答えます。「私はここでしか生きられない。いいの、碇君。私が消えても代わりはいるもの」。

「違う!綾波は綾波しかいない」シンジは必死の形相で、コアの奥、胎児のように丸くなったレイを引き上げようとします。

白いシンジの顔が真っ赤に変わったとき、レイも手を伸ばします。そのもう一方の手には、シンジが捨てたS-DATが握られていました。

シンジはレイをきつく抱きしめ、その後大爆発が起こりました。初号機の背に翼のようなものを見たミサトは、セカンド・インパクトを思い出していました。

そしてリツコは言います。「サード・インパクトが始まる。世界が終わるのよ」。

起こりつつあるサード・インパクトの中心に浮かぶ、光の巨人となった初号機。その初号機の体が突然、槍のようなものに貫かれ、サード・インパクトは止まりました。

槍を投げたのは、月からやってきたMark.06でした。それを操る少年が言います。「さぁ、約束のときだ。碇シンジくん。今度こそ、君だけは、幸せにしてみせるよ」。

スポンサーリンク

映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』の感想と評価

(C)カラー

トラウマ級の曲使い

多くの人のトラウマになったであろう初号機による3号機(実は使徒)の破壊シーン。『今日の日はさようなら』の歌にのせ、望まぬ戦闘をさせられた挙げ句、友だちの乗ったエントリープラグを噛み砕いてしまう……。

この悪趣味ともいえるミスマッチによって、このシーン、いえ、この映画は強烈な印象となってわたしたちの記憶に刻みつけられました。

小学校でよく流れていたこの曲は、映画を見た者に認知され、悲惨なシーンと融合して記憶の上書きが行われたことでしょう。

また効果的な曲の使い方といえば、壮大な展開の終盤に流れる『翼をください』も、フォークソング世代やそれより下の世代には合唱曲としてよく知られた楽曲であり、この作品に前衛演劇のエンディングのような不思議なカタルシスをもたらしています。

人間的なレイ、デレるアスカ

この作品では女の子のキャラクターに人間味があり、ほのかな恋愛模様などもあって魅力的に描かれています

レイは無自覚ながらシンジに好意の感情を抱いており、密かな計画によって父ゲンドウと息子シンジを結び付けようとします。結果的に親子関係は最悪の状態になってしまうのですが…。

一度はNERVを去ったシンジでしたが、彼に戻る決意をさせたのもレイだけは助けたい、という思いがあったからでした。

そしてアスカ。アスカは前半過剰なまでに攻撃的で自信家でしたが、やがてシンジを意識するようになり、レイをライバル視し始めます。でもレイの思いを知ったためか、アスカは3号機に乗ることを承諾します。

そのときのミサトとのやりとりが、これがあのアスカ?と思うくらい可愛らしいのですが、そのことでよりその先の展開が辛いものとなります。

碇ゲンドウの思惑

シンジのレイへの思いがサード・インパクトのトリガーになったのですが、そう仕向けたのはほかでもない、父親の碇ゲンドウです。

「せめて、レイだけは助けたい」。それはアスカを失ってしまったからこそ強まった感情でした。そして、アスカ(の乗った使徒)を攻撃するために初号機のコントロールをシンジから奪うよう指示したのはゲンドウです。

アスカが乗ることになった3号機が日本にやってきたこと、そもそも3号機のあった北米第2支部が消滅したこと、そしてアスカの2号機が凍結されたことなど、サード・インパクトを引き起こすことを目的としたゲンドウとゼーレのシナリオ通りなのでしょう。

レイの微笑ましい計画も、アスカの改心とも思える少女らしさも、すべて悲劇を盛り上げるための効果的な演出にされてしまったのです。

まとめ

(C)カラー

この作品でくり返される希望と絶望。監督の庵野秀明はあるインタビューで、これはくり返しの物語、前へ進もうとする意思の物語だと語っています

シンジは父に認められたい、愛されたいと期待しては裏切られます。シンジに限らず、登場人物は悩み、行動し、自問自答をくり返します。

そこにつけこむかのような精神汚染。そしてそれを操る使徒という得体のしれない存在。加持やマリらのスパイ活動。ゼーレの目的とも異なるゲンドウの計画等々。

なかなか明かされない謎の数々ですが、この映画の終わりに上映された映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』の予告編によって、さらにわたしたちは煙に巻かれてしまいます。

この『新劇場版』は全てを見終わってからでないと語ることはできないのかもしれません。



関連記事

アニメ映画

怪盗グルーのミニオン大脱走吹き替え声優キャストは?あらすじも

史上最強のライバルの出現に、グルーも知らなかった家族の秘密、そしてミニオンたちは…タイホ!? 全世界待望のグルーとミニオンの新たな物語『怪盗グルーのミニオン大脱走』をご紹介します。 スポンサーリンク …

アニメ映画

アニメ映画『アダムスファミリー』ネタバレあらすじと感想考察。ホラー家族が個性を認めながらも“変化の必要性”へも言及

1930年に、漫画家のチャールズ・アダムスによって生み出された、ホラーな一家アダムス・ファミリー。 その個性的なキャラクターは、1960~1970年代にかけて、アメリカで実写ドラマやアニメシリーズが製 …

アニメ映画

映画『2分の1の魔法』ネタバレあらすじと感想評価レビュー。吹き替えを志尊淳×城田優が務める兄弟の冒険と絆の物語

映画『2分の1の魔法』は2020年8月21日(金)より全国ロードショー公開! ディズニー&ピクサーがおくる、内気な少年と陽気な兄の冒険と絆を描く感動作『2分の1の魔法』。『リメンバー・ミー』や「トイ・ …

アニメ映画

新海誠映画『秒速5センチメートル』ネタバレ考察。曲とセリフに込められた意味とは

最新作『天気の子』が話題の新海誠監督。 2016年『君の名は。』、2019年『天気の子』と、今ノリに乗っている新海監督の初期の傑作『秒速5センチメートル』。 転校生という共通点、そして、外で遊ぶより本 …

アニメ映画

映画『海獣の子供』感想評価とネタバレ解説。渡辺歩監督の「海・波・水の触覚」は大胆で圧倒的な表現!

アニメ映画『海獣の子供』は、2019年6月7日(金)より全国ロードショー 一番大切な約束は言葉では交わせない。 漫画家・五十嵐大介の世界観をそのままにアニメーション映画化。 『鉄コン筋クリート』(20 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP