Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2022/05/26
Update

『もうひとつのことば』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。菊池真琴&藤田晃輔ラブコメは英語×日本語が織りなす“自粛の夏”の物語

  • Writer :
  • Cinemarche編集部

自粛の夏。
英語と日本語が織りなす、《二ヶ国語》ラブコメディ!

映画『もうひとつのことば』はコロナ禍で東京オリンピックが延期となった2020年の夏を舞台に、「日本語」と「英語」という二つの言語が行き交う中で二人の主人公の「嘘」と「本当」が逆転していく会話劇を描いたラブコメディ

前作『パラレルワールド・シアター』で劇場デビューを果たした堤真矢監督が手がけた本作は、これまで門真国際映画祭2021・審査員特別賞をはじめ国内外の映画祭で入選・入賞を果たすなど高い評価を得ています。


(C)2021 Tick Tack Movie

このたび、映画『もうひとつのことば』が2022年7月22日(金)より池袋HUMAXシネマズにて劇場公開されることが決定。

その決定を記念し、本作の新規ポスタービジュアルと第1弾応援コメントもあわせて解禁となりました。

映画『もうひとつのことば』とは?

映画『もうひとつのことば』公式ツイッターより

映画『もうひとつのことば』は日本語と英語、ふたつの言語が行き交う新鮮さと、ふたりの主人公の「嘘」と「本当」が逆転していく会話劇の面白さを作品の売りとして、相手だけでなく自分にも嘘をついていたふたりが自身の本当の気持ちを受け入れ、人生を取り戻していくまでを描いたラブコメディ映画です。

前作『パラレルワールド・シアター』で劇場デビューを果たした堤真矢監督が2020年のコロナ禍と東京オリンピックの延期を受け、本来構想していた物語を「今だからこそ描きたい、2020年夏の物語」として再構築し制作された本作。

時代を映しながらも大げさに社会派を謳うことなく、あくまでも「ただの恋愛もの」として魅力的な作品を作ることが、今の世の中に対するささやかな希望と楽観のメッセージになりうるのではないかという願いも込められており、門真国際映画祭2021・審査員特別賞をはじめ国内外の映画祭で入選・入賞を果たすなど高い評価を得ています。

W主演を務めたのは『あの日々の話』『四人姉妹』の菊池真琴、『サクリファイス』『アポトーシス』の藤田晃輔本作が初の劇場公開主演作となった二人は、二ヶ国語を自在に操る魅力的な演技を披露しています。

そしてこのたび、映画『もうひとつのことば』が2022年7月22日(金)より池袋HUMAXシネマズでの劇場公開が決定。あわせて本作の新規ポスタービジュアル、第1弾応援コメントも解禁となりました。

映画『もうひとつのことば』公式サイトはコチラ→

劇場公開記念・第1弾応援コメント(順不同・敬称略)

豊満亮(俳優)

たとえ刹那的な思い出であれ、ときめきがあれば永遠に美しく残りつづけるのではないか。
逆に、誰もが羨む絵に描いたような人生でも、ときめきがなければ充足感は得られないのかもしれない。
この男女が見ている東京は、美しさと愛おしさで溢れていた。
映画の終盤には、まるで花火大会がクライマックスを迎えた時のような高揚感ともの哀しさが、心のなか で入り混じる。
まだ終わらないでくれ。ふたりの行く末をもっと見守っていたい。そう祈ってしまうほどに、このふたりに釘付けになった。

河内彰(映画監督)

あなたが家を出るときに、映画みたいな出来事が起きたら良いと思っても、
きっと起こったことはない(はず)でしょう。
ところがもし、私たちに映画が優しく歩み寄り、その足音が聞こえたら、
私たちは映画に、そして映画は私たちの日常に、もっと恋をするでしょう。
この映画から、そんな福音が聴こえて幸せでした。
たとえそれが恋のように勘違いだとしても、です。

セレナ・ドゥ(サンディエゴ・アジアン映画祭プログラマー)

堤真矢監督は、終わらないパンデミックから、私たちを助け出してくれる。 ウソと英会話が盛りだくさんの、チャーミングなラブコメで!?

