Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/06/26
Update

映画『子供はわかってあげない』朔田さんの実父・藁谷友充役は豊川悦司。演技評価とプロフィール!

  • Writer :
  • 谷川裕美子

映画『子供はわかってあげない』は2021年8月20日より全国ロードショー

数々の漫画賞を受賞した田島列島の傑作コミックを原作とした映画『子供はわかってあげない』が2021年8月20日より全国公開、テアトル新宿では8月13日より先行公開されます。

『南極料理人』『横道世之介』で知られる沖田修一監督の最新作です。

主演の上白石萌歌はじめ、細田佳央太、千葉雄大、古舘寛治、斉藤由貴、豊川悦司ら超豪華俳優が出演します。

『南極料理人』『横道世之介』の沖田修一監督が高校生の青春ストーリーを生き生きと映し出す『子供はわかってあげない』。

水泳部の女子高生・美波が書道部男子のもじくんと意気投合し、幼い頃に別れた実の父を探し当てひと夏を共に過ごす姿を、ユーモアたっぷりに温かく描く青春物語です。

主演は『未来のミライ』『義母と娘のブルース』『いだてん~東京オリムピック噺~』など映画・ドラマの話題作に次々に出演する、瑞々しい魅力にあふれる若手女優・上白石萌歌。

共演には、新人ながら石井裕也監督作『町田くんの世界』主演に大抜擢された細田佳央太はじめ、豊川悦司、千葉雄大、斉藤由貴、古館寛治ら名優が顔を揃えます。

この記事では藁谷友充役の豊川悦司について詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『子供はわかってあげない』の作品情報


(C)2020「子供はわかってあげない」製作委員会 (C)田島列島/講談社

【公開】
2021年(日本映画)

【監督】
沖田修一

【キャスト】
上白石萌歌、細田佳央太、豊川悦司、千葉雄大、斉藤由貴、古館寛治

【作品情報】

田島列島の人気同名コミックを、『南極料理人』『横道世之介』の沖田修一監督が実写化した青春ストーリー『子供はわかってあげない』。

ヒロインの女子高生・美波が友人の男子・もじくんと共に、幼い頃に離れ離れになった実の父を探し当て、一緒に海辺の町で夏休みを過ごす様がユーモラスに描かれます。

主人公の女子高生・美波を演じるのは、映画『羊と鋼の森』やドラマ『義母と娘のブルース』『いだてん~東京オリムピック噺』などで大活躍中の若手人気女優・上白石萌歌。

ヒロインの相手役のもじくん役を、新人ながら石井裕也監督作『町田くんの世界』主役に大抜擢され、2021年TBSドラマ日曜劇場『ドラゴン桜2』でも活躍中の細田佳央太が演じます。

美波の実の父親を豊川悦司、母を斉藤由貴が演じるほか、千葉雄大、古舘寛治ら演技派が脇を固めます。

映画『子供はわかってあげない』のあらすじ


(C)2020「子供はわかってあげない」製作委員会 (C)田島列島/講談社

水泳部の高校2年生・美波は、ひょんなことがきっかけで書道部のもじくんと意気投合します。

ある日、美波のもとに突然届いた「謎のお札」をきっかけに、2人は幼い頃に行方がわからなくなった美波の実の父を捜すことに。

女性のような見た目で、探偵をしているというもじくんの兄・明大の協力により、実の父・藁谷友充を意外とあっさり捜し当ててしまった美波たち。

美波は今の家族には内緒で友充に会いに行きますが、父は元教祖でした。

怪しげな父に戸惑いつつも、美波は海辺の町で夏休みを一緒に過ごしますが…。

スポンサーリンク

映画『子供はわかってあげない』藁谷友充役は豊川悦司

参考映像:『必死剣鳥刺し』(2010)

映画『子供はわかってあげない』で藁谷友充役を演じる豊川悦司は1962年3月18日生まれの俳優。大阪府出身。アルファエージェンシー所属。

大学在学中は演劇部に所属し、本格的に俳優を志して中退。

演劇集団円の研究生を経てから1983年に渡辺えり主催の劇団3〇〇に入団。『瞼の母』で初舞台を踏みます。

7年在籍後、渡辺えりの紹介で現在の事務所に移籍。

1989年『君は僕をスキになる』のオーディションに合格して、映画初出演を果たしました。

1992年に松岡錠司監督作『きらきらひかる』に出演し、数々の映画新人賞を受賞。
ン絵の
1995年岩井俊二監督作『Love Letter』で好演し数々の映画賞を受賞。

同年の大ヒット純愛ドラマ『愛していると言ってくれ』では耳が不自由な青年画家役で大ブレイクしました。

2010年『必死剣鳥刺し』『今度は愛妻家』で数々の映画賞を総なめにします。

映画『一度も撃ってません』『八墓村』『北の零年』『命』、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』、ドラマ『ビューティフルレイン』『青い鳥』、ハリウッド大作映画『ミッドウェイ』など数々の作品に出演。

映画『子供はわかってあげない』藁谷友充はどんな役?


