Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

SF映画

Entry 2022/03/27
Update

『ヴォイジャー(2022)』ネタバレあらすじ感想と結末ラストの考察。SF映画で描く“1番究極“の人間の本質と正体に刮目!

  • Writer :
  • 菅浪瑛子

タイ・シェリダン、リリー=ローズ・デップ、フィオン・ホワイトヘッドら若手注目俳優が顔を揃える映画『ヴォイジャー』

地球温暖化による飢饉が人類を襲う地球。

探査隊に選ばれた30人の子供たちと司令官。閉ざされた空間で解き放たれる人間の本能を浮き彫りにしていくSFドラマ。

2001年宇宙の旅』(1968)をはじめ、『イカリエ-XB1』(1963)や『ゼロ・グラビティ』(2013)など宇宙探索を題材にした映画は数多く描かれてきました。

映画『ヴォイジャー』は全て管理された状況下で育った純粋な若者たちを通して、純粋であるが故の危険さ、人間の持つ暴力性など人間の本質を浮き彫りにした他にはないスリリングなSFドラマになっています。

監督を務めたのは「ダイバージェント」シリーズなどで知られるニール・バーガー。

スポンサーリンク

映画『ヴォイジャー』の作品情報


(C) 2020 VOYAGERS FINANCING AND DISTRIBUTION, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

【日本公開】
2022年(アメリカ・チェコ・ルーマニア・イギリス合作映画)

【原題】
VOYAGERS

【監督、脚本】
ニール・バーガー

【出演】
タイ・シェリダン、リリー=ローズ・デップ、フィオン・ホワイトヘッド、コリン・ファレル、シャンテ・アダムズ、イザック・ヘンプステッド・ライト、ビベイク・カルラ、アーチー・マデクウィ、クインテッサ・スウィンデル、マディソン・フー

【作品概要】
キャストは『レディ・プレイヤー1』(2018)のタイ・シェリダン、『プラネタリウム』(2017)のリリー=ローズ・デップ、『ダンケルク』(2017)、『ゴヤの名画と優しい泥棒』(2022)のフィオン・ホワイトヘッド、『THE BATMAN-ザ・バットマン-』(2022)、『ジェントルメン』(2021)のコリン・ファレルなど。

監督を務めたのは「ダイバージェント」シリーズや『THE UPSIDE 最強のふたり』(2019)などのニール・バーガー。

映画『ヴォイジャー』のあらすじとネタバレ


(C) 2020 VOYAGERS FINANCING AND DISTRIBUTION, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

地球温暖化による飢饉が襲い、科学者たちは移住可能な惑星を探し始めました。

2063年に発見し、探索隊を派遣することになりますが、惑星に到達するまでには86年かかります。

そのために科学者たちは人工的に受精した子供たちをプログラムに基づいて訓練します。地球に対する未練を抱かせないために研究所の外には出さず、必要以上な人との接触など思い出を作らせないように訓練します。

そんな中、研究所のリチャード(コリン・ファレル)はいざという時に子供だけで対処できないかもしれない、あの子たちを守りたいから同行させてほしいと志願します。計画顔である上に地球との思い出が多いと反対されましたが反対を押し切り同行することになります。

10年後。

子供たちは18歳になり、プログラム通りに運動や勉強をし、プログラム通りの食事と薬を飲んで生活しています。

セラ(リリー=ローズ・デップ)はリチャードに自分達は第一世代だから目的地は見られない、私たちは捨て駒なのかと問いかけます。

セラに対しリチャードは自身の祖父、父の写真を見せ、祖父も父も真っ当に生きて次の世代に繋げた、地球でも宇宙でも変わらないと答えます。

ある日、クリストファー(タイ・シェリダン)は灌漑に毒素の反応があることに気づき、リチャードに何かと尋ねますがリチャードはフィルターを帰ろと言って相手にしません。疑問に思ったクリストファーはザック(フィオン・ホワイトヘッド)に話します。

2人はこっそり機密データに侵入し、自分達が飲んでいるブルーの薬が毒素の原因だと突き止め、その薬は何かのか調べます。するとそれはああらゆる欲情を抑え、何も感じないようにさせる薬でした。

自然に子供ができると困るから抑えつけているんだ、リチャードは嘘だらけだとリチャードに対する猜疑心を強めていきます。

一方リチャードも子供たちに対し、これ以上隠し事はできない、何もかも話してしまいたい、許可を求めると地球にメッセージを送りますが、そのメッセージが届くには2週間もかかります。

また船内が時折低い音を立てて軋むのをリチャードは冷却時の音だと言いますが、子供たちの間では宇宙の生命体ではないかという噂が広がっています。

クリストファーとザックはブルーの薬を飲むのをやめました。すると感覚が活性化され、肌のふれあい、さらには異性への意識も芽生え始めていきます。

ある日、レーザー通信装置が故障し、地球と交信できなくなります。船外に出て修理するため、リチャードは技術主任のザックに補佐を頼みます。

しかし、ザックは持ち場に着く前にセラに対する欲情を抑えられず胸を触ってしまい、驚いたセラは抵抗します。そこにリチャードがやってきてザックを引き離し、説明しろと言いますが、ザックはどこかに行ってしまいます。

