Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

『キャプテン・マーベル』4DX映画体験リポートと感想レビュー。強く美しいニューヒーローの活躍を体感せよ!

  • Writer :
  • 松平光冬

キャプテン・マーベルの勇姿を4DXで体感!

マーベル・コミックの人気ヒーローが活躍する「マーベル・シネマティックユニバース(以下、MCU)」の第21作目となる、『キャプテン・マーベル』。

全世界でのオープニングの累計興収が、すでに『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』(2018)に次ぐ第2位というヒットとなっているこの映画が、ついに日本でも、2019年3⽉15⽇(⾦)より公開されました!

通常の2D版に、臨場感あふれるIMAX3D版など、様々な上映形態がある中で、もっとも作品世界に没入できるのが4DX上映でしょう。

4DXは、全世界1位、4D映画で2018年全世界年間動員2,400万人を突破し、爆発的に成⻑している体感型プレミアムシアター。

新たなヒーロー、キャプテン・マーベルの勇姿を、オリジナル効果やバイブ、モーションチェアで体験せよ!

スポンサーリンク

映画『キャプテン・マーベル』の作品情報


(C)2019 MARVEL

【日本公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
Captain Marvel

【監督】
アンナ・ボーデン、ライアン・フレック

【キャスト】
ブリー・ラーソン、ジュード・ロウ、サミュエル・L・ジャクソン、アネット・ベニング、ベン・メンデルソーン、ジャイモン・フンスー、クラーク・グレッグ

【作品概要】
スパイダーマン、アイアンマン、キャプテン・アメリカなど、名だたるアメコミヒーローを擁するマーベル・コミック。

そうしたマーベルヒーローを実写映画化するMCUにおいて、初の女性ヒーロー単独主役映画となるのが、『キャプテン・マーベル』です。

アベンジャーズ結成以前の1990年代を舞台に、過去の記憶を失ったヒーロー、キャプテン・マーベルの戦いを描きます。

キャプテン・マーベルを演じるのは、『ルーム』(2016)でアカデミー賞主演女優賞を受賞したブリー・ラーソン。

のちにアベンジャーズを結成するシールド長官のニック・フューリーには、シリーズを通して同役を演じてきたサミュエル・L・ジャクソンが続投します。

ほかに、スターフォースの司令官役としてジュード・ロウ、物語のカギを握る女性ウェンディ・ローソン役にアネット・ベニングがそれぞれ扮します。

監督には、MCU初の女性監督となったアンナ・ボーデンと、ライアン・フレックの2人が抜擢されました。

映画『キャプテン・マーベル』のあらすじ


(C)2019 MARVEL

全てのインフィニティ・ストーンを手に入れたサノスにより、宇宙の人口の半分が消失した世界からはるか前の過去。

宇宙帝国クリーにて、悪夢にうなされる一人の女性がいました。

ヴァースと名乗る彼女は、帝国の特殊部隊スターフォースに所属し、国を統括する人工知能「スプリーム・インテリジェンス」から最強のパワーを得た戦士でした。

その一方で、彼女は記憶喪失になっており、その元凶が敵対国スクラルにあるとして、スターフォース隊長のヨン・ロッグの下で、打倒を誓っていたのです。

しかし、スクラルとの戦闘の際に、驚異的な変身能力を持つ彼らの策略により、ヴァースは囚われの身に。

どうやらスクラルは、ヴァースの過去の記憶を求めていた模様。

記憶の中でのヴァースは、「惑星C-53」にいたことと、その星では「キャロル・ダンヴァース」と名乗っていたことが判明します。

ヴァースは隙を突いて脱出を図るも、惑星C-53に向かっていたスクラルの宇宙船の軌道のまま、彼女は落下。

落ちた先は、1995年のロサンゼルスのビデオ店、つまり惑星C-53とは地球でした。

そしてヴァースは、平和維持組織シールド捜査官のニック・フューリーと共に、地球での自らの記憶を辿る旅に出ることとなります。


(C)2019 MARVEL

スポンサーリンク

映画『キャプテン・マーベル』の4DXはココがすごい!

地響きや落下の振動、水しぶきがダイレクトに伝わる!

本作『キャプテン・マーベル』では、強い衝撃によって生じる大地の揺れや、登場人物たちが乗り込む宇宙船や電車内の振動などが、ひっきりなしに起こります。

文字だと「ガタガタ…」、「ゴゴゴゴ…」といった表記になる揺れや振動が、4DX VRモーションチェアだとダイレクトに体感できるため、観客も登場人物たちと一緒の世界に没入してしまうんです。

だからといって、乗り物酔いしそうになるほどの激しい動きではないので、ご安心を。

加えて、海に落下した時の“水しぶき”なんかも、しっかりと楽しめます。

まるで自分が闘っているかのような、バトルアクションの衝撃!

