Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

SF映画

Entry 2021/06/22
Update

映画『トランスフューチャー』ネタバレ感想と結末までのあらすじ解説。SFタイムトラベルで過去に戻って殺人事件の謎を解くサスペンス

  • Writer :
  • 秋國まゆ

天才物理学者がタイムトラベルを繰り返していくSFタイムサスペンス

ブルーノ・ビニ監督の初の長編作となる、2020年製作のブラジルのSFタイムサスペンス映画『トランス・フューチャー』。

ビルの屋上で何者かに襲われ、殺された恋人を救うため、過去へ戻って犯人捜しを行っていく天才物理学者の姿とは、具体的にどんな内容だったのでしょうか。

天才物理学者が、自身が研究していたタイムトラベルで過去へ戻り、恋人を含む複数人が殺害された未解決事件の真相を追っていくブラジルのSFタイムサスペンス映画、『トランス・フューチャー』のネタバレあらすじと作品情報をご紹介いたします。

スポンサーリンク

映画『トランス・フューチャー』の作品情報


(C)2019 PLANO B FILMES TODOS OS DIREITOS RESERVADOS

【公開】
2020年(ブラジル映画)

【脚本・監督】
ブルーノ・ビニ

【キャスト】
ブルーノ・ガリアッソ、ブランカ・メッシーナ、ビヤ・アランチス、ロベルト・ビリンデッリ、ニコラス・アントゥニス、ゼ・カルロス・マシャド、マリー・パキム、ルシアン・ボルトルッツィ、ロメウ・ベネディクト、Juliano Coacci、ロドリーゴ・フェルナンデス

【作品概要】
ブルーノ・ビニが監督・脚本・製作を務め、初の長編作として公開された、ブラジルのSFタイムサスペンス作品です。

ブルーノ・ビニ監督を同じブラジルの鬼才、フェルナンド・メイレレスが支えたことで、低予算ながら知的なアイデアと、巧みな脚本と演出で観客を魅了する作品となりました。

ブルーノ・ガリアッソが主演を務め、ブランカ・メッシーナやビヤ・アランチスら俳優陣が出演しています。

映画『トランス・フューチャー』のあらすじとネタバレ


(C)2019 PLANO B FILMES TODOS OS DIREITOS RESERVADOS

タイムトラベルについて研究していた天才物理学者ダニエルは、突如17階建てのビルの屋上で、何者かに襲われてしまいます。倒れたダニエルの傍らには、変わり果てた恋人の姿がありました。

ダニエルは意識が朦朧とする中、恋人の死を知って生への執着心をなくしてしまい、死を覚悟していました。しかし犯人は、ダニエルを殺さずビルの屋上の端に立ちました。

そして犯人は、ダニエルに「今度はもっと急げよ」と伝え、そのままビルの屋上から飛び降りてしまったのです。

ダニエルは後頭部と顔に傷を負ったまま、その足で近くの警察署「第5文民警察署」に駆け込みました。

2013年6月14日、警察はダニエルの通報により、現場に駆けつけましたが、犯人の死体はありませんでした。

それどころか、犯人がいたという痕跡すらなかったのです。そのことに驚くダニエルは、第5文民警察署の署長ロベルトから、被害女性との出会いを聞かれました。

時を遡ること2012年9月12日。タイムトラベルについて研究するダニエルは、ビルの中に入っている自宅の研究室で、自身が開発したタイムマシンから現れる、未来からのタイムトラベラーの訪問を待ち望んでいました。

しかし、指定した21時になっても、タイムトラベラーは誰1人現れませんでした。そんなダニエルを見かねた、病院で働く姉のシモーネは、友人のカベロとダニエルと同じ大学に通う文系の男女複数人を招集。

研究に使う機材しかなかった研究室は、あっという間にパーティー会場へと変貌しました。研究室の隅に1人縮こまっていたダニエルは、ある1人の女性に一目惚れしました。

その女性とは、心理学を専攻する大学生マリア・ルイーザです。ダニエルがマリアと話したがっていることを察したシモーネは、彼女と話していた男性に無理やりキスをして引きはがします。

