Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2019/01/18
Update

映画『テリファイド』あらすじネタバレと感想。世界を驚愕させた新感覚ホラーの恐怖演出とは|未体験ゾーンの映画たち2019見破録11

  • Writer :
  • 増田健

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第11回

ヒューマントラストシネマ渋谷で開催中の“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」にて、ジャンルと国籍を問わない貴重な映画、計58本が続々上映中です。

第11回では、アルゼンチンのホラー映画『テリファイド』紹介します。

世界各国のファンタスティック映画祭で上映されるや、ホラー映画ファンを驚愕させた話題の新感覚・ラテンホラーが登場。

あのギレルモ・デル・トロの製作でハリウッドリメイクが決定した、衝撃の新感覚ニュー・ホラー・ムービーです。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2019見破録』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『テリファイド』の作品情報


[c]Machaco films

【公開】
2019年(アルゼンチン映画)

【原題】
Aterrorizados

【監督】
デミアン・ラグナ

【キャスト】
マキシ・ギオーネ、ノルベルト・アマデオ・ゴンサロ、エルヴィラ・オネット、ジョージ・ルイス、 アグスティン・リッタノ

【作品概要】
ブエノスアイレスのとある住宅街に、次々と発生する怪奇現象と、その謎を解明しようとする研究チームを描いたホラー映画。

下水道から湧き上がる声、宙を舞う血まみれの女性、歩く子供の死体、そしてポルターガイスト現象。

警察官のフネスは対処に悩みますが、現実に怪奇現象は目の前で起きています。

そこに現れたパラノーマル現象の研究者たち。フネスは彼らと力を合わせ、謎を解明すべく恐怖の館に乗り込みます。

この作品の監督・脚本を手掛けたデミアン・ラグナは、ハリウッドリメイク版の監督への内定が発表されています。

ヒューマントラストシネマ渋谷とシネ・リーブル梅田で開催の「未体験ゾーンの映画たち2019」上映作品。

映画『テリファイド』のあらすじとネタバレ


[c]Machaco films

ブエノスアイレスのとある一軒家。女がキッチンの排水口から洩れる聞こえる音に、耳をかたむけています。

女は帰宅した夫、ホアン(アグスティン・リッタノ)に台所から声がして、私を殺すとささやく声がしたと訴えます。

壁を叩く音が響きます。隣りから響き渡る音にホアンは、隣人のウォルターに抗議しますが、彼の家のインターフォンに返事は無く、ただ不気味な音が流れます。

自宅に戻ったホアンは、またも壁を叩く音を聞きますが、今度は音が浴室から響いている事に気付きます。

浴室でホアンが目にしたのは宙に浮きそして、何度も壁に叩きつけられる妻の姿でした。

なすすべの無いホアンの目前で妻は絶命します。

警察に連行されたホアンに話しかける人物たちが、あなたは殺していないと彼に告げます。

彼らはホアンに1998年アメリカで起きた、同様の事件の写真を見せ、この2週間に身の周りで何があったかを尋ねます。

家の近くで事故があったこと、臨人のウォルターがリフォームを始めたことをホアンは答えます。

物語は少し前に戻ります。ウォルターは電話で、自分の家で起きた怪奇現象を必死に訴えています。しかし望む相手である超常現象の研究者と話が出来ません。

やむなくウォルターはベットに入りますが、ベットは彼を乗せたまま動き、暗い屋内を何かが走り去ります。

恐怖にシーツを被るウォルター。そのシーツを触る何者かの手。

翌日ウォルターはまた電話しますが、電話の相手は証拠が無いと博士は動けないと伝えます。

誰にも理解されない恐怖を抱えた彼は、騒音の原因を尋ねるホアンに、リフォームを始めたと返答して誤魔化します。

ウォルターは証拠をとる為に室内にビデオカメラを設置して眠ります。しかし彼は物音で目覚めます。

カメラの映像を再生すると、眠るウォルターを見下ろす様に立ち、去ってゆく不気味な男の姿が映っていました。

巻き戻して確認すると、その男は、彼のベットの下から這い出ていました。

ウォルターの悲鳴が響き渡ります。

翌日、ウォルターの家に近づく少年の姿がありました。家の中に不審を感じた少年は、家から何者かの声を聞きます。

怯えて後ずさりし、思わず道路に出た少年は、ホアンら近所の住人の目前でバスにはねられ、命を落します。

数日後、刑事のフネス(マキシ・ギオーネ)は一軒の家にいました。今起きている事態を漏らさぬよう、部下に口止めしています。

家の住人、アリシアの元に、先日のバスの事故で死んだ息子が帰ってきました。今は無言で食卓に座っている少年。しかし警官たちは、確かに動くのを見たとフネスに証言します。