開始冒頭すぐに、ヴァース/キャプテン・マーベルとヨン・ロッグとの訓練シーンがあることからも、本作はとにかくバトルアクションが盛りだくさん

パンチ、キックはもちろん、投げ技なども含んだ激しいアクションが随所で繰り広げられますが、そうしたシーンで活きるのが4DXです。

敵味方問わず、殴られたり蹴られたり、地面や天井に叩きつけられたりする度、その衝撃が4DX VRモーションチェアで観客にも伝わるのです。

もちろんこの衝撃も痛さはなく、ある種の「心地よさ」に近い衝撃となっています。

ちなみに、キャプテン・マーベル役のブリー・ラーソンは、本作撮影の9か月前から格闘技のトレーニングを積み、体力作りに備えました。

それを知ったヨン・ロッグ役のジュード・ロウも負けじとトレーニングに励み、その結果、2人のバトルシーンは非常に波長の合ったなめらかな動きとなったそうです。

華麗にしてパワフルなバトルの数々を、4DXで堪能しましょう。

キャプテン・マーベルのスーパーパワーを“風”や“熱”、“光”で体感

キャプテン・マーベルが、他のマーベルヒーローの中でも最強クラスとされる所以は、自身に秘められた並外れた能力にあります。

強大な力を持つ彼女は、「フォトンブラスト」と呼ばれる光線を発することできます。

この光線を活かして、あらゆるものを焼き尽したり、空中飛行も可能。

さらには終盤、「バイナリー・パワー」と呼ばれる覚醒モードに入ったマーベルは、光速で動けるようになり、巨大宇宙空母でさえもいとも簡単に破壊してしまうのです。

4DXでは、このフォトンブラストもしっかりと再現

フォトンブラストが発する“熱”や、空を飛ぶマーベルの“風圧”、そして、バイナリー・パワー状態になった彼女が全身から発する“光”まで体感できてしまうのです。

さりげないカメラワークにも対応


(C)2019 MARVEL

ほかに、ツボを押さえた4DXの特徴として、カメラの動きに合わせてシートも動きます

例えば、高い位置から下界を見下ろすショットになれば、シートが前方に傾いて本当に観客が下を見下ろす姿勢に。

逆に、カメラが上空を見上げるショットになれば、シートが後方にリクライニングすることで、観客も見上げる姿勢になったりします。

カメラアングルが若干斜めならば、シートも斜めになったりと、細かいながらも遊び心あふれる仕様となっているのです。

映画『キャプテン・マーベル』の感想と評価


(C)2019 MARVEL

とにかく、キャプテン・マーベルの強さに圧倒されます。

前述したように、パワーもある上にビームも出せて、おまけに空まで飛べてしまう――その反則的な強さには脱帽するしかありません。

それでいて、短気で負けず嫌いで人付き合いが下手という性格ゆえ、終始ユーモアを欠かさないニック・フューリーとの凸凹コンビも見どころでしょう。

本作は、キャプテン・マーベルという新キャラクターのお披露目としての役割を、十分果たしている内容となっています。

スポンサーリンク

まとめ

本作の日本公開日前日に当たる2019年3月14日に、MCUの次回作『アベンジャーズ エンドゲーム』の新ポスタービジュアルが解禁となりました。

ポスターを見ても分かるように、キャプテン・マーベルの登場は確実

宇宙の人口の半分を消したサノスと、どのようなバトルを繰り広げるのかに期待が高まります。

もちろんこの作品も、4DXでの上映が決定しています。

ここまで読んできた方なら、並外れた能力を持つスーパーヒーローが大挙登場する「アベンジャーズ」シリーズと、そんな彼らの能力を直に体感できる4DXが相性バッチリなのは、もうお分かりのはず。

まずは、2019年3月15日(金)より全国の4DXシアターにてロードショーの『キャプテン・マーベル』をチェック。

そして、4月26日(金)より公開の『アベンジャーズ エンドゲーム』も、もちろん4DXで楽しみましょう!

関連記事

アクション映画

【ネタバレ感想】SHOCK WAVE ショック ウェイブ 爆弾処理班のあらすじラスト結末も

中国・香港合作映画『SHOCK WAVE ショック ウェイブ 爆弾処理班』は8月18日(土)よりシネマート新宿ほか全国順次ロードショー。 香港警察爆弾処理班VS凶悪テロリスト! アンディ・ラウが制作・ …

アクション映画

映画『ウエスタン』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

クリント・イーストウッド主演の「ドル箱3部作」を経て、新たな境地へと達した監督のセルジオ・レオーネ。 そんな彼の西部劇への愛が詰まった傑作『ウエスタン』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTEN …

アクション映画

映画『HiGH&LOW THEWORST』あらすじネタバレと感想。EXILETRIBEキャスト陣の勇姿をアクションで魅せる!

映画『HiGH&LOW THE WORST』は2019年10月4日(金)より全国ロードショー公開! 人気バトルアクション『HiGH&LOW』シリーズの最新作映画『HiGH&#038 …

アクション映画

映画『ホースソルジャー』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

アメリカ同時多発テロから17年。本国のみならず全世界を震撼させたニュース映像で見た誰もが、生涯あの映像を忘れることはできないのではないでしょうか。 映画『ホース・ソルジャー』には、あのニュース映像が使 …

アクション映画

映画『デスウィッシュ』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【ブルースウィリス主演で「狼をさらば」をリブートした作品】

ブルース・ウィリスが主演を務めた『デス・ウィッシュ』 ブルース・ウィリスがアクション完全復活!愛する者を失った善良な外科医が復讐の鬼と化し、悪党を成敗していく。 70年代の名作『狼をさらば』を現代バイ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学