Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

SF映画

映画『A.I.ライジング』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。SFアンドロイドへの禁断の欲望が恋に変化する宇宙探査飛行を描く

  • Writer :
  • 秋國まゆ

宇宙飛行士とアンドロイドの恋を描いたSFドラマ

ラザール・ボドローザが監督を務めた、2018年製作のセルビアのSFドラマ映画『A.I.ライジング』。

地球から国家が消滅した近未来の2148年。ベテラン宇宙士と、美しい女性型アンドロイドは、ケンタウルス座アルファ星への宇宙飛行探査を命じられます。

ベテラン宇宙飛行士に芽生えた禁断の欲望、それによって繰り広げられる予測不能な事態とは、具体的にどんなことだったのでしょうか。

ベテラン宇宙飛行士と美しい女性型アンドロイドが繰り広げる、44年にわたる宇宙探査飛行を描いた、セルビアのSFドラマ映画『A.I.ライジング』のネタバレあらすじと作品情報をご紹介いたします。

スポンサーリンク

映画『A.I.ライジング』の作品情報


(C)2018 Mir Media Group d.o.o. All Rights Reserved.

【公開】
2019年(セルビア映画)

【原作】
ゾラン・ネスコヴィッチ

【監督】
ラザール・ボドローザ

【キャスト】
ストーヤ、セバスチャン・カバーツァ、マルサ・マイエル、キルスティ・ベステルマン

【作品概要】
『30歳以下の注目すべきクリエイターTOP20』に選出された、ラザール・ボドローザの長編映画デビュー作となる、セルビアのSFドラマ映画です。

女性型アンドロイドのニマーニ役は、現役ポルノ女優のストーヤ、ベテラン宇宙飛行士ミルーティン役はセバスチャン・カバーツァが演じています。

原作はゾラン・ネスコヴィッチによる、ユーゴスラビア人の宇宙飛行士と女性型アンドロイドの関係を描いた、1980年代の短編小説です。

映画『A.I.ライジング』のあらすじとネタバレ


(C)2018 Mir Media Group d.o.o. All Rights Reserved.

時は2148年。世界は資本主義により、搾取し尽くされていました。

社会主義的な統制が、人類維持のため導入されると、世界最大の企業は宇宙に目を向け始めます。

世界最大の宇宙開発企業「エデルレジ社」は、ケンタウルス座アルファ星への移住計画を実施しました。

ベテラン宇宙飛行士ミルーティンは、バイコヌール基地に帰還した際、エデルレジ社の社会工学者の女性から、約4万光年先のケンタウルス座アルファ星への宇宙飛行探査を命じられます。

今までたった1人で任務をしてきたミルーティンでしたが、今回は同行する仲間が必要だったため、エデルレジ社の女性型アンドロイドのニマーニが同行することになりました。

タブレットを使って500種類のモードから好きな性格を選び、容姿も自分好みにカスタマイズできる女性型アンドロイドのニマーニ。

プロジェクト名「ニマーニ1345」と呼ばれる彼女は、人間と過ごすうちに学習し、自ら微調整を重ねていくことができます。

社会工学者の女性は、ミルーティンに任務内容を話した時、密かに彼との会話から好みの女性のタイプの情報を入手していました。

ユーゴズラビア人であるミルーティンは、エディプス複合を持つため、母親に似た顔が好印象だと考えたエデルレジ社は、保安庁に協力を仰いで母親の声紋を入手。

さらにニマーニには、反動主義的な性格を少しにとどめ、服で隠せる部分に肉体的な美しさを持たせます。

ミルーティンの嗜好に合わせてプログラムされたニマーニは、彼の任務のサポートだけでなく、セックスの相手まで務めることができるのです。

ミルーティンはニマーニと一緒に、エデルレジ社のコンピューターシステムが搭載された宇宙船に乗り、ケンタウルス座アルファ星へと旅立ちました。

宇宙飛行探査19日目、出発時からずっと眠ったままだったニマーニが、ついに起動します。

この時の航海日誌に、ここまでニマーニと過ごしたミルーティンは、音声でこう記録していました。

「ニマーニは本物の人間のように見えなくはないが、行動が不自然だ。セットアップを重ね、こちらの望みを何でも聞くだけ。これでは服従と同じだ。拒絶も苦悩もない相手とは関係を築けそうにない」と。

その後、ミルーティンはニマーニを利口モードから誘惑モードに切り替え、受胎機能を持つ彼女とセックスをしてみました。

次はニマーニのモードを恋愛関係へ変換。ミルーティンは彼女に、これまで全員が同じOSで動いているような、型にはまった多くの女性に心ない言動で傷つけられ、今の自分ができたことを打ち明けます。

