Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

Entry 2018/01/15
Update

映画『パンとバスと2度目のハツコイ』あらすじとキャスト。上映館はどこ?

  • Writer :
  • 西川ちょり

2月17日(土) より全国のイオンシネマにて公開される『パンとバスと2度目のハツコイ』をご紹介します。

深川麻衣、山下健二郎(三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)というフレッシュな二人が共演!

恋愛群像劇に定評のある今泉力哉監督がメガホンを取っています。

スポンサーリンク

1.映画『パンとバスと2度目のハツコイ』の作品情報


(C)2017映画「パンとバスと2度目のハツコイ」製作委員会

【公開】
2017年(日本映画)

【監督】
今泉力哉

【キャスト】
深川麻衣、山下健二郎、伊藤沙莉、志田彩良、安倍萌生、勇翔、音月桂

【作品概要】
「乃木坂46」の元メンバーで、グループ卒業後は舞台やCMで活躍してきた深川麻衣の映画初出演作。主役のふみを演じる。

中学時代の初恋の相手、たもつと再会したふみは・・・。

たもつを「三代目 J Soul Brothers」の山下健二郎が演じている。

群像恋愛映画でピカイチの腕を見せる今泉力哉監督が、こじらせた男女の”2度目のハツコイ”を描く。

2. 深川麻衣(市井ふみ役)のプロフィール


(C)2017映画「パンとバスと2度目のハツコイ」製作委員会

1991年3月29日生まれ。静岡県出身。

2011年、乃木坂46第一期メンバーオーディションに合格。心の広い穏やかな性格から「聖母」と称され、親しまれます。

中心メンバーとして活躍しますが、女優の道を進むため、2016年〈6月)乃木坂46を卒業。

乃木坂のメンバーとして、幾つかのテレビドラマに出演していますが、NHK BSプレミアム『プリンセスメゾン』(2016年10月~全8回)でソロとして、ドラマ初出演を果たします。

『パンとバスと2度目のハツコイ』は、映画初出演にして初主役。結婚になかなか踏ん切りがつかない“恋愛こじらせ系女子”役に挑みました。

舞台やCMでも活躍中です。

スポンサーリンク

3. 山下健二郎(湯浅たもつ役)のプロフィール


(C)2017映画「パンとバスと2度目のハツコイ」製作委員会

1985年5月24日生まれ。京都府出身。

2010年劇団EXILEのメンバーとなり、同年、三代目J Soul Brothersのパフォーマーに抜擢されます。

俳優としては、2016年10月、配信ドラマ「福家堂本舗 -KYOTO LOVE STORY-」(Amazonプライムビデオ)に出演。2017年3月、dTVドラマ「Love or Not」にて初主演を果たします。

人気シリーズ「HiGH&LOW」では「山王連合会」のダン役で出演。

新感覚シットコムドラマ『漫画みたいにいかない。』(Hulu)では、“ゆとり世代でもないのに定職につかずプラプラしている漫画家アシスタント”の荒巻弘彦を演じ、好評を博しました。

『パンとバスと2度目のハツコイ』では、バスの運転手、湯浅たもつを演じています。

東京国際映画祭での舞台挨拶では、今泉監督が「山下さんが鏡越しに手を洗うシーンがあるんですけど、テストの時に何回やってもかっこよくなっちゃって何度も撮りなおした」というエピソードを披露。

それほど、かっこいい人であるということなのですが、本人は「褒められているような、褒められていないような・・・」と受け答えして、会場を沸かせていました。

5.映画『パンとバスと2度目のハツコイ』の今泉力哉監督とは?

参考映像:『サッドティー』予告編

1981年2月1日、福島県郡山市生まれ。名古屋市立大学芸術工学部視覚情報デザイン学科卒業。

伝説のバンド「たま」の元メンバー三人にスポットをあてた音楽ドキュメンタリー『たまの映画』(2010)などを経て、2012年、モト冬樹生誕60周年記念作品『こっぴどい猫』を監督。

総勢15人の男女が繰り広げる一筋縄ではいかない恋愛模様を痛快に描き、とりわけ、終盤の還暦祝いの修羅場シーンが圧巻の一本です。

2013年の『サッドティー』は冒頭のワンシーンワンカットが印象的で、複数の人間の恋愛模様が、くすっと笑える可笑しみを持って描かれます。

2016年の『知らない、ふたり』は、韓国の人気男性グループ「NU’EST」のレン、彼に恋する女性役の青柳文子ら、7名の男女の想いが交錯する物語です。

複数の男女の恋愛模様を絶妙なユーモアを持って描く手腕は職人芸ともいえ、『パンとバスと2度目のハツコイ』にも期待が高まります。

その他の作品に『鬼灯さん家のアネキ』(2014年)、『退屈な日々にさようならを』〈2016)などがあります。

スポンサーリンク

6.映画『パンとバスと2度目のハツコイ』のあらすじ


(C)2017映画「パンとバスと2度目のハツコイ」製作委員会

パン屋で働いている市井ふみは、独特の恋愛観を持っていました。

「私をずっと好きでいてもらえる自信もないし、ずっと好きでいられる自信もない」と付き合っていた恋人からのプロポーズも断ってしまいます。

そんな時、ふみは、中学時代の初恋相手だった湯浅たもつと偶然再会します。

たもつは相変わらず素敵でしたが、離婚した元妻のことを未だに思い続けていました。

「どうしたら同じ人をそんなに長く好きでいられるのかな?」

恋愛こじらせ女子の面倒な恋が走り出す?! 