家族の遺体を傷心の遺族が持ち去るのはありうる事。しかし残された足跡も、少年が自ら帰ってきた事実を示しています。

超常現象に関心のある検死官のハノ(ノルベルト・アマデオ・ゴンサロ)は、確かに少年は死んでいると確認します。

では何故、どうして少年がここに存在するのか。フネスが少年に声をかけても返事はありません。

ハノは家の外にいたアルブレック博士(エルヴィラ・オネット)に気付きます。ハノは彼女が著名な超常現象研究家と知っていました。

ウォルターの家の調査に訪れた彼女を、アリシアの家に案内します。ウォルター、ホアン、アリシア宅は隣接していました。

アルブレック博士は長年追っていた怪奇現象が、今まさにこの場所で起きていると確信します。

一方警官のフネスは耳も悪く体調も崩し気味、退職間近に遭遇した怪事件に頭を悩ませます。

検死官のハノは、かつての経験をフネスに語ります。自分も生き返った死体を見てきたが、多くは見て見ぬふりをしたと。

若き日に死者の蘇りを遺族に伝えたが、それは不幸な結果をもたらす過ちであったと語ります。

何も知らずやって来た少年の友人が遺体を目撃するなど、周囲の人々も事態に気付き始めます。

どうにか事態を収めようとフネスとハノは相談します。

フネスらは少年の遺体を屋外の冷蔵庫に隠し、アリシアを入院させている間に、再度埋葬すると決めます。

その姿を近所の何者かが撮影していました。少年を収めた冷蔵庫からは物音が響きます。

事態を目撃したアルブレック博士は、協力者のローゼットック博士(ジョージ・ルイス)に連絡し、応援を要請します。

フネスとハノは両博士と共に、この怪事件の真相究明に動きます。

妻の殺害容疑で逮捕されたホアンも、超常現象の遭遇者と思われます。

こうして冒頭の、ホアン尋問のシーンに戻り、彼から自宅の調査の許可する書類にサインを得ると、その夜4人は調査を開始します。

アルブレック博士はホアン宅で観測機器を並べ、ハノはアリシア宅で待機。フネスはローゼットック博士と共にウォルター宅を調べます。

さっそくフネスたちの周りで周囲の物品が動きだします。ここは本物だと語ったローゼットックは手を傷つけ、その手が棚から離れなくなります。

そしてフネスに、棚の中の何者かが血を吸っていると訴えます。フネスが棚を開けると、そこには何もいません。

ホアン宅、アリシア宅でも、それぞれ奇妙な現象が起きています。

ウォルターの寝室のベットの下には、何もいない事をフネスは確認します。

しかしローゼットックは空っぽではない、視点は一つではないと告げます。

フネスが彼の位置からベットの下を見ると、そこには白い2本の足があり、フネスはたまらず外へ飛び出します。

ホアン宅を調査していたアルブレックは、壁に裂け目を見つけローゼットックに連絡します。

アリシア宅のハノの元に来たフネス。しかしここも異音がしていました。調べても怪しい音の原因は判らず、フネスの補聴器にうめき声が聞こえてきます。

ハノは突然壁の中に引きずりこまれます。努力むなしく彼を救えなかったフネスは、アルブレック博士の元へと向かいます。

ホアン宅に来たフネスに、アルブレック博士は語ります。

ここは探し求めていた異なる次元が共存する場所で、異なる次元には我々に敵対する何かが潜んでいる。

そう語る博士は、壁の裂け目から伸び出た何かに撒きつかれ、引き込まれます。

あまりの恐怖に倒れるフネス。胸を押え苦悶する彼に、不気味な何者かがしのび寄ります。

以下、『テリファイド』ネタバレ・結末の記載がございます。『テリファイド』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

