Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アニメ映画

Entry 2020/02/29
Update

映画『ルパン三世THEFIRST』あらすじネタバレと感想。宮崎駿のカリオストロの城(1979)への郷愁のオマージュ

  • Writer :
  • 村松健太郎

史上初の3DCG映画『ルパン三世 THE FIRST』

不朽の名作、宮崎駿監督の1979年の『ルパン三世 カリオストロの城』から40年。史上初の3DCGによる劇場版が完成しました。

誰もが知るモンキー・パンチ原作による国民的アニメ『ルパン三世』を初めて3DCGアニメーションで見せる劇場版です。

監督と脚本を担当したのは、「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズなどでVFXを駆使した作品を数々生み出し、『STAND BY ME ドラえもん』『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』の3DCGアニメを制作した山崎貴監督。

栗田貫一ほかお馴染みのレギュラー陣に加えてゲストボイスキャストとして吉田鋼太郎、藤原竜也、広瀬すずが参加しました。

スポンサーリンク

映画『ルパン三世 THE FIRST』の作品情報


(C)モンキー・パンチ/2019映画「ルパン三世」製作委員会

【公開】
2019年(日本映画)

【原作】
モンキー・パンチ

【脚本・監督】
山崎貴

【音楽】
大野雄二

【キャスト】
声の出演 栗田貫一、小林清志、浪川大輔、沢城みゆき、山寺宏一、吉田鋼太郎、藤原竜也、広瀬すず

【作品概要】
宮崎駿監督作品『ルパン三世カリオストロの城』から40年。原作者で2018年惜しくも亡くなったモンキー・パンチも望んでいた3DCGで完全映画化。ルパンの血脈にもつながるスケールの大きな物語が展開されます。

映画『ルパン三世 THE FIRST』のあらすじとネタバレ


(C)モンキー・パンチ/2019映画「ルパン三世」製作委員会

第二次世界大戦中のフランスの郊外、考古学者のブレッソン博士が、自分が発見したある秘密を記した日記・ブレッソン・ダイアリーを、複雑な仕掛けを施したケースに封印、孫娘を連れた息子夫婦に託します。

しかし、ケースを託した直後に博士はナチスの襲撃を受け銃弾に倒れます。

それから20数年後、パリ・ルーブル美術館でブレッソン・ダイアリーがお披露目されることになります。

そこに警官に変装したルパンが現れブレッソン・ダイアリーを盗み出そうとします。

ブレッソン・ダイアリーとルパン一族とは因縁が深く、ルパン一世が盗み出せなかった唯一のものでした。

一度はルパン三世の手にブレッソン・ダイアリーが渡りましたが、ルパンの変装を見破った考古学者志望の少女レティシアが、出し抜いてブレッソン・ダイアリーを盗み出します。

レティシアは祖父のランベールの命令で動いていました。ところがそこに、峰不二子が現れてブレッソン・ダイアリーはどこかへ盗まれてしまいます。

その夜、レティシアのもとを訪ねたルパン三世はレティシアの考古学への想いを知り、感心します。

レティシアはブレッソン・ダイアリーを開く鍵の一部をルパンが持っていることをランベールに知らせると、ランベールはブレッソン・ダイアリーを餌にしてルパンをアジトにしている飛行艇に連れてくるように命じます。

飛行艇にはゲラルト率いるナチスの残党が陰謀を張り巡らせていました。

ランベールの持つもう一つのカギと自分のカギを合わせてブレッソン・ダイアリーを取り出すルパン。しかし、そこに武装したゲラルトたちが現れ、ダイアリーは奪われてしまいました。

レティシアはブレッソン・ダイアリーに記されているものが古代文明の叡智を極めたエネルギー発生装置で、ゲラルトやランベールはこれを軍事利用して、ナチス第三帝国の復活を画策しています。

考古学的な見地で協力してきたレティシアですが、その想いは裏切られてしまいました。

ルパンは飛行艇内にいた不二子とレティシアを共に飛行艇を脱出します。駆け付けた次元や五エ門のおかげで窮地を脱しますが、移動手段を失ってしまいます。

ルパンを残してゲラルトの飛行艇は秘宝の眠る南米に向かいます。

以下、『ルパン三世 THE FIRST』ネタバレ・結末の記載がございます。『ルパン三世 THE FIRST』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)モンキー・パンチ/2019映画「ルパン三世」製作委員会

途方に暮れる一団でしたが、ルパンはとっておきの秘策を披露します。何と銭形警部に連絡を取るという方法でした。

巧く警官たちをヘリコプターから誘い出すとこれを乗っ取り、南米に向かいます。

ヘリコプターにしがみついてきた銭形警部もルパンから話を聞くと一時休戦を宣言。ゲラルトたちの陰謀をつぶすために動き始めます。

遺跡の罠に苦戦するルパンたちですが、そこに思わぬ存在を知ります。それはルパン一世の残したものでした。

ルパンは謎とされてきたブレッソン博士の支援者が祖父のルパン一世だということを知り、更にレティシアは本当はブレッソン博士の孫だということも明らかにします。

秘宝を動かし、小さなブラックホールを発生させ、その威力を示すゲラルトとランベール。しかし、ルパンたちがコントロールを取り戻すと自滅させます。

ブレッソン・ダイアリーに記された秘宝はブレッソン博士とルパン一世によって、人類がそれに見合うほど進化した時にこそ解放されるべきと考えていて、それ以前に何者かの手に渡るようであれば改めて封印をさせたいと考えていました。

