Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2021/12/23
Update

映画『静謐と夕暮』感想評価とあらすじ解説。梅村和史監督が描く“皆が忘れていくこと”を辿る記憶の旅とは

  • Writer :
  • からさわゆみこ

映画『静謐と夕暮』は池袋シネマ・ロサにて2022年1月8日(土)〜1月14日(金)1週間限定レイトショー上映!

映画『静謐と夕暮』は、梅村和史監督が京都造形芸術大学映画学科・2019年度卒業制作として手がけた作品で、2020年の第44回サンパウロ国際映画祭でも上映されました。

本作は梅村監督が脚本・撮影・音楽などを兼任し、プロデューサー・録音・照明等を唯野浩平、主演の山本真莉もスタッフとして参加しており、3人のみで制作されています。

舞台は電車が往来する鉄橋の下にある川辺と、主人公のアパートとアルバイト先、そして……。

写真家の男が川辺に向けてカメラを構えると、咳き込みあきらかに衰弱してる老人に、若い女性がやってきて、原稿用紙の束を渡して去っていく様子をみます。

翌日、再び写真家が川辺に行くと、その原稿を読む人物を目撃します。そこにはいったい何が書かれているのか、なぜ彼女は原稿を書く必要があったのか……。

スポンサーリンク

映画『静謐と夕暮』の作品情報

【公開】
2022年(日本映画)

【英題】
Silence and Sunset

【監督・脚本】
梅村和史

【キャスト】
山本真莉、延岡圭悟、入江崇史、石田武久、長谷川千紗、梶原一真、仲街よみ、野間清史、ゆもとちえみ、栗原翔、和田昂士、岡本大地、石田健太、福岡芳穂、赤松陽生、吉田鼓太良、南野佳嗣、鈴木一博、中山慎悟

【作品概要】
梅村和史監督は短編映画『つたにこいする』(2018)で監督デビューし、本作が長編映画の初監督作品となり、第44回サンパウロ国際映画祭・新人監督コンペティションにノミネートされました。

主人公カゲ役の山本真莉、写真屋役の延岡圭悟はともに京都芸術大学とのコラボ作品である、福岡芳穂監督映画『CHAIN チェイン』に出演していて、その福岡芳穂監督が“市場のおじさん役”でカメオ出演しています。

川辺の老人役は、映画俳優や声優として活躍する入江崇史が務め、自転車の男役には俳優だけではなく映像系などマルチに活動中の石田武久が務めます。

映画『静謐と夕暮』のあらすじ

写真家の男が川辺を歩いていると、そこで生活しているとみられる老人に、原稿用紙の束を渡す若い女性の姿を目にします。老人は激しく咳きこみ衰弱しているように見えます。

翌日、再び男がその場所に行くと、その原稿を読んでいる女性がいてそこには、昨夜の女性が書き溜めたと思われる、この川辺の街での日常がしたためられていました。原稿では自分のことを“カゲ”と称しています。

ある日、カゲがいつものように川辺にやってくると、そこには黄色い自転車が止めてあり、川辺には見知らぬ男が座っています。

そして数日後、カゲの住んでいるアパートの隣室に、黄色い自転車の男が引っ越してきます。彼は夜な夜なピアノを弾き、カゲはその音色に幼い頃の記憶を夢にみます。

翌朝、部屋の戸に手紙が挟まり、焼き菓子の入った箱があります。カゲは焼き菓子の礼なのか返事を書いて、男の家の戸に挟みます。

すると次の日にその返事が……次第に男のことが気になりはじめたカゲは、黄色の自転車で出かける彼の後をつけていくことにしますが……。

スポンサーリンク

映画『静謐と夕暮』の感想と評価

映画『静謐と夕暮』は卒業制作ということもあり、公式HPに掲載されているイントロダクションからは梅村監督が縁のある人物に本作を捧げているのではと読み取ることができます。

また梅村監督をはじめ、本作に携わった唯野浩平と山本真莉は上映に際し、鑑賞後には個々にある“記憶”や“思い出”に、何か感じる部分があってほしいという願いを語っています。

タイトルになっている「静謐」の意味のごとく、早朝や深夜の静けさ、「夕暮」のような安らぎ感が作品全体に流れます。

しかし、それは昼間の喧噪の中では忘れ去られた時間であり、逆に人にとって忘れてはならない大切な時間帯でもあります。つまり、それらの時間を“記憶”に置き換えているようにも思えます。

