Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

未体験ゾーンの映画たち2019で公開決定!韓国映画『マリオネット 私が殺された日』あらすじとキャストの見どころは⁈

  • Writer :
  • 中村綾子

「未体験ゾーンの映画たち2019」情報!

ヒューマントラストシネマ渋谷にて開催中の「未体験ゾーンの映画たち2019」で、韓国映画『マリオネット 私が殺された日』が3月15日 (金)より公開することが決まりました!


ⓒ 2018 OASISENT. ALL RIGHTS RESERVED.

『ハン・ゴンジュ 17歳の涙』『トガニ 幼き瞳の告発』といった実際の性犯罪事件を告発する作品を多数生み出してきた韓国映画界。

その中でも『チェイサー』『殺人の告白』などはミステリー的ジャンル性を持たせフィクションのように観せることで、韓国国内でも幅広い観客に大きな衝撃を与えました。

ネット社会の暗部をえぐる韓国ノワール『マリオネット 私が殺された日』のビジュアルと予告映像が公開されたのでご紹介します。

スポンサーリンク

映画『マリオネット 私が殺された日』のポスタービジュアル


ⓒ 2018 OASISENT. ALL RIGHTS RESERVED.

涙を流し何かを訴えるように正面を見つめるイ・ユヨン。

キム・ヒウォンがその視界を遮るように割って入ろうとしています。

イ・ユヨン演じるソリンの見つめる先を邪魔することで、彼女の人生さえも邪魔するように見えます。

手前に配された画面の割れたスマートフォンがネット社会を象徴していて、割れたガラスがその社会によって打ち砕かれたという感じがします。

ポスター1枚で映画のテーマを表現しているみたいですね。

映画『マリオネット 私が殺された日』の予告編

予告編は、高校生の頃のソリン(ミア)が夜道を歩いているところから始まります。

そこにかぶさるようにして、彼女が受けた犯罪の会話が聞こえます。

そこからすぐに、現在のソリン。

車を降りた彼女を何者かが監視しているようにも見えます。

ソリンが過去の悪夢によってこれまでの日常が乱されていく様子が見て取れます。

過去の犯人の高校生たちの姿をぼかすことで、高校生の頃のソリンが思い出したくもないということがわかる映像です。

何かを探っているようなキム・ヒウォンは味方なのか、それとも…。

展開が気になりますね。

スポンサーリンク

映画『マリオネット 私が殺された日』の作品情報

【公開】
2019年(韓国映画)

【原題】
나를 기억해/英題:MARIONETTE

【監督・脚本】
イ・ハンウク

【キャスト】
イ・ユヨン、キム・ヒウォン、キム・ダミ、イ・ハクジュ

【作品概要】
性犯罪被害の過去を持つ女性に再び降りかかる悪夢を描いた韓国製ミステリー。ネット社会の暗部を抉った作品です。
主演は『アトリエの春、昼下がりの裸婦』のイ・ユヨン。

国内外の映画賞を多数受賞して以降『背徳の王宮』『あいつだ』などのヒット作を立て続けにヒロインを演じています。

競演にキム・ヒウォン。『アジョシ』で主人公の少女とその母親を拉致するマンソク兄役を務めるなど、癖のある役を多く演じ、異彩を放っています。

監督はイ・ハンウク。 

映画『マリオネット 私が殺された日』のあらすじ

ⓒ 2018 OASISENT. ALL RIGHTS RESERVED.

14年前、当時女子高生だった被害者は、同級生の男たちに集団で強姦されてしまいます。

その動画はネットにアップされたことから、韓国全土に強い衝撃を与えました。

被害者をまるで魂のない人形のように扱う非人道的な様子から、その出来事は「マリオネット事件」と呼ばれるようになります。

この惨劇は、人々の記憶に深く刻まれることとなり、犯人たちが逮捕された後も、被害者だったミナが当たり前の人生を歩むことを阻みました。

しかし、彼女はソリンと名前を変え、別人として生きてゆくことを選びます。

ⓒ 2018 OASISENT. ALL RIGHTS RESERVED.