(C)2020「子供はわかってあげない」製作委員会 (C)田島列島/講談社

豊川悦司演じる藁谷友充は、上白石萌歌演じるヒロイン・美波の実の父。なにやら怪しげな男で、元教祖の疑惑あり。

幼い頃に別れた美波が会いに来て、一緒に夏休みを過ごすことになります。

スポンサーリンク

豊川悦司の演技力の評価は

参考映像:『今度は愛妻家』(2010)

様々な役を圧巻の演技で魅せ、数々の映画賞を受賞する経歴を持つ怪優・豊川悦司。

1992年『きらきらひかる』『課長島耕作』で第18回日本アカデミー賞はじめ数々の新人賞を受賞し、注目を集めます。

1995年に岩井俊二監督作『Love Letter』では第19回日本アカデミー賞優秀助演男優賞、話題賞、第20回報知映画賞最優秀助演男優賞を受賞するなど数々の映画賞を受賞

その後も『八墓村』『命』『北の零年』などでも日本アカデミー賞はじめ様々な映画賞を獲得

2010年の『必死剣鳥刺し』『今度は愛妻家』では、第34回日本アカデミー賞優秀主演男優賞はじめ報知映画賞、ヨコハマ映画祭、キネマ旬報ベスト・テンなど、名だたる映画賞を総なめにする活躍をみせました。

ドラマ『愛していると言ってくれ』では聴覚障がいを持った青年画家・榊晃次役で大ブレイク。最高視聴率28.1%を超える大ヒットに。

繊細で美しい手話で切なくヒロインに語りかける姿に、女性ファンが急増しました。

『愛していると言ってくれ』北川悦吏子脚本のNHK朝ドラ『半分、青い。』では、怪しげな売れっ子漫画家・秋風羽織を怪演。

キャラクターを作り上げるために北川と2人で早い段階から構想を練ってキャラクターを作り上げたそうです。

本作『子供はわかってあげない』で演じるのも、秋風に通じるような怪しさたっぷりの男。ヒロインの実父で、元教祖の疑惑ある男・友充を演じる豊川悦司に要注目です。

豊川悦司の公式SNSの紹介

残念ながら豊川悦司の公式SNSはみつけられませんでした。

まとめ


(C)2020「子供はわかってあげない」製作委員会 (C)田島列島/講談社

田島列島の傑作コミックを原作に、『南極料理人』『横道世之介』で知られる沖田修一監督が描きだすユーモラスで温かい青春物語『子供はわかってあげない』。

主人公の女子高生・美波を、『義母と娘のブルース』『いだてん~東京オリムピック噺~』など数々の話題作やCMで大活躍中の上白石萌歌が演じます。

ヒロインと旅する少年・もじくん役には、石井裕也監督作『町田くんの世界』主演を務め、人気ドラマ『ドラゴン桜2』でも活躍中の細田佳央太。

美波が探しあてたどこか怪しげな実の父親役を、名優・豊川悦司がユーモアたっぷりに演じます。

千葉雄大、斉藤由貴、古館寛治ら実力派が脇を固めます。

注目の映画『子供はわかってあげない』は、2021年8月20日よりロードショーです。





関連記事

新作映画ニュース

映画『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』上映館/日本公開日。名曲の裏話やクラプトンのインタビューから再評価するドキュメンタリー!

製作総指揮はマーティン・スコセッシ、ロン・ハワード。 音楽界の超大物たちのインタビューと当時の貴重な映像の数々で贈るドキュメンタリー。 2019年トロント国際映画祭オープニング作品として選出された映画 …

新作映画ニュース

映画『その手に触れるまで』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。ダルデンヌ兄弟がカンヌ監督賞を受賞した感動作!

ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ監督最新作。 第72回カンヌ国際映画祭にて監督賞を受賞したジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ監督。 (C) Les Films Du Fleuve …

新作映画ニュース

鬼滅の刃の遊廓編はいつから放送か⁈アニメ続編の決定に柱・宇髄天元や堕姫などキャラたちの勇姿が再び

『鬼滅の刃』待望のアニメ2期の放送が決定! 2020年の映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』が空前絶後のメガヒットを記録したことによって、「以降のストーリーのテレビアニメ化/映画化はいつなのか?」と人 …

新作映画ニュース

山田涼介映画『記憶屋』あらすじとキャスト。織守きょうやの小説を原作とした実写公開日は2020年!

記憶を消すことは悪なのか正義なのか? 泣けるほど切ない物語が待望の実写映画化。 第22回日本ホラー小説大賞(読者賞)を受賞した織守きょうや氏の小説『記憶屋』が、主演・山田涼介(Hey! Say! JU …

新作映画ニュース

俳優TAKAHIROが演技力で魅せる映画『僕に、会いたかった』本編映像解禁。親子の葛藤を寡黙に体現!

TAKAHIROが俳優として新境地! 寡黙な演技で魅せる記憶喪失の苦悩と葛藤とは。 (C)2019「僕に、会いたかった」製作委員会 日本の音楽シーンをリードするダンス&ヴォーカルグループ「EXILE」 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学