発作も収まり、ようやく落ち着きを取り戻したフネス。不気味な何者かは姿を消しましたが、怪奇現象は止みません。

フネスは窓の外に誰かがいる事に気付きます。それは入院させたはずのアリシアでした。

近隣の住民が映したビデオを見たアリシアは、フネスらが蘇った息子を隠し、墓に戻しセメントで固めてしまったと責めます。

狂乱するアリシアを残し、フネスは車でその場を去り、無線で連絡すると、この事態に署も大騒ぎになっていました。

彼は同僚のエンリケが、問題の住宅街に向かった事を知ります。

フネスはエンリケに立ち去れと警告しますがその無線は届かず、彼の現場への到着します。

フネスは車内でゆっくりと、タバコを一服しますが、やがて意を決して彼は元の場所へと戻ります。

到着すると同僚の姿はありません。フネスは車からガソリンのポリタンクを取り出し中身を撒き始めます。

彼はアリシアにここから出ろと叫びますが、彼女は邸内でこと切れていました。

恐怖にかられながらも、油を撒き続けるフネスの前に、両目をえぐられたハノが現れます。

混乱の中、フネスは全てを終わらせようと火を放ちます。

こうして騒ぎは収まったのか、警察署内のホアンを男たちが尋問しています。

この尋問は法的効力を持たないとホアンに説明し、フネスが彼の家に火を付けた事実を伝えると、改めて彼らは尋ねます。

「あなたは彼らの調査に同意しサインしましたか?」と写真を見せます。

ホアンは「彼らの名は知りません。でもこの人なら、顔をひどく火傷していますが、そこにいますよ」と答えます。

振り返っても誰もいません。しかし、椅子が勝手に動き出します。

その椅子は姿の見えない何かによって、画面に向かって激しく投げつけられます。

スポンサーリンク

映画『テリファイド』の感想と評価


[c]Machaco films

問答無用!遠慮なく見せるショック描写

映画に登場する幽霊やモンスターは闇に潜んで登場し、登場人物に徐々に忍び寄り、ここぞというシーンで観客の前に登場!この演出がホラー映画の定番です。

同様にホラー映画のショックシーンの多くは、「緊張させて、油断させて、驚かす」という公式にしたがって組み立てられるのが普通です。

しかし『テリファイド』のショックシーンは、この映画製作者と観客の暗黙の了解を、見事にぶち壊して登場します

冒頭の壁に叩きつけられる女性は、観客への挨拶状代わり。遠慮も無く物が動き回るポルターガイスト現象に、ベットの下からは堂々と怪人が登場。

場内の観客は緊張させられる前に、おおっぴらに登場する怪現象の数々に、驚くやら噴き出すやら、場内は様々な反応に包まれていました

『テリファイド』はコメディでも、パロディでもありません。映画全編はオーソドックスなホラー劇映画の構成です。

この斬新なショック演出が、各国のホラー映画ファンのハートをつかみました

意図して描かれた、恐怖に潜む違和感と笑い

このようなホラー映画のお約束壊しは、ショックシーンの演出だけに行われた訳ではありません。

事故で死んだ少年の死体が何故か帰ってきて、白昼堂々食卓に座っているシーン。

映画では母親の衝撃と悲しみ、周囲の戸惑いが劇的に描かれています。

しかし生活空間に、白昼堂々と遺体がある違和感。残念ながらこの遺体が、何かメッセージを発する訳でもありません。

不条理極まりない状況を、実に真面目に描いたこのシーンは、観客に笑いすら誘います

参考映像:『LOFT ロフト』(2005)


