Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/04/15
Update

映画『キラメイジャーVSリュウソウジャー』あらすじ/キャスト/上映館/予告動画。いつから公開?前売り券特典の配信アーカイブ情報も

  • Writer :
  • 石井夏子

4月29日の上映を前に一挙解禁!

2021年4月29日(木・祝)より新宿バルト9ほか期間限定上映、8月4日(水)よりBD&DVD発売となるVシネクスト『キラメイジャーVSリュウソウジャー』

(C)2021 東映ビデオ・東映AG・東映 (C)テレビ朝日・東映AG・東映

この度、Vシネクスト『キラメイジャーVSリュウソウジャー』の予告編とリュウソウレッドの新フォームの解禁、オリジナル主題歌でのエンディングダンス映像の一部解禁、そして先日ライブ配信されたムビチケオンライン特典の番組のアーカイブ配信が開始となりました。

魔進戦隊キラメイジャーと、騎士竜戦隊リュソウジャーが、バラエティ豊かな映画の世界で超バトルを繰り広げ、敵幹部のヨドンナがプロデューサーをつとめるという、まさかのストーリー。

さらにVSシリーズならではのスーパー戦士同士のマッチアップや、TV放送では見られなかったキャストたちの扮装(コスプレ?)&活躍は必見です。

スポンサーリンク

映画『キラメイジャーVSリュウソウジャー』予告編

予告編では、ヨドン軍映画の世界に閉じ込められてしまった2つのスーパー戦隊が、アクション、時代劇、ヒロイン、ミュージカルなどで悪戦苦闘する姿や、VSシリーズならではの2戦隊の巨大ロボ共闘シーンも収録。

また、坂本浩一監督ならでは迫力のバトルシーンも加わり、スクリーンでの鑑賞がより楽しみになる予告編となっています。

映画『キラメイジャーVSリュウソウジャー』エンディングダンス映像

本作の為に製作されたオリジナル主題歌「キラフルパーティー de キラケボーン」でのダンス映像も一部だけ公開。

全スーパー戦隊ファン必見の作品です。

スポンサーリンク

新フォーム「キラメイ装でリュウソウレッド」

(C)2021 東映ビデオ・東映AG・東映 (C)テレビ朝日・東映AG・東映

充瑠の「ひらめキーング」で誕生したリュソウレッドの新フォーム「キラメイ装リュウソウレッド」も解禁されました。

2大レッドの新フォームでの共闘が実現します。

ムビチケオンライン特典配信情報

(C)2021 東映ビデオ・東映AG・東映 (C)テレビ朝日・東映AG・東映
ムビチケオンライン購入者特典として4月8日に実施されたライブ配信番組が本日4月15日よりアーカイブ配信開始

キラメイジャーとリュウソウジャーのキャストが一堂に会して1vs1や団体戦で対決したバラエティ番組で、普段では見られない戦隊キャストの素顔が見られるファン必見の豪華な内容となっています。

※ムビチケオンラインは4月28日まで発売。アーカイブ視聴期間は5月29日まで。

スポンサーリンク

映画『キラメイジャーVSリュウソウジャー』の作品情報

(C)2021 東映ビデオ・東映AG・東映 (C)テレビ朝日・東映AG・東映

【日本公開】
2021年(日本映画)

