Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『ブルー・バイユー』ネタバレあらすじ感想と評価解説。“移民法により引き裂かれる”家族と男の不器用さ

  • Writer :
  • 菅浪瑛子

養子としてアメリカにやってきた韓国生まれの青年が移民法により家族と引き離されてしまう悲劇を描いたドラマ

養子として3歳の時に韓国からアメリカにやってきたアントニオ(ジャスティン・チョン)。

キャシー(アリシア・ヴィキャンデル)と娘のジェシー(シドニー・コワルスケ)と仲睦まじく暮らしていたアントニオでしたが、30年以上前の養父母による手続きの不備が発覚し、移民局から国外追放命令を受けてしまいます。

ただ、家族と暮らしたい……その思いが移民法により非業にも引き裂かれてしまう残酷さ、アイデンティティに悩みながら生きるアジア系移民の葛藤を美しく力強い映像で映し出します。

80〜90年代に多く行われたアメリカの国際的な養子縁組にはきちんとした手続きが行われていないことが多く、現代になって国外通報されているという事実を知った韓国系アメリカ人ジャスティン・チョンは監督・脚本・主演を務め、本作で移民法により家族と引き離されてしまう青年の物語を描きました。

主人公の妻をアリシア・ヴィキャンデルが務め、劇中タイトルにもなっている、1963年にロイ・オービソンが発表した名曲「ブルー・バイユー」をアリシア・ヴィキャンデルが切なく歌い上げます。

スポンサーリンク

映画『ブルー・バイユー』の作品情報


(C)2021 Focus Features, LLC.

【日本公開】
2022年(アメリカ映画)

【原題】
Blue Bayou

【監督・脚本・製作】
ジャスティン・チョン

【キャスト】
ジャスティン・チョン、アリシア・ヴィキャンデル、マーク・オブライエン、リン・ダン・ファン、シドニー・コワルスケ、ヴォンディ・カーティス=ホール、エモリー・コーエン

【作品概要】
監督・脚本・主演は、映画「トワイライト」シリーズ(2009~12)などで知られるジャスティン・チョン。

共演は『アースクエイクバード』(2019)のアリシア・ヴィキャンデル、『マリッジ・ストーリー』(2019)のマーク・オブライエン、『漂うがごとく』(2019)のリン・ダン・ファンなど。

本作は、第74回カンヌ国際映画祭の「ある視点」部門に出品されました。

映画『ブルー・バイユー』のあらすじとネタバレ


(C)2021 Focus Features, LLC.

韓国で生まれ、3歳で養子としてアメリカに渡ってきたアントニオ(ジャスティン・チョン)。

シングルマザーのキャシー(アリシア・ヴィキャンデル)と結婚し、7歳の娘ジェシー(シドニー・コワルスケ)と仲睦まじく暮らしています。

キャシーの妊娠により現在のタトゥーアーティストの収入だけでは厳しくなったアントニオは、新たな職を探しています。

しかし、アントニオはアジア系であることや、過去にバイク窃盗の前科があることからなかなか新たな職に就けないでいます。そんなアントニオを案じたキャシーは介護の職に復帰することを決めます。

「真面目にやってたらきっと報われる」そうアントニオに諭すキャシー。

ある日、アントニオが義理の娘のジェシーを学校に連れて行こうとすると、キャシーは突然私を捨てるの?と聞きます。エースも私を捨てた、と。

ジェシーはキャシーの元夫で警察官のエース(マーク・オブライエン)に捨てられたと感じており、キャシーが妊娠したことから自分の娘を可愛がりアントニオも自分のことを捨てるのではないかと心配しているのです。

アントニオはそんなキャシー学校に連れて行かずにバイクの後ろに乗せ、お気に入りの場所に連れていきます。行き着いたのは美しい青い入り江でした。

そして、アントニオはジェシーに「なぜパパと呼ぶ?」と聞くと、「パパだから」と答えます。お前とママは俺を選んだ、俺も2人を選んだから捨てたりしないと強く約束します。