このシーンを見た時の観客は黒沢清監督の『LOFT ロフト』で、動くミイラという無茶な存在に逆切れして叫んだ、豊川悦司の心境に近いでしょう

ホラー映画という舞台で、不条理を観客に突き付ける『テリファイド』にはJホラーからの影響がうかがえます。

襲い来る怪奇現象の正体は何だったのか

『テリファイド』は怪奇現象に対して、科学者チームが対決する図式で描かれています。

対決する者が、時に霊能者や取材クルーであったりしますが、この対決の図式もホラー映画の定番の1つです

しかし本作の科学者チームは思わせぶりに活躍しますが、怪奇現象の正体は明かしてくれません。

チラシには“最恐の悪霊”と書かれていますが、ちょっと違う存在です。

人に害を成し、死者を操る存在ですから、正体は悪霊だとか悪魔だとか映画の中で宣言すればそれだけで観客は納得できるものです。

謎が判明しない、もやっとした本作のラストに不満を感じる方もいるでしょうが、あえて推測するならクトゥルフ神話のような、別次元の存在を描いたコズミックホラーと受け取る事ができます。

また欧米のホラーでは、別の次元が開いた時に“地獄”が現れる、という設定の作品が多数あります。

この設定はホラーに限らずSF映画の世界にも登場しています。

参考映像:『イベント・ホライゾン』(1997)


映画『バイオハザード』シリーズで有名な、ポール・W・S・アンダーソンの初期作品で、カルト的な人気を持つ映画『イベント・ホライゾン』はその一本です

『テリファイド』の脚本も担当したデミアン・ラグナ監督は相当のホラー映画通に違いありません。

まとめ

『テリファイド』のチラシに記された“ニュー・ホラー・ムービー”の文字には、確かに偽りはありません。

こういった作品に多用されがちな、POV方式の撮影やモキュメンタリー演出を避け、劇映画形式で製作された結果、ショックシーンの数々は真正面から楽しめます。

原題の『Aterrorizados』、そして世界展開の為に付けられた英題『Terrified』は共に、「怖い」「恐怖」といったストレートな意味を持つ単語で、製作者が映画で描いた数々の恐怖シーンに込めた意図は明らかです。

ギレルモ・デル・トロが惚れた映画『テリファイド』。大いにショックシーンの数々を自分流に受け取って楽しんでください。

次回の「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」は…


(C)2018 RELIANCE ENTERTAINMENT PRODUCTIONS 12 LIMITED

次回の第12回はクローン技術の歪んだ暴走を描いた『エリザベス∞エクスペリメント』を紹介いたします。

お楽しみに。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2019見破録』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

特撮ドラマ映画の人気声優まとめ。昭和のレジェンド達の悪の大王の声とは|邦画特撮大全16

連載コラム「邦画特撮大全」第16章 特撮作品にはゴジラやバルタン星人、ショッカーの怪人といった“着ぐるみ”、もしくは“ぬいぐるみ”のキャラクターが登場します。 こうした怪獣や怪人、宇宙人の登場が特撮作 …

連載コラム

イタリア映画祭2019開幕!豪華ゲスト登壇の開会式リポート|2019年の旅するイタリア映画祭1

連載コラム『旅するイタリア映画祭』第1回 2019年で19回目となるイタリア映画祭が、ゴールデン・ウィーク期間中の4月27日(土)〜5月4日(土・祝)まで東京・有楽町朝日ホールにて開催されています。 …

連載コラム

新海誠『天気の子』予報②から「100パーセントの晴れ女」を解説|新海誠から考える令和の想像力4

連載コラム「新海誠から考える令和の想像力」第5回 7月19日に公開を控える『天気の子』予告編の第2弾が、5月28日に公開されました。 ここであらためて、既出の情報もふくめて、「きみとぼく」の関係を整理 …

連載コラム

ジュラシックワールドとパークの新旧3部作から見える奇妙な類似性|SF恐怖映画という名の観覧車5

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile005 ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのアトラクションや、地上波での放送で一般的にも広く知れ渡っているモンスター・パニック映画、「ジュラシック …

連載コラム

新作映画『男はつらいよ(2019)』あらすじと感想レビュー。東京国際映画祭レッドカーペットでの模様もお届け!|TIFF2019リポート7

第32回東京国際映画祭・特別招待作品『男はつらいよ お帰り 寅さん』 2019年にて32回目を迎える東京国際映画祭。令和初となる本映画祭がついに2019年10月28日(月)に開会され、11月5日(火) …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP