Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2019/12/10
Update

映画『ジョン・デロリアン』ネタバレ感想とレビュー評価。実話を基に理想の車を作ろうとした男の転落人生を描く

  • Writer :
  • 松平光冬

“未来の車”を作ろうとした男の波乱万丈な半生。

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』で一世風靡したタイムマシンのベースカーは、如何にして誕生したのか?

伝説の名車デロリアン(DMC-12)の開発者の半生を描いた映画『ジョン・デロリアン』が、2019年12月7日(土)より新宿武蔵野館ほかで全国ロードショーされます。

スポンサーリンク

映画『ジョン・デロリアン』の作品情報


(C)Driven Film Productions 2018

【日本公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
Driven

【監督】
ニック・ハム

【キャスト】
ジェイソン・サダイキス、リー・ペイス、ジュディ・グリア、コリー・ストール、イザベル・アレイザ、マイケル・カドリッツ、エリン・モリアーティ

【作品概要】
「バック・トゥ・ザ・フューチャー」トリロジー(1985~90)に登場するタイムマシンのベースとして使用され、一躍その名が知れた車・デロリアン(DMC-12)の開発者である、ジョン・デロリアンの波乱に満ちた半生を描きます。

ジョンを演じるのは、「ホビット」トリロジー(2012~14)や『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014)などに出演するリー・ペイス。

ジョンと奇妙な友情で結ばれるジム・ホフマン役を、『モンスター上司』(2011)、『なんちゃって家族』(2013)のジェイソン・サダイキスが演じます。

そのほか、『トゥモローランド』(2015)、『15時17分、パリ行き』(2018)のジュディ・グリア、『ファースト・マン』(2019)のコリー・ストールといったキャストが脇を固めます。

監督は、カルト的評価を得たサスペンス『穴』(2001)で知られるニック・ハムです。

映画『ジョン・デロリアン』のあらすじとネタバレ


(C)Driven Film Productions 2018

1982年のアメリカで、とある裁判の証人として法廷に向かう一人の男がいました。

その男ジム・ホフマンは、弁護側の質問をジョークで切り返し、法廷内に笑いを起こします。

時はさかのぼり、1977年の南カリフォルニア。

パイロットのホフマンは、自身が操縦する飛行機に妻エレンや子どもたちを乗せて着陸した直後、FBIのベネディクトに包囲されます。

ホフマンは密かに麻薬ディーラーのモーガンの運び屋をしており、機内に大量のコカインを積んでいたのです。

かねてから大物を摘発して手柄を上げようと目論んでいたベネディクトは、ホフマンに情報提供者となるよう強要し、断ると刑務所行きにすると脅します。

やむなくそれを受け入れたホフマンは、サンディエゴ郊外の邸宅を与えられて引っ越すことに。

その隣に建つ豪邸の主が、自分が乗る車「ポンテアックGTO」の開発者であるジョン・デロリアン本人と知り、驚くホフマン。

ゼネラルモーターズ(GM)を退職し、「デロリアン・モーター・カンパニー」を立ち上げたばかりのジョンは、翼のように真上に開くガルウィングのドアを持つ車のデザイン画を描き、「これこそ未来の車だ」とホフマンに説明するのでした。

隣人ということで親しくなったホフマンは、ジョンが開いたパーティーに招かれます。

その席で、デロリアン(DMC-12)のデザイン画を披露したジョンは、幼少時から車好きだったことや、父親がバラバラにした車の部品を、一人で元通りに組み立てたなどの思い出を語るのでした。


(C)Driven Film Productions 2018

そんな中ホフマンは、ベネディクトの命令で体に盗聴器を仕掛け、モーガンの元へ。

しかし気弱になったホフマンは盗聴器をすぐ外してしまい、モーガンにFBIから圧力をかけられていることをバラしたばかりか、彼のご機嫌を取るべく、ジョンが近々開くであろうパーティーに勝手に招待するのでした。

ホフマンの予想通り、豊富な人材や工場を北アイルランドに確保してデロリアン生産を進めていたジョンは、再びパーディーを開催。

テレビ番組の有名ホストのジョニー・カーソンに広告塔目的でデロリアンをプレゼントしていたジョンは、その場で彼の感想をスピーカーフォンで室内全体で聴かせるも、返ってきたのは「故障の多い欠陥車」という辛辣な内容でした。

恥をかかされたと激怒するジョンがスタッフたちと裏で口論する最中、パーティーに来たモーガン夫妻がコカインを吸って大騒ぎとなる事態に。

必死に彼らを止めるホフマンを密かに上階から見下ろすジョンは後日、デロリアンの売れ行きが悪いために、会社再建で3000万ドルもの資金が必要だと告白。

そして、「君の人脈で誰か紹介して欲しい」と頼むのでした。

後日ホフマンは、「ジョンから3000万ドルの麻薬取引を頼まれた」とベネディクトに伝え、モーガンとまとめて逮捕させる代わりに、自身の前科の帳消しとモーガンが稼いだ金の10%を要求します。

(C)Driven Film Productions 2018

ある日の朝、ホフマンとジョンはポンテアックに乗ってサンディエゴを出ます。

2人を待っていたのは、金融業者に扮したベネディクトでした。

ホフマンの仲介で現れたモーガンは、ホフマンを「一番信用できない奴」と言いながらも、ジョンとの麻薬取引に応じます。

数日後、コカインに用立てる金が無いとのジョンの電話を受け、ホフマンはベネディクトに彼に金を貸すよう要求。

FBIが麻薬取引に金を出すのかと呆れるベネディクトでしたが、仕方なくそれを呑むことに。

夜、大量のコカインを車に積んでホフマンの前に現れたモーガン夫妻は、待ち構えたFBIに捕らえられます。

だまされたモーガンは、ありとあらゆる罵声をホフマンに浴びせるのでした。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ジョン・デロリアン』のネタバレ・結末の記載がございます。本作をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

数日後、ジョンとホフマンは、金融業者役のベネディクトたちが待つホテルに向かいます。

ホテルに到着してまもなく、ジョン宛にデロリアン社のスタッフであるビルから電話が。

それは、会社に億単位の融資をしてくれる取引先が見つかったという朗報でした。

しかしジョンは、「その話を受けると会社が乗っ取られてしまう」と電話を切ります。

ベネディクトの部屋に入ろうとするジョンを制止し、「やっぱり他の策を考えよう」とホフマン。

しかしジョンは微笑んで感謝の言葉を述べ、部屋に向かいました。

目の前に出されたコカインの袋を手にし、「金塊よりこっちの方が軽くていい」と笑うジョンはその直後、部屋に押し入ったFBIに手錠をかけられることに。

ジョンは、あ然とした表情で対面に座っていたホフマンを見つめるのでした。

逮捕から数日経った夜、ふと目が覚めたホフマンが無人となったジョンの邸宅に行くと、保釈されたジョンが姿を現します。

ホフマンから、父親がバラバラにした車を元通りにした話はウソだと指摘されたジョンは、「父親はロクでもない人物だった」と言って、その場を去ります。

法廷。

「麻薬取引の話はジョンの方から持ちかけたのか」と弁護人に問われ、わずかな沈黙の後に「微妙です」と答えるホフマン。

法廷内がさわめく中、被告側のテーブルには笑みを浮かべたようにも見えるジョンの姿がありました。

そして判決は、ジョンの無罪を言い渡します。

法廷を後にするジョンを見守るホフマンの背後から、「なぜ全てを言わなかった」と問うベネディクト。


(C)Driven Film Productions 2018

それから数日後、証人保護プログラムにより再び居を移したホフマンは、とあるカフェにいました。

そこにアタッシュケースを持って現れたジョンは、妻とは別れたものの、また新たな車を作ることを宣言します。

「君が作る車はこれだろ」と言って、ジョンに一枚の紙を差し出したホフマン。

それは、2人の初対面時にジョンが描いたデロリアンのデザイン画でした。

それを笑顔で受け取り、大金が入ったアタッシュケースとデロリアンの鍵を置いて去るジョン。

颯爽とデロリアンに乗り込んで鍵を回したホフマンでしたが、一向にエンジンがかからず、途方に暮れるのでした。
(C)Driven Film Productions 2018

スポンサーリンク

映画『ジョン・デロリアン』の感想と評価

(C)Driven Film Productions 2018

アメリカンドリームを体現できなかった男

「デロリアン」という車名を知らなくても、映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のタイムマシンのベースとなった車と聞けば、多くの人がその姿を思い出せるでしょう

その車、デロリアン(DMC-12)を作ったのが、本作のタイトルロールでもある人物のジョン・デロリアンです。

自身が理想とする車作りを目指す男の実話を描いた映画といえば他に、フランシス・F・コッポラ監督の『タッカー』(1988)がありますが、本作のジョンもまた、大いなる野望とカリスマ性を発揮してデロリアンを作りました。