ダニエルはマリアの隣にそっと近づき、彼女が信じていないタイムトラベルについて、嬉々として説明しました。

ダニエルが、タイムトラベルが実在すると信じているのは、「人間の肉体は原子や分子、エネルギーで出来ているから、常に時空を移動し旅をしている」と考えていたからです。

ダニエルの話を楽しそうに聞くマリアと、そんな彼女に終始笑顔で話すダニエル。2人は引力のように惹かれ合い、キスをして結ばれました。

マリアはバーで会った女性にダニエルがデレデレしていたと言い、ダニエルはマリアがバーテンダーを誘惑していたと言い、互いに嫉妬して大喧嘩した日もありました。

「それでも彼女との仲は順調だった」と語るダニエルは、ロベルト署長から渡された調書にサインをし、第5文民警察署を後にしました。

しかしロベルト署長は、ダニエルを怪しむ同僚の警察官に、彼がいないところでこう言っていました。「後頭部の傷は、自分で偽装できないから彼は犯人ではない。でも何か裏がある」

ロベルト署長は、ダニエルが話した犯人の去り際の言葉に、身に覚えがあったからです。

実はロベルト署長は、ある事件を追っていて、その際自身の鼻を折った犯人にも、同じことを言われていました。

ダニエルはその後、マリアの葬式に参列し、自宅があるビルへ帰りました。マリアと過ごした思い出が沢山ある自宅の浴室で、ダニエルは手首を切って自殺しようとします。

そこへ、ダニエルを心配したシモーネと隣人のグラウベルが駆けつけたことで、ダニエルは無事一命をとりとめました。

ダニエルは搬送先の病院で、シモーネとある約束をします。「(昔大怪我をした自分を助けてくれた)あんたのためなら、私はなんだってする。だから二度とこんなことしないって約束して」

後日。退院したダニエルは、ロベルト署長に呼び出され、再び第5文民警察署を訪れました。その時、ダニエルはロベルト署長から、衝撃的な事実を告げられるのです。

ロベルト署長の話によると、マリアが殺された事件と全く同じ殺害の手口と凶器、同じ言葉を言い遺す未解決の殺人事件が、1978年から28件相次いで起きていました。

殺害の手口はどれも、レターオープナーを使って被害者の後頭部から側頭葉まで一突き。これにより、被害者は痛みを感じることなく、一瞬で死んでしまいます。

ロベルト署長たち警察は、犯人が凶器に使ったレターオープナーから、犯人の呼称を「郵便屋」としていました。

そう話すロベルト署長は、「これは快楽犯による手口じゃない。犯人は何か使命を果たしているように感じる」と推測。

そしてロベルト署長は最後に、「マリアの遺体の司法解剖の結果、彼女のお腹に妊娠9週目の赤ん坊がいたが、母親と一緒に死んでしまった」とダニエルに告げました。

ダニエルは、マリアが妊娠していたことすら知りませんでした。愕然としながらも、ダニエルはロベルト署長の捜査に協力することにしました。

その時、ダニエルはロベルト署長に、捜査資料のコピーを貰えないかと要求。捜査資料の中に、彼の亡き母親に暴力を振るっていた父親が、13番目の被害者として載っていたからです。

翌日、自室のベッドで寝ていたダニエルの元に、首輪がついた1匹の犬が現れます。起きたダニエルは、犬の飼い主を探しましたが、見つかりませんでした。

そこでダニエルは、その犬を飼うことを決め、「ジダン」と名付けました。そしてダニエルは、過去に戻ればマリアを救うだけでなく、彼女を殺した犯人を見つけることが出来るので、その唯一の道であるタイムトラベルの研究を進めていきました。

2014年3月16日。大学への研究発表は無事終わったものの、研究に行き詰ったダニエルは、ビルの屋上で寝落ちし夢を見ました。それは、マリアとダニエルがお揃いの入れ墨を彫った日の夢です。

シモーネの声掛けで目覚めたダニエルは、自分を励まそうとする彼女のうなじの入れ墨を見て、タイムトラベル完成に繋がるヒントを得ます。

電圧の調整用として作ったミニ原子炉を使った、タイムトラベルを完成させたダニエルは、お祝いにジダンを連れて思い出のバーへ行きました。

そこで偶然会ったロベルト署長から、ダニエルは1987年に殺された8番目の妻子持ちの被害者が、彼の兄ロジェリオ・アレンカストロであったこと。

それから、ダニエルが通報した日の夜、犯人と思われる2人の怪しい男を見つけたロベルト署長は、ペドロ・セレスチノ通りの楽器店に逃げ込んだ1人を捕まえて射殺し、もう1人に逃げられてしまったことを知らされました。