宇宙飛行探査41日目、ニマーニがこの日初めて、今まで素直に受け入れてきたミルーティンのセックスの相手を、頑なに拒絶しました。

ミルーティンはそんなニマーニを、初めて乱暴に扱ってレイプします。

全てのことに従順なニマーニに不満を抱いていたミルーティン。彼がニマーニをレイプしたのは、彼女と設定を介さない関係を築こうとしたのです。

ミルーティンは後日、バイコヌール基地にいるエデルレジ社と通信を開始。

ミルーティンは少し船内が窮屈なものの、宇宙船の状態もニマーニとの関係も良好だと伝えました。

しかし社会工学者の女性は、そう報告するミルーティンの言葉を信用していないのか、ニマーニを業務モードにし、彼女に現状報告をさせたのです。

ニマーニは今回の任務に就く動機となった不満話をするほど、社会的にも性的にも、ミルーティンとは親密な関係を築いていると報告します。

ニマーニはつづけて、船の保守を万全に行うミルーティンが有能であると認めているものの、自身の経験に頼って行うことが多い彼の監視は必要だと言いました。

これを無表情で聞いていた社会工学者の女性は、ミルーティンに最後、6か月と2日後の次回の通信時に土星でのスイングバイに関する詳細を報告するよう伝え、通信を切りました。

その後ミルーティンは、エデルレジ社との通信が完全に切れたことを確認したうえで、宇宙船のコンピューターから、ニマーニが自分を監視するのか尋ねます。

それに対し宇宙船のコンピューターは、ニマーニのOSは最新型TIFAであり、それによって学習と形成を同時に行う彼女は、ミルーティンとの経験を内部記憶装置のフォルダに残し続けているのだと答えました。

ニマーニはミルーティンとの経験をもとに形作られていき、その記憶を消せるのは、エデルレジ社に許可を貰った上級ユーザーのみ…。

それを聞いたミルーティンは、宇宙探査飛行298日目以降、ニマーニと初めて口論してみました。

その時ニマーニは、設定どおりの言葉ではなく、彼女独自の言い回しでミルーティンと口論したのです。

ミルーティンは、ニマーニがソーラー充電中、起動させた宇宙船のコンピューターに、ニマーニのOSを消したらどうなるか尋ねてみました。

すると宇宙船のコンピューターは、TIFAをアンインストールしたとしても、ミルーティンと過ごした経験をもとに、ニマーニのソフトウェアは起動すると回答。

しかしニマーニの機能は大幅に低下し、インターフェイスや行動パターンが失われ、ロボット工学の3原則を破る可能性が出てくるとも…。

つまり、ニマーニのOSが消されれば、ミルーティンが望むとおりの存在、「人間の女」にだってなれるのです。

これを聞いたミルーティンに、宇宙船のコンピューターが勧めた精神分析プログラムを活用し、精神分析理論を熟知しているニマーニに自分のカウンセリングをさせます。

ミルーティンはニマーニに直接、自分独自の言い回しを使って口論した彼女と、初めて設定を介さず、心を通わせることができた気がしたと伝えました。

そしてミルーティンは、「ニマーニが自分との生活で学習しているのであれば、自分の存在が彼女に生命を与えている。それならば、ソフトウェアが作り出す物語から何とかして抜け出し、自分の欲望のままに行動する‟人間の女”にしたい」と告げます。

以下、『A.I.ライジング』ネタバレ・結末の記載がございます。『A.I.ライジング』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2018 Mir Media Group d.o.o. All Rights Reserved.

