Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/01/06
Update

韓国映画『クローゼット』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。本格ミステリーで描かれた現代の“大きな社会問題”|サスペンスの神様の鼓動39

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

サスペンスの神様の鼓動39

妻を事故で亡くし、新居で再起を図ろうとした男が、突然消えた娘の行方と、クローゼットに隠された謎に迫るミステリー・エンターテイメント『クローゼット』。

メインとなっているクローゼットの謎には、実は現代の大きな社会問題が隠されており、かなり奥の深い作品となっています。

今回は、映画『クローゼット』の魅力をご紹介します。

2017年公開の「神と共に」シリーズなどで知られる、韓国の名優ハ・ジョンウと、2019年公開の『感染家族』などで知られる、注目俳優キム・ナムギルが初共演を果たしたことでも話題になった映画『クローゼット』。

予測不能な展開が話題を呼び、韓国では初登場1位の大ヒットを記録しています。

【連載コラム】『サスペンスの神様の鼓動』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『クローゼット』のあらすじとネタバレ


(C)2020 CJ ENM CORPORATION, MOONLIGHT FILM & PERFECT STORM FILM ALL RIGHTS RESERVED
建築家のサンウォンは、交通事故で妻を亡くして以降、娘のイナと2人で暮らしていました。

妻を亡くして以降、イナは心を閉ざしてしまい、一切の感情を表に出さなくなります。

サンウォンも、パニック障害を起こすようになっており、サンウォンは環境を変える為に、郊外にある一軒家を新たに購入します。

新居に引っ越した日の夜、イナは、自分の部屋に置かれているクローゼットから物音がした為、気になってクローゼットの扉を開きます。

そこには、古い人形が置いてあり、イナは人形を抱きかかえます。

すると、イナの背後に不気味な少女の亡霊が現れ、イナは叫び声をあげます。

イナの叫び声を聞いて、サンウォンはイナの部屋に駆け付けますが、イナは人が変わったような笑顔を見せ「何も無い大丈夫」と伝えます。

サンウォンは、イナが抱きかかえている、古い人形が気になりますが、イナは人形を手放す事を拒否します。

建築家として、本来なら現場にも行かないといけないサンウォンですが、イナのベビーシッターが見つからず、家を空ける事ができません。

サンウォンが現場に来ない事を問題視した業者は、サンウォンの契約を一方的に解除しようとしていました。

また、新居に引っ越してから、イナしかいないはずの部屋から、話し声が聞こえてきたり、誰も演奏していないヴァイオリンの音が家中に響いたりと、不気味な現象が相次いで発生します。

また、サンウォンが、仕事で2ヵ月間家を留守にする事をイナに伝えた時から、イナの態度が明らかに反抗的になります。

困り果てたサンウォンは、イナをリハビリを目的にした、2ヵ月間のキャンプに行かせようと考えます。

ですが、そこへ派遣のベビーシッターが来た為、イナをベビーシッターに任せて、サンウォンは現場に向かいます。

現場で仕事を始めたサンウォンですが、イナの不気味な行動に、ベビーシッターがすぐに逃げ出してしまいました。

そして、イナがクローゼットに向かって「私もそっちに行きたい」と呟くと、クローゼットから白い無数の手が出現して、イナはクローゼットの中に引き込まれます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『クローゼット』ネタバレ・結末の記載がございます。『クローゼット』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2020 CJ ENM CORPORATION, MOONLIGHT FILM & PERFECT STORM FILM ALL RIGHTS RESERVED
イナがクローゼットに引き込まれてから1ヵ月後、サンウォンは行方不明になったイナを捜索していましたが、何の手掛かりも得られません。

