Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『マティアス&マキシム』あらすじと感想評価レビュー。グザヴィエ・ドラン作品の新たなる“青年の純愛と友情”

  • Writer :
  • 山田あゆみ

映画『マティアス&マキシム』は2020年9月25日(金)全国順次ロードショー

映画『マティアス&マキシム』は、『Mommy』や『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』のグザヴィエ・ドラン監督による最新作です。

ルカ・グァダニーノ監督の『君の名前で僕を呼んで』に感銘を受けたドラン監督が製作した自身初の純愛映画となっています。

監督の実際の友人たちをキャストに迎えて、地元ケベックで撮影されたという初めての試みが満載な本作。

また、ドランが自身の作品に出演するのは、2013年の『トム・アット・ザ・ファーム』以来7年ぶりになり、その演技にも注目が集まっています。

スポンサーリンク

映画『マティアス&マキシム』の作品情報


(c)2019 9375-5809 QUÉBEC INC a subsidiary of SONS OF MANUAL

【日本公開】
2020年(カナダ映画)

【監督】
グザヴィエ・ドラン

【キャスト】
ガブリエル・ダルメイダ・フレイタス、グザヴィエ・ドラン、ピア・リュック・ファンク、サミュエル・ゴティエ、アントワン・ピロン、アディブ・アルクハリデイ、ハリス・ディキンソン、アンヌ・ドルヴァル、ミシュリーヌ・バーナード、マリリン・カストンゲイ、キャサリン・ブルネット

【作品概要】
グザヴィエ・ドラン監督が『君の名前で僕を呼んで』(2017)にインスパイアされ、友情と恋のはざまで揺れる青年の12日を描いた純愛映画です。

冒頭にクレジットで「エリザ〈『ブルックリンの片隅で』(2017)〉、フランシス〈『ゴッズ・オウン・カントリー』(2019)〉、ジョエル〈『ある少年の告白』(2019)〉、ルカ〈『君の名前で僕を呼んで』(2018)〉に捧ぐ」と出てきます。4作品とも、ホモセクシュアルの作品という括りを通り越して、繊細な心の動きやジェンダーの問題を観るものに訴えかける作品です。

ケヴィン役のハリス・ディキンソンは『ブルックリンの片隅で』の主演を務めたことで評価を得た俳優。ほかにはダニー・ボイル制作のFXドラマ「TRUST/トラスト ゲティ家のスキャンダル」に出演し、2020年公開予定の『キングスマン:ファースト・エージェント』ではレイ・ファウンズと共に主役に抜擢されている新鋭俳優の一人です。

上記の4作の映画に影響を受けたドランは、自分は本当に作りたいものをごまかしていたのではないかと感じたと言っています。自身はゲイを公言し、過去作の登場人物にも投影していたものの、さらけ出すのを躊躇していた部分があったのかもしれません。本作が率直で生の感情が伝わる映画となっているのは、監督の覚悟と新たな挑戦だといえるでしょう。

映画『マティアス&マキシム』のあらすじ


(c)2019 9375-5809 QUÉBEC INC a subsidiary of SONS OF MANUAL

婚約者がいるマティアスと、あと数日で街を離れるマキシム。

幼馴染みのふたりは、友人宅のパーティーで友人の妹から頼まれて、映画の撮影のためにキスシーンを演じることになりました。

そのキスをきっかけに互いへの想いに気づき始めるふたりでしたが、マキシムが街を出ていく日は刻一刻と迫ります。

スポンサーリンク

映画『マティアス&マキシム』の感想と評価


(c)2019 9375-5809 QUÉBEC INC a subsidiary of SONS OF MANUAL

友情の物語

本作はこれまでのドラン作品とは違い、全体を通して親近感が漂う映画だと感じました。それは、ドラン作品の中では初めて「仲間の存在」が軸になっているというのが一因といえます。

友人たちによってとめどなく交わされる何気ない会話や戯れ、何の意味もなさそうなシーンから感じられるのは、日常感です。

監督の実際の友人らがキャスティングされているということで自然体なゆるさがよりその雰囲気を醸しだしているのではないでしょうか。

その日常感が観る者に「もし自分が同性の友人を好きになったらどうするか」と考えさせるのです。

繊細な心の揺れの表現


(c)2019 9375-5809 QUÉBEC INC a subsidiary of SONS OF MANUAL

ドラン監督作品の素晴らしい点は、クライマックス以外のシーンでも心を奪われるような美しいシーンがあることだといえます。それは本作も同じでした。

一度芽生えた感情が止まることなく走り続けることを思わせるような映像や音楽表現は健在で、ピアノの旋律に乗せて繊細な心模様をエモーショナルに描いています

細かな目配せや、距離感の変化など心の揺れ動きを見せる主演ふたりの演技は見事です。ドラン演じるマキシムは顔に痣がある役で、どこか陰のあるキャラクターでした。

この痣を、自身の心の傷を表現したものだと監督は語っており、人目を気にして生きるということの辛さと気の置けない友人たちこそが唯一の救いになるというメッセージが込められています。

友人たちといるときに得られる安心感はほかに替えがきかないもので、友情と恋の間で葛藤するマキシムの切ない表情には心を揺さぶられました

まとめ


(c)2019 9375-5809 QUÉBEC INC a subsidiary of SONS OF MANUAL

公開されるのが初秋ということで作中の季節にマッチしていて、帰り道きっと気持ちよく劇場を後にすることができるはずです。

グザヴィエ・ドランの新境地、ぜひスクリーンで堪能するのをお勧めします。

映画『マティアス&マキシム』は2020年9月25日(金)全国順次ロードショー



関連記事

ヒューマンドラマ映画

『バハールの涙』ネタバレ感想レビュー。実話を基にした映画でゴルシフテ・ファラハニバが演じた女性の強さとは

2018年ノーベル平和賞受賞者ナディア・ムラトの言葉によって、全世界に性暴力の被害の実態が訴えられました。 映画『ババールの涙』は、ナディアと同じ境遇を持ち、捕虜となった息子を助けるために銃を取り立ち …

ヒューマンドラマ映画

映画『アリー/スター誕生』のあらすじとキャスト。レディー・ガガの真の魅力とは

これがレディー・ガガの真の音楽性、そして、演技力だ! 誰も観たことのないレディー・ガガにして、誰もが観たかったレディー・ガガの姿がここにはある!! スポンサーリンク CONTENTS映画『アリー/スタ …

ヒューマンドラマ映画

Netflix映画『最高に素晴らしいこと』ネタバレ感想と考察解説。ラストまで“心の病との闘い”をエル・ファニングとジャスティス・スミスで描く

心の傷みを知っているから「大事な人を助けたい」。その思いが見えなかった世界を明るくする青春物語。 今回は事故で大切な姉を亡くしてしまった主人公が、不登校がちなクラスメイトによって立ち直るまでの、心の触 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ザ・プレイス 運命の交差点』あらすじネタバレと感想。謎の男とは何者なのか

謎の男が真実を見抜く 2019年4月5日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほかにて公開の映画『ザ・プレイス 運命の交差点』。 全編カフェの中というワンシチュエーションで進んで行く本 …

ヒューマンドラマ映画

映画『この道』あらすじネタバレと感想。EXILE AKIRAが山田耕筰と北原白秋の友情を熱演

歌い継がれて100年。童謡誕生から100年経った今でも、日本人の心の故郷を思い起こさせる童謡『この道』は、どのようにして誕生したのでしょうか。 詩人・北原白秋と音楽家・山田耕筰が出会って生まれた歌「こ …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP