Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アニメーション

【ネタバレ】映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争2021|あらすじ結末感想と評価解説。香川照之も声の参加したシリーズ41作目の人気冒険アニメーション

  • Writer :
  • 秋國まゆ

1985年公開の『映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争』のリメイク作品!

山口晋が監督を務めた、2022年製作の日本の大人気冒険アニメーション映画『映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争(リトルスターウォーズ)2021』。

夏休みのある日、のび太が偶然拾ってきた小さなロケットの中から現れた、手のひらサイズの宇宙人パピ。

ひみつ道具「スモールライト」を使って一緒に遊んでいくうちに仲良くなっていったのび太たちは、パピと彼の故郷を守るため、新たな冒険へと旅立つ物語とは、具体的にどんな内容だったのでしょうか。

「映画ドラえもん」シリーズ通算第41作目『映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争(リトルスターウォーズ)2021』のネタバレあらすじと作品解説をご紹介いたします。

スポンサーリンク

映画『映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争(リトルスターウォーズ)2021』の作品情報


(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2021

【公開】
2022年(日本映画)

【原作】
藤子・F・不二雄の漫画『ドラえもん』

【監督】
山口晋

【キャスト】
水田わさび、大原めぐみ、かかずゆみ、木村昴、関智一、朴璐美、梶裕貴、諏訪部順一、香川照之、松岡茉優、内海崇(ミルクボーイ)、駒場孝(ミルクボーイ)

【作品概要】
『超劇場版ケロロ軍曹 撃侵ドラゴンウォリアーズであります!』(2009)の山口晋が監督を務めた、日本の大人気冒険アニメーション作品。

1985年に公開された『映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争(リトルスターウォーズ)』をリメイクした作品であり、「映画ドラえもん」シリーズ通算第41作目です。

「映画ドラえもん」シリーズでドラえもん役とのび太役でお馴染みの水田わさびと大原めぐみが主演を務めるほか、テレビドラマ「半沢直樹」シリーズの香川照之や、『万引き家族』(2018)の松岡茉優もゲスト声優として出演しています。

映画『映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争(リトルスターウォーズ)2021』のあらすじとネタバレ


(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2021

夏休みのある日。何をしても冴えない小学5年生・野比のび太は、幼馴染の剛田武(通称ジャイアン)と骨川スネ夫、同級生の出木杉英才と共に、スネ夫の家でジオラマを作り『宇宙大戦争』という自主制作映画の撮影をしていました。