また、テレビで情報提供を求めますが、逆にサンウォンが「娘殺しの容疑者」として疑われてしまいます。

警察も役に立たない状況に、イラつきを募らせるサンウォン。

そこへ「退魔師」を名乗る、ギョンフンという男が現れます。

ギョンフンは、テレビでイナの行方不明事件の事を知り「この20年間で、30人近くの子供が行方不明になっている」と、サンウォンに近付いてきます。

ギョンフンは「自分を信じてくれれば、必ずイナを助ける」と話しますが、サンウォンは一切信用せずに、ギョンフンを追い返します。

ですが、世間はイナ失踪の犯人をサンウォンと思い込んでいる為、助けが欲しいサンウォンは、ギョンフンと協力する事にします。

ギョンフンは、監視カメラをセットし、屋敷中を見張ります。

そして、深夜になると、イナの部屋に異変が起き、監視カメラのスイッチが切れます。

ギョンフンが眠ってしまっていた為、サンウォンは1人でイナの部屋の前にあるカメラの電源を入れに行きますが、部屋の中からイナの声で「お父さん」と呼びかけられます。

サンウォンがイナの部屋に入ると、そこで待ち構えていたのは、白目を剥き出した、恐ろしい形相の子供の霊でした。

子供の幽霊は1人ではなく、部屋中にいて、サンウォンに襲い掛かってきます。

そこへ、イヤホンを通してギョンフンから指示があり、サンウォンは「目をつむれ」と伝えられます。

サンウォンは言われた通りに、目を閉じて、ギョンフンの指示に従い部屋から出ます。

一方、ギョンフンも少女の霊と対峙していました。

ギョンフンは、少女の霊が、20年前に姿を消したミョンジンであると見抜きます。

ミョンジンの霊は、霊媒師だったギョンフンの母親の命も奪った、強力な力を持っています。

ギョンフンは、ミョンジンの霊の前に太刀打ち出来ず、脇腹に刃物を刺されます。

ですが、そこにサンウォンが現れ、ギョンフンを助けます。

サンウォンは、病院に搬送されたギョンフンから「ミョンジン」と伝えられ、ギョンフンがまとめた子供達の失踪事件の資料を渡されます。

資料を手掛かりに、サンウォンは山奥に篭っている、ミョンジンの父親を訪ねます。

ミョンジンの父親は、サンウォンを冷たくあしらい、山小屋に入りますが、そこにクローゼットが出現します。

ミョンジンの父親を追って、山小屋に入ったサンウォンは、突然ミョンジンの父親に首を絞められます。

その中で、サンウォンはミョンジンの過去を見ます。

ミョンジンの父親は経営に失敗し、多額の借金を背負った事で、自らの手で母親の命を奪い、ミョンジンをクローゼットに閉じ込めて、家ごと燃やしてしまいました。

クローゼットに閉じ込められたまま、燃やされた恐怖が、ミョンジンを悪霊に変えてしまったのです。

ミョンジンの父親に首を絞められ、意識が遠のくサンウォン。

そこへ、病院を抜け出したギョンフンが駆け付け、サンウォンを助け出します。

サンウォンが、ミョンジンの過去を見た事をギョンフンに伝えると「霊界と波長が合うと、そういうものが見えてしまう」と説明されます。

サンウォンは、もう一度霊界と波長を合わせれば、イナを救出に行く事も出来るのではないかと考えます。

危険すぎる事から、当初は止めていたギョンフンですが、サンウォンの熱意に押され協力する事になります。

またギョンフンは、子供達の霊には「親に見捨てられた」という共通点があると、サンウォンに伝えます。

サンウォンは、自身の仕事を優先させる為、イナを邪魔に感じていた事を認め、その自分の心が、イナが行方不明になるキッカケになったと考えます。

サンウォンは、大量のカフェインを摂取し、意図的に発作を起こし、霊界へと入ります。

現世では、ギョンフンが結界を作り、サンウォンをサポートしています。

霊界を彷徨ったサンウォンは、イナを見つけ出しますが、大勢の子供の霊に取り囲まれます。

そして、ミョンジンが姿を見せます。

また現世でも、サンウォンをサポートしていたギョンフンが、子供達の霊に襲われていました。

その時ギョンフンは、病院で聞こえた「母を探せ」という、自分の母親の言葉を思い出します。

霊界で、ミョンジンの霊を説得するサンウォン。

そこへ、ミョンジンの母親が現れ、母親を見たミョンジンの霊は、人間だった頃の可愛らしい姿に戻ります。

ミョンジンの母親の霊は、ギョンフンが作り出したもので、ギョンフンの力が限界に達した為、消えてしまいます。

母親を探して泣き叫ぶミョンジンを、サンウォンは優しく抱きしめます。

すると、サンウォンを取り囲んでいた恐ろしい姿の子供達は、元の姿に戻っていました。

サンウォンは、イナを連れて現世に戻ります。

数日後、元気になったイナは、学校に通うようになります。

サンウォンはギョンフンと、イナを迎えに行きます。

その際に、サンウォンはギョンフンから、除霊代を請求されますが、その額が2億円だった為「考え直せ」と、請求書を破り捨てるのでした。

サスペンスを構築する要素①「新居を襲う怪現象」


(C)2020 CJ ENM CORPORATION, MOONLIGHT FILM & PERFECT STORM FILM ALL RIGHTS RESERVED
突如、消息不明になった娘を探す主人公サンウォンが、恐ろしいクローゼットの秘密に直面するミステリー・エンターテイメント『クローゼット』。