ダニエルはロベルト署長と別れ、帰宅しようとジダンを乗せた車を発進させた直後、トラックに横から追突されてしまい、大怪我を負ってしまいます。

長い間昏睡状態に陥ったダニエルは、搬送された病院で意識を取り戻しましたが、自分で自分の顔だと判別できないほど、事故前と比べて容姿が変わってしまったことに驚きました。

追突事故により、ダニエルは側頭部を激しく損傷。そのせいで彼の鼻と顎は折れ、歯も11本折れてしまっていました。残念ながら、ジダンは助かりませんでした。

以下、『トランス・フューチャー』ネタバレ・結末の記載がございます。『トランス・フューチャー』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

歯や骨の再建及び移植手術を含め、ダニエルの治療にかかった期間は26ヶ月。2016年5月29日。体重が減少したこともあり、自力で立って歩けないダニエルは、シモーネに車椅子を押して貰いながら帰宅。

帰宅後、ダニエルはシモーネがグラウベルと結婚し、彼との間に「ジョアキム」と名付けられた子供が出来たこと、彼ら3人の家族が同じ家で住むことになった事実を知りました。

2016年10月9日。リハビリのおかげで何不自由なく動けるようになったダニエルは、シモーネとベビーカーに乗ったジョアキムとの散歩中、立ち寄ったペットショップで偶然、ジダンとそっくりな犬を発見。

ダニエルは、即座に飼うことを決めたその犬に「ジダン」と名付け、シモーネのサポート付きでタイムトラベルの実験を開始します。結果は、見事成功。

ダニエル曰く、ジダンの意識は時空の別時点に飛ばされ、それによって肉体を構成していた原子が散り散りに失われる。意識が過去へ現れた直後、肉体はその世界で再構築されるという仕組みです。

ダニエルは、ミニ原子炉を使って完成させたタイムトラベルを使って過去へ戻るため、数年分戻るのに必要な速度と重力を計算した結果、ビルの屋上から3階まで飛び降りることにしました。

その結果、ダニエルは事故が起きた2014年3月16日にタイムスリップします。しかし、生命体だけしか転送できないため、ダニエルは素っ裸で過去に現れました。

急に道路に飛び出してきたダニエルを見て、トラックの運転手は思いっきりハンドルをきった結果、この時代のダニエルの車に追突。

未来から来たダニエルは、事情を知るシモーネから服を調達し、一緒に過去の自分の見舞いに行きました。その際、ダニエルは過去の自分に歯形と輸血を提供。

過去の自分を救ったダニエルは、諸々の手続きを行わなければならないシモーネと別れ、帰宅しようと病院のエレベーターに乗り込みます。

その瞬間、別の病室から飛び出してきたロベルト署長が、エレベーターに乗り込んだダニエルを追いかけ、彼の腹目掛けて持っていた銃を発砲。

ロベルト署長を何とかして撒いたダニエルは、帰宅後シモーネに応急処置を施してもらい、無事一命を取り留めました。

傷を負ったダニエルが次にタイムトラベルした先は、2013年9月12日、マリアと出会った日です。

この時代に来たダニエルは、パーティーでマリアと最初に話していた男も、彼女が誘惑していると思ったバーテンダーも、全て未来から来た自分であることを知りました。

そしてダニエルは、事情を話し協力してくれることになったシモーネに内緒で、マリアと何度か会うようになり、惹かれ合うように関係を持ってしまいます。

ついには、ダニエルはマリアを守る口実として、自分の子供を妊娠した彼女を連れて街を出ると、シモーネに言い出したのです。

迎えた2013年6月13日。この日の夜、マリアと街を出る約束をしたダニエルは、昼間はシモーネと他の若者と一緒にデモ活動を行いました。

その際、偶然にも第5文民警察署に捕まったダニエルは、ロベルト署長と接触し、「郵便屋の居場所が知りたければ解放しろ」と要求するのです。

その日の夜、ダニエルはロベルト署長と一緒に、未来で彼が犯人を発見した場所、ペドロ・セレスチノ通りの楽器店へ向かいます。

そこでダニエルたちは、奥から出てきた謎の男に遭遇し、先頭にいたロベルト署長が顔を殴られて昏倒。しかし男は、何故かダニエルを殺そうとはしません。

ダニエルは男が油断している隙に、彼が部屋に置いていった銃を使って、彼の腹目掛けて発砲。しかし負傷した男の左手首には、ダニエルたち恋人にしかない刺青が彫られていました。