そこにのび太の親友である子守り用猫型ロボットのドラえもんも加わり、順調に映画製作が進むなか、皆の足を引っ張ってしまうのび太は仲間外れにされてしまいます。

ゴミの片付けをしていた際、転んでしまったのび太は、ゴミの中にあった小さなロケットを拾いました。

それを皆に教えようとしましたが、急に声をかけたことで撮影の邪魔をしてしまい、怒ったジャイアンとスネ夫に追い出されてしまいます。

その日の夜。帰宅したドラえもんと一緒に、のび太はロケットを調べてみました。

すると中から、手のひらサイズの小さな宇宙人が出てきました。彼の名はパピ、「ピリカ星」という宇宙の彼方にある惑星から、ロケットに乗って地球にやってきたのです。

ですが地球に不時着した際に、ロケットが故障してしまいました。事情を知ったドラえもんたちは、ロケットを修理することにしました。

翌日。のび太から事情を聞いた彼の幼馴染・源静香(愛称しずかちゃん)は、パピのためにドールハウスを持ってきました。

そしてしずかの要望に応え、ドラえもんたちもひみつ道具「スモールライト」を使って小さくなり、パピと交流を深めていきました。

しずかがピアノのレッスンで帰ると、入れ替わりでジャイアンとスネ夫がのび太の家へやってきます。

2人はパピの存在に驚いたもののすぐに受け入れ、スネ夫のアイデアで「スモールライト」でみんな小さくなり、『宇宙大戦争』の撮影をすることに。

するとそこへ、クジラ型の宇宙戦艦が突如現れ、パピとドラえもんを攻撃。なんとか危機を脱したドラえもんたちは、訳を知っていそうなパピに説明を求めました。

パピは、故郷のピリカ星はとても平和な惑星でしたが、ある日突然反乱が起こり、政府は不意を突かれて乗っ取られてしまったこと。

反乱を起こした首謀者のギルモア将軍は、自分に反対する者をあらゆる手段を使って消すために、「PCIA(ピシア)」という組織を作ったこと。

そして自らの勝利を確実なものとするべく、そのPCIAを使ってパピを捕まえようとしていることを明かします。

なぜそこまでして敵がパピを捕まえようとしているのかのび太が尋ねると、パピは自分がピリカ星の少年大統領だからだと答えました。

事情を知ったドラえもんたちは、それでも自分たちはパピの味方だからと言い、彼に協力することにしました。

ですが、先の襲撃でドラえもんたちの顔はPCIAに知られてしまっています。そのため、唯一顔が知られていないしずかの部屋にひみつ道具「かべ紙秘密基地」を貼り、その中でパピを匿うことにしました。

それから3日後。ついにドラえもんたちは、自分たちを監視する探査球(どこにでも潜り込み、相手を突き止めることができる超小型の機械)の発信源が、学校の裏山にあることを突き止めました。

ドラえもんたちはそのことをパピに伝え、スネ夫が『宇宙大戦争』のクライマックス用に用意した戦車「アストロタンク」を使って一緒に出撃します。


(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2021

彼らと入れ違いでドールハウスにやってきたしずかは、「スモールライト」で小さくなり、憧れの牛乳風呂に浸かりながらみんなの帰りを待ちました。

そこへ突如、クジラ型の宇宙戦艦が襲来。実はジャイアンのズボンのポケットに忍ばせた探査球を使って、パピの居場所を突き止めていたのです。

パピの不在を知ると、PCIAの長官ドラコルルは彼を誘き寄せるための人質として、しずかを拉致します。

ドールハウスの壁に、ピリカ星の文字で「今夜9時、公園の噴水に1人で来い。来なければ人質の少女の命はない」とドラコルルはメッセージを残していきました。

しずかと入れ替わりでドールハウスに戻ってきたドラえもんたちは、ドラコルルのメッセージを読んだパピから、しずかと「スモールライト」が敵に奪われたと告げます。

これに憤慨したドラえもんたちは、ひみつ道具「天才ヘルメット」と「技術手袋」を使ってアストロタンクを改造し、しずかと「スモールライト」を取り戻すことに。

しかし自分のせいで皆を巻き込んでしまったことに責任を感じたパピは、たった1人で夜の公園に向かい、ドラコルルに人質の交換を要求します。

パピの真意を悟ったしずかがパピを救おうとするも、PCIAは2人を攻撃。そこへ改造したアストロタンクに乗ったドラえもんたちが、ロケットの痕跡を追ってきたパピの愛犬ロコロコと共に現れて2人を無事救出します。

しかしその直後、探査球を使ったドラコルルからの通信映像で、ピリカ星に残してきたパピの姉ピイナがPCIAに捕まってしまったことを知らされたドラえもんたち。

PCIAから「スモールライト」を取り返すため、そして大切な友達であるパピと、彼の故郷を守るため、ドラえもんたちはロケットに乗ってピリカ星へと向かいます。

その道中、スネ夫は1人恐怖で震えていました。パピがどんな大変な目に遭っているか分かっているけれど、兵隊でもヒーローでもない自分たちがPCIAと戦うなんて、と………。

そんなスネ夫の気持ちを知ったパピも、自分も内心怖がっていることを打ち明けます。いつも心の隅に恐怖心を追いやって、今自分が出来ることをがむしゃらにやるしかないと自己暗示をかけていることを。

そしてパピは、「スネ夫さんは情けなくなんかない。あなたの知恵と勇気がなければ私は今ここにいません。あなたは私の命の恩人です」と言い、スネ夫の部屋から立ち去ろうとします。

しかしドアを開けた瞬間、スネ夫が心配で2人の会話に聞き耳を立てていたドラえもんたちが雪崩れこんできたのです。それを見てスネ夫は笑顔を見せ、皆と笑い合いました。

以下、『映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争(リトルスターウォーズ)2021』ネタバレ・結末の記載がございます。『映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争(リトルスターウォーズ)2021』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2021