本作は、前半、中盤、後半で、作風が変化していくという特徴があり、まず前半はホラー要素が強く押し出されています。

映画開始冒頭で、霊媒師であるギョンフンの母親が、クローゼットの悪霊に殺されてしまう場面から始まるのですが、この場面はホームビデオで撮影されており、かなり生々しい映像となっています。

その後に、サンウォンがイナと、新居に向かう場面が始まり、2人が新たに住む事になった新居での、怪現象の数々が描かれます。

イナの部屋にある不気味なクローゼットから物音がして、イナがクローゼットを開くと、その中には古い焼けただれた人形が置かれおり、イナがクローゼットを閉めると、背後に少女の霊が立っているという一連の流れは、Jホラーを意識している演出で、かなり怖かったです。

その後、明らかに何かに憑依され、別人になってしまった様子のイナや、誰もいない部屋から、ヴァイオリンの音が聞こえるなどの怪現象が起きた後、イナがクローゼットの中に引き込まれるまでの展開は、1982年の映画『ポルターガイスト』を連想させます。

このように、映画『クローゼット』の前半は、ホラー要素が強いですが、イナは自ら望んで、クローゼットの中へ入っていきます。

この辺りに謎を残し、ただのホラーで終わらない部分が、本作の奥の深い部分です。

スポンサーリンク

サスペンスを構築する要素②「クローゼットの秘密」


(C)2020 CJ ENM CORPORATION, MOONLIGHT FILM & PERFECT STORM FILM ALL RIGHTS RESERVED
ホラー要素の強い前半でしたが、退魔師であるギョンフンが登場して以降、本作は、エンターテイメント要素の強い作品へと変化してきます。

ギョンフンは『ポルターガイスト』でいう所の、霊媒師タンジーナのような役回りですが、静寂を極端に嫌う性格で、とにかく無駄口の多いキャラクターです。

お調子者のギョンフンというキャラクターは、ホラー要素が強かった、前半の重い空気を完全に打ち消してくれます。

ですが、サンウォンはギョンフンとの会話の中で、自分がイナの事を、何も知らなかったと気付かされます。

さらに、前半で少しだけ姿を見せた少女の霊、ミョンジンが現れた事で、これまで、クローゼットにまつわる怪現象を中心に進んでいた物語が「クローゼットの秘密」という核心部分に迫る、ミステリー要素の強い作風へと変化していきます。

そして、イナが姿を消した原因は、サンウォンにある事が判明し、強いメッセージ性を持った後半へと繋がっていきます。

サスペンスを構築する要素③「悪霊になった子供達の悲しい過去」


(C)2020 CJ ENM CORPORATION, MOONLIGHT FILM & PERFECT STORM FILM ALL RIGHTS RESERVED
本作の後半で、サンウォンはイナを救い出す為、霊界へと入って行きます。

霊界のサンウォンを、現世でギョンフンがサポートする事になり、霊界と現世、それぞれの戦いが繰り広げられるのですが、ここから恐怖というより、悲しい物語へと変化していきます。

クローゼットの悪霊ミョンジンは、親に見捨てられ死んでしまった過去があり、同じように親に見捨てられてしまった子供達を、霊界に連れて来ていた事が判明します。

建築家として忙しいサンウォンは、イナに欲しいものは全て買い与えて、不自由の無い暮らしをさせていたつもりでしたが、仕事を優先したい為、どこかイナを邪魔に感じていた部分がありました。

イナはサンウォンの心を感じ取り、自ら望んで霊界へと足を踏み入れたのです。

中盤で、サンウォンがギョンフンとの会話の中で、自身がイナについて何も知らなかったという場面は、ここに繋がってくるんですね。

本作の後半は、悪霊になってしまった子供達の過去を通し、育児放棄や育児怠慢など、近年問題になっている「ネグレクト」に対する、強いテーマが込められた、社会派の作品へと変化していきます。