他のメンバーからザックはブルーの薬を飲んでいないと聞きリチャードは動揺します。

ザックに代わりクリストファーと通信機の修理をすることになったリチャードでしたが、突如何かに襲われたのか、暗い影がよぎり、衝撃と共にリチャードは意識を失います。

エイリアンの仕業か?と子供たちはどよめきます。クリストファーはリチャードをつれ、船内に戻りますが、すでにリチャードは亡くなっていました。

子供たちは動揺しながらも今後どうするか、指揮官が必要だという話になります。

ザックが立候補しますが、医療主任のセラはどうだと誰かが推薦しますが、セラはやりたくないと言います。決まらないので皆で選挙をすることになり、その結果クリストファーが選ばれます。

セラとクリストファーはリチャードの荷物を整理し、食堂に移動すると冷蔵庫が壊れたから腐りそうなものを食べまくろうとザックが言います。ザックとクリストファーだけでなく子供たちのほとんどがブルーの薬を飲まなくなりました。

次第に子供たちは快楽を求め、暴力的になっていきます。クリストファーは何とか統治しようとしますが、抑えられず、ザックは自分についてきたら今よりも食事を与え、身を守ると宣言します。

大多数の子供がザックの側につき、クリストファーやセラの立場は危険になっていきます。何とかしてザックの暴走を食い止めようとします。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ヴォイジャー』ネタバレ・結末の記載がございます。『ヴォイジャー』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C) 2020 VOYAGERS FINANCING AND DISTRIBUTION, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

リチャードは本当にエイリアンに殺されたのか、監視映像を探しているとザックとカイがエイリアンがいると倉庫に入り何かと戦っていたと言います。しかし、倉庫に何かいた形跡はなく、データが壊されているだけでした。

残っているデータはないかと探していると監視映像が見つかり、リチャードの死の真相が映し出されていました。ザックとカイがリチャードを痛い目に合わせようと電流を流し感電死させたのです。エイリアンは存在しませんでした。

真相を知ったクリストファーと、セラ、そして少数の仲間たちは真相を知らせればきっとクリストファーの側についてくれると考えます。

皆がいる場で監視映像を流すと一同はどよめき、ザックから離れるかのように見えましたがザックは、「お前らのためにやったこと、エイリアンが体の中にいたから。それを知っててクリストファーは中に入れた。エイリアンは今どこにいる」と言い、突然一人の男を指差し「こいつだ!」と言います。

暴力的なザックの扇動を信じきっている大多数はこいつだと指さされた男を捕まえようと飛び掛かり大勢でなぶり殺してしまいます。我にかえり、一部の子供らは動揺しますがザックはエイリアンが中にいたから仕方ない、エイリアンに備えて武装しようと言います。

凶暴的で歯止めの効かないザックを目の当たりにしたクリストファーらは武器を手に入れて備えようと考えましたが、武器庫を見つけたところで先にザックらに武器を奪われてしまいます。

目的地に到着する第三世代のために保管されていた銃を見つけたザックは、「皆おかしくなっている、理性を拒んでいる。人間の道理に反する」と意を唱えた女を撃ち殺してしまいます。銃の威力に一同は唖然とし言葉も失っているなか、ザックは興奮しこれで自分はもう無敵だと叫びます。

クリストファーとセラは追い詰められ逃げ場を失っていきます。危険を承知でクリストファーとセラは宇宙服をきて、ハッチをあけます。そこにやってきたザックはハッチに吸い込まれそうになり咄嗟に2人を巻き込もうとします。

クリストファーはセラを庇ってザックと共に宇宙へと飛び出していきますが、宇宙船に何とかしがみつき戻ってこられました。

その後再び選挙をし、指揮官にはセラが選ばれました。そして皆で話し合い、何事も投票で決めるという形にし、ブルーの薬も飲まないことにした、私たちならやっていけると思うとセラは言います。

月日は流れセラは子供をうみ、その子供が成長していき、86年の時を超え第一世代の子孫らは目的地にたどり着いたのでした。

スポンサーリンク

映画『ヴォイジャー』の感想と評価


(C) 2020 VOYAGERS FINANCING AND DISTRIBUTION, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

宇宙船という閉ざされた空間で繰り広げられる人間の本質を描いた映画『ヴォイジャー』。

監督を務めたニール・バーガーはヤングアダルト小説の映画化である「ダイバージェント」シリーズも手がけており、『ヴォイジャー』も子供らの設定年齢は18歳であり、青春、成長譚の要素も含まれています。

人工的な受精により生まれた30人の子供たちは生まれた頃から研究所内で同じプログラム、同じ食事を受けて成長していきました。しかしお互いの接触は許されていませんでした。

そんな生活に異変が起き始めたのは彼らが18歳を迎えた頃でした。この船内の中にいる唯一の大人であるリチャードに対し嘘つきだと猜疑心を抱いたり、反発を抱くのは一種の反抗期のようなものかもしれません。