ただ、ジョンが『タッカー』の主人公プレストン・タッカーと違うのは、そうした彼が持つ野望やカリスマ性に“もろさ”がある点です。

異常なほどプライドが高くて負けず嫌いな性格は、一方で彼の人間的なもろさを感じさせます。

(C)Driven Film Productions 2018

また、ジョンは「アメリカでは男は仕事で判断される」、「夢の車こそ成功したアメリカ人が憧れる車だ」と、己を鼓舞する言葉をやたらと発します。

ジョンがデロリアン製造に着手する1970年代後半から1980年代前半といえば、レーガン政権が掲げたスローガン「強いアメリカ」が吹き荒れた時代。

本作は、理想の車を作ることで自らも「強いアメリカ」の象徴になろうとするも、あと一歩のところで転落してしまった男の悲劇でもあります。

一番の策士は誰なのか


(C)Driven Film Productions 2018

タイトルこそ「ジョン・デロリアン」という人物の名を冠した本作ですが、真の主役は隣人のジム・ホフマンです。

実在のホフマンは、証人保護プログラムにより現在も行方が分からない状態となっているため、本作では小心でお調子者の、“信用できない語り手”として描いています。

最初こそ華やかな生活を送るジョンに憧れるも、いつしかそれが嫉妬と憎悪に変わり、ついには自身の欲のために彼を罠にはめる――という字面だけ見れば、ホフマンは身勝手な悪者です。

しかし本作では、だまされた側のジョンが完全な被害者とは言えない描写にしているのがポイント。

裁判では、ホフマンとFBIの誘導によりジョンが麻薬取引をしたのか、もしくはジョンの方からホフマンに麻薬取引を持ちかけたのかが争点となりますが、劇中ではあえてその真相をあやふやにしています。

ラストでの2人の再会からも、「ひょっとすると2人は最初から…」と思わせますし、ジョンが時おり見せる微笑みも、どこか不気味さを感じずにはいられません。

傍目こそ両極端なホフマンとジョンの、奇妙にして複雑な友情関係にも注目です。

まとめ


(C)Driven Film Productions 2018

これまで述べてきたように、いくつかの謎を含んだ本作ですが、ジョンの車作りへの情熱自体は、疑いようのない事実でしょう。

そしてもう一つの事実は、その車が故障続出のトラブルを抱えていたということ。

その皮肉が利いたラストに、思わずニヤリとさせられることでしょう。

映画『ジョン・デロリアン』は、2019年12月7日(土)より新宿武蔵野館ほかで全国ロードショー




関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『ピーナッツ・バター・ファルコン』あらすじネタバレと感想。ザックの障害とは関係なく受け入れた人たちの交流

『ピーナッツ・バター・ファルコン(原題:The Peanut Butter Falcon) 』は、老人ホームで暮らす22才のザックが主人公。 夢を叶える為にホームを脱走したザックと出会う人々との交流を …

ヒューマンドラマ映画

『愛を綴る女』あらすじと感想レビュー【マリオン・コティヤール主演】

マリオン・コティヤール主演の映画『愛を綴る女』は10月7日(土)より、東京・新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開。 この映画の原作は2006年に出版されたイタリア人作家のミレーネ・ …

ヒューマンドラマ映画

映画『ガラスの城の約束』ネタバレ感想。ブリー・ラーソンが原作者ジャネット・ウォールズの半生を演じる

映画『ガラスの城の約束』は2019年6月14日(金)より、新宿シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMA他にて全国順次ロードショー! 『ガラスの城の約束』は、元ニューヨーク・マガジンのコラ …

ヒューマンドラマ映画

【ネタバレ】グリーンブックの実話ならではの感動のラスト結末。アカデミー賞も納得の脚本と演技力

第91回アカデミー賞で最優秀作品賞、脚本賞、助演男優賞(マハーシャラ・アリ)。 学の無いがさつなイタリア系用心棒と、天才黒人ピアニストの凸凹コンビが差別の色濃い南部への旅に出ます。 実話ならではの感動 …

ヒューマンドラマ映画

映画『銃』キャスト女優日南響子(トースト女)の演技力。原作をより魅力的にした女神の存在感

芥川賞作家・中村文則の同名デビュー作を、『百円の恋』の武正晴監督のメガホン、村上虹郎と広瀬アリスの共演で映画化。 第31回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門に正式出品された本作。 11月17日(土 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学