TAMA映画フォーラム(TAMA NEW WAVE実行委員会)

「英会話カフェで虚構の人物を演じて話す」という設定がまず面白い。
観終わった後は、(とにかくこういう楽しいことしたい。。。)という気持ちでいっぱいになった。

「お互いの人生に立ち入らない」「日本語では嘘をつかない」この2つのルールが、恋愛モノとしてのドキドキ感を高めるギミックとして活きています。
ラストシーンの軽妙でハートフルなまとめ方には拍手を贈りたい。

映画『もうひとつのことば』の作品情報

【日本公開】
2022年(日本映画)

【監督・脚本・編集】
堤真矢

【キャスト】
菊池真琴、藤田晃輔、中山利一、連下浩隆、新井敬太 山田良介、澤麻衣子、小高えいぎ、前田薫平、藤岡有沙、風さり、伊藤梢、高草木淳一、水野大絆、 佐々木しほ、Antonio Angelov、Ellen Reiter

映画『もうひとつのことば』のあらすじ

2020年夏、少し人通りの戻り始めた東京。カフェの一角で、ワンコインで気軽に英会話が楽しめる「ワンコイン英会話カフェ」に、とある男女が参加する。

仕事や経歴など噓をついて会話に参加し、ささやかな承認欲求を満たす女性、ミキと、アメリカでの活動を志すも渡航を制限されている俳優の青年、健二。

二人は意気投合し、共に「別人になりきって英会話カフェに参加するゲーム」に興じるようになる。

そのゲームのルールはふたつ。

「お互いの人生に立ち入らない」ことと、「日本語では嘘をつかない」こと。

映画『もうひとつのことば』公式サイトはコチラ→

まとめ

2022年7月22日(金)より池袋HUMAXシネマズでの劇場公開が決定された映画『もうひとつのことば』。

「あの年の夏って大変だったはずだけど、どう過ごしていたっけ」と多くの方にとって過去の出来事となりつつある2020年の夏。それから2年後の夏に劇場公開を迎える本作を観た時、誰もが自分自身にとっての「あの年の夏」を思い出すはずです。

一方で「あくまでも『ただの恋愛もの』として魅力的な作品を作ることが、今の世の中に対するささやかな希望と楽観のメッセージになりうるのではないか」と堤真矢監督が語っている通り、本作は「ポスト・コロナ映画」である以上に、ひとつひとつの会話が聞き逃せない・見逃せないほど緻密に練られた会話劇に基づく、非常に魅力的なラブコメディ映画として作られています。

だからこそ映画『もうひとつのことば』を観た方は「あの年の夏」に思いを馳せながらも、誰もがその映画としての魅力に惹きつけられるでしょう。

映画『もうひとつのことば』は2022年7月22日(金)より、池袋HUMAXシネマズにて劇場公開!




関連記事

新作映画ニュース

映画『完全なる飼育 étude』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。月船さらら×市川知宏が体当たりの演技で挑む!

数々の衝撃作を送りだしてきた『完全なる飼育』シリーズ待望の 新作は、かつてない斬新な試み 1999年の第1作目以来、劇映画として数々の衝撃作を送りだしてきた「完全なる飼育」シリーズが、いよいよ9作目と …

新作映画ニュース

映画『パラサイト』キャストの金持ち夫人役はチョヨジョン【演技評価とプロフィール】

第72回カンヌ国際映画祭“最高賞”パルムドール&第92回アカデミー賞作品賞受賞作『パラサイト 半地下の家族』は2020年1月10日より全国公開! 第72回カンヌ国際映画祭最高賞パルムドール受賞に加え、 …

新作映画ニュース

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2020はオンライン配信!コンペティション部門のみ実施も充実の内容で開催

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2020 オンライン開催決定のお知らせ。 2004年より埼玉県川口市で開催されてきた「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」。 (c)SKIPシティ国際Dシネマ映画祭201 …

新作映画ニュース

『オクス駅お化け』韓国ホラー映画公開に脚本・高橋洋が初日舞台挨拶へ!師弟の古澤健と“日韓ホラー”を語る

震撼の都市伝説ハイブリッドホラー『オクス駅お化け』の初日舞台挨拶レポート 世界中で驚異的レビューを獲得した伝説のホラーウェブ漫画を原作に、構想9年を経たのちJホラーを代表する作り手の一人・高橋洋が脚本 …

新作映画ニュース

映画あらすじ動画解説『悪魔の墓場』の感想紹介。おすすめホラーの見どころをシネマダイバー増田健が考察!

YouTube動画で見るおすすめ映画解説!『悪魔の墓場』を紹介 今回ご紹介するのは、知る者ぞ知る、カルトなゾンビ映画『悪魔の墓場』。 ブードゥー教の呪術によって生み出された、生ける屍と呼ばれるゾンビ。 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学