Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/10/26
Update

映画『ベイビーティース』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。予告動画もエモいフレッシュなラブストーリー!

  • Writer :
  • 石井夏子

胸が張りさけるほど愛おしいモーメント・ラブストーリー!

第76回ヴェネチア国際映画祭にてマルチェロ・マストロヤンニ賞(最優秀新人賞)を受賞した映画『BABYTEETH』。

(C) 2019 Whitefalk Films Pty Ltd, Spectrum Films, Create NSW and Screen Australia

邦題を『ベイビーティース』と改め、2021年2月19日(金)より新宿武蔵野館、 渋谷ホワイトシネクイントほか全国で公開されること
が決定いしました。

併せて解禁された予告編・ビジュアルと共に、本作をご紹介します。

解禁となったビジュアルは、目の覚めるようなターコイズブルーの髪の主人公ミラがプールサイドに座る、⻘を基調とした鮮やかなデザイン

「恋してる。生きている。」というコピーを語るような躍動的な眼差しが印象的なものとなっており、出会いによって、色のなかった日々がカラフルに色づきだしたミラの眩いほど鮮明で命に溢れる世界が表現されています。

スポンサーリンク

映画『ベイビーティース』について

病を抱える16歳のミラは、孤独な不良⻘年モーゼスと出会い恋に落ちます。命を謳歌し、刹那的に今を生きるミラ、不器用ながらもミラを優しく包み込むモーゼス、ただただ愛する娘を想う両親…。

モーメント・ラブストーリー『ベイビーティース』は、愛おしさに包まれる劇的なクライマックに涙が溢れます。

監督は本作が⻑編デビューとなるシャノン・マーフィー。前衛的な世界観で少女の最初で最後の恋をヴィヴィッドに描き出し、世界各国の映画祭を席巻、[注目すべき10人の監督](Variety誌)にも選出されています。

ミラ役は『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』で注目を集め[次世代スター10人](Hollywood Reporter誌)にも選
ばれたエリザ・スカンレン

モーゼス役には、本作で激賞を浴びヴェネチア国際映画祭〈最優秀新人賞〉を受賞したブレイク必至のトビー・ウォレス

新進気鋭の俳優がフレッシュでダイナミックな演技を披露し、各メディアから「愛があふれている」(THE PLAYLIST)、「驚くほどに美しい」(SIGHT AND SOUND)、「心が痛むほど儚い⻘春映画」(VARIETY)など、絶賛の声があがりました。

映画『ベイビーティース』の予告編


この度解禁された予告編は、病を抱える主人公ミラ(エリザ・スカンレン)と孤独な不良⻘年モーゼス(トビー・ウォレス)の出会いのシーンから始まります。

初めての恋に胸躍らせるミラ、不器用ながらもミラに寄り添うモーゼス、娘を想うあまり時に激しくぶつかり合いながらも向き合っていく両親、そして直面するミラの命の期限を前に、それぞれが感情をぶつけ合う姿が映し出されました。

後半ではミラとモーゼスが過ごした日々の美しい瞬間が散りばめられており、切なくも愛おしいクライマックスへの片鱗を覗かせるエモーショナルな予告編となっています。

スポンサーリンク

映画『ベイビーティース』の作品情報

【日本公開】
2021年(オーストラリア映画)

【原題】
BABYTEETH

【監督】
シャノン・マーフィー

【キャスト】
エリザ・スカンレン、トビー・ウォレス、エシ―・デイヴィス、ベン・メンデルソーン

映画『ベイビーティース』のあらすじ

病を抱える16歳のミラは、孤独な不良⻘年モーゼスと出会い恋に落ちました。

ミラの初めての恋を両親は心配し猛反対しますが、ミラは怖いもの知らずで自分を特別扱いせずに接してくれるモーゼスに惹かれてしまいます。

彼との刺激的でカラフルに色づいた日々を駆け抜けていくミラでしたが…。

スポンサーリンク

まとめ

参考:『ベイビーティース』の公式Twitter

16歳のミラの最初で最後の恋。色のなかった世界がヴィヴィッドに色づきだします。

新鋭俳優が織りなす、モーメント・ラブストーリー映画『ベイビーティース』は、2021年2月19日(金)より新宿武蔵野館、渋谷ホワイトシネクイントほか全国で公開です。


関連記事

新作映画ニュース

映画『ホムンクルス』伊藤学役は成田凌。演技力の評価とプロフィール紹介

サイコミステリー『ホムンクルス』は2021年4月2日公開 山本英夫原作の国民的カルト漫画を、『呪怨』シリーズ、『犬鳴村』など国内外で活躍する日本ホラー界の巨匠・清水崇監督が綾野剛を主演に迎え実写化した …

新作映画ニュース

文晟豪(ムン・ソンホ)と望月歩のコメント公開!映画『五億円のじんせい』場面写真解禁も

GYAO+Amuse映画製作オーディション企画NEW CINEMA PROJECT第一回グランプリ作品! 文晟豪(ムン・ソンホ)監督が望月歩を主演に迎え、“命の価値”を問う映画『五億円のじんせい』が、 …

新作映画ニュース

大森立嗣らが映画『MOTHER マザー』の撮影舞台裏や制作過程を語る!オンラインシンポジウムイベントレポート

「“へその緒”を切った後、つまり最小のアイデンティティである“母と子”をずっと描きたかった」 実話をベースにし、既成の価値観では測れない親子のあり方を問いかける感動の衝撃作『MOTHER マザー』が全 …

新作映画ニュース

『スピルバーグ!』映画監督の真実に迫ったドキュメンタリー独占日本初放送!

ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』や『ウエストワールド』などで知られるHBOが製作。 ドキュメンタリー『スピルバーグ!』は、BS10スターチャンネルにて独占日本初放送されますが、冒頭3分間の映像を特別 …

新作映画ニュース

映画『楽園』キャストのクメール人の母・洋子役は黒沢あすか【演技力の評価とプロフィール】

映画『楽園』が2019年10月18日より全国で公開。 『悪人』『怒り』など映像化が続くベストセラー作家・吉田修一。 その最高傑作と評される『犯罪小説集』が、『64-ロクヨン-』を大ヒットさせた名匠・瀬 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学