そう、ダニエルとロベルト署長が犯人だと思った男の正体は、別の未来から来たダニエルだったのです。(以下、数年前の未来から来たダニエルを「ダニエル1」、数十年後の未来から来たダニエルを「ダニエル2」と表記)

数十年後の未来から来たダニエル2は、ダニエル1を廃墟へ誘導しながら、事件の真相を語っていきました。

ダニエル2は1978年にタイムトラベルしてしまい、マリアが殺される日までの人生を費やすものとして、楽器店を始めました。

ダニエル2は、未来で知っている捜査資料から、これから起きる事件を知っていたからこそ、全ての被害者を救おうと決意。

しかし彼は、最初の被害者である裕福な家のベビーシッター、エステル・マラファイアが、雇い主の赤ん坊を殺そうとしている場面を目撃。

彼女を救うために玄関から持ってきたレターオープナーを使い、ダニエル2はエステルの後頭部から側頭葉まで一突きして殺しました。

それからダニエル2は、同様の手口でリストにあった人を次々と殺害。8番目の被害者、ロジェリオに行き着きます。

実はロジェリオは、表向き警官でしたが、その裏の顔は殺し屋。彼は事件当日、ある汚職について調べていた記者を殺そうとしていました。

ダニエル2はロジェリオの車に忍び込み、後部座席から同じ手口と凶器を使って殺害。この時彼は、自分が世に蔓延るクズたちの始末をする使命を負ったのだと確信しました。

ダニエル2はそれ以降、使命を全うするかのように何人も殺害し、13番目の被害者である自身の父親と対峙します。

ダニエルの父親は、まるで暴力を振るうことを楽しんでいるかのように、日夜母親に暴力を振るっていました。事件当日、彼はついに、幼いシモーネを次の標的に定めたのです。

それを見たダニエル2は、顔を合わすまで父親を殺すことを躊躇っていたのが嘘みたいになくなり、過去の自分とシモーネ、母親を守るために父親を殺しました。

そう語るダニエル2を連れて、廃墟内を移動するダニエル1。その後ろから、意識を取り戻したロベルト署長が追いかけてきます。

柱に凭れかかったまま動けないダニエル2は、「今度はもっと急げ。彼女を救ってくれ、頼む」と過去の自分に言い、彼を逃がしました。

ダニエル1がその場から離れた直後、ダニエル2はロベルト署長が持つ銃によって断罪されました。

一方マリアは、この時代のダニエルをビルの屋上に呼び出し、「この街を出て行く。バーで出会った男を愛し、その人との間に子供が出来たの。だからその人と一緒に街を出る」と告白します。