一方キャシーは、週一は娘のジェシーに会わせるなのに会わせないことに対し怒る元夫・エースからの電話に対し、娘が嫌がっていると拒否し続けていました。

アントニオとキャシーは、スーパーで買い物しているときにお金のことや今後のことで口論になってしまいます。

そこに居合わせたのは巡回中のエースとその相棒デニーでした。デニーはアジア系であるアントニオに対し横柄な態度でけしかけ、かっとなったアントニオは飛びかかり、逮捕されてしまいます。

キャシーは保釈金を払いましたが、アントニオは一向に保釈されず、何と移民局にいるというのです。

保釈された後日アントニオとキャシーは弁護士に呼ばれ向かうと、30年以上前の養父母による手続きの不備が発覚し、アントニオには国外追放令が出ているというのです。

裁判を起こして異議を申し立てしたとしても、その申し立てが受理されない場合は強制送還だけでなく、アメリカに戻ることも出来なくなる可能性があると言います。

更に裁判を起こす場合には5000ドルという高額な費用を用意しなければならないのでした……。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ブルー・バイユー』ネタバレ・結末の記載がございます。『ブルー・バイユー』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2021 Focus Features, LLC.

キャシーは母親に借金をしようとアントニオに相談しますが、アントニオは既に借金をしていると断り、自分で何とか工面すると言います。

タトゥーアーティストのオーナーにお金が必要だから客を紹介してほしいと頼みますが、所場代を払えと言われてしまいます。少しでも収入を増やすため路上でビラを配り、タトゥーをしてみないかと声をかけるも誰も止まってくれません。

そんなアントニオに声をかけたのは、以前キャシーの産院に行った際に出会った同じくアジア系の移民の女性・パーカーでした。

パーカーはタトゥーを入れてみたいと言います。アントニオはバイクで店まで行くためヘルメットをかぶるように言うと、パーカーは髪の毛を取ります。つけていたのはウィッグだったのです。

なぜタトゥーを入れようと思ったのかとアントニオがきくと、パーカーは自分の命がもう長くないことを告げ、記念にタトゥーを入れたかったと話します。その話を聞いたアントニオはお代はいらないと頑なに言います。

パーカーはその代わりに仲間と集まって食事をする際にぜひ来てほしいと言います。後日パーカーから連絡が来てアントニオはキャシーを連れて食事会にやってきます。

パーカーはベトナムから家族で逃れてきた難民でした。食事会には多くのベトナム系の移民たちが集、家には家族の写真が飾られていました。家族は2船に分かれアメリカに向かい、パーカーと父が乗った船は無事に辿り着きましたが、母や姉妹が乗った船は沈没し、家族は命を落としたと言います。

なぜ同じ船に乗らなかった?とアントニオが聞くと全滅するのを防ぐためだったとパーカーは答えます。

皆で食事をし、音楽に合わせて歌い、踊る……パーカーの親族を見たアントニオはアメリカではにみたいだと驚きます。突然キャシーに声がかかり、歌を歌うよう促されます。

戸惑っていたキャシーでしたが、美しい歌声で「ブルー・バイユー」を歌い上げます。

家族と共にいたいけれど、大金を用意する当てがない…と困ったアントニオはとうとう昔の仲間に連絡してまたしてもバイクの窃盗をしてしまいます。そこに駆けつけた警官の中にはエースもいました。

アントニオがどうやってお金を用意したのかと疑問に思うキャシーにエースがバイクの窃盗があったことを知らせます。更に弁護士により、アントニオの養母が生きていたことを知らされショックを受けます。

なぜ何も言ってくれないのか、家族なのだから嘘をついてほしくない。養母が聴聞会に来てくれれば、強制送還にはならないかもしれないと言いますが、アントニオは頑なに養母には頼めないと言います。