ソミンはトラウマと戦いながらも夢だった教職に就き、愛する人との結婚も間近に控え一歩ずつ人生を取り戻していました。

だがそんな矢先、彼女を再び悪夢へと誘う一通のメールが届き…。

スポンサーリンク

映画『マリオネット 私が殺された日』のみどころ

参考映像:『アトリエの春、昼下がりの裸婦』(2014)

集団強姦の被害に遭い人生を狂わされながらも、名前を変え再び強く生きようと願う主人公を演じるのは若手演技派イ・ユヨン。

彼女は『アトリエの春、昼下がりの裸婦』での初々しく透き通った演技は、国内外の映画賞を多数受賞しました。

その後、2015年の作品『背徳の王宮』や『あいつだ』(2015)などのヒット作で立て続けにヒロインを演じています。

また、2016年の東京国際映画祭のワールド・フォーカスで上映された、ホン・サンホ監督の『あなた自身とあなたのこと』をご覧になった韓国映画ファンも多いことでしょう。

参考映像:『あなた自身とあなたのこと』(2016)

今回「未体験ゾーンの映画たち2019」で公開される本作品『マリオネット 私が殺された日』に出演をしたイ・ユヨン。

彼女は、青少年犯罪や性犯罪などの記事や文献を多数読み込み、演技に望んだそうです。

持ち前の透明感だけでなく、その気迫通りのリアルな演技は、観客のあなたに性犯罪の持つ陰惨さと、ネットで増殖する悪意の底知れぬ恐怖を突きつけてきます。

キャストの競演者には、2010年の作品『アジョシ』などの癖のある役柄で異彩を放地、2019年には48歳とベテラン俳優となったキム・ヒウォンが脇を固めます。

そして悲惨な事件に遭遇する若き日の主人公を演じるのは新鋭キム・ダミ。

2018年に多くの韓国映画ファンの心を掴んだ大作アクション映画『THE WITCH/魔女』で、名匠パク・フンジョン監督の元、主役に抜擢され注目を浴びました。

若手からベテランまで韓国映画界を支える豪華キャスト総出演です。

まとめ

ⓒ 2018 OASISENT. ALL RIGHTS RESERVED.

ネット1つで世界中どこにいても繋がってしまう現代。

日本でもツイッターの動画やSNSがすぐに拡散し、事件に発展するニュースをよく目にします。

面白がって動画を撮ったり、それをネットにあげたりする行為を行っている本人たちは、内輪だけで盛り上がっているつもりでも、実はそうではなくなってきています。

リベンジポルノでも問題視されるように、ネットで流出された動画は半永久的にネットに存在し続けます。

映画『マリオネット 私が殺された日』は、そんな半永久的に残っていた動画から第2の人生を奪われそうになるヒロインの恐怖を描いています。

この映画で、事件後も擁護されない性犯罪被害者が住みにくい世の中であるということを知ると同時に現代社会のネットに対する問題点を突き付けられたような気がします。

ネット社会と犯罪について考えてもらう1本です。

映画『マリオネット 私が殺された日』は3月15日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷“未体験ゾーンの映画たち2019”にてロードショーです!

3月21日までの1週間限定公開なので、ぜひ、お見逃しなく!

関連記事

新作映画ニュース

ロイ・アンダーソン最新作おすすめ映画『ホモ・サピエンスの涙』予告動画紹介!人生の悲喜劇を映像美で描き出す

スウェーデンの巨匠ロイ・アンダーソン監督最新作。 第76回ヴェネチア国際映画祭で銀獅子賞(最優秀監督賞)を受賞したスウェーデンの巨匠ロイ・アンダーソン監督最新作『ホモ・サピエンスの涙』。 (c)Stu …

新作映画ニュース

映画『護られなかった者たちへ』あらすじ/キャスト。佐藤健が連続殺人事件の容疑者役で阿部寛と共演!

映画『護られなかった者たちへ』は2021年10月1日に全国公開。 中山七里のミステリー小説『護られなかった者たちへ』を瀬々敬久監督が実写映画化します。 (C)2020映画『護られなかった者たちへ』製作 …

新作映画ニュース

映画『AWAKE』公開日決定!吉沢亮主演最新作は2020年クリスマスでポスタービジュアルも解禁

最強将棋ソフト開発者VS若手強豪棋士。 実際の対局から生まれた、感動の青春物語。 吉沢亮が薄暗い部室で静かな情熱を燃やす!? (C)2019『AWAKE』フィルムパートナーズ プロ棋士とコンピュータ将 …

新作映画ニュース

映画『ビリーブ 未来への大逆転』あらすじとキャスト。日本公開日と上映劇場決定

1970年代アメリカ、史上初の〈男女平等〉裁判に挑んだ女性弁護士ルース・ギンズバーグ。 世界を変えた彼女の半生を描いた感動の実話『ON THE BASIS OF SEX(原題)』が邦題を『ビリーブ 未 …

新作映画ニュース

映画『ブータン 山の教室』あらすじ/日本公開日/上映館/特報予告動画。感動作の舞台は幸せな国の秘境!

ヒマラヤ山脈、標高4800メートルにある秘境ルナナ村。 学びたい子どもたちが、先生の到着を待っていた。 ヒマラヤ山脈、標高4800メートルにある秘境ルナナ村に響くブータン民謡。 都会から来た若い先生と …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学