ドラえもんたちは、ギルモアのやり方に反対する組織「自由同盟」の基地に行き、元ピリカ星の治安大臣であり自由同盟の盟主ゲンブと会いました。

ですがここで思わぬ問題が発生。自由同盟の同志たちが結成した地下組織に「戴冠式に総攻撃を仕掛け、ギルモアの身柄を拘束。別働隊はパピたちを救出する」、「そして放送局を解放し、ギルモアとの戦いをピリカ星中に呼びかける」という作戦を伝えたいのですが、直接彼らに会って話すしか連絡手段がないのです。

それをドラえもんたちが来る前に自由同盟のメンバーがやろうとしたのですが、ピリカ星に辿り着く前にPCIAの無人戦闘機に見つかり攻撃を受けてしまいました。

急いで地下組織に伝えなければ、明後日に行われる戴冠式で、ピイナは処刑されてしまいます。

それを知ったパピは、のび太の説得もむなしく、1人戴冠式出席のためピリカ星へ行ってしまいました。

さらにドラコルルによる報道を受け、ドラえもん・のび太・ジャイアン・ロコロコはピリカ星にいる地下組織と連絡を取るべく、ピリカ星の引力によって落下する衛星に乗じてアストロタンクで乗り込むことに。

一方、自由同盟の基地で待機することになったスネ夫としずかは、ピリカ星に潜入するドラえもんたちの無事を祈りつつ、万が一に備えてしずかもアストロタンクに乗れるよう訓練します。


(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2021

ピリカ星に到着後、ドラえもん・のび太・ジャイアンはひみつ道具「かたづけラッカー」を使って姿を消し、土煙で変装したロコロコの案内でピリカ星の首都「ピリポリス」にある地下組織の隠れ家へと向かいました。

しかしロコロコの長いおしゃべりのせいで、「かたづけラッカー」の効果が切れてしまい、ドラえもんたちは急いで地下組織の隠れ家に駆け込みます。

地下組織の隠れ家に到着後、ドラえもんたちは自由同盟が考えた作戦を伝えました。その際、ドラえもんたちは「スモールライト」がPCIA本部にあることを知ります。

しかしそこへ、突如PCIAが襲来。実は「かたづけラッカー」の効果が切れて姿が見えるようになったドラえもんたちが、この地下組織の隠れ家に駆け込んだ姿を監視カメラが捉えていたのです。

ドラえもんたちは地下組織のリーダーのおかげで脱出できましたが、隠れ家にいた地下組織のメンバーは捕まってしまいました。

さらにPCIAは捕らえた地下組織のメンバーを尋問し、自由同盟の基地の場所を突き止めます。ドラコルルの報告を受け、ギルモアは無人戦闘機での基地襲撃を命じました。

夥しい数の無人戦闘機の数を見て、再び恐怖心で塞ぎ込んでしまうスネ夫。対してしずかはアストロタンクに乗り込み、今自分にできることをやろうと奮闘します。

1人戦場に向かったしずかを見て、スネ夫も勇気を出してアストロタンクに乗って戦場へ。自由同盟と共に無人戦闘機と空中戦を繰り広げていきます。

一方ドラえもんたちは、ひみつ道具「石ころぼうし」を使ってPCIA本部へ侵入。ですがこれはドラコルルが考えた、ドラえもんたちを誘き寄せるための罠だったのです。

ドラえもんたちは観念して「石ころぼうし」を脱ぎましたが、なぜかのび太だけ脱げません。ドラえもんたちはドラコルルに嘘を言い、のび太を外に逃がします。


(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2021

そしてついにギルモアの戴冠式の日、パピはテレビ中継カメラの前で演説を始めました。

地球で出会ったドラえもんたちから、「自分に嘘をつきながら生きてはいけない」というとても大事なことに気づかされたこと。

最初は自分よりも大きい彼らが恐ろしくて声を掛けることもできなかったけれど、彼らが仲間と喜びを分かち合い、あるいは仲間の苦しみに涙する姿を見て、自分たちと何ら変わらないのだと気づかされたこと。

交流を深めるにつれ次第に仲良くなっていったドラえもんたちは、見知らぬ星から来たパピの言葉を何の疑いもなく信じ、ピリカ星のために故郷を離れ戦おうとしてくれたこと。

ピリカ星人だろうと地球人だろうと、どんな星の人でも関係ない。人を思いやる気持ちこそが宇宙で一番大事な約束なのだと知ったことを、パピはピリカ星の民に向けて話しました。