この思いを感じ取ったルパンは装置を自壊させて、陰謀を阻止します。

レティシアはルパンたちと行動を共にしようとしますが、ルパンは泥棒の世界など入るものではないと諭します。

レティシアは実の祖父ブレッソン博士のような考古学者になることを誓うのでした。

スポンサーリンク

映画『ルパン三世 THE FIRST』の感想と評価


(C)モンキー・パンチ/2019映画「ルパン三世」製作委員会

ルパン三世の映画というと、“がっつりとお宝を盗むパターン”と、“秘宝を巡る謎解きと陰謀の打破を突き進むパターン”がありますが、今回の『ルパン三世 THE FIRST』は明確に後者です。

もっと言えば宮崎駿監督の初長編作品『ルパン三世 カリオストロの城』(1979)へのオマージュたっぷりの作品に仕上がっています。

物語のカギとなるヒロインのレティシア(ボイスキャスト:広瀬すず)と、ルパン三世の変則的なラブストーリーであり、冒険譚でもあります。

そのため、次元、五エ門、不二子のルパンファミリーは、分かり易く脇役に回っています

銭形警部とも割と簡単に共闘します。重要人物にルパンが変装する終盤の展開、次元大介が大一番に合わせて用意する対戦車ライフルのデザイン、更にラストシーンで互いに惹かれあう部分を感じているルパンとレティシア。

その上で、自分の住む世界の住人(=泥棒)になんかなるものではない、と言って突き放すルパンの姿は『カリオストロの城』への最大のオマージュといえます。

原作者モンキー・パンチがこの世を去ってから最初の『ルパン三世』の映画となり、フル3DCG作品ではありますが、やっていることはいい意味でまったく変わりません。

まとめ


(C)モンキー・パンチ/2019映画「ルパン三世」製作委員会

山崎貴監督という人は良くも悪くも、自分の郷愁や、憧れに素直で屈託がない人なんだと改めて感じさせます。

2019年夏も批評の面でも評価を高かった『アルキメデスの大戦』の一方で、映画『ドラゴンクエストユア・ストーリー』でゲームというモノへの想い・偏愛を語って、見事に物議をかもしました。

過去にも『SPACE BATTLE SHIP ヤマト』や『STAND BY ME ドラえもん』などなど、見事に自分の解釈をスクリーンに焼き付けては、炎上したり賛否が分かれたり。それでもある程度ヒットを記録するのですから、何とも不思議な存在です。

この『ルパン三世 THE FIRST』も山崎監督が見てきた『ルパン三世』、見たかった『ルパン三世』に作ってみせました。

またまた物議を醸し出しそうですが、この路線は続くのでしょう。


関連記事

アニメ映画

『インクレディブルファミリー』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

ピクサーの大ヒット作待望の続編はなんと前作の1秒後からスタート!?。 燃える超能力バトルに、ヒーローの存在意義を問う悪役、そして父親としての役割に悩む主人公。 ヒーロー映画の王道と誰もが共感する家族の …

アニメ映画

映画『耳をすませば』あらすじネタバレ感想。近藤喜文の最初で最後の監督作品を解説

映画『耳をすませば』は、1995年に公開されたスタジオジブリの長編アニメーションで、これまでジブリ作品のキャラクターデザインや作画を支えてきた大黒柱・近藤喜文が初監督を務めた作品です。 漫画家・柊あお …

アニメ映画

【アナ雪続編】主題歌と挿入歌の歌手&歌詞紹介!日本語訳や解説も

3月16日(金)より全国でロードショーされるピクサー作品『リメンバー・ミー』と同時公開の「アナ雪」シリーズの待望のスピンオフムービー『アナと雪の女王 家族の思い出』。 22分間の短編アニメ『アナと雪の …

アニメ映画

映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』ネタバレあらすじと感想。前作との違いや追加シーンも解説

『この世界の片隅に』に新たなカットを追加した『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』は2019年12月20日に公開。 2016年、日本中にじわじわと感動の輪を広げていった『この世界の片隅に』。 この2 …

アニメ映画

【ワンピース映画2019】スタンピードのネタバレあらすじと感想。大塚隆史監督ならではのキャラの魅力『ONE PIECE STAMPEDE』

「ワンピースONE PIECE」シリーズ劇場版の第14作が2019年8月9日に公開。 「立ち上がれ、全勢力。」というキャッチコピーの通り、今まで登場した人気のキャラクターが多数出演し、オールスターキャ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学