リチャードが同行したいと志願し、もし何かあったときのために子供たちを守りたい、と言っていたのはこのようなことが起こると予感していたからではないでしょうか。

リチャードの部屋にある映像には戦争の映像もありました。リチャードは人間の快楽を求めてしまう愚かさや、怒り、暴力性、そのような側面があることを知っていたはずです。それはいくらプログラムで管理しようと止められないものだと思っていたのではないでしょうか。

リチャードが彼らに教えようとしていたのはそのような人間の本質なのではないでしょうか。リチャードはしきりに善人でいること、善人でいればいつか必ず善が勝つと信じていました。

アリストテレスは、人間はその本性により共同体を形成し、さまざまな仕事を分業して生きる社会的(ポリス的)動物であるといいます。

また、ポリスは共同体を形成し、全ての共同体はなんらかの善を目指して作られており、最善の方法で善を目指そうとする、共同することのできない、必要としないものは全くの獣か神であるといいます。

研究所は秩序が乱れることのないようブルーの薬で快楽や欲望を抑えつけようとしていました。それはリチャードと同じく人間の本能の暴力的な側面を知っており、人間の本質を信用していないとも受け取れます。

30人の子供たちは自らの意志で共同体を形成しているのではなく、与えられたものに従っているだけで彼らの意志は存在していません。

しかし、ブルーの薬を飲むのをやめたことにより初めて彼らは意志を持ち、生を感じ、共同体と対峙するのです。最初に起こったことは一種の父親殺しという通過儀礼ともみれるかもしれません。

『オイディプス王』の例が代表的ですが、神話の世界や映画の中において父親殺しが描かれることは少なくありません。そして最初に指揮官に選ばれたクリストファーに対するザックの嫉妬反発、そして謀反化のような流れは歴史を紐解いても不思議な例ではありません。

30人の子供たち、宇宙船という閉鎖空間で繰り広げられる関係性の縮図は観客に繰り返されてきた歴史、そして今もなお続いている世界という広い共同体での出来事を想起させるのです。

まとめ


(C) 2020 VOYAGERS FINANCING AND DISTRIBUTION, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

宇宙船という閉鎖空間で繰り広げられる若者たちの狂乱を描いた映画『ヴォイジャー』。

若手俳優らが顔を揃えるなかでも特に存在感を放っていたのは本能の赴くままに行動し、力で支配しようとするザックを演じたフィオン・ホワイトヘッドではないでしょうか。

オーディションを経てメインキャストに抜擢された『ダンケルク』(2017)では、役の名前のないある兵士役でありながら観客の視点に近い、戦場を彷徨う等身大の一兵士を演じ、注目を集めました。

ゴヤの名画と優しい泥棒』(2022)では、主人公ケンプトンの息子役を演じ、父親思いの優しい青年を演じていました。

しかし、本作では今まで見せたことのない、剥き出しの本能、力を求め、弱者を殺しても気にしない横暴なキャラクターを演じています。恐怖ゆえにザックに逆らえない人や、ザックの言葉を信じきっている人などは共同体の集団圧力の怖ささえ感じます。

過去の歴史や、現代社会の縮図を想起させるような怖さもあるスリリングなSFドラマとなっています。





関連記事

SF映画

映画『X-MEN: ダーク・フェニックス』感想と内容解説。最大の脅威である闇の正体とは⁈

『X-MEN: ダーク・フェニックス』は2019年6月21日(金)より、全国ロードショー! 20年に渡り壮大に展開されてきた“X-MEN”サーガが、今まさに壮絶な最終章(フィナーレ)を迎えようとしてい …

SF映画

『プレデターズ』あらすじネタバレと感想。ラスト結末【映画シリーズ3作の内容解説】

1987年、アーノルド・シュワルツェネッガー主演で公開された大人気映画『プレデター』。『プレデター』は登場以降、人気シリーズになりました。 森や市街地の戦闘だけではなく、あのエイリアンとも戦っている好 …

SF映画

映画『デッドプール2』キャラやシリーズはどうなる?ディズニーのFOX買収の影響は

X-MENの番外編として製作され、大ヒットを記録した『デッドプール』の続編がついに公開!映画『デッドプール2』2018年6月1日(金)全国ロードショー。 今回は原作でも人気のキャラクター“ケーブル”が …

SF映画

映画スペースフォース対エイリアン特殊部隊|ネタバレあらすじと評価感想レビュー。ラスト結末も【壮絶SFアクションと監督/脚本/出演デレク・ディングの多才さ】

エイリアンvs人類、今世紀最大の激闘を描くSFアクション デレク・ティングが監督・脚本を務め、キャストとしても出演した2019年・アメリカ製作のSFアクション映画『スペース・フォース 対エイリアン特殊 …

SF映画

映画『LOGAN ローガン』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

見届けよ!最後のウルヴァリンの雄姿を、その魂の叫びを! アメコミ映画を超越した崇高なまでにエモーショナルなドラマ『LOGAN ローガン』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画『LOG …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学