モヤモヤしながらキュンとする“モヤキュン”ラブストーリー。

7.映画『パンとバスと2度目のハツコイ』の公開される劇場は

本作の公開される劇場は、以下のイオンシネマ上映劇場にて2月17日より上映となります。

北海道・東北地区

宮城県 名取(022-381-0708)

福島県 福島(024-533-0740)

関東・甲信越地区

茨城県 守谷(0297-47-0101)

埼玉県 羽生(048-560-3302)
埼玉県 越谷レイクタウン(048-990-3661)
埼玉県 浦和美園(048-812-2055)

東京都 板橋(03-3937-1551)
東京都 シアタス調布(042-490-0039)
東京都 むさし村山(042-567-8717)
東京都 日の出(042-588-0722)

千葉県 幕張新都心(043-213-3500)
千葉県 千葉ニュータウン(0476-40-7887)

神奈川県 港北ニュータウン(045-914-7677)
神奈川県 みなとみらい(045-222-2525)
神奈川県 海老名(046-233-4444)

中部地区

静岡 富士宮(0544-28-2222)

岐阜 各務原(058-380-7077)

愛知県 名古屋茶屋(052-309-4610)
愛知県 大高(052-629-2323)
愛知県 長久手(0561-64-5610)
愛知県 常滑(0569-36-2355)
愛知県 豊田KITARA(0565-35-1751) 
愛知県 岡崎(0564-72-3024)
新潟県 新潟西(025-230-8787)
石川県 新小松(0761-21-6880)

関西・中国・四国地区

滋賀県 近江八幡(0748-37-3433)
滋賀県 草津(077-561-4545)

京都府 京都桂川(075-925-0075)
京都府 久御山(075-633-0901)
京都府 高の原(0774-71-9545)

奈良県 西大和(0745-31-7171)

大阪府 四條畷(072-863-1166)
大阪府 茨木(072-621-0807)
大阪府 大日(06-6906-0707)
大阪府 りんくう泉南(072-480-5007)

和歌山県 和歌山(073-456-5055)

兵庫県 三田ウッディタウン(079-563-8787)
兵庫県 明石(078-934-4944)
兵庫県 加古川(079-420-5501)

岡山県 岡山(086-235-0139)

香川県 綾川(087-870-8787)

徳島県 徳島(088-622-5065)

九州・沖縄地区

福岡県 福岡(092-938-9666)
*記載された情報は1月15日時点のものです。公開後セカンド上映など全国順次公開される可能性もあります。お近くの劇場をお探しの際は公式HPをご覧ください。

まとめ


(C)2017映画「パンとバスと2度目のハツコイ」製作委員会

コミック原作の実写映画が花盛りの昨今ですが、今泉監督は、オリジナル作品で勝負されてきた方。

脚本も自身が担当しており、コミカルな独特の味わいの中、はっとさせられる台詞が頻繁に登場します。

『パンとバスと2度目のハツコイ」の予告編を観ても、気になる台詞がいっぱい。ふみとたもつの”2度目のハツコイ“はどのように展開していくのでしょうか!?

主役の二人は勿論、脇を固める伊藤沙莉、志田彩良の活躍も楽しみの一つです。

『パンとバスと2度目のハツコイ』は、2月17日(土)イオンシネマにて全国公開されます! お近くのイオンシネマをチェックしてみてくださいね!!

関連記事

ラブストーリー映画

映画『ラブセカンドサイト』ネタバレあらすじ感想とラスト結末の評価。大人のラブストーリーをフランソワ・シビルが演じて“真実の愛”を知る

最愛の女性が自分を知らない世界に迷い込み本当の“愛”を知るラブストーリー 『あしたは最高のはじまり』のユーゴ・ジェラン監督、『エール!』の制作陣が再タッグ! 若くして結婚したユーゴ・ジェラン監督が「一 …

ラブストーリー映画

映画『パームスプリングス』ネタバレ感想解説とラスト結末の評価。繰り返すタイムスリップの恋愛の行く末

同じ日常を繰り返す男女の恋模様を描くハートフルコメディ 映画『パーム・スプリングス』が、2021年4月9日(金)より新宿ピカデリーほか全国ロードショー中です。 2021年のゴールデングローブ賞で作品賞 …

ラブストーリー映画

映画『雪の華』あらすじネタバレと感想。登坂広臣と中条あやみ共演で中島美嘉の2003年のヒット曲を映像化

中島美嘉の2003年のヒット曲『雪の華』を基にしたラブストーリー映画『雪の華』は、2019年2月1日(金)より全国ロードショー。 本編の約半分を北欧フィンランドで撮影、爽やかな日差しのさす夏と雪に囲ま …

ラブストーリー映画

安藤政信映画『スティルライフオブメモリーズ』のあらすじとキャスト。監督紹介も

映画『STILL LIFE OF MEMORIES(スティルライフオブメモリーズ)』は、7月21日(土)より、新宿K’s cinemaほか全国順次ロードショー! フランスの芸術家アンリ・マ …

ラブストーリー映画

オムニバス映画『おかざき恋愛四鏡』感想レビューと評価。川井田育美監督の「はちみつイズム」で描いた“恋愛の厳しさ”

映画『おかざき恋愛四鏡』は2020年1月24日(金)イオンシネマ名古屋茶屋ほか全国順次公開。 若手の監督とキャストによる、4つの恋愛ストーリーを描いた、映画『おかざき恋愛四鏡』。 それぞれ違う作風を持 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学