愛する恋人の浮気と妊娠を知ったこの時代のダニエルは激怒し、弁明しようとするマリアを突き飛ばしてしまいました。

突き飛ばされたマリアは、転倒した場所がボルトが飛び出たブロックだったこともあり、そのまま後頭部にボルトが突き刺さって絶命。

駆けつけたダニエル1は、マリアを殺した過去の自分に馬乗りになって殺そうとしますが、これまでタイムトラベルした時の出来事を思い出し、スッと立ち上がります。

そしてダニエル1は、過去の自分に「今度はもっと急げよ」と告げ、ビルの屋上から飛び降りて再び過去へ行きました。

突然起きた事態を呑み込めず、呆然と立ち尽くすこの時代のダニエルの姿を最後に、物語は幕を閉じました。

スポンサーリンク

映画『トランス・フューチャー』の感想と評価


(C)2019 PLANO B FILMES TODOS OS DIREITOS RESERVADOS

最愛の人を亡くしたダニエルの悲しみ

物語の序盤で、最愛の恋人マリアを亡くした、天才物理学者のダニエル。

劇中では、タイムトラベルの研究を進めていくダニエルが、時々マリアとの思い出を回想する場面がありました。

幸せだった2人の日々を描いた夢から、残酷な現実に戻ってくる際のダニエルの憂いた顔は、観ている人が思わず彼の代わりに泣きたくなってきます。

そんなダニエルが、ある日突然出会った犬ジダンと、献身的に支えてくれる姉シモーネのおかげで、少しずつ笑みを取り戻していくところ。

交通事故に遭って酷い大怪我を負ってもなお、マリアを救うために研究に励んだ彼の姿は、どちらも感動的です。

ダニエルはマリアを救うために、過去へ戻ったのに、いざ切望していた彼女の姿を見て気持ちを抑えれなくなってしまいます。そこがまた、彼の愛情深さに胸ときめきます。

物語の前半では分からなかったマリアと接触した男全員、未来から来たダニエルだったことに驚きを隠せません。

衝撃的な事件の真相とラスト

物語の後半では、過去へタイムトラベルしたダニエルが、本格的に犯人捜しを行っていきます。

その上で重要なのが、ロベルト署長からの情報と、彼が25年間事件を追い続けた努力の結晶である捜査資料です。

犯人は他の28件の未解決事件同様、レターオープナーで被害者のマリアを、後頭部から側頭葉まで一突きで殺しています。

しかもその犯人を、ロベルト署長はダニエルが通報してきた日の夜、ペドロ・セレスチノ通りの楽器店まで追い詰めて1人射殺しているのです。

犯人はマリアを殺した時と同じ、死に際に「今度はもっと急げ」と言い遺しました。何を急ぐというのか、そこだけがダニエルたちは分かりませんでした。

物語の終盤に差し掛かった時、事件の真相は、別の未来から来たダニエルによって明かされます。最初はマリアだけでなく、全ての被害者を救おうとした未来のダニエル。

しかし彼は、救おうとした被害者たちが皆、罪のない人を殺そうとするろくでもない人間だと知ってしまったのです。

正義感が強いダニエルは、そのままリスト通りに次々と殺戮を繰り返し、ついには自分の父親まで手にかけてしまいます。

ただここまでの流れなら、未来のダニエルがマリアを殺したかと推測できますが、彼女を殺した犯人はこの時代のダニエルだったのです。

全て未来と過去の自分がやった事件だと知ったダニエル。その衝撃的な真実に愕然とします。

まとめ

天才物理学者が、殺された恋人を救うために、タイムトラベルを繰り返し真相を追っていく、ブラジルのSFタイムサスペンス作品でした。

正義感が強く愛情深いダニエルが、タイムトラベルを繰り返し辿り着いた結末が、思わず画面から目を背けたくなるほど辛い現実でした。

まさか、今までマリアと接触してきた男全員と、マリアを殺してしまった犯人が、全てダニエル本人だったなんて思いもしなかったことでしょう。

そして、最後まで兄の裏の顔を知らずにいたロベルト署長。肉親を殺されてから、より一層未解決事件を解決しようとした彼の執念は、ダニエルに負けていません。

エンドロール前には、映画タイトルの原題である「LOOP」とテロップで流れています。その言葉通り、ダニエルのマリアを救うタイムトラベルは、幕を閉じた今も繰り返していることでしょう。

天才物理学者がタイムトラベルを繰り返し、衝撃的な結末に辿り着くSFタイムサスペンス映画が観たい人には、とてもオススメな作品です。

関連記事

SF映画

映画The Witch魔女|ネタバレ感想。ラスト結末までノワール・SFサイキック・バイオレンスが作り込まれた秀作

『新しき世界』パク・フンジョン監督の下に、実力派俳優たちが集結した『The Witch 魔女』。 謎の組織に追われる少女。決してその正体を暴いてはいけない…! 本国にて観客動員数300万人を突破した超 …

SF映画

『バンブルビー』ネタバレ感想と4DX映画体験リポート。トランスフォーマーの最も肝心なことが伝わる必見の作品

トランスフォーマーシリーズ始まりの物語! 映画『バンブルビー』は、「トランスフォーマー」シリーズの人気キャラ・バンブルビーが、最初に地球に来た時の冒険譚。 シリーズ最高傑作との呼び声も高い注目作です。 …

SF映画

『アリータ:バトルエンジェル』感想と評価。ジェームズ・キャメロンの名作映画を連想させる!

映画『アリータ:バトルエンジェル』2019年2月22日よりロードショー 日本の名作SFコミック『銃夢』を、『アバター』のジェームズ・キャメロンが完全映像化! 意外な驚きを与えてくれた本作、映画『アリー …

SF映画

『テネット』ネタバレ考察評価と結末までのあらすじ。ドラえもんのようなタイムトラベルと時間の逆行

映画『TENET テネット』は2020年9月18日(金)より全国ロードショー! 『メメント』(2000)では記憶を通して時間を描き、『インセプション』(2010)では夢の世界で、『インターステラー』( …

SF映画

バック・トゥ・ザ・フューチャー3|評価考察と感想。ラストは矛盾を超えて完結するタイムトラベル最終作

西部開拓時代を舞台にタイムトラベル騒動が完結する、シリーズ完結編を紹介 1989年11月に北米公開された第2作公開から、間を置かずに1990年5月公開された『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3』 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学