Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

SF映画

Entry 2020/01/31
Update

映画『AI崩壊』ネタバレ感想とレビュー評価。大沢たかおを“世界的俳優”たらしめる入江悠オリジナル監督・脚本作

  • Writer :
  • 村松健太郎

映画『AI崩壊』は2020年1月31日(金)より全国ロードショー公開!

決して遠くはない未来である2030年の日本を舞台に、一つのインフラと化した巨大AIの暴走とそれに立ち向かう人間の姿を描く近未来SFサスペンス映画『AI崩壊』

『22年目の告白―私が殺人犯です―』の入江悠監督によるオリジナル脚本を、『キングダム』『藁の楯』の製作チームが集結し映画化。

主演の大沢たかおを筆頭に豪華実力派キャストが勢ぞろいしています。

スポンサーリンク

映画『AI崩壊』の作品情報


(C)2019「AI崩壊」製作委員会

【公開】
2020年(日本映画)

【脚本・監督】
入江悠

【企画・プロデューサー】
北島直明

【キャスト】
大沢たかお、賀来賢人、広瀬アリス、岩田剛典、高嶋政宏、芦名 星、玉城ティナ、余貴美子、松嶋菜々子、三浦友和

【作品概要】
2030年の日本という近未来に訪れるであろう「社会インフラと化したAI」による管理社会。そのAIの暴走によって生じる新たな危機と、それに立ち向かおうとするそれに立ち向かう人間たちの姿を描く近未来SFサスペンス映画。

入江悠監督によるオリジナル脚本を、『キングダム』『藁の楯』の製作チームが集結し映画化。さらに主演・大沢たかおをはじめ、賀来賢人、広瀬アリス、岩田剛典、松嶋菜々子、三浦友和など豪華実力派キャストが勢ぞろいしています。

映画『AI崩壊』のあらすじとネタバレ


(C)2019「AI崩壊」製作委員会

2030年の日本。医療AI「のぞみ」が普及、医療に限らずあらゆる分野とネットワーク上でつながり、新たな国家規模インフラとして、社会に欠かせないシステムとなっていました。

かつて「のぞみ」を開発したのは、桐生浩介と妻の望、そして望の弟の西村悟。

研究中に望が癌に倒れたことから、浩介は悟は彼女の治療を目的に研究に没頭し、「のぞみ」を完成。しかし「のぞみ」の安全性を危惧した当時の政府が認可を下すことはなく、望が助かることもありませんでした。そしてを完成させた浩介は「のぞみ」を悟に託し、娘の心とともに海外に移住したのです。

それから数年後にあたる2030年。浩介が日本へ帰国することが明らかになります。総理大臣賞が贈られることを悟から伝えられた浩介が、その誘いに応えたためです。

浩介が数年ぶりに帰国すると、そこには格差の拡大、地方社会の荒廃、そしてAI導入による失業者の増加を抗議する人々の姿がありました。

悟は「のぞみ」の運営管理を業務とするHOPE社の代表取締役として、浩介をあらたに開設したデーターセンターで出迎えました。

新センター開設のセレモニーを終え、浩介・心・悟の三人は首相官邸へ。しかし、心が「のぞみ」のサーバールームに忘れ物をしてしまったことに気が付きます。悟は浩介たちを先に行かせて、忘れ物を取りに戻りました。

その時、AI「のぞみ」が暴走を始めます。HOPE社の技術者たちが対応しますが、あまりに急な出来事に対応しきれません。

そこに、抗議運動に対応すべく現場入りしていた若き警察庁理事官・桜庭誠が率いるサイバー犯罪対策課が対応に入ります。「のぞみ」が外部から侵入を受けていることが判明し、侵入端末の所在を調べると、それは浩介の乗る車の内部でした。

「妻を見殺しにした政府への復讐をすべく浩介は帰国した」と結論付けた桜庭は、自らが開発に携わったAI「百眼」、無数の超小型ドローンを起動し、浩介を追います。

事態を把握したものの、身の潔白を示す方法を持たない浩介はその場から逃走。警察から追われる身となります。悟は浩介の潔白を信じますが、警察の捜査体制は拡大される一方でした。


(C)2019「AI崩壊」製作委員会

その中で、所轄のベテラン刑事・合田京一は警視庁捜査一課の新人刑事・奥瀬久未と組まされ、サイバー犯罪対策課との連絡係を押し付けられます。しかし、民間や個人のネットワークにまで侵入し浩介の捜索を進める桜庭の方針に反発を感じていました。