そして最後に、パピは「自分の欲望のために嘘をついて、人を傷つけることなんて正しいことなわけない」、「ギルモア、お前はピリカ星を恐怖と偽りで支配する独裁者だ。こんな無法が許される日も長くない」とギルモアを強く非難しました。

このパピの熱い演説に心を動かされたピリカ星の人々も次々と声をあげて立ち上がり、PCIA本部へと向かいます。

そして路上で一夜を明かしたのび太もまた、パピの演説と、ドラえもんたちを乗せた護送車を見て奮起し、1人で処刑場へと向かいました。

一方、無人戦闘機との戦いに勝利したしずかとスネ夫は、ピリカ星へやって来ていました。

しかし潜水して待ち伏せていたクジラ型の宇宙戦艦による攻撃で、2人が乗っていたアストロタンクは海へと落下してしまいます。

絶体絶命のピンチに陥ったその時、しずかとスネ夫の体が巨大化。「スモールライト」の効き目が切れて、元の体の大きさに戻ったのです。

しずかとスネ夫、そしてピリカ星の人々が打倒ギルモア、パピたちの救出を掲げてPCIA本部に一気に攻め入られ、追い詰められていくギルモアとドラコルルたちPCIA。

ドラえもんたちが磔にされている処刑場にいち早く駆けつけたのは、のび太でした。のび太はパピを助けようとし、共にビルの屋上から転落してしまいます。

ですがこれを機に、のび太・ジャイアン・ドラえもんも「スモールライト」の効果が切れ、元の体に戻り、パピとピイナの姉弟とロコロコを無事救出。そこへしずかたちも加わり、5人は再会を喜び合いました。

パピたちは地下組織のリーダーたちと共に放送局へ向かう中、ドラえもんたちはPCIAの無人戦闘機と、ドラコルルたちが乗ったクジラ型の宇宙戦艦と激戦を繰り広げていきます。

激闘の末、クジラ型の宇宙戦艦に苦戦を強いられたドラえもんたちでしたが、力を合わせて反撃し、逃げるクジラ型の宇宙戦艦に飛び乗ったジャイアンの一撃で海に不時着。さすがのドラコルルもPCIAも全面降伏しました。

1人宇宙空港に向けて逃げようとしたギルモアも、奮起したピリカ星の人々に取り囲まれてしまい、敗北を悟ってその場にへたり込んでしまいました。

ギルモアの独裁に終止符が打たれ、自由と平和を取り戻したことに喜び合うピリカ星の人々。

その輪から離れ、久々に家族水入らずで話すパピとピイナ。「パピが大統領だなんて、私は誇らしいわ。自慢の弟よ」というピイナの言葉に、パピは彼女の腕の中でずっと堪えていた涙を流しました。

その後、「スモールライト」を取り戻したドラえもんたちは、パピたちと再び会う約束を交わし、乗ってきたロケットを使って地球へ帰りました。

後日。スネ夫の家で完成した『宇宙大戦争』を観た出木杉は、その仕上がりっぷりに驚き、どうやって撮影したのかドラえもんたちに尋ねます。

それを聞いたドラえもんたちは、待ってましたと言わんばかりに出木杉に顔を寄せ、「聞きたい?」と尋ねました。

スポンサーリンク

映画『映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争(リトルスターウォーズ)2021』の感想と評価


(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2021

ピリカ星のために力を合わせて戦うドラえもんたち

小さなロケットの中から現れた宇宙人のパピとの出会いをきっかけに、新たな冒険へと旅立つこととなったドラえもんたち。

作中ではテレビアニメ版の『ドラえもん』でもよく登場する「どこでもドア」や「タケコプター」、「スモールライト」の他に、「かべ紙秘密基地」や「かたづけラッカー」など色んなひみつ道具が沢山登場するので必見です。

その道具を上手く使い分けてどんな困難も乗り越えようと奮闘するドラえもんたちの姿は、観ているこちらもワクワクドキドキしたり、時にはハラハラドキドキさせられます。

また作中では、珍しくのび太ではなくスネ夫が、恐怖心でふさぎこんでしまう場面もありました。

無理もありません。だってのび太たちは兵隊でも戦うヒーローでもなく、ただの小学5年生なのですから。

パピだって大統領になったとはいえ、のび太たちと同じまだ10歳の少年です。怖い気持ちはみんな同じなのだと分かり、ドラえもんたちと笑い合う2人の姿は胸にグッとくるものがあります。