【原作】
八手三郎

【監督・アクション監督】
坂本浩一

【キャスト】
小宮璃央、木原瑠生、新條由芽、水石亜飛夢、工藤美桜、庄司浩平、桃月なしこ、一ノ瀬颯、綱啓永、尾碕真花、小原唯和、岸田タツヤ、兵頭功海、田牧そら

【声の出演】
鈴村健一、岩田光央、赤羽根健治、大河元気、長久友紀、水瀬いのり、中村悠一、高戸靖広、白石涼子、武内駿輔、水島裕

映画『キラメイジャーVSリュウソウジャー』のあらすじ

(C)2021 東映ビデオ・東映AG・東映 (C)テレビ朝日・東映AG・東映

絵画コンクールに向けてひとり絵を描いていた充瑠(じゅうる)は、リュウソウ族のコウと出会います。

コウとともにリュウソウ族の仲間がいる映画館へ向かった充瑠は、ヨドン反応を調査していた為朝(ためとも)たちとも合流。

そこではヨドンナとムービー邪面が、マブシーナやリュウソウジャーを含む人びとを、ヨドン映画の世界に取り込んでいました。

宝路(たかみち)とカナロを除いたメンバーが取り込まれ、ヨドン映画の世界でカントクマイナソーの撮影がスタート。

瀬奈(せな)とトワはアクション映画、時雨(しぐる)とバンバは時代劇映画、小夜(さよ)とアスナはレディース映画、為朝とメルトはギャンブル映画、充瑠とコウは青春純愛映画にそれぞれコンビで出演することに。

ヨドン映画が完成して全世界で公開されると、地球はヨドンヘイムと同じ環境と化してしまいます。

期せずして共闘することになったキラメイジャーとリュウソウジャー。キラメキと騎士道が融合した、超バトルの行方は!!

まとめ

(C)2021 東映ビデオ・東映AG・東映 (C)テレビ朝日・東映AG・東映

キラメンタルをさらに輝かせるキラメイジャー、騎士の使命を果たすために再び剣を手にするリュウソウジャー。

2大スーパー戦隊の心がひとつになったとき、だれも見たことのない“奇跡の力”が発動します。

集結した12人の戦士の新たな魅力で彩られる、一度限りのスーパー戦隊エンターテイメント・ムービーが、ついに開幕です。

Vシネクスト『キラメイジャーVSリュウソウジャー』は、2021年4月29日(木・祝)より新宿バルト9ほか期間限定上映、8月4日(水)よりBD&DVD発売

【連載コラム】『邦画特撮大全』記事一覧はこちら

関連記事

新作映画ニュース

【お知らせ】大阪アジアン映画祭2020の取材について、関係者各位のご提案・ご相談をお待ちしております。

第15回大阪アジアン映画祭は2020年3月6日〜15日に開催! 国内外から多くの映画監督やキャストが招待され、春の祭典として注目のアジア映画や、優れた日本映画を上映する「大阪アジアン映画祭」。2020 …

新作映画ニュース

映画『ねばぎば 新世界』あらすじ/キャスト。赤井英和と上西雄大W主演作がニース国際映画祭にてグランプリ受賞!

主演:赤井英和・上西雄大『ひとくず』×監督:上西雄大 2020年6月現在上映中断中で、秋に公開再開を目指す、数々の映画祭で受賞し注目されている映画『ひとくず』。 (c)「ねばぎば 新世界」製作委員会 …

新作映画ニュース

中国映画『芳華 Youth』純愛ラブストーリーと青春の苦味を閉じ込めた本編映像解禁。時代を生き抜いた若者の姿を逞しく描く

中国では公開から1ヶ月で約230億円突破の大ヒットを記録! 『唐山大地震』(2015)『戦場のレクイエム』(2009)など中国を代表する巨匠フォン・シャオガン監督。 2019年4月12日(金)より公開 …

新作映画ニュース

のん映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』あらすじと声優キャスト。完全版の続編で描く秘密とは

すず、リン、周作、それぞれの“ひみつ”が少しずつ明かされる。 2016年11月12日に公開され、日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞、仏・アヌシー国際アニメーション映画祭優秀作品賞など国内外で7 …

新作映画ニュース

シャーリズ・セロン映画『タリーと私の秘密の時間』。作品秘話と運命の出会い画像解禁

かつて夢見た〈未来〉とは違う〈今〉にため息をつく大人たちに、目の覚めるサプライズを贈る、ミステリアスな人生のリフレッシュ・ムービー。 映画『タリーと私の秘密の時間』は、8月17日(金)TOHOシネマズ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学