やがて奥瀬と共にサイバー犯罪対策課を抜け出した合田は、刑事の“カン”と現場第一主義を胸に独自で捜査を始めます。

浩介は極秘に悟と連絡を取り合い、事態の詳細を聞き出します。さらにエマージェンシーが掛かった「のぞみ」のサーバールームに、心が閉じ込められるという最悪の事態が発生しました。

急速な作業に対応すべくサーバールームの冷却機能が最大規模に展開されたことで、サーバールームの中は氷点下の環境に。「24時間以内に扉を開かなくては、ルーム内に残された心は低体温症で命を落とすことも考えられる」という事態の深刻さを悟から突きつけられた浩介は、「百眼」と桜庭率いるサイバー犯罪対策課の捜査の目をかいくぐって“ある場所”を目指します。

悟から詳細を聞いた浩介は「のぞみ」のプログラムを一から構築し直す必要を感じていました。しかし、タイムリミットである24時間以内にはとても作り上げることはできません。そこでかつて自身が所属していたものの、今はもう閉鎖されている東北情報先端大学・大学院の研究室を目指します。

そこには「のぞみ」の“ひな形”といえるプログラムが残っており、それを利用すれば大幅に時間を省くことができると考えたのです。

極秘に落ち合う場所を伝えていた悟、そしてフェリーを使えば比較的、監視の目が緩やかだということに気が付いた合田たち、さらに悟を追っていたサイバー犯罪対策課の実行部隊「CITE」が研究室に集います。

躊躇なく引き金を引く「CIT」Eから浩介を庇った悟は銃弾に倒れます。「『百眼』の判断に従った」という桜庭たちに、「警察官として、人間として事件に接していない」と合田は批判します。

悟の死の直前、「のぞみ」への不審なアクセスログを発見したところ、なんと、その人物は悟でした。しかし「真犯人は別にいる」と考え、多くの記録を遡っていく中で“ある人物”の姿を発見します。

以下、『AI崩壊』ネタバレ・結末の記載がございます。『AI崩壊』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2019「AI崩壊」製作委員会

「百眼」の捜査網は確実に浩介を追い詰めていきます。そして、ついに浩介の身柄を確保したかに思えましたが、それは全くの別人でした。

浩介は自身を追い続けていた「百眼」を逆にハッキングし、警察が管理するデータベース内の人物データと自身のデータが誤って合致されるように改竄していました。そのため「百眼」の目からは、“桐生浩介”として認識される人物が全国で無数に存在するようになったのです。

この間隙を縫ってデーターセンターへと舞い戻ってきた浩介は、“ひな形”を基に完成させた「のぞみ」のリカバリープログラムを起動しようとします。

しかし、最終的には心が閉じ込められているデーターセンターへ浩介が戻ってくるであろうと先回りしていた桜庭たちは、浩介の身柄を確保しようとします。

そこで浩介は、「マルウェア感染の危険性がある」と悟に伝え、バックドア付きのプログラムを彼に渡した“ある人物”の姿を捉えた、防犯カメラ映像の解析結果データを明らかにします。

そこに映っていたのは、桜庭でした。桜庭は「百眼」の開発を進めるために悟と「のぞみ」の協力を申しでていましたが、それを断られたために今回の計画を立てたのでした。

駆けつけた合田たちもろとも浩介を亡きものにしようとする桜庭ですが、浩介は超小型ドローンすらもすでにハッキングし、一部始終を世間へと公開していました。

全てが露見した桜庭を合田たちが取り押さえた後、浩介は心が閉じ込められているサーバールームに向かいます。そして暴走を続ける「のぞみ」に新たなプログラムを設定し直し、心を助け出すのでした。

スポンサーリンク

映画『AI崩壊』の感想と評価


(C)2019「AI崩壊」製作委員会

プロデューサーの北島直明は、カンヌ国際映画祭コンペティション部門にも出品された三池崇史監督、大沢たかお主演、松嶋菜々子・藤原竜也共演の映画『藁の楯』(2013)を手がけたことで、「世界市場を相手にすること、そして大沢たかおの世界に通じる存在感を強く感じた」と語っています。