主人公のカゲがピアノの音色や夏草のそよぐ音、鉄橋を走り抜ける列車の音、また音だけではなく匂いや味から忘れかけた記憶を思い出していく場面があります。まさにそれと同じように本作には、ある種のサブリミナル効果のようなものを感じます。

例えば、映像からは“匂い”はしてきません。ところが風がそよぎ夏草が揺れ、光が反射し川面が揺れ、突然の雷雨などの視覚から与える効果は、匂いの記憶を引き出します

あたかもそこにいるように、草や川、雨上がりの土の匂いなどが、フワッと感じるのです。

すると不思議なことに、この映画の物語が登場人物のことを描いたものではなく、自分の思い出話のごとく、記憶とすり替わっていくのを感じていきます。「これはもしかしたら、監督や制作スタッフ達の術中にまんまとはまったのか?」と驚きを隠せません。

もし脚本に個人的な思い出や感情・感傷が込められていたとしても、その枠を飛び越え各々の解釈や感想に委ねられる作品です。

極端にセリフが少なく、同じシチュエーションが繰り返されるのが、サブリミナル効果だとすれば、ラストシーンでようやく転調し、現実をみつめ直す時間といった感じです。

それが“136分”……サブタイトル「136分、記憶の旅」という意味合いに通じていきます。長いと感じるのか、まだまだ足りないと思うのか……蓄積された“記憶”の量によるかもしれません。

映画としては稀代な作品で、観る者を選んでしまう類ではありますが、若年の監督が描いた作品でありながら、“悟り”を感じさせるという面において、その才能が存分に発揮された渾身作です。

まとめ

梅村和史監督・脚本作品『静謐と夕暮』は、河瀨直美監督作品『あん』(2015)、是枝裕和監督作品『そして父になる』(2013)、『海よりもまだ深く』(2016)が賞を獲得するなど、近年では重要な映画祭と位置付けられるサンパウロ国際映画祭で新人監督コンペティションにノミネートされました。

それを反映するかのように、梅村監督は国内の映画関係者からも高く評価され、大きな注目を集めています。

主人公のカゲが原稿に綴った日常の出来事が、物語となって描かれ進んでいく本作。

夏草の色が強烈な印象を与えながら、日常の風景や音がさりげなく通り過ぎていく映像が、その場所がどこであろうが、自分の記憶の中の風景になじみ、郷愁や哀愁に似た気持ちにさせてくれる作品です。

映画『静謐と夕暮』は、2022年1月8日(土)から1月14日(金)の1週間限定で、池袋シネマ・ロサにてレイトショー上映されます。



関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『顔のないヒトラーたち』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

戦後70年を過ぎ、外国映画の中には、アドルフ・ヒトラーやアウシュヴィッツを題材にした作品が多く製作され、次々に日本でも公開されています。 その中でも、『顔のないヒトラー』は、ちょっと物々しい邦題からは …

ヒューマンドラマ映画

映画『アパートの鍵貸します』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。ビリーワイルダー代表作の小道具の演出を考察

米国アカデミー賞の作品賞・監督賞・脚本賞のビリー・ワイルダー代表作 1960年にアメリカで公開され、同年のアカデミー賞の五部門を受賞した映画『アパートの鍵貸します』。 監督、脚本、制作を務めたのは映画 …

ヒューマンドラマ映画

映画『それだけが、僕の世界』あらすじと感想レビュー。パク・ジョンミンら俳優陣の演技力は必見!

イ・ビョンホン主演『それだけが、僕の世界』が、12月28日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほかにて全国ロードショー。 伝説的スターであるイ・ビョンホン、超大型の若手俳優パク・ジョンミン、ベテラン女 …

ヒューマンドラマ映画

実話映画『SKIN/スキン』あらすじと感想レビュー。レイシストからの更正を誓い顔のタトゥーを剥いだ若者

ヘイトの“仮面”を剥いで更生の道を歩んだネオナチ青年を描く実話 レイシストとして生きてきた若者の贖罪と苦悩を描く映画『SKIN/スキン』が、2020年6月26日より新宿シネマカリテほかにて公開となりま …

ヒューマンドラマ映画

【ネタバレ】ロブ・ライナー映画『記者たち』の評価と解説。戦争背景を理解する洋画6選の紹介も

『記者たち~衝撃と畏怖の真実~』は、2019年3月29日(金)より、東京・TOHOシネマズシャンテほかロードショー! イラク戦争の大義名分となった大量破壊兵器の存在に疑問を持ち、真実を追い続けた実在の …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学