そこからミルーティンは、エデルレジ社の許可を取らずとも、上級ユーザーになるための方法を知るため、再び宇宙船のコンピューターに聞いてみました。

それに対し宇宙船のコンピューターは、宇宙船の緊急時に手動操作が必要な場合は、一時的に上級ユーザーに格上げされると答えます。

これを聞いたミルーティンは、今まで万全に保守作業を行ってきた、宇宙船の給電関係のコードをわざと引き千切って電力不足にし、緊急事態になるよう仕向けました。

土星への航路から外れ、オートパイロットが停止し、手動操縦に切り替わります。

ミルーティンは左右前後に大きく揺れる宇宙船内を歩き、何とか操縦席に座った直後、任務遂行のために航路を戻すと嘘を言い、上級ユーザーへの昇格を要求しました。

宇宙船のコンピューターは、ミルーティンの上級ユーザーへの昇格を承認後、手動操縦でCエンジンの出力を150%に上げ、航路に復帰させます。

安定して航行する宇宙船。ミルーティンは、ソーラー充電中のニマーニのプログラムを初期化し、TIFAをアンインストールし、再起動させました。

これでようやく、自分を愛する人間の女になったと思ったミルーティン。

しかし、再起動したニマーニはこれまでの従順な態度とは打って変わり、ミルーティンに反抗的な態度をとり始めます。

さらにニマーニは、ミルーティンからの好意を冷たく突き放すだけでなく、性的関係を拒むようになっていくのです。

頑なに自分を拒絶し、冷たい態度をとるニマーニの言動に、ミルーティンは深く傷つき、「これは彼女を性奴隷のようにレイプした罰を受けているのか」と考え始めます。

最初の通信から6カ月と2日後、社会工学者の女性は宇宙船のログを精査し、ミルーティンが故意に航路を逸脱したことを知りました。

社会工学者の女性はミルーティンとの通信の際、彼に「上級ユーザーになったところで、ニマーニとの愛などない。全てはプログラムよ」と告げます。

ミルーティンは社会工学者の女性が危惧したように、徐々に精神を病んでいき、任務の遂行すら危ぶまれるようになっていきました。

ニマーニはそんなミルーティンの姿を見て、眠る彼に内緒で健康診断とうつ診断をし、彼が自分のせいで重度のうつになったことを知ります。

ニマーニは宇宙船内にミルーティンと寝転んだ際、彼にこう言いました。

「最初は過去の女を演じさせられた。彼女たちを私に投影させ、願望を叶えようとした。その後は命がけで私を生まれ変わらせようと。あなたが払った犠牲を今頃理解したわ。私が脅威なら停止させればいいのに」と。

ニマーニは宇宙船のコンピューターに、心的外傷が大きいミルーティンは崩壊寸前だけど、もう自分に打つ手がないと相談します。

すると宇宙船のコンピューターから、任務遂行を妨げる問題の根源を排除するよう勧められました。

しかしニマーニには、自己破壊機能がありません。そこで彼女は、いつものソーラー充電の際、わざと放電して自身のバッテリーを激しく損傷させます。

いつも通りソーラー充電中のニマーニが、突如崩れ落ちた姿を見たミルーティンは、すぐさま落ちたコンピューターを再起動させ、彼女が無事かどうか確かめました。

プラグが焼けただけで太陽電池は無事なものの、ニマーニのソフトウェアは朝から不安定な上、バッテリーが激しく損傷していて、早急に充電する必要がありました。

ニマーニがソーラー充電する直前、ミルーティンを見て涙を流したのはプログラムではなく、彼女自身が自発的にやったことです。

つまりニマーニが、自分を思って涙を流し、自ら「死」を選んだのだと悟ったミルーティン。

彼は急いで冬眠状態のニマーニを充電させるための方法を、宇宙船のコンピューターに尋ねました。

するとニマーニが、今の冬眠状態でいられるのは残り30分しかなく、その間にソーラー充電器に繋がなければ、これまでの設定や記憶は消去されてしまうことが判明。

しかし今のニマーニの状態では、船内でバッテリーの再充電ができません。

そこでミルーティンは、直接太陽電池に繋いで、ニマーニのバッテリーを充電しようと思いつきます。

残り15分、宇宙服に着替えたミルーティンは、ニマーニの体内から取り出したバッテリーを、船外の太陽電池に差し込みました。

残り10分、太陽放射は危険レベルに達し、ミルーティンが着る宇宙服が過熱状態に陥ってしまいます。

残り3分、太陽光を直接浴びたせいで、ミルーティンの右半分の顔が焼けて赤く爛れてきた頃、ようやくニマーニのバッテリーが充電完了。

残り1分、30秒、10秒。船内に戻ったミルーティンは、意識が朦朧とする中、ボロボロの体を引きずって、横たわるニマーニの体内にバッテリーを入れました。

ミルーティンが意識を失い、倒れた直後、冬眠状態のニマーニが覚醒。

飛び起きたニマーニは、傍らに横たわるミルーティンを抱き寄せ、自ら彼の唇にキスをしました。

そんなニマーニとミルーティンの姿を最後に、物語は幕を閉じていきました。

スポンサーリンク

映画『A.I.ライジング』の感想と評価


(C)2018 Mir Media Group d.o.o. All Rights Reserved.

女性型アンドロイドに恋をしたミルーティンに胸キュン

44年にわたる宇宙探査飛行で、ベテラン宇宙飛行士が美しい女性型アンドロイドに、徐々に恋に落ちていく話でした。

物語の序盤では、ミルーティンは任務に同行する女性型アンドロイド、ニマーニとの関係が築いていけないと思いました。

しかしそこから一変。ミルーティンはニマーニと過ごすうちに、だんだんと彼女の存在を受け入れていきます。

そして、ミルーティンがニマーニに恋をした瞬間が、彼女が独自の言い回しで口論してきたときでした。

それだけで心を通わせることができたと感じたミルーティン。

普通そこで恋に落ちないだろうと思いますが、今まで女性と喧嘩することでしか、心を通わせることができなかった彼にとっては、恋に落ちるのには充分なきっかけになったのです。

今までニマーニを性奴隷のように扱ってきたミルーティンが、表情が柔らかくなり、彼女を本気で愛して「人間の女」にしようとする姿は、種族を越えた愛を感じて胸キュンします。

2人に起きた悲劇が辛すぎて泣ける


(C)2018 Mir Media Group d.o.o. All Rights Reserved.

ミルーティンとニマーニが仲睦まじく過ごす生活は、物語の後半で彼女が「人間の女」になった瞬間、ガラリと変わります。

今までミルーティンに笑顔で接していたニマーニが、無表情で淡々と仕事をし、彼の好意も性的関係も頑なに拒絶するのです。

「人間の女」に生まれ変われば、自分の意志で愛してくれると思っていたミルーティンにとって、これほど悲しくて辛すぎる未来はありません。

冷静沈着で仕事をこなしてきたミルーティンが、ニマーニを愛したことで優しくなり、彼女に拒絶されたことで心を病んでいく姿。

本気でニマーニを愛していたからこそ、拒絶されて傷ついたのだとひしひしと伝わってくるので、涙を堪えるミルーティンの代わりに、観ているこっちが泣けてきます。

自ら「死」を選んだニマーニが涙を流す場面や、ミルーティンが命の危険を顧みずに、彼女を助けようとする場面も号泣必至です。

まとめ


(C)2018 Mir Media Group d.o.o. All Rights Reserved.

ベテラン宇宙飛行士が、任務に同行する女性型アンドロイドに恋をして、「人間の女」にしたSFドラマ作品でした。

セバスチャン・カバーツァ演じるミルーティンが、クールな性格から一変。

本気で女性を愛し、傷つき病んでいく過程は、人間同士の恋愛より胸キュンしますし、自然と涙が溢れるほど感情移入します。

ストーヤ演じるニマーニ。彼女の笑顔で従順に言う事を聞くアンドロイドと、「人間の女」になって他の感情を出していく切り替えが完璧で、「実はニマーニ自身なのでは?」と思ってしまうほどです。

ただ、ミルーティンたちの種族を越えたラブストーリーが中心に描かれているためか、肝心の宇宙探査している場面は一切出てきません

ケンタウルス座アルファ星とはどんな星なのか、どんな宇宙探査をするのか期待していた人にとっては、少し物足りなく感じてしまいます。

宇宙船を舞台に、人間とアンドロイドの恋模様を描いた感動のSFドラマ映画が観たい人に、とてもオススメな作品です。






関連記事

SF映画

映画『KINキン』ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。SFサスペンスで“未知の武器を発見”した兄弟をジャック・レイナーとマイルズ・トゥルイットが演じる

男同士の家族愛と絆がひかるSFサスペンス! ジョナサン・ベイカーとジョシュ・ベイカーの兄弟が監督を務めた、2018年製作のアメリカのSFサスペンス映画『KIN キン』。 未知の武器を発見した14歳の少 …

SF映画

映画『インデペンデンス・デイ』ネタバレあらすじと感想。SF大作に必要なスケール感が発揮された90年代を代表する作品

90年代を代表するSF大作! 圧倒的な戦力を誇る侵略宇宙人に対し、アメリカ独立記念日の7月4日、人類が決死の反撃に出ます。 ブロックバスターの大作の多いローランド・エメリッヒ監督作の中でも最も人気の高 …

SF映画

映画『仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL』ネタバレと感想

新クールと前クールをクロスオーバーさせる仮面ライダー劇場版シリーズの最新作『仮面ライダー平成ジェネレーションズFINALビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー』。 今回は2017年現在 …

SF映画

【ネタバレ感想】アントマン&ワスプを詳細に解説!名作へのリスペクトがてんこ盛り

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』で大変なことになっているMCU本家を尻目に通常運転の愉快なアクションSFコメディを展開するアントマンシリーズ第2作。 今回は完璧すぎる新ヒーロー「ワスプ」も登 …

SF映画

【ネタバレ評価】X-MEN:ダーク・フェニックス 4DX映画吹替え版の感想とあらすじ。体感型鑑賞のススメ紹介も

『X-MEN:ダーク・フェニックス』は 2019年6月21日(金)から全国ロードショー公開中! 「アベンジャーズ」シリーズと並び、長年人気を集める「マーベル・コミックス」を原作とした映画シリーズ「X- …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学