ラストで、1人で泣いていた子供がクローゼットに引き込まれるのですが「今日もどこかで泣いている、助けを求めている子供がいる」というメッセージを感じ「ネグレクト」が、いかに大きな問題であるかを考えさせられる内容です。

全体的に『ポルターガイスト』を連想させる内容ではあるのですが、「ネグレクト」という社会問題を扱い、クローゼットの謎を主軸に物語を展開させた本作は、かなり独自性の強い作品に仕上がっています。

スポンサーリンク

映画『クローゼット』まとめ


(C)2020 CJ ENM CORPORATION, MOONLIGHT FILM & PERFECT STORM FILM ALL RIGHTS RESERVED
ホラーとミステリーの要素を合わせ、「ネグレクト」という社会問題を描いた本作。

もう1つの魅力として、サンウォンとギョンフンのバディ映画としても楽しめます。

イナがいなくなって以降、無口で感情を出さなくなったサンウォンと、静寂を嫌い、とにかく無駄口が多く、サンウォンの事を「おじさん」と呼ぶギョンフンのキャラクターは、とにかく対照的です。

本作の前半は、ホラー要素が強い事は前述しましたが、それ母親を亡くし、心を閉ざしてしまったイナを気遣う、サンウォンの心情を表現しており、嫌な空気をあえて作品に漂わせたのではないでしょうか?

ギョンフンが登場して以降、前半の嫌な空気は消え去りますが、1人でイナを捜索し、不安を抱えていたサンウォンが、ギョンフンと出会い気持ち的に明るくなったという心情と、作品の空気がリンクします。

また、本作のラストは、サンウォンとギョンフンの支払いをめぐるコメディのようなやりとりとなっています。

ホラーから始まり、ミステリー的な展開を見せて、社会への強いメッセージを発信し、コメディで終わる映画『クローゼット』。

かなりサービス精神が旺盛な、エンターテイメント作品と感じました。

次回のサスペンスの神様の鼓動は…

次回も、魅力的な作品をご紹介します。お楽しみに!

関連記事

連載コラム

『キャプテンマーベル』映画解説。MCU初の女性ヒーロー主演はアベンジャーズへ繋がる物語|最強アメコミ番付評26

連載コラム「最強アメコミ番付評」第26回戦 こんにちは、野洲川亮です。 今回は3月15日公開となるMCUシリーズ第21作、『キャプテン・マーベル』の作品情報を公開前に解説していきます。 MCU初の女性 …

連載コラム

連載コラム「映画と美流百科」はじまります。映画とアート/ファッションの読本【編集なかじきり】

連載コラム「映画と美流百科」書き手:篠原愛 2018年6月より、Cinemarcheのヘビーユーザー向けにスタートした「連載コラム」シリーズ。 盛夏を迎えた7月より、 Cinemarcheライターの篠 …

連載コラム

映画『マルサの女』と続編の2作品を徹底考察と比較解説。伊丹十三らしいエンタメ視点で腐敗した政治を切り裂く|おすすめ新作・名作見比べてみた6

連載コラム「おすすめ新作・名作を見比べてみた」第6回 公開中の新作映画から過去の名作まで、様々な映画を2本取り上げ見比べて行く連載コラム“おすすめ新作・名作を見比べてみた”。 第6回のテーマは「シリー …

連載コラム

細野辰興の連載小説 戯作評伝【スタニスラフスキー探偵団~日本俠客伝・外伝~】⑧

細野辰興の連載小説 戯作評伝【スタニスラフスキー探偵団~日本俠客伝・外伝~】(2020年3月下旬掲載) 【細野辰興の連載小説】『スタニスラフスキー探偵団~日本俠客伝・外伝~』の一覧はこちら スポンサー …

連載コラム

ジム・ジャームッシュのゾンビ映画『デッド・ドント・ダイ』インタビュー【最新作でロックンロール!】FILMINK-vol.19

FILMINK-vol.19「Jim Jarmusch Rocks With The Dead Don’t Die」 オーストラリアの映画サイト「FILMINK」が配信したコンテンツから「Cinema …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学