ピリカ星を支配する独裁者とその組織


(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2021

とても平和だったピリカ星を、己の私利私欲のためにクーデターを起こし支配した独裁者のギルモアと彼の組織PCIA。

作中でのパピの演説どおり、恐怖と偽りで民を支配する独裁政治なんて長く続くわけがありません

それをギルモアたちは、ドラえもんたちとピリカ星の人々との戦いに敗北したことで、身をもって知ったことでしょう。

ですがギルモアの側近であろうドラコルルの戦略は、ドラえもんたちのみならず見ている人たちもあっと言わせるほど緻密かつ巧妙なものでした。

ドラえもんたちの行動を先読みし、敵を欺き出し抜こうと戦略を練ってきたドラコルルこそ、作中でのドラえもんたちの一番の難敵といえるでしょう。

まとめ


(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2021

手のひらサイズの宇宙人パピとの出会いをきっかけに、新たな冒険が始まったドラえもんたちの姿を描いた、日本の冒険アニメーション作品でした。

本作の見どころは、ドラえもんのひみつ道具を使って改造したアストロタンクvs宇宙人の無人戦闘機による戦いと、パピとドラえもんたちの友情、そしてパピとピイナの姉弟の強い絆が描かれた場面です。

宇宙でのアストロタンクの活躍はもちろん、ピリカ星で元の姿に戻ったドラえもんたちが、おもちゃのような小さい敵の無人戦闘機をバッタバッタと倒していく様は迫力があって面白く、また爽快感が味わえます。

特に戦いの最後、ジャイアンが逃げるクジラ型の宇宙戦艦に飛び乗り、一撃入れてドラコルルたちを全面降伏させたなんて予想外過ぎますし面白いです。

また、これまで1つの惑星の大統領としてどんな時も気丈に振舞ってきたパピが、ピイナからかけられた言葉で涙を流し、わんわんと泣いていました。

久しぶりの姉弟水入らずで話せる場面ですから、たとえドラえもんたちであろうとその中に入っていくことは出来ません。

なのでドラえもんたちと一緒に、画面越しにでもパピの頑張りを労いたいです。

夏休みに出会ったドラえもんたちと小さな宇宙人による友情と、ワクワクドキドキする彼らの新たな冒険を描いた冒険アニメーション映画が観たい人に、とてもオススメな作品となっています。

関連記事

アニメーション

アニメ映画『KUBOクボ/二本の弦の秘密』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

あなたの五感を刺激しながら“人が生きると強さ”と、“他者との絆”とは何かを描いた、ストップモーションアニメ『KUBOクボ/二本の弦の秘密』。 魔法の三味線と折り紙を操る独眼の少年クボ。母親の力によって …

アニメーション

映画『海獣の子供』あらすじネタバレと感想。人気漫画が原作の圧倒的映像スペクタクル!

アニメ映画『海獣の子供』は、2019年6月7日(金)より全国ロードショー。 独自の世界観でファンを魅了し続ける五十嵐大介の初長編漫画『海獣の子供』が長編アニメーションとして映画化。 本作のアニメーショ …

アニメーション

映画『海獣の子供』感想評価とネタバレ解説。渡辺歩監督の「海・波・水の触覚」は大胆で圧倒的な表現!

アニメ映画『海獣の子供』は、2019年6月7日(金)より全国ロードショー 一番大切な約束は言葉では交わせない。 漫画家・五十嵐大介の世界観をそのままにアニメーション映画化。 『鉄コン筋クリート』(20 …

アニメーション

新海誠映画『秒速5センチメートル』ネタバレ感想と考察。曲とセリフに込められた意味とは

最新作『天気の子』が話題の新海誠監督。 2016年『君の名は。』、2019年『天気の子』と、今ノリに乗っている新海監督の初期の傑作『秒速5センチメートル』。 転校生という共通点、そして、外で遊ぶより本 …

アニメーション

Netflix映画『クロース』ネタバレ感想と考察評価。サンタクロースの新説をセルジオパブロスが心温まるアニメ作品へと昇華

セルジオ・パブロス監督が描くサンタクロースの誕生秘話は、子供から大人まで夢を繋いでいく。 どんなことにも始まりはありますが、どこで始まった慣習なのかも気にせず、今では恒例になっているイベントにも起源が …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学