そして今回、彼は入江悠監督に「大沢たかおを主役に据えての企画」を託しました。

「SRサイタマノラッパー」シリーズなどで注目を浴びた入江監督ですが、「小規模インディペンデント作品だけが自分のテリトリーだ」という思いはないようで、むしろ「そういった作品では予算・時間面で制約により撮ることのできなかった大掛かりな画作りにも挑みたい」という思いが強かったようです。

東宝やワーナーブラザースといった王手映画会社と組んで『ジョーカー・ゲーム』(2015)や『22年目の告白―私が殺人犯です―』(2017、北島プロデューサー参加作品)などを手がけ、大型エンターテイメントでの手腕を見せつけました

そして渾身のオリジナル脚本で挑むのが、SFサスペンス映画『AI崩壊』です。

『AI崩壊』は入江悠監督作品としては間違いなく最大規模の製作体制、キャスト・スタッフチームで手がけられた作品であるといえます。そこに“オリジナル脚本作品”でのGOサインが出たのですから、入江監督のスタッフ・キャストからの信頼度を感じられます。

また「機械・人工知能が人類に牙を剥く」という設定はある種の定番ですが(『ターミネーター』『2001年宇宙の旅』など数えたらキリがありません)、そこに「医療AI」という現在の社会と地続きの未来に存在しうる“リアリアティ”を取り込んだことで、物語を新鮮に、そしてより身近なものにしたという創意工夫を感じられる作品へと仕上がっています。

まとめ


(C)2019「AI崩壊」製作委員会

2019年は映画『キングダム』への出演で注目された大沢たかおですが、その一方で実は渡辺謙&ケリー・オハラ版のブロードウェイミュージカル『王様と私』の2018年・2019年のツアーに参加し、クララホム首相を全編英語台詞で演じていました

世界的なスターと世界市場を念頭に置いた作品に長期間関わったことは、明らかに“大沢たかお”という俳優にさらなるスケール感を与えました。

『王様の私』ツアー参加はちょうど大沢たかおが50歳になるタイミングの出来事ですが、元来の若々しさと色気は増してゆくばかりです。その中でハリウッドメジャーのワーナーブラザース(『藁の楯』もワーナーブラザースが製作・配給)による作品『AI崩壊』に主演したことは、世界に打って出る上でこれ以上ない名刺代わりとなるのではと感じています。

映画『AI崩壊』は2020年1月31日(金)より全国ロードショー公開!





関連記事

SF映画

【ネタバレ】マトリックス4レザレクションズ|感想考察とあらすじ内容解説。ラスト結末でシリーズ続編が魅せる“救世主の復活”【SF恐怖映画という名の観覧車157】

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile157 1999年に公開され、世界で大ヒットを記録したSF映画『マトリックス』(1999)。SF映画の一時代を築き上げただけでなく、「バレットタ …

SF映画

マイティソー2 /ダークワールド動画無料配信はHulu。あらすじと感想

2017年11月3日より公開の『マイティ・ソー/バトルロイヤル』の前作となる「マイティ・ソー」シリーズの2作目を紹介します。 前作からのキャストが続投して新たなる敵や仲間が加わってより楽しめる作品にな …

SF映画

キャプテンアメリカ/ウィンターソルジャー|ネタバレと動画無料配信法

「マーベル・シネマティック・ユニバース」の第9作品目で、「キャプテン・アメリカ」シリーズでは第2作品目です。 映画「アベンジャーズ」で仲間になったナターシャ・ロマノフや、新しいヒーローも登場して一層ド …

SF映画

カオス・ウォーキング|ネタバレ結末感想と評価解説。SF映画最新作は頭で考えたことや心の中の思いが他者にノイズとなってさらけ出されてしまう斬新な設定!

心の声が〈ノイズ〉となって視えてしまう世界で繰り広げられるSFアクションアドベンチャー。 パトリック・ネスによるSF小説『心のナイフ』〈混沌(カオス)の叫び1〉を映画化。 監督は、『オール・ユー・ニー …

SF映画

映画『時計じかけのオレンジ』ネタバレ感想と解説。ラストで描いたメッセージとは⁈

世界中の映画監督に影響を与え、今もなお、多くの映画ファンから愛されているキューブリック 映画『現金に体を張れ』『2001年宇宙の旅』『シャイニング』など、様々な作品を世に送り出した20世紀を代表する監 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学