今までどんな思いでここまで来たか、里親を転々とし、やっと落ち着いたと思えば養父から虐待され、養母は見ていたのに何もしなかった、だから養母には頼めないと苦しそうに言うアントニオ。

キャシーは泣きながらアントニオの元を去り、ジェシーを連れて実母の元に帰ってしまいます。

一人になったアントニオは意を決して養母に会いにいきます。どうして自分を養子にしたのか、養父の元を去る時に一緒に来てほしいと頼んだのにあんたは俺を選ばなかった、と涙ながらに訴えますが養母は何も答えません。

お願いだから聴聞会に来てほしい。顔を出すだけでいいからと言い残しアントニオは去ります。

そして迎えた聴聞会の日。アントニオはスーツを着て聴聞会に向かう前に飲食店に入ります。その姿を見ていたのは、エースの相棒デニーとその仲間たちでした。

差別的な言葉を吐きながらアントニオに暴行をし、アントニオは行くところがあるからと懇願しますが、聞き入れてもらえませんでした。アントニオ不在の聴聞会には養母の姿もありました。

朦朧とした意識の中アントニオが見たのは自分を川に溺れさせようとした生母の姿でした……。

溺れかけていたアントニオは意識を取り戻し、キャシーらの元に向かいますが、何度玄関を叩いてもキャシーは扉を開けようとはしませんでした。

アントニオの強制送還が間近に迫った頃、エースはデニーからお前のためにあの野郎を殴ったと知らされ愕然とします。デニーを逮捕し、キャシーにアントニオが聴聞会に来れなかった理由を伝えます。

キャシーはエースから話を聞くと、アントニオが強制送還される日に母親の目を盗んで娘たちに支度をさせると空港に向かいます。アントニオを見つけると私たちも一緒に行くと言います。

そこにエースもやってきます。ジェシーを抱きしめ、しばらく会えなくなるとお別れを言います。その姿を見ていたアントニオは心を決め、キャシーと娘たちにここに残るんだと言います。向こうには住める家もないんだ、と。

嫌がるキャシーを宥め、アントニオは背を向け歩き出します。それまで口を開いていなかったジェシーが突然わっと泣き出し、行かないで一緒にいたいと泣き叫びます。
その声を聞いたアントニオはたまらず職員の腕を振り解きジェシーを抱きしめます。

離れたくない、そう強く思っても叶わず職員らに引き離されてアントニオは韓国へ強制送還されていくのでした……

スポンサーリンク

映画『ブルー・バイユー』の感想と評価


(C)2021 Focus Features, LLC.

アジア系移民であることと不器用さ

本作は、80〜90年代、アメリカで多く行われていた国際養子縁組でアメリカにやってきた移民らが30年近く経った今、市民権がないとして移民法に則り国外追放されてしまうという実際に起きている現状を題材に映画にしています。

エンドロールには数々の家族と引き離され強制送還され、今もなおアメリカの市民権を持てないでいる人々が映し出されていました。

また、近年『ミナリ』(2021)や『フェアウェル』(2021)などアメリカで暮らすアジア系移民を取り扱った映画が次々と出てきています。

上記に挙げた映画のなかで、共通して描かれているのはどこの国にも属せない移民たちの拠り所のなさ、つまりアイデンティティの揺らぎであるように感じます。

ジャスティン・チョン演じる主人公アントニオは里親の元を転々とし、やっと落ち着いたところでは養父から虐待され、養母はそれを見ても助けてくれなかったと言います。

どんな人生を送ってきたかわからないだろう、それはアジア系移民としてアメリカで生きていくことの大変さをそのまま物語っているようにも感じます。

アントニオに対し、差別的な発言をし、高圧的な態度であった警官のデニー。それはアントニオがアジア系の移民だから、なのでしょう。

アントニオがバイクの窃盗をした仲間らの多くもアントニオと同じくアジア系の人物もいました。アメリカに30年近く暮らしていながらも、偏見の目で見られアメリカ人というアイデンティティを持ちにくい現状があるように見受けられます。

