Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/08/14
Update

映画『サラブレッド』あらすじとキャスト。アントン・イェルチンの遺作のポスター解禁!

  • Writer :
  • 石井夏子

幼馴染みの二人の少女アマンダ&リリーの「凶暴な友情」とは。

ドラッグの売人ティム役で故アントン・イェルチンが出演していることでも話題の映画『サラブレッド』が、2019年9月27日(金)よりシネクイント、シネマカリテほかで全国ロードショーされます。

ポスタービジュアルが解禁となり、監督・脚本デビュー作となるコリー・フィンリーのコメントも到着しましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

映画『サラブレッド』について

(C)2019 Universal Studios. All Rights Reserved.

本作『サラブレッド』はサンダンス映画祭観客賞を始め、ゴッサム賞脚本賞やインディペンデント・スピリット賞新人脚本賞など、インディペンデント作品を対象とする映画賞に多数ノミネートされたスタイリッシュ・サスペンスです。

コネティカットの広大な屋敷や乗用馬厩舎、上流階級の世界を舞台に、長年疎遠だった幼馴染みの少女二人(アマンダ&リリー)は、再会し心を通わせていきます。

友情が深まるにつれお互いの凶暴な性格が顔を出し始め、やがて自分達の人生を軌道修正する為に、リリーと不仲だった継父の殺害を計画するという、歪んだ友情を描いた作品です。

アマンダ役を演じたのは、『レディ・プレイヤー1』(2018)でヒロインに抜擢され、本作でも素晴らしい演技を見せる実力派女優オリヴィア・クック

また、リリー役には、『スプリット』(2016)でメイン・キャストを演じ、本作でもカリスマ性と力強さを見せる個性派女優アニャ・テイラー=ジョイが扮します。

そして、ティム役には、「スター・トレック」シリーズで一気にブレイクしたものの、本作が遺作となった演技派俳優アントン・イェルチン

さらに、監督・脚本を手掛けたのは、ニューヨークで演出家・劇作家として活躍し、本作がデビュー作となる新人監督コリー・フィンリーです。

コリー・フィンリー監督のコメント

本作が映画の監督・脚本デビュー作となるコリー・フィンリーは、演出家・劇作家ならではの製作のきっかけを以下のように語りました。

「この数年間、ある会話劇が私の頭の中を席巻していました。その会話は、コネティカット州の郊外に住む二人のティーンエイジャーの口から発せられる事になりました。そのうちの一人の主人公アマンダは、自分にはあらゆる人間の感情が無いという確信を持ち、感情を持っているように見せかけながら生きてきました。もう一人の主人公リリーは、一見すると敏感で社会に上手く順応しているように思えますが、実は途轍もなく大きな衝動的感情を隠し持っています。その感情が発露すれば、思慮分別は全て消え去り、周りからの評価は一転してしまうでしょう。彼女達のこんがらがった友情がこの物語の軸となりました。『サラブレッド』は、元々は舞台劇を想定していたんです」

スポンサーリンク

映画『サラブレッド』のポスタービジュアル

本記事冒頭に掲載した、本作のポスタービジュアルでは、達観した表情の無感情なアマンダと物憂げで不安そうな表情の感情的なリリーが、ソファーの上で寛ぎながらも、目線を外し少し距離を置く姿が写し出されています。

また二人の下で反転しているのは、リリーが住んでいる巨大な屋敷に佇む、ドラッグの売人で共犯者のティム。

「三つの秘密、二つの裏切、一つの事件が絡み合う」というキャッチコピーと共に、謎に満ちた三人の関係性を示唆するビジュアルとなっています。

映画『サラブレッド』の作品情報

(C)2019 Universal Studios. All Rights Reserved.

【日本公開】
2019年(アメリカ映画)

【監督・脚本】
コリー・フィンリー 

【キャスト】
オリヴィア・クック、アニャ・テイラー=ジョイ、アントン・イェルチン

スポンサーリンク

映画『サラブレッド』のあらすじ

(C)2019 Universal Studios. All Rights Reserved.

長年疎遠だった幼馴染みの少女アマンダ(オリヴィア・クック)とリリー(アニャ・テイラー=ジョイ)は、コネティカット州の郊外で再会。

鋭いウィットを磨いて強烈な個性を育んだアマンダは、そのせいで社会からのけ者にされていました。

一方、上品で洗練された上流階級のティーンエイジャーに成長したリリーは、名門校に通いながら一流企業でのインターンも経験中。

反対に思えた二人は、リリーが抑圧的な継父を憎んでいると発覚した事がきっかけで心を通わせていきますが、友情が深まるにつれて互いの凶暴な性格が顔を出し始めます。

やがて、自分達の人生を軌道修正する為、二人はドラッグの売人ティム(アントン・イェルチン)を雇い、継父の殺害を依頼しますが…。

まとめ

(C)2019 Universal Studios. All Rights Reserved.

オリヴィア・クックとアニャ・テイラー=ジョイという注目の若手女優が共演したスタイリッシュサスペンス『サラブレッド』。

2016年に交通事故で他界したアントン・イェルチンがドラッグの売人ティム役で出演しています。イェルチンにとってはこれが遺作となりました。

映画『サラブレッド』は2019年9月27日(金)よりシネクイント、シネマカリテほかで全国ロードショーです。

ご期待下さい。



関連記事

新作映画ニュース

映画『多日想果(タピオカ)』あらすじ。台湾オーガニックカフェ【atea茶舗】お店情報も

台湾と日本のかけ橋を目指す。 俳優の大門嵩が監督・プロ―デュース・出演を務めた短編映画『多日想果(タピオカ)』が、現在上映会に向けたクラウドファンディングを行っています。 台湾の魅力が詰まった本作につ …

新作映画ニュース

映画『都会のトム&ソーヤ』あらすじ/キャスト/公開日/特報動画。はやみねかおる原作の人気シリーズがオリジナルストーリーで実写化!

はやみねかおるの大人気小説シリーズ“マチトム”遂に実写映画化。 リアル脱出ゲームの生みの親「SCRAP」と強力タッグ、命がけの謎解きゲーム「エリアZ」に中学生コンビが挑みます! (c)2021マチトム …

新作映画ニュース

【角川シネマ有楽町&梅田ブルク7】中国映画祭「電影2019」を3月6日より開催上映!注目の厳選作品6本を公開

中国映画厳選6本を一挙上映 百花繚乱の魅力を放つ最新中国映画、厳選6本を一挙上映!! 中国映画祭「電影2019」は2019年3月6日(水)より、東京&大阪で開催です。 さらに開催前日の3月5日(火)に …

新作映画ニュース

映画『Cosmetic DNA』あらすじ/キャスト/公開劇場情報!ゆうばりファンタ映画祭にて北海道知事賞の快作

「ゆうばりファンタスティック映画祭2020」北海道知事賞・受賞作『Cosmetic DNA』 現代を生きる女性たちを取り巻く社会の不条理と理不尽を、センシティブ×ブラック×ブラッディに描き切った大久保 …

新作映画ニュース

映画『るろうに剣心 最終章』キャストの高杉晋作役は安藤政信!演技評価とプロフィール紹介

大ヒットシリーズ『るろうに剣心』の完結編第2弾『るろうに剣心 最終章 The Beginning』は2021年6月4日公開 和月伸宏の人気コミックを佐藤健主演&大友啓史監督で実写映画化した大ヒットシリ …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学