そんな中であったベトナム系のパーカーとその親族らは、ベトナムから逃れてきた移民でした。食事会に誘われたまるでアメリカではないみたいだと驚きます。アメリカではありながらパーカーとその親族らにはしっかりとしたコミュニティがあり、自身の文化をきちんと持ち続けているのです。

そのような拠り所もなかったアントニオは、どこか他人を頼れず、相談をすることからも逃げてしまいます。それが後にアントニオとキャシーの間に大きな溝を作ってしまいます。

アントニオの不器用さは、アントニオが生きてきた環境とも無縁ではないのかもしれません。

まとめ


(C)2021 Focus Features, LLC.

ジャスティン・チョンが監督・脚本・主演を務めた映画『ブルー・バイユー』。

タイトルにもなっている『ブルー・バイユー』は青い入り江のことであり、劇中アリシア・ヴィキャンデルが歌った楽曲「ブルー・バイユー」は、1963年にロイ・オービソンが発表し、リンダ・ロンシュタットのカバーで知られる名曲です。

更にアントニオが唯一覚えている韓国の記憶は入り江で船に乗り赤ん坊を沈めようとしている母親の姿でした。

本作は入り江の様子など幻想的な場面も織り交ぜながらホームビデオのような質感で主人公アントニオとその家族を映し出しています。

突如国外追放令を受けてしまうアントニオのあまりにも理不尽な現実家族の絆を美しく彩る温かみのある映像がギャプを生み出し観客の心に訴えかけてきます。

同時に、映画に描くことで問題を浮き彫りにし、人々の届かぬ叫びを伝えようとしたジャスティン・チョン監督の必死さをも伺える映画でした。




関連記事

ヒューマンドラマ映画

岩井俊二映画『ピクニック』ネタバレ感想と考察。PiCNiCで描いたトラウマの境界線を越えた3人

岩井俊二監督が描く無垢で残酷な映像美『PiCNiC』 映画『PiCNiC』は、独特な世界観で描いた映像から、“岩井美学”と呼ばれる岩井俊二監督自ら脚本を手掛けました。 様々な事情で心に病を抱えた3人の …

ヒューマンドラマ映画

映画『サムライせんせい』あらすじネタバレと感想。人気漫画を市原隼人で実写化

幕末150周年記念作品として製作された映画『サムライせんせい』は、黒江S介の同名コミックス「サムライせんせい」(リブレ刊)の原作を映画化しました。 幕末を奔走した土佐藩の“熱き志士”武市半平太が平成の …

ヒューマンドラマ映画

映画『ネクストドリーム』ネタバレあらすじ感想とラスト結末の評価。音楽業界のスター歌手とアシスタントのつながりと信頼を描く!

ハリウッドの音楽業界を舞台に人とのつながりや絆の大切さを描く 『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』のダコタ・ジョンソンと、ダイアナ・ロスの娘トレイシー・エリス・ロスが主演を務めたヒューマンドラマ『ネ …

ヒューマンドラマ映画

映画『BLUE/ブルー』ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。松山ケンイチの演技力でボクシング関係者を慈しむ

理想と現実の間に悩みながらも努力を尽くす挑戦者たちの生き様を描く! 『犬猿』(2018)などの作品で知られる吉田恵輔監督が、自身が30年以上も取り組んできたボクシングを題材に脚本を執筆。拳闘シーンの殺 …

ヒューマンドラマ映画

『500ページの夢の束』感想と評価。ウェンディとスタートレックの関係性とは

映画『500ページの夢の束』は、9月7日(金)より新宿ピカデリーほか全国ロードショー。 天才人気子役から大人の女優になったダコタ・ファニングと、『JUNO/ジュノ』や『マイレージ